縦型ショートドラマ専門クリエイター集団「ごっこ倶楽部」運営、2億円をプレシリーズA調達

SHARE:
Image credit: Gokko

縦型ショートドラマクリエイター集団「ごっこ倶楽部」を運営する GOKKO は9日、プレシリーズ A ラウンドで約2億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、i-nest capital、セプテーニ・ホールディングス(東証:4293)、ケップルキャピタル、W fund と、佐渡島庸平氏(コルク代表)、仲子拓也氏(z21 代表取締役 CEO)、亀井智英氏(Tokyo Otaku Mode 創業者)などの個人投資家。同社では調達した資金を使って、グローバル展開も見据え、コンテンツクオリティの強化とチーム拡大を推進数としている。

ごっこ倶楽部は2021年5月に結成した縦型ショートドラマを作り続けているクリエイター集団だ。分業制作が主流の日本のドラマ制作に対し、世界基準の制作スタイル(脚本、撮影、編集、投稿、マーケティングまでをワンチームで行う)を取り入れ、さらには視聴データの分析から改善までも全て自社内で行う。サービス開始から1年で、動画本数は200本以上を超え、累計再生数は5億回、投稿された動画へのいいねは1,800万回、フォロワー数は120万人を突破した。

こうした縦型ドラマコンテンツは企業の商品プロモーションにも利用できるが、従来からあるストーリーマーケティングではなく、(客を主人公にする)ナラティブマーケティングを取り入れられることでもプロモーションの出稿元から評価を得ているという。

ごっこ倶楽部と同様に、縦型短編のドラマやアニメ制作を行うスタートアップとして、韓国では Chungdam Media や KDDI などから出資を受け日本市場にも進出している WHY NOT Media などが頭角を現している。中国では、WeChat(微博)を展開するテック大手の Tencent(騰訊) が短編動画サービス「We See(WeSee)」上で短編ドラマシリーズ「Weiju(微劇)」を2020年に公開、数十億人民元(数百億円)を投じて、短編ドラマのクリエイターエコシステムを醸成させることを明らかにしている。

<関連記事>

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録