ライブゲーム好調のミラティブ34億円調達、KDDIやバンダイナムコら出資

SHARE:

ニュースサマリ:スマホゲーム配信「Mirrativ」を提供するミラティブは11月16日、MIXI、丸井グループ、KDDI Open Innovation Fund(3号ファンド)、バンダイナムコエンターテインメント、セガの5社を引受先とした第三者割当増資を公表した。これに商工組合中央金庫、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、りそな銀行からの融資を合わせ、調達した資金は合計34億円。同社の累計調達額は約97億円となった。調達した資金は現在、同社の主力事業として推進するライブゲーミングの事業に投じる。

ライブゲーミングはゲームとライブ配信を融合させた新しいプレイスタイル。友人やオンラインで繋がる人たちと一緒にチームを組んで同一のゲームタイトルを遊ぶことができる。2021年2月から毎月期間限定でリリースされているアクションレース型のライブゲーム「エモモバトルドロップ」では、イベント開催期間中の9日間で売上が5,000万円を記録したことを伝えている。開発費が低いこともメリットで、同社によるとリリースまでかかる費用は1,500万円〜4,000万円程度。今回出資したMIXIなどゲーム関連企業が参画している。

MIXI以外にも出資参加したバンダイナムコエンターテインメントやセガとはゲーム体験開発やIPなどで連携していく。また丸井グループやKDDIとはオフラインを含めたコミュニティづくりで協業を予定している。

via PR TIMES

Members

BRIDGEの会員制度「Members」に登録いただくと無料で会員限定の記事が毎月10本までお読みいただけます。また、有料の「Members Plus」の方は記事が全て読めるほか、BRIDGE HOT 100などのコンテンツや会員限定のオンラインイベントにご参加いただけます。
無料で登録する