POS連携でレシートを紙から電子に変えるレシートローラー、QXLVからシード調達

SHARE:
Image credit: ReceiptRoller

電子レシートサービスを提供するレシートローラーは15日、シードラウンドでの資金調達を発表した。このラウンドにはクオンタムリープベンチャーズ(QXLV)が参加した。なお、調達金額は明らかにされていない。レシートローラーは、「紙レシートの削減」をミッションに事業を進めている長野県に本拠地を置くスタートアップだ。

業界大手の東芝テックの調べによると、紙レシートは年間5.4万トン消費されているという。この問題を解決するために、レシートローラーでは連携POSから電子レシートを発行するための仕組みを開発した。消費者は指定したチャネル(LINE、メール、SMS等)から、無料で電子レシートを受けとることができ、販売者はPOSとレシートローラーを連携させることで電子レシートを発行できる。

また、消費者は発行された電子レシートを会計システムと連携させることで、経費精算の自動化と効率化を実現することが可能となる。レシートローラーでは購入証明、決済証明として必要とされる機能の提供はもちろん、精算業務の効率化を図ることで、消費者、販売者双方の立場からストレスなく電子レシートの導入を推進して頂ける環境作りを目指すという。

今回調達した資金を用いて、現在開発中の電子レシートサービスの実用化とさらなるサービス連携を加速させる予定だ。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録