東南アジア発、2023年注目のスタートアップ(4):EC事業者や企業が自前のライブ配信網を構築できるようにするBeLive

SHARE:
開会の辞を述べる、サイバーエージェント・キャピタル取締役の北川伸明氏
Image credit: Masaru Ikeda

これは、CyberAgent Pitching Arena 2022年冬版の取材の一部だ。

サイバーエージェント・キャピタル(CAC)は12月1日、東南アジアのスタートアップと投資家が参加するピッチイベント「CyberAgent Pitching Arena」の2022年冬版を開催した。新型コロナウイルスの感染状況をひと段落したのを受けて、今回は3年ぶりの対面型(in-person)での開催となった。東南アジアから10社が登壇し、約80名の投資家が参加した。

サイバーエージェント・キャピタルではかねてから国内スタートアップや投資家を対象に「Monthly Pitch」を開催しているが、その国際展開として、2019年にジャカルタで海外版 Monthly Pitch を開催。以降、2021年1月に第2回目となる東南アジア版では「Monthly Pitch Asia」として、2021年9月に開催された第3回から「CyberAgent Pitching Arena」として運営している。

<関連記事>

イベントでは、サイバーエージェント・キャピタルの取締役で中国法人代表を務める北川伸明氏による開会の辞に続き、インドネシア、ベトナム、タイからのスタートアップ10社がピッチを披露。続いて、投資家から寄せられた質問に対して回答する Q&A セッションが展開された。投資に関心を持った投資家は今後、各スタートアップの代表らにコンタクトすることになる。

今回は、ピッチ登壇したスタートアップ10社のうち、BeLive Technology を取り上げる。

BeLive Technology(シンガポール)

ピッチする CEO の Kenneth Tan 氏
Image credit: Masaru Ikeda

ユーザが簡単にライブストリーミングできるソーシャルネットワークはいくつかあり、彼らの中にはライブコマースを始めるところも増えてきた。EC 事業者もこの波に乗りたいが、彼らはソーシャルネットワークと組むのではなく、自らライブコマース環境を実現したいと考えるだろう。Cookie 規制が進む中、EC 事業者は今後、ファーストパーティデータ(第三者を経由せず、企業が自社で収集した顧客データ)を得るために、自前のサイトやネイティブアプリを開発する方向へと向かうだろう。

BeLive は、ライブ配信環境を自社サービスやアプリの中に組み込める SaaS を提供している。バーチャルギフト、ライブトリビア、ライブショッピングなどのソーシャルインタラクション機能も備えていて、ライブ配信者は、歌のパフォーマンス、美容のチュートリアル、人生のストーリーの共有など、あらゆるコンテンツで視聴者を楽しませることができる。BeLive は、楽天(東南アジア)、チャンギ空港の EC 部門、Zalora、サムスンなどを皮切りに、多くの企業や EC プラットフォーマーに導入されてきた。

ピッチする CEO の Kenneth Tan 氏
Image credit: Masaru Ikeda

BeLive の共同創業者で CEO の Kenneth Tan 氏は、事業を始めた2016年の直前まで、DeNA のアジア太平洋地域でディレクターをしていた。そこでゲームのライブ配信のプロジェクトに携わることになり、ライブ配信やコメント欄を通じて得られるソーシャルインタラクションの可能性に魅了されたという。DeNA 傘下(現在は持分法適用会社)である SHOWROOM の事例が、ことあるごとに BeLive の事業展開が語られる際に引用されるのにも、そんな背景があるのだろう。

BeLive は、顧客のライブ配信ネットワークを通じて、アジアを中心に合計1億 MAU の視聴者リーチを持っているが、まだ世界的プラットフォーマーの位置にまで上り詰めていない。BeLive が競合として名前を挙げるのはアメリカの Firework だ。Firework は昨年5月、ソフトバンク・ビジョンファンド2 のリードで1.5億米ドルをシリーズ B 調達し、この際の時価総額は7.5億米ドルだった。そして、Firework の APEC 及びインド地域担当 CEO だった Sunil Nair 氏が今週、BeLive の社長に就任したのは新しいニュースである。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録