東南アジア発、2023年注目のスタートアップ(1):顧客反応を生産体制に即反映、女性ファッションブランド「Claude」

SHARE:
開会の辞を述べる、サイバーエージェント・キャピタル取締役の北川伸明氏
Image credit: Masaru Ikeda

これは、CyberAgent Pitching Arena 2022年冬版の取材の一部だ。

サイバーエージェント・キャピタル(CAC)は12月1日、東南アジアのスタートアップと投資家が参加するピッチイベント「CyberAgent Pitching Arena」の2022年冬版を開催した。新型コロナウイルスの感染状況をひと段落したのを受けて、今回は3年ぶりの対面型(in-person)での開催となった。東南アジアから10社が登壇し、約80名の投資家が参加した。

サイバーエージェント・キャピタルではかねてから国内スタートアップや投資家を対象に「Monthly Pitch」を開催しているが、その国際展開として、2019年にジャカルタで海外版 Monthly Pitch を開催。以降、2021年1月に第2回目となる東南アジア版では「Monthly Pitch Asia」として、2021年9月に開催された第3回から「CyberAgent Pitching Arena」として運営している。

<関連記事>

イベントでは、サイバーエージェント・キャピタルの取締役で中国法人代表を務める北川伸明氏による開会の辞に続き、インドネシア、ベトナム、タイからのスタートアップ10社がピッチを披露。続いて、投資家から寄せられた質問に対して回答する Q&A セッションが展開された。投資に関心を持った投資家は今後、各スタートアップの代表らにコンタクトすることになる。

今回は、ピッチ登壇したスタートアップ10社のうち、Claude を取り上げる。

Claude(インドネシア)

工場で投資家の質問を受ける、Claude の CEO Tommy Budihardjo 氏
Image credit: Masaru Ikeda

ジャカルタに拠点を置く Claude は、女性向けファッションブランドを運営するスタートアップだ。Ernst&Young 出身の Christie Johana 氏と PricewaterhouseCoopers で財務コンサルタントをしていた Tommy Budihardjo 氏の2人によって、2018年に設立された。4年の時を経て Claude は従業員100人を超えるまでに成長した。ジャカルタ市内には最近、2つ目の生産工場をオープンさせたばかりだ。

ファストファッションは、大量の商品を消費者に安価で届けるには便利な方法だが、製造に携わる人々に安い賃金での労働を強いたり、超過在庫やシーズンを逃した商品は廃棄処分となったりするなど、社会的なデメリットも大きい。そこで Claude では、ファストファッションとテイラーメイドの中間にあたる「アダプティブファッション」というモデルを開発した。

最近完成したばかりの Claude の第二工場。所狭しと並ぶミシンの前で、スタッフは縫製作業に忙しい。
Image credit: Masaru Ikeda

このモデルの要となるのが生産ラインだ。業界大手の生産ラインは大きいため、ある製品が売れていないことが判明しても、一定期間はその売れない商品を生産し続けざるを得ない。一方、Claude は生産ラインがコンパクトであるため、売れない商品はすぐに生産を止め次のデザインへスイッチできる。こうすることで環境負荷を小さくし利益率も上げられる。毎週、80SKU の新製品を投入しているという。

Claude の競合は、ZARA、H&M、ZALORA、SHEIN などだろう。Claude の現在の顧客は、シンガポール、インドネシア、フィリピン、オーストラリアといった東南アジアやオセアニアの、Z 世代中間層の女性が中心。Budihardjo 氏が「我々の場合、アパレルは副産物であり、ビジネスコアはサプライチェーンのゲームだ」と言うように、この強みが活かし続けられるかどうかが同社の勝敗を決めるだろう。

ピッチする Claude の CEO Tommy Budihardjo 氏
Image credit: Masaru Ikeda

安価で質の良い労働力が手に入るインドネシアという地の利を活かすことで成長してきた Claude だが、顧客のフィードバックを迅速に商品の生産体制に反映する仕組みを維持する上で、本格的な世界進出にはいくつかのハードルがあるかもしれない。Claude は昨年、ジャカルタとシンガポールの代表的ショッピングモールに旗艦店を設置、まずは東南アジアでの認知度向上に注力するようだ。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録