東南アジア発、2023年注目のスタートアップ(3):誰もが取引仲介者になれるアプリを開発、ベトナム不動産界の新星Reti

SHARE:
開会の辞を述べる、サイバーエージェント・キャピタル取締役の北川伸明氏
Image credit: Masaru Ikeda

これは、CyberAgent Pitching Arena 2022年冬版の取材の一部だ。

サイバーエージェント・キャピタル(CAC)は12月1日、東南アジアのスタートアップと投資家が参加するピッチイベント「CyberAgent Pitching Arena」の2022年冬版を開催した。新型コロナウイルスの感染状況をひと段落したのを受けて、今回は3年ぶりの対面型(in-person)での開催となった。東南アジアから10社が登壇し、約80名の投資家が参加した。

サイバーエージェント・キャピタルではかねてから国内スタートアップや投資家を対象に「Monthly Pitch」を開催しているが、その国際展開として、2019年にジャカルタで海外版 Monthly Pitch を開催。以降、2021年1月に第2回目となる東南アジア版では「Monthly Pitch Asia」として、2021年9月に開催された第3回から「CyberAgent Pitching Arena」として運営している。

<関連記事>

イベントでは、サイバーエージェント・キャピタルの取締役で中国法人代表を務める北川伸明氏による開会の辞に続き、インドネシア、ベトナム、タイからのスタートアップ10社がピッチを披露。続いて、投資家から寄せられた質問に対して回答する Q&A セッションが展開された。投資に関心を持った投資家は今後、各スタートアップの代表らにコンタクトすることになる。

今回は、ピッチ登壇したスタートアップ10社のうち、Reti を取り上げる。

Reti(ベトナム)

ピッチする CEO の Ngoc Nguyen 氏(左)と CTO Hung Bui 氏(右)
Image credit: Masaru Ikeda

経済を牽引する生産人口が豊富な東南アジアだが、ベトナムもその例外ではない。ベトナムは日本よりも人口が少ないが平均年齢が若い分、生産人口は約5,000万人と日本の7割ほどの数を誇る。こうした国で勢いがあるのは、社会インフラの状況にもよるが、オンラインなら e コマース、オフラインなら不動産と相場が決まっている。事実、ベトナムの不動産セクターは、同国経済資産の20.8%を占める巨大ビジネスだ。それに、規制の多い先進国に比べ、新興国においてはスタートアップも比較的事業展開しやすい。

Reti は、2018年にベトナム・ハノイで設立されたプロップテック(不動産テック)スタートアップだ。2020年から不動産仲介者向けアプリ「RETIZY」と、主要都市で不動産取引所「Reti Hub」を展開している。同社は不動産デベロッパと提携して技術や販売代理店のネットワークを構築しており、これまでに同社を通じてこれまでに500以上の物件が取引され、2年連続で黒字を達成した。直近1年間の取扱高は1億2,000万米ドルに達しているという。

「RETIZY」
Image credit: Reti

RETIZY はを使うことで、Reti から不動産仲介に関わるサービスの支援が得られ、ユーザはプロ並みに不動産売却の仲介を行うことができる。依然として不透明性や情報の非対称性が指摘されるベトナムの不動産業界で、仲介業者と顧客が効率的かつ便利に不動産を売買できるようサポートする O2O(Online to Offline)プラットフォームを目指す。現在は仲介とプライマリマーケット(販売)のみの取扱だが、2023年にはセカンダリマーケット(つまり、買取と販売)やローンなど金融商品の提供も始める予定だ。

Reti は昨年、サイバーエージェント・キャピタル(CAC)と VIC Partners から非開示額をシード調達した。Reti は Reti Hub のベトナム全国展開を目指すほか、RETIZY の開発をさらに進め、クロスセル、不動産投資、ホワイトラベル(他のデベロッパへの OEM 供給)などの機能を追加する予定だ。2人の創業者 CEO の Ngoc Nguyen 氏と CTO Hung Bui 氏は、それぞれ、ニューキャッスル大学とオックスフォード大学というイギリスの大学出身だ。ともに投資や不動産分野のバックグラウンドを持つ。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録