ゲノム編集で新種苗を開発、名大発グランドグリーンが6.5億円をシリーズC調達

SHARE:
Image credit: GRA&GREEN

ゲノム編集技術と接木技術を用いた新種苗の開発を行うグランドグリーンは21日、シリーズ C ラウンドで6.5億円を調達したと発表した。

このラウンドには京都大学イノベーションキャピタル、三菱 UFJ キャピタル、栖峰投資ワークス、SB プレイヤーズ、みずほキャピタル、ヒューリックスタートアップ、愛知キャピタル、名古屋中小企業投資育成が参加した。今回の調達を受けて、グランドグリーンの累計調達額は約16億円に達した。

これは同社にとって、2022年4月に実施したシリーズ B ラウンドに続くものだ。

同社は、今回の資金調達を受けて、組織体制の強化および研究開発機能の増強を行い、多くのパートナーと新品種開発を同時並行で進める方針であるという。特に、ゲノム編集技術を中心とした最先端技術を活用し、種苗から新たな価値創造を加速させるとしている。

グランドグリーンは、名古屋大学発スタートアップとして2017年に設立された。独自に開発したゲノム編集技術と名古屋大学発の異科接木技術(iPAG)用いて、新品種の共同研究開発を行っている。

一般的に作物の品種開発には5年~10年という長期間が必要とされるが、同社はゲノム編集技術を用いることでこの期間を大幅に短縮することを目指している。しかし、植物分野においてはゲノム編集技術を直接活用できる作物や品種が限られるという課題も存在しているという。

グランドグリーンは創業当初から、あらゆる作物・品種でゲノム編集技術を利用可能にするための技術標準化に取り組んでおり、これまでに植物のゲノム編集プラットフォーム技術(Gene App および3GE)を開発している。この技術を用い、トマトを始めとする10種類以上の作物で実用品種へのゲノム編集技術適用に成功している。現在は、パートナー企業との連携を通じて、新品種の開発を積極的に進めている。

今回の資金調達に先立ち、グランドグリーンはアメリカ Corteva Agriscience 子会社の Pioneer Hi-Bred International およびアメリカ Broad Institute から、ゲノム編集ツール「CRISPR-Cas9」の作物分野での包括的な商用ライセンスを取得した。この契約により、全世界における CRISPR-Cas9 特許ポートフォリオへのアクセスが可能となり、研究開発から商用化まで一貫して提供できる体制が整った。

さらに、グランドグリーンは2024年に初のゲノム編集によるトマトの市場導入を計画している。また、同社は独自の AI 予測プログラムを開発し、ゲノム編集による遺伝子発現の変動予測を可能にしている。これにより、自然界でも起こり得る DNA 配列の変化を利用して、狙った遺伝子の働きを調節することができるようになったという。このように、多彩な技術を駆使して作物種苗分野でのゲノム編集の活用範囲を広げ、独自の価値提案を行っていくとしている。

via PR TIMES    Summarized by ChatGPT

Members

BRIDGEの会員制度「Members」に登録いただくと無料で会員限定の記事が毎月10本までお読みいただけます。また、有料の「Members Plus」の方は記事が全て読めるほか、BRIDGE HOT 100などのコンテンツや会員限定のオンラインイベントにご参加いただけます。
無料で登録する