トレカのNFT化でグローバル取引の拡大目指す「PACKS」/Monthly Pitch! スタートアップの扉

SHARE:
堺悠斗さん

本稿はベンチャーキャピタル、サイバーエージェント・キャピタルが運営するサイトに掲載された記事(リンク先調整中)からの転載。毎月第2水曜日に開催される Monthly Pitch へのピッチ登壇をご希望の起業家の方、オーディエンス参加をご希望の起業家の方の応募はこちらから

サービス概要:D-Chainが運営するのは、トレーディングカード(トレカ)をNFT化する「PACKS」。デジタル上でトレカの保有権利のみを売買し、現物の移動が発生しないため、これまで発生していた配送コストや長い時間が不要になります。詐欺取引がなくなることで、トレカの流動性向上も見込めるでしょう。

PACKSでは、D-ChainがトレカをNFT化し、現物は倉庫で保管します。ユーザーはPACKS上でトレカのデジタルパックを購入し、開封。入手したカードはグローバルで転売可能ですが、基本的にはカードの権利のみをブロックチェーン上で取引するため、ユーザーがカード本体を欲しいとリクエストするまで配送は発生しません。その結果、偽物トレカの流通がなくなることもPACKSの特徴となっています。

Monthly Pitch編集部はココに注目:グローバルでトレカの転売取引をしようとすると、国際物流のための時間と配送費に多大なコストがかかります。ですが転売者はトレカの現物を欲しいわけではなく売買契約をしたいだけでなので、実際に商品を動かす必要は本来ありません。

特にトレカはリアルタイムで価格が変化するにもかかわらず、1回の配送に数ヶ月もかかってしまうのが課題となっています。また高額なカードは偽物も多く、鑑定書が偽物というケースも珍しくありません。海外ユーザーによる日本版カードの購入が難しいといった課題もあります。これらの課題を解決するのが「PACKS」です。

PACKSのマネタイズは、パックの販売売上と二次流通市場での手数料。現在はグローバルで3番目の取引量とのことですが、海外でも人気の高い日本版カードへのアクセスの良さを強みにして、今後の成長を図ります。

Members

BRIDGEの会員制度「Members」に登録いただくと無料で会員限定の記事が毎月10本までお読みいただけます。また、有料の「Members Plus」の方は記事が全て読めるほか、BRIDGE HOT 100などのコンテンツや会員限定のオンラインイベントにご参加いただけます。
無料で登録する