産婦人科医でなくても使える、胎児超音波検査ウェアラブルを開発するGifts/Monthly Pitch! スタートアップの扉

SHARE:
小笠原淳さん

本稿はベンチャーキャピタル、サイバーエージェント・キャピタルが運営するサイトに掲載された記事からの転載。毎月第2水曜日に開催される Monthly Pitch へのピッチ登壇をご希望の起業家の方、オーディエンス参加をご希望の起業家の方の応募はこちらから

サービス概要:Giftsが開発するのは、誰でも手軽にどこでも使える胎児超音波検査ウェアラブルエコーです。妊婦の腹部にジェルマットを巻き、機器から発する超音波で胎児の3Dモデルを作成します。マネタイズとしては、病院が機器を購入して院内に設置し、妊婦がそれを使うのに利用料を支払うといった方法など、複数の方法を検討中です。

Monthly Pitch編集部はココに注目:妊婦やその家族は「おなかの中の赤ちゃんは元気かな?」「赤ちゃんはちゃんと大きくなっているかな?」といった不安を抱えています。こういった不安を解消するには胎児超音波検査をすればいいのですが、実に44%の妊婦は予定外の検査を「相談すら」できていないそうです。相談できたとしても、実際に検査を受けられるその半分以下なのだとか。

なぜこんなことが起こるのでしょうか。原因の一つは、医師でも2〜3年はかかると言われるほど、胎児超音波検査結果の解読が難しいことです。産婦人科医の多忙さも予定外の検査も難しくしています。こういった課題を解決するのが、産婦人科医でなくても使える、胎児超音波検査ウェアラブルエコーです。

海外には産婦人科医がおらず、多くの子供が生まれているものの、死亡率が高いという国も少なくありません。Giftsはこういった国への機器輸出も目指しています。

Members

BRIDGEの会員制度「Members」に登録いただくと無料で会員限定の記事が毎月10本までお読みいただけます。また、有料の「Members Plus」の方は記事が全て読めるほか、BRIDGE HOT 100などのコンテンツや会員限定のオンラインイベントにご参加いただけます。
無料で登録する