数兆米ドルに上る医療事務負担をAIで削減、Anteriorが2,000万米ドルをシリーズA調達——NEAやセコイアから

SHARE:
Anterior の CEO ABdel Mahmoud 氏(右)と共同創業者の Zahim Mahmoud 氏(左)
Image credit: Anteior

臨床医によって設立されたヘルスケアテックスタートアップ Anterior は、アメリカの医療管理における非効率性に取り組むため、シリーズ A ラウンドで2,000万米ドルの資金を調達した。このラウンドは New Enterprise Associates(NEA)がリードし、Sequoia Capital などの既存投資家も参加した。

コンピュータサイエンスのバックグラウンドを持つ医師 Abdel Mahmoud 氏によって設立された Anterior は、AI を利用して医療保険会社の事前承認プロセスを合理化することを目指している。同社の AI システムは、医療記録を確認する看護師の「コパイロット」として機能し、生産性を1日10件から20~30件に向上させる可能性がある。

Mahmoud 氏は、VentureBeat の独占インタビューで次のように説明した。

私たちの使命は、事務処理に費やされる数兆米ドルを削減することです。その半分が支払者によって費やされており、私たちが最も注力するところです。

ファックスから AI へ、Anterior のヘルスケア革命を支える技術

Anterior の技術は、非構造化医療データを処理するために、狭い AI システムと大規模な言語モデルを組み合わせている。

私たちが実際に行ったことは、AI における数十年の進歩と、大規模言語モデルがもたらす活力を組み合わせることで、非構造化環境を橋渡しすることです。(Mahmoud 氏)

同社のアプローチには、構造化されていない医療記録の構造化、複雑な臨床基準のコンピュータ実行可能なロジックへの変換、人間の看護師によって検証される最初の決定を行うための臨床推論の適用という3つの主要コンポーネントが含まれる。

当初は事前承認に重点を置いていたが、Anterior はケアマネジメント、支払管理、請求審査など、医療管理の他の分野にも応用できる可能性があると考えている。

医療を提供するためではなく、ビジネス上の意思決定をするために医師を雇っている企業であればどこでも……ある種の臨床的な推論作業に対して報酬を支払っていることになります。(Mahmoud 氏)

臨床医からエンジニアへ、医療用 AI を構築する Anterior のユニークなアプローチ

Anterior のユニークな点は、臨床の専門知識を技術チームに統合していることだ。Mahmoud 氏によると、同社のスタッフの約半数は臨床医か臨床経験を持ち、その中には AI エンジニアリングの職務に転身した者もいるという。

今回の資金調達は、医療業界が人手不足管理コストの増大に悩まされている時に行われた。アンテリアの技術が成功すれば、医療保険者が管理業務に費やす時間とリソースを大幅に削減でき、医療システム全体のコスト削減につながる可能性がある。

しかし、同社は複雑な規制環境を乗り切り、医療提供者や保険者の信頼を得ながら事業拡大を目指す必要がある。医療の意思決定において AI がますます重要な役割を果たすようになる中、正確性、安全性、透明性を確保することは、Anterior のような企業にとって極めて重要になる。

今回の新たな資金調達により、Anterior は事業規模を拡大し、AI を活用したソリューションを全米のより多くの医療保険制度に提供する体制が整った。医療業界がデジタル化と効率化を追求し続ける中、臨床の専門知識と最先端の AI 技術を効果的に融合できるスタートアップは、大きな成長の機会を見出すことができるかもしれない。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

Members

BRIDGEの会員制度「Members」に登録いただくと無料で会員限定の記事が毎月10本までお読みいただけます。また、有料の「Members Plus」の方は記事が全て読めるほか、BRIDGE HOT 100などのコンテンツや会員限定のオンラインイベントにご参加いただけます。
無料で登録する