Search イースト ベンチャーズ

ツイキャスのモイ、東証グロース上場へーー評価額は62億円規模

SHARE:

ライブ配信サービス「ツイキャス」を運営するモイは3月24日、東京証券取引所への新規上場申請を実施し承認されたことを発表した。市場区分はグロースで証券コードは5031。104万1,800株を公募し、132万株を売り出す。なお、オーバーアロットメントは35万4,200株。主幹事はSBI証券が務め、上場予定日は4月27日。 価格の仮条件は4月8日に決定し、ブックビルディング期間は4月12日から18日にわ…

ライブ配信サービス「ツイキャス」を運営するモイは3月24日、東京証券取引所への新規上場申請を実施し承認されたことを発表した。市場区分はグロースで証券コードは5031。104万1,800株を公募し、132万株を売り出す。なお、オーバーアロットメントは35万4,200株。主幹事はSBI証券が務め、上場予定日は4月27日。

価格の仮条件は4月8日に決定し、ブックビルディング期間は4月12日から18日にわたり実施される。最終的な公開価格決定日は4月19日。同社公開の有価証券届出書によれば、2021年1月期(第9期)の通期売上高は54億7,900万円で経常損失が1億3,600万円。足下の第10期第3四半期の売上高は49億3,900万円、営業利益1億9,500万円、経常利益が1億9,700万円となっている。上場時の発行済み株式総数(公募分を含む)は 1,316万7,800株で想定発行価格の470円から算出した評価額は約62億円。

モイの創業は2012年2月。赤松洋介氏が代表取締役を務めるサイドフィードの一プロジェクトとしてライブ配信サービス「TwitCasting(通称:ツイキャス)」が立ち上がり、2012年2月29日に会社を分割、モイとして新たに法人を設立した。その後、2015年にはユーザー数1,000万人を突破し、2021年7月末時点の累積登録ユーザー数は3,360万に達している。ツイキャスはユーザーがPCやスマートフォンのウェブブラウザやアプリを通じてライブ配信できるサービスで、配信者はライブ収益機能を使ってその配信を収益化することができる。

24歳までのユーザーが6割と中心で、女性が62%と半数以上を占める。ビジネスの中心はポイント販売で、ユーザーはこれを購入し配信を盛り上げたり、配信時間を延長するためのアイテムと交換する。ポイント販売売上は全収益の96%となっている。2019年1月期におけるポイント販売売上は12億2400万円で、翌年の20年には23億1900万円、21年には52億8,000万円と順調に推移した。主要株主は創業者の赤松洋介氏が59.7%、イーストベンチャーズが17.15%、Mandela Capital Limitedが4.61%、グローバル・ブレインが4.14%、SBI AI&Blockchainファンドが4.14%と続く。

参考記事:私たちがツイキャスをやめなかった理由(前半)

3D ドキュメント “Scene” が 3D&バーチャル リアリティ展に出展(3月16-18日 東京ビッグサイト)

SHARE:

Scene が3月16日から東京ビッグサイトで開催される「3D&バーチャル リアリティ展」に出展。Scene 社のブースでは新しい 3D 資料作成の体験を楽しめる。 Scene とは Scene (https://www.scene.space/)は製造業で簡単に導入できる 3D ドキュメントツールです。 社内にある 3D CAD データを活用して、あらゆる部署が立体的に動く資料を作成できる、新し…

PR TIMESで本文を見る

ScrumyとLiquitousが共同で「GovTech協会」を設立

SHARE:

GovTech企業とPoliTech企業のコラボにより日本初となる「GovTech協会」が誕生 行政手続のDXを掲げる株式会社Scrumy(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:笹埜 健斗、以下、Scrumy)と、民主主義のDXを掲げる株式会社Liquitous(本社:神奈川県横浜市、代表取締役CEO:栗本 拓幸、以下、Liquitous)は、共同で「GovTech協会」を設立しました。国内外のネ…

PR TIMESで本文を見る

医師向け臨床支援アプリを提供する株式会社HOKUTOがシリーズAラウンドにて8.25億円の資金調達を実施

SHARE:

~リリースから2年で医師会員数3万人を突破。全医師の10%に使われる臨床支援アプリに~ 『より良いアウトカムを求める世界の医療従事者のために。』をミッションに掲げ、医師向け臨床支援アプリ「HOKUTO」を開発する株式会社HOKUTO(本社:東京都港区 代表取締役:五十嵐 北斗、以下「当社」) は第三者割当増資による資金調達を2021年12月に総額8.25億円で実施したことを発表致します。今回の資金…

PR TIMESで本文を見る

AI CROSSのCVC「AIX Tech Ventures」がニューロテクノロジーAIを開発するVIE STYLE社に出資

SHARE:

~ブレインテック領域でのAIデータ分析を支援し、社会課題解決を加速~ AI CROSS(エーアイクロス)株式会社の投資子会社で、スタートアップ企業への投資 及び 事業支援を行うAIX Tech Ventures (エーアイクロス・テックベンチャーズ)株式会社(東京都港区、代表取締役社⾧:上杉 秀人)は、ニューロテクノロジーAIとイヤホン型脳波計を開発するVIE STYLE(ヴィースタイル)株式会社…

PR TIMESで本文を見る

日本初のGaaS(Governance as a Service)事業を手掛ける株式会社Scrumyがシードラウンドで約4,500万円の資金調達を実施

SHARE:

東大発「情報のライフサイクルをデザインする会社」としてGaaS(Governance as a Service)事業を展開 DXの要となるガバナンスを構築・維持・強化するための情報ライフサイクル管理SaaS「Scrumy」を提供する株式会社Scrumy(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:笹埜 健斗)は、シードラウンドでイーストベンチャーズ4号投資事業有限責任組合及び個人投資家から約4,500万…

PR TIMESで本文を見る

決算開示業務のDX化を目指すUniforceサービス(β版)を運営する株式会社start-up studio、シードラウンドで1億円の資金調達を実施

SHARE:

株式会社start-up studio(東京都渋谷区、代表取締役:砂田 和也)は、イーストベンチャーズ3号投資事業有限責任組合及び、成田修造(株式会社クラウドワークス)、野口圭登(株式会社Brave group)、ほか個人投資家に対する第三者割当増資により、1億円の資金調達を実施したことをお知らせいたします。2022年度の本格的な事業成長に向けて、採用活動・開発体制の強化に注力してまいります。 資…

PR TIMESで本文を見る

【日本発のグローバル SaaS へ】製造業向け 3D ドキュメントツールを提供する Scene が正式版をリリース

SHARE:

3D CAD ファイルを活用して立体的な製造資料を作成できるツール「Scene」を提供する Scene 株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:ビジャヤン スワティナト)が正式版をリリースしました。海外企業の導入も進んでいます。 ■ 製造業の課題「設計業務でしか使われない 3D データ」 製造業では、設計業務で 3D CAD ツールの活用が進んできました。平面的な図面やイラストよりもイメージしや…

PR TIMESで本文を見る

【CtoC の物々交換プラットフォーム】欲しい人もあげたい人も!みんなでつくる交換の輪 Chain を正式リリースしました!

SHARE:

Chain は「貰う相手」と「渡す相手」を変えることで、複数人の交換を成立しやすくした新しい物々交換サービスです。 使わなくなった物を欲しいものと物々交換できる、それがChainです。 お金ではなく、価値による交換で眠った資源を活用でき、人ではなく、関心ごとが連鎖する、利害関係のない新しい物々交換のしくみです。 我々は物を捨てずに済む社会、人々がお金に縛られず価値交換ができる社会をつくりたいと思っ…

PR TIMESで本文を見る

建設・土木の生産支援クラウド『Photoruction』、資金調達ラウンドのセカンドクローズが完了し本ラウンド資金調達は総額10.6 億円に 。建設業界における生産性向上を加速へ。

SHARE:

建設・土木の生産支援クラウド『Photoruction(フォトラクション)』の開発および運営を行う株式会社フォトラクション(本社:東京都中央区、代表取締役 CEO:中島 貴春)は、新たに第三者割当増資により3億円の資金調達を実施し、本ラウンドにおける調達金額は10.6億でクローズとなりました。なお、創業からの資金調達はデットファイナンスも含めて約21億円となります。今回のセカンドクローズでは、新規…

PR TIMESで本文を見る