Search DEMO Asia

「SENDAI NEW PUBLIC」オンラインDEMO DAYで受賞者4名決定!東北や仙台市課題起点のSDGsマップも公開

SHARE:

~SDGs達成に繋がる仙台市のビジネス創出支援プログラム~  仙台市(市長:郡 和子)と株式会社サムライインキュベート(本社:東京都港区、代表取締役:榊原健太郎、以下 サムライインキュベート)は、仙台市が取り組む”起業家を生み育てるエコシステム構築”の一環として、 「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成につながる行政課題や地域課題を解決するビジネス創出支援プログラム 「SENDAI NEW PU…

PR TIMESで本文を見る

ビジネス創出支援プログラム「SENDAI NEW PUBLIC」 研究開発型採択者8名のDEMODAYを5月19日(水)に完全オンラインで開催決定!一般観覧者の募集開始

SHARE:

~SDGs達成につながる行政課題・地域課題解決に向けて~ https://event.samurai-incubate.asia/sendai-new-public21/  仙台市(市長:郡 和子)と株式会社サムライインキュベート(本社:東京都港区、代表取締役:榊原健太郎、以下 サムライインキュベート)は、仙台市が取り組む”起業家を生み育てるエコシステム構築”の一環として、「持続可能な開発目標(S…

PR TIMESで本文を見る

【日本初:NFT】総合格闘家「金太郎」プロデュースの「BROAD AXE」と世界最大規模の“NFT型”暗号資産専用モール「クリプトモール」を運営する「クリプトモール オーユー」が包括的業務提携!

SHARE:

「金太郎(BROAD AXE)」×「かまだプリント」×「クリプトモール」による新たな挑戦 「cryptomall ou(以下、クリプトモール オーユー)」は、世界最大規模の商品数を誇る“NFT 型”暗号資産(仮想通貨)専用ショッピングモール「cryptomall(以下、クリプト モール)」を運営(※1)。  ブロックチェーン技術(NFT:非代替性トークン)を活用した独自の「…

PR TIMESで本文を見る

「ウソ・偽りのない世の中を!」ブロックチェーン「鑑定証明システム(R)(cryptomall authentication system)」を全世界のあらゆる商品に導入開始します

SHARE:

当社は、「April Dream 4 月 1 日は、夢の日。」に参加しています。このプレスリリースは「cryptomall ou」の April Dream です。  2021年4月1日(木)、cryptomall ou(クリプトモール オーユー)は、商品にスマートフォンをかざすだけで改ざん不可能な商品情報や生産地、そしてお客さまの手元にたどり着いた経過、つまり商品が持つ本物の「トレーサビリティ」…

PR TIMESで本文を見る

SDGs達成につながる行政課題・地域課題を解決するビジネス創出支援プログラム「SENDAI NEW PUBLIC」研究開発型を中心とする採択者8名決定!

SHARE:

https://event.samurai-incubate.asia/sendai-new-public21/  仙台市(市長:郡 和子)と株式会社サムライインキュベート(本社:東京都港区、代表取締役:榊原健太郎、以下 サムライインキュベート)は、仙台市が取り組む”起業家を生み育てるエコシステム構築”の一環として、「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成につながる行政課題や地域課題を解決するビジ…

PR TIMESで本文を見る

台湾のAppWorks(之初創投)、シリーズA/B特化で1.5億米ドル規模の第3号ファンドを組成

SHARE:

台北を拠点とするアーリーステージ VC で、Carousell や ShopBack などの投資家でもある AppWorks(之初創投)は、3つ目のファンドとして1億1,400万米ドルを調達したと DealStreetAsia が報じた。 1億5,000万米ドルの調達を目標ととする新ファンドは、AI、IoT 、ブロックチェーン、分散型金融(DeFi)分野のスタートアップへの投資を目指すと、同ファン…

Image credit: AppWorks(之初創投)

台北を拠点とするアーリーステージ VC で、Carousell や ShopBack などの投資家でもある AppWorks(之初創投)は、3つ目のファンドとして1億1,400万米ドルを調達したと DealStreetAsia が報じた。

1億5,000万米ドルの調達を目標ととする新ファンドは、AI、IoT 、ブロックチェーン、分散型金融(DeFi)分野のスタートアップへの投資を目指すと、同ファンドの会長兼パートナー Jamie Lin(林之晨)氏はレポートで述べている。

当初の計画では、第3号ファンドを1億米ドルでクローズする予定だったが、東南アジアと台湾のシリーズ A と B のスタートアップの資金調達の需給ギャップを目の当たりにし、目標規模を1億5,000万米ドルに引き上げることにした。

AppWorks の以前のファンドはエンジェル投資やシード投資に重点を置いていたが、今回の1億5,000万米ドルのファンドは、急成長中のシリーズ A や B のスタートアップに投資するために使用される。

2010年に設立された AppWorks は、東南アジア最大級のスタートアップアクセラレータと VC であり、そのエコシステム内で合計395社のスタートアップと1,331人のファウンダーに投資し、彼らを合算した総売上高は80.5億米ドルに達している

AppWorks が投資したスタートアップのうち4社——Uber、NetPublishing(隆中網络)、KuoBrothers(創業家兄弟)、MobiX(松果購物)——が、これまでに IPO を果たした。

<関連記事>

AppWorks は、シードステージの企業に20万〜40万米ドル、シリーズ A では最大300万米ドル、シリーズ B では1,000万米ドルを投資する

AppWorks は2020年11月、大東南アジア圏(台湾+東南アジア)のアーリーステージスタートアップ20社をフィーチャーしたバーチャルスタートアップショーケースを開始した。

<関連記事>

【via e27】 @E27co

【原文】

中国スタートアップメディア「TechNode Global」、Kairous(凱洛斯)らから100万米ドルをシード調達

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 アジアのテックメディアスタートアップ TechNode Global(動点科技)は、中国と東南アジアを中心とした Kairous Capital(凱洛斯資本)がリードしたシードラウン…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


アジアのテックメディアスタートアップ TechNode Global(動点科技)は、中国と東南アジアを中心とした Kairous Capital(凱洛斯資本)がリードしたシードラウンドで100万米ドルを調達したと発表した。声明によると、アーリーステージ投資家の Nutty Capital(風投資本)と Singapore Press Holdings の VC ファンド SPH Ventures もこのラウンドに参加した。

Image credit: TechNode Global

中国のバイリンガルテックメディア「TechNode(動点科技)」の創業者兼 CEO が立ち上げた同社は、資金調達やディールフローのサポート、地域イベントの開催、企業のスタートアップとのパートナーシップの促進を目的としたテックコミュニティプラットフォームを構築している。TechNode Globalは、Huawei(華為)、Alibaba Cloud(阿里雲)、シンガポール最大の保険会社 NTUC Income などの企業を顧客としている。

<関連記事>

TechNode Global は、今回の資金を国際的な事業拡大のために活用する予定だと述べている。今後は、より多くの記事を取材し、より多くのイベントを配信し、地域全体で包括的なクロスボーダービジネスを構築することを目指している。

同社は現在シンガポールにオフィスを構えているが、近々マレーシアにもオフィスを開設する予定。東南アジアの政府機関、著名なコミュニティビルダー、National Research Foundation Singapore(NRF、シンガポール国立研究財団)、Enterprise Singapore(ESG、シンガポール企業庁)、Malaysia Digital Economy Corporation(MDEC、マレーシア・デジタルエコノミー公社)、マレーシアの大手財閥 Sunway Berhad(双威集団)、タイの True Digital Park などの企業と提携している。

同社 CEO の Gang Lu(盧剛)氏は次のように述べている。

アジアは次の有望な技術革新の中心地であり、市場である。TechNode が中国に持っている膨大な経験とリソースにより、我々の目的を遂行するのに適した場所に、適したタイミングでいると信じている。

<編注> TechNode は BRIDGE のメディアパートナーで、TechNode が配信している記事の一部を BRIDGE は翻訳配信している。

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

【TV出演】「cryptomall ou」発明の「鑑定証明システム(R)」専用アプリが地上波情報バラエティ「ええじゃないか!!」で特集されました!

SHARE:

2021年1月14日(木)、「cryptomall ou(クリプトモール オーユー)」(本社:エストニア共和国)が発明した「鑑定証明システム(R)」専用アプリケーションが、地上波情報バラエティ「ええじゃないか!!」にて特集されました。 1. 地上波情報バラエティ「ええじゃないか!!」 (1) 番組概要 現在放送中の「ええじゃないか!!」は、今話題のスマートフォンアプリをはじめとした次世代のデジタル…

PR TIMESで本文を見る

短期集中型の事業創出・資金調達プログラム 第4回「The First Movers」Hands “In” Batch Programを2021年4月15日(木)よりスタート

SHARE:

~創業準備中・直後の起業家を対象にキャピタリストが全力伴走~ https://firstmovers.samurai-incubate.asia/  株式会社サムライインキュベート(本社:東京都港区、代表取締役:榊原 健太郎、以下「当社」)は、創業期の起業家や起業家の卵の方々を対象とした短期集中型の事業創出・資金調達プログラム、第4回「The First Movers」Hands “I…

PR TIMESで本文を見る

【速報】世界最大の仮想通貨取引所を運営する「バイナンス」と世界最大規模の仮想通貨専用ショッピングモール「クリプトモール」を運営する「クリプトモール オーユー」が戦略的なシステム業務提携契約を締結!

SHARE:

「バイナンス」×「クリプトモール オーユー」による新たな挑戦 「cryptomall ou(以下、クリプトモール オーユー)」は、世界最大規模の商品数を誇る“社会貢献型”暗号資産(仮想通貨)専用ショッピングモール「cryptomall(以下、クリプト モール)」を運営。 ブロックチェーン技術を活用した独自の「鑑定証明システム(US・EPO世界特許:2020-103179)」を発明し、本物の商品しか…

PR TIMESで本文を見る