Search DEMO Asia

NFTStudioが分散型Webインデックス「The Graph」を導入。日本のNFT市場におけるWeb3.0用オープンAPIの普及促進をサポート

SHARE:

ブロックチェーンゲーム、NFTサービスの開発を行う、CryptoGames株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:小澤 孝太)は、EthereumやIPFSなどのブロックチェーンネットワークを照会するためのインデックスプロトコルサービスを展開するThe Graph Foundation(Director:EvaBeylin)が開発・提供する「The Graph」をNFTマーケットプレイス「NFTStu…

PR TIMESで本文を見る

AppWorks(之初創投)、台湾・東南アジア向け3号ファンドを1.5億米ドル調達しクローズ

SHARE:

AppWorks(之初創投)は、Greater SEA(大東南アジア圏=ASEAN+台湾)向けの AI やブロックチェーンスタートアップを対象とした1億5,000万米ドルの3号ファンドの調達をクローズした。台湾を拠点とする VC ファンド兼アクセラレーターであるAppWorks は、1億5,000万米ドルのオーバースクライブを行った3番目のファンドのファイナルクローズを行ったと発表した。この新ファ…

Image credit: AppWorks(之初創投)

AppWorks(之初創投)は、Greater SEA(大東南アジア圏=ASEAN+台湾)向けの AI やブロックチェーンスタートアップを対象とした1億5,000万米ドルの3号ファンドの調達をクローズした。台湾を拠点とする VC ファンド兼アクセラレーターであるAppWorks は、1億5,000万米ドルのオーバースクライブを行った3番目のファンドのファイナルクローズを行ったと発表した。この新ファンドにより、AppWorks の総運用資産(AUM)は2億1,200万米ドルとなった。

3号ファンドの投資家には、Taiwan Mobile(台湾大哥大)、Axiom Asia Private Capital(啓元投資)、Fubon Life(富邦人寿)、TransGlobe Life(全球人寿)、Hongtai Group(鴻泰科技)、Wistron(緯創)、Cathay Life(国泰人寿)、Phison Electronics(群聯電子)、Taiwan’s National Development Fund(行政院国家発展基金)などが名を連ねる。今後は、大東南アジア圏で AI やブロックチェーンを扱う企業への投資に注力していく。プレスリリースによると、新ファンドは、シリーズ A〜C の企業に200万米ドル以上の投資を20件、シードステージを20件など、約40件のポートフォリオを構築中だ。

また、3号ファンドの投資活動を拡大するために、新たな投資アソシエイトとアナリストを採用する予定だ。今後10年間で、1,000社のスタートアップが活動し、総額1,000億米ドルを超えるエコシステムを構築し、5万人の雇用機会を創出することを目指す。

AppWorks 会長兼パートナーの Jamie Lin(林之晨)氏は、次のように述べている。

AppWorks は当初は地味な存在だったが、現在では地域を代表する投資家の一つとなり、他の著名なベンチャーキャピタルと協力して、新興国である東南アジアのスタートアップエコシステムの育成に取り組んでいる。AI やブロックチェーンの分野では、グローバルな舞台で主要なプレーヤーとなっている。

<関連記事>

現在、3号ファンドからは、同アクセラレータの卒業生の Pickone(挑場地)WeMo Scooter(威摩)Omnichat(全通路科技)XREX(阿碼科技)Blocto など、20社以上のスタートアップを支援している。また、CarousellDapper Labs/FlowTikiDcardYummy CorpAnimoca Brands など、AppWorks のメンターが率いる企業にも投資している。その中でも、Dapper Labs と Animoca Brands はユニコーンの壁を越えた。

2009年の設立以来、AppWorks のエコシステムには、414社のスタートアップと1,396人の創業者が参加し、総額43億米ドルの資金調達を行い、174億米ドルの時価総額を誇っている。AppWorksは、人材と製造能力における台湾市場の明確な優位性を活かし、創業者に AppWorks School を通じた人材への直接のパイプを提供するとともに、台湾の世界有数のハードウェア製造リソースへのアクセスを提供し、将来的に重要な分野での競争力を高める。

また、AppWorks は、独自のディールフローを確保するために、東南アジア市場でローカルシードファンド戦略を展開している。これにより、パンデミック時の渡航制限を気にすることなく、有意義なインサイトや有望なディールへのアクセスを得ることができ、同地域における AppWorks の露出が広がる。

<関連記事>

【via e27】 @E27co

【原文】

「スニダン」運営のSODAがKREAM、Altos、SoftBank Ventures Asia、JAFCO等から約62億円の資金調達。モノカブを買収しグローバル展開を加速。

SHARE:

国内No.1スニーカーフリマ「スニーカーダンク」を運営する株式会社SODA (本社:東京都渋谷区、代表取締役:内山雄太) は、KREAM Corporation(NAVER子会社)をリード投資家にAltos Ventures、SoftBank Ventures Asia、JAFCO Group、既存全投資家からの追加出資により約62億円の第三者割当増資(シリーズC)を実施したことをお知らせいたしま…

PR TIMESで本文を見る

「TOSHIBA OPEN INNOVATION PROGRAM 2021」4テーマで共創する採択企業8社を決定!プログラムが本格スタート

SHARE:

~東芝×サムライインキュベートのアクセラレータープログラム~ https://event.samurai-incubate.asia/toshiba-oip2021/  創業期のスタートアップから出資・インキュベーションを行う株式会社サムライインキュベート(本社:東京都港区、代表取締役:榊原健太郎、以下「当社」)は、株式会社東芝(本社:東京都港区、代表執行役社長 CEO 綱川 智、以下「東芝」)と…

PR TIMESで本文を見る

「SENDAI NEW PUBLIC」オンラインDEMO DAYで受賞者4名決定!東北や仙台市課題起点のSDGsマップも公開

SHARE:

~SDGs達成に繋がる仙台市のビジネス創出支援プログラム~  仙台市(市長:郡 和子)と株式会社サムライインキュベート(本社:東京都港区、代表取締役:榊原健太郎、以下 サムライインキュベート)は、仙台市が取り組む”起業家を生み育てるエコシステム構築”の一環として、 「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成につながる行政課題や地域課題を解決するビジネス創出支援プログラム 「SENDAI NEW PU…

PR TIMESで本文を見る

ビジネス創出支援プログラム「SENDAI NEW PUBLIC」 研究開発型採択者8名のDEMODAYを5月19日(水)に完全オンラインで開催決定!一般観覧者の募集開始

SHARE:

~SDGs達成につながる行政課題・地域課題解決に向けて~ https://event.samurai-incubate.asia/sendai-new-public21/  仙台市(市長:郡 和子)と株式会社サムライインキュベート(本社:東京都港区、代表取締役:榊原健太郎、以下 サムライインキュベート)は、仙台市が取り組む”起業家を生み育てるエコシステム構築”の一環として、「持続可能な開発目標(S…

PR TIMESで本文を見る

【日本初:NFT】総合格闘家「金太郎」プロデュースの「BROAD AXE」と世界最大規模の“NFT型”暗号資産専用モール「クリプトモール」を運営する「クリプトモール オーユー」が包括的業務提携!

SHARE:

「金太郎(BROAD AXE)」×「かまだプリント」×「クリプトモール」による新たな挑戦 「cryptomall ou(以下、クリプトモール オーユー)」は、世界最大規模の商品数を誇る“NFT 型”暗号資産(仮想通貨)専用ショッピングモール「cryptomall(以下、クリプト モール)」を運営(※1)。  ブロックチェーン技術(NFT:非代替性トークン)を活用した独自の「…

PR TIMESで本文を見る

「ウソ・偽りのない世の中を!」ブロックチェーン「鑑定証明システム(R)(cryptomall authentication system)」を全世界のあらゆる商品に導入開始します

SHARE:

当社は、「April Dream 4 月 1 日は、夢の日。」に参加しています。このプレスリリースは「cryptomall ou」の April Dream です。  2021年4月1日(木)、cryptomall ou(クリプトモール オーユー)は、商品にスマートフォンをかざすだけで改ざん不可能な商品情報や生産地、そしてお客さまの手元にたどり着いた経過、つまり商品が持つ本物の「トレーサビリティ」…

PR TIMESで本文を見る

SDGs達成につながる行政課題・地域課題を解決するビジネス創出支援プログラム「SENDAI NEW PUBLIC」研究開発型を中心とする採択者8名決定!

SHARE:

https://event.samurai-incubate.asia/sendai-new-public21/  仙台市(市長:郡 和子)と株式会社サムライインキュベート(本社:東京都港区、代表取締役:榊原健太郎、以下 サムライインキュベート)は、仙台市が取り組む”起業家を生み育てるエコシステム構築”の一環として、「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成につながる行政課題や地域課題を解決するビジ…

PR TIMESで本文を見る

台湾のAppWorks(之初創投)、シリーズA/B特化で1.5億米ドル規模の第3号ファンドを組成

SHARE:

台北を拠点とするアーリーステージ VC で、Carousell や ShopBack などの投資家でもある AppWorks(之初創投)は、3つ目のファンドとして1億1,400万米ドルを調達したと DealStreetAsia が報じた。 1億5,000万米ドルの調達を目標ととする新ファンドは、AI、IoT 、ブロックチェーン、分散型金融(DeFi)分野のスタートアップへの投資を目指すと、同ファン…

Image credit: AppWorks(之初創投)

台北を拠点とするアーリーステージ VC で、Carousell や ShopBack などの投資家でもある AppWorks(之初創投)は、3つ目のファンドとして1億1,400万米ドルを調達したと DealStreetAsia が報じた。

1億5,000万米ドルの調達を目標ととする新ファンドは、AI、IoT 、ブロックチェーン、分散型金融(DeFi)分野のスタートアップへの投資を目指すと、同ファンドの会長兼パートナー Jamie Lin(林之晨)氏はレポートで述べている。

当初の計画では、第3号ファンドを1億米ドルでクローズする予定だったが、東南アジアと台湾のシリーズ A と B のスタートアップの資金調達の需給ギャップを目の当たりにし、目標規模を1億5,000万米ドルに引き上げることにした。

AppWorks の以前のファンドはエンジェル投資やシード投資に重点を置いていたが、今回の1億5,000万米ドルのファンドは、急成長中のシリーズ A や B のスタートアップに投資するために使用される。

2010年に設立された AppWorks は、東南アジア最大級のスタートアップアクセラレータと VC であり、そのエコシステム内で合計395社のスタートアップと1,331人のファウンダーに投資し、彼らを合算した総売上高は80.5億米ドルに達している

AppWorks が投資したスタートアップのうち4社——Uber、NetPublishing(隆中網络)、KuoBrothers(創業家兄弟)、MobiX(松果購物)——が、これまでに IPO を果たした。

<関連記事>

AppWorks は、シードステージの企業に20万〜40万米ドル、シリーズ A では最大300万米ドル、シリーズ B では1,000万米ドルを投資する

AppWorks は2020年11月、大東南アジア圏(台湾+東南アジア)のアーリーステージスタートアップ20社をフィーチャーしたバーチャルスタートアップショーケースを開始した。

<関連記事>

【via e27】 @E27co

【原文】