PR TIMES x BRIDGE

Search SVS

VTuberグループ「まほろば」0期生直筆メッセージ入り 限定ポストカード 販売中!

SHARE:

株式会社PRISMO(本社︓東京都千代田区)は、2020年12月25日から、VTuberグループ「まほろば」0期生メンバーの限定ポストカードを発売中です。 2020年12月25日より、「まほろば」0期生メンバーの直筆メッセージ入り ポストカードを各100セット限定で販売いたします。 1月には新メンバーの発表を予定しておりますので、楽しみにお待ちください。 ❖販売期間 2020年12月25日から20…

PR TIMESで本文を見る

令和2年度バレーボール天皇杯・皇后杯ファイナルラウンドをPlayer!がリアルタイム速報!

SHARE:

スポーツスタートアップ企業 ookami は、スポーツエンターテイメントアプリ「Player!」において、令和2年度 天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会ファイナルラウンドをリアルタイム速報いたします。Player!は、バレーボール日本一を決める戦いを全力でお届けします。 iPhoneアプリ:https://itunes.apple.com/jp/app/id897872395 天皇杯ファ…

PR TIMESで本文を見る

VTuberグループ「まほろば」設立のお知らせ

SHARE:

株式会社PRISMO(本社:東京都千代田区、代表:金賢榮)は、VTuberグループ「まほろば」の設立をお知らせします。VTuberグループ「まほろば」 株式会社PRISMOは、VTuberグループ「まほろば」を設立し、VTuberの活動サポートを開始する事をお知らせいたします。 ❖「まほろば」とは 「まほろば」は「素晴らしい場所」「居心地のいい場所」という意味の日本の古語です。 所属VTuberが…

PR TIMESで本文を見る

第91回都市対抗野球(2020)をPlayer!がリアルタイム速報!

SHARE:

ライブからニュースまで、スマホだからこそできる新しいスポーツライフをデザイン スポーツスタートアップ企業 ookami は、スポーツエンターテイメントアプリ「Player!」において、第91回都市対抗野球の全試合をリアルタイム速報致します。22日、今日東京ドームで幕開け、32チームが出場し、12日間に渡り熱戦を繰り広げます。 14:00開始予定の開幕戦は、昨年優勝のJFE東日本と、16年ぶり8回目…

PR TIMESで本文を見る

DMM GAMES主催PJSseason6 Phase1 Day2の配信概要の公開、及びTikTok配信スタートのお知らせ

SHARE:

合同会社EXNOA(本社:東京都港区、CEO:村中 悠介、URL:https://games.dmm.com/)は、8月6日(木)に、PUBG Corp.と協業している「PLAYERUNKNWON’S BATTLEGROUNDS」の日本におけるチャネリングサービスに於いて、DMM GAMES主催PJSseason6 Phase1 Day2の配信概要の公開、及びTikTok配信のスタートをお知らせい…

PR TIMESで本文を見る

スポーツ映像分析プラットフォーム開発のRUN.EDGE、シリーズAで約5.8億円の資金調達——KOIF、メディアシーク、データスタジアムなどから

SHARE:

プロサッカーチームやプロ野球チーム向けスポーツ映像分析プラットフォームを提供する RUN.EDGE は27日、シリーズ A ラウンドで約5.8億円を調達したことを明らかにした。リードインベスターは、KDDI とグローバル・ブレインが運営する KDDI Open Innovation Fund(KOIF)がリードインベスターを務め、メディアシーク(東証:4824)、データスタジアム、Spiral C…

RUN.EDGE のチームメンバー
Image credit: Run.Edge

プロサッカーチームやプロ野球チーム向けスポーツ映像分析プラットフォームを提供する RUN.EDGE は27日、シリーズ A ラウンドで約5.8億円を調達したことを明らかにした。リードインベスターは、KDDI とグローバル・ブレインが運営する KDDI Open Innovation Fund(KOIF)がリードインベスターを務め、メディアシーク(東証:4824)、データスタジアム、Spiral Capital Japan、Link-U、クロップス(東証:9428)、クイックソフト、旺文社イノベーションファンドが参加した。同社にとっては初の外部調達となる。

RUN.EDGE は2018年6月、富士通(東証:6702)が開発していたスポーツ分野向け映像検索・分析のコア技術をカーブアウトする形で設立。この際の資本金は1億6,000万円で、富士通が69.4%、スカイライトコンサルティングが30.6%を出資している。

FL-UX
Image credit: Run.Edge

RUN.EDGE はサッカー向けの映像分析コミュニケーションツール「FL-UX」、野球向けの映像分析コミュニケーションツール「PITCHBASE」を開発。日米のプロサッカーチームやプロ野球チームなどに採用されている。スポーツチームの戦略に関わる分野だけに、どのチームが採用しているかは開示されていないが、今までのところ、FL-UX については川崎フロンターレのほか2チーム、PITCHBASE については日米あわせ10球団が導入しているそうだ。

RUN.EDGE では、球団やサッカーチーム、ゲーム主催者などが撮影したゲーム映像に、各選手のメタデータを付与。これを SaaS の形でプロスポーツチームに提供している。従来であれば、球団やサッカーチームにおいて、コーチが選手らを集め、ビデオを再生しながら戦略や改善点を説明・指摘していたが、FL-UX および PITCHBASE を使えば、これらの一連の操作がオンラインを通じて行えるようになる。

<関連記事>

Image credit: Run.Edge

選手の動き、バッティング、ピッチング、ボールキャッチ、パスなどが、各映像シーン毎にタグ付けされ、映像の頭出しが非常に容易で事前編集する手間が要らない。1ゲームの元映像ファイルは MP4 一つに集約されているので、ファイルが分割されたり、肥大化したりすることもなく、タブレットなどで非常にスムーズに再生できるのが特徴だ。映像ファイルとメタタグのファイルは分かれており、ゲーム開始時のタイムコードをシンクロするだけなので、放送局が撮影したゲーム映像を使っても著作権を侵す恐れも低い。

今回リードインベスターを務めた KOIF の運営元である KDDI とは、スポーツ観戦者向けやアマチュア向けの展開において 5G 時代の未来の体験創造を目指すとしている。ちなみに、KOIF は2017年、自由視点映像システム開発の韓国 ESM Lab に出資していた。また、メディアシークとは、動画サービス・プラットフォーム向けの展開において画像認識技術に関する高いノウハウとビジネス経験で、日本プロ野球向けの展開において業界の先駆者であるデータスタジアムからは、業界の知見を享受するとしている。

同社は先週、サンディエゴで開催予定の EdTech カンファレンス「ASU GSV Summit」の日本予選で総合優勝した。3月には ASU GSV Summit 本戦に出場することが明らかになっている。

新春!春高バレー2020をPlayer!が男女全試合リアルタイム速報!

SHARE:

ライブからニュースまで、スマホだからこそできる新しいスポーツライフをデザイン 新年あけましておめでとうございます!スポーツスタートアップ企業 ookami は、スポーツエンターテイメントアプリ「Player!」において、本日1月5日(日)に開幕する、第72回全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高バレー2020)を男女全試合リアルタイム速報いたします。Player!は、高校バレー日本一を決める戦…

PR TIMESで本文を見る

水中ドローンのメーカーYoucan Robotは「ブラックフライデー」セール開催

SHARE:

高機能水中ドローン「BW Space Pro」4Kモデルを特別価格、数量限定で入手できます。 水中ロボットの総合メーカー「Youcan Robot」の日本支社である「株式会社 Youcan Robotics Japan」(日本支社:東京都江戸川区、代表取締役:小岩 侃司)は、 「ブラックフライデー」セールを11月28日(木)から12月2日(月)までにて開催いたします。 ■ブラックフライデーセール内…

PR TIMESで本文を見る

クラウド型CSソリューション「UJET(ユージェット)」が「おもてなし」のデジタルトランスフォーメーションを可能にします

SHARE:

~シリコンバレー発クラウド型カスタマーサポート・ソリューションUJETが日本事業を拡大 ~ UJET, Inc.,( ユージェット)(本社:米国 サンフランシスコ、ファウンダー & CEO(最高経営責任者) : アナンド・ジェーンファルカー )は、次世代のクラウド型カスタマーサポートソリューション 「UJET(ユージェット)」の日本事業を拡大し、「スマートフォン世代」への顧客体験(CX)とブランデ…

PR TIMESで本文を見る

水中ドローンのメーカー【Youcan Robot】 JPドメイン公式サイトをリニューアル、水中ドローン製品「BW Space Pro」4Kモデルは好評発売中

SHARE:

水中ドローン「BW Space Pro」は、水中撮影、フィッシング、ダイビングなどのマリンレジャーをはじめ、水中探査、水中点検、漁業関連、船舶点検、科学研究など様々な分野で幅広く活用されています。 「水中世界への終わりなき探求」をモットーに、水中ロボットの総合メーカー「株式会社 Youcan Robotics Japan」がJPドメイン公式サイト(https://youcanrobot.jp/)を…

PR TIMESで本文を見る