THE BRIDGE

Kazuyuki Abe

Kazuyuki Abe

フリーライター、Webデザイナー。AMNパートナーブロガー。ハードウェア、ガジェット、オムライスが好き。BlogTwitter @nenzab

執筆記事

「無限タイムラプス」を実現するカメラ「Enlaps Tikee」

SHARE:

一定間隔の時間で撮影した写真を繋げて仕上げるタイムラプス動画。風景などが徐々に変化していく様子を短時間に凝縮できるのがその醍醐味だろう。 よりダイナミックな変化を捉えるには長時間撮影する必要があるが、数時間ならともかく、数日間、数週間といった長期間の撮影を行おうとすると大変だ。カメラのバッテリーも持たないし、写真を保存するストレージ容量もいっぱいになってしまう。 この悩みを解決してくれるかもしれな…

Enpaps Tikee

一定間隔の時間で撮影した写真を繋げて仕上げるタイムラプス動画。風景などが徐々に変化していく様子を短時間に凝縮できるのがその醍醐味だろう。

よりダイナミックな変化を捉えるには長時間撮影する必要があるが、数時間ならともかく、数日間、数週間といった長期間の撮影を行おうとすると大変だ。カメラのバッテリーも持たないし、写真を保存するストレージ容量もいっぱいになってしまう。

この悩みを解決してくれるかもしれないのが、現在、Kickstarterでクラウドファンディング中の「Tikee」だ。

Enpaps Tikee

パノラマでタイムラプス撮影が行えるカメラを搭載したデバイスだが、一番大きな特徴はバッテリーだろう。ソーラーパネルを搭載し、太陽光で自家発電しながら撮影を続けることができるという。

Enlaps Tikee

さらに、撮影した画像はネットワーク経由ですぐにクラウドにアップロードされて保存されるため、ストレージ容量を気にする必要が無い。SDカードスロットもあるが、基本的にバッファとして使用されるのみ。ネットワークに接続できない場合に撮影画像がSDカードに保存される。

「Tikee」を使えば、バッテリーも保存容量も気にしない「無限タイムラプス」の環境が簡単に構築できるというわけだ。なお、フル充電したバッテリーであれば、太陽光がない環境でも、10分間隔のインターバルで約1週間の撮影が可能だという。

Tikee

また、クラウドに保存された画像・動画は、パソコンやスマートフォンのブラウザからWebアプリにアクセスし、フィルターやパン&ズームの効果をつけたりと、特別なソフトをつかわなくても編集が可能。つくった動画をSNSへのシェアもかんたんだ。

製品モデルは「Tikee」とその上位モデルにあたる「Tikee Pro」という2つがある。「Tikee」はWi-Fi専用モデル。「Tikee Pro」は、GSM対応のSIMを内蔵し、GPS搭載、画像もRAW保存できるという差がある。屋外で真の「無限タイムラプス」を実現するなら、Wi-Fiの親機のバッテリーを気にする必要のない「Tikee PRO」を選ぶのが賢い選択だろうか。

市販予定価格は、「Tikee」が599ユーロ、「Tikee PRO」が799ユーロ。現在、Kickstarterでクラウドファンディングを行っており、それぞれ349ユーロ、449ユーロの支援から入手可能。別途送料25ユーロで日本への発送も可能だ。配送開始は2016年8月が予定されている。

----------[AD]----------

水を90%節約できる循環型シャワーシステム「Hamwells e-Shower」

SHARE:

オランダのスタートアップHamwells社は、シャワーに使用する水を再利用することで節水ができる「e-Shower」というエコシャワーシステムを開発、販売を開始している。同社によれば、水道代はなんと90%、お湯をわかすための電気・ガス代は80%の節約になるというから驚きだ。 この「e-Shower」はスタンド型で浴室の壁際などに設置して利用する。使用時は本体上部のシャワーヘッドから水が出てくる。 …

e-shower

オランダのスタートアップHamwells社は、シャワーに使用する水を再利用することで節水ができる「e-Shower」というエコシャワーシステムを開発、販売を開始している。同社によれば、水道代はなんと90%、お湯をわかすための電気・ガス代は80%の節約になるというから驚きだ。

e-shower

この「e-Shower」はスタンド型で浴室の壁際などに設置して利用する。使用時は本体上部のシャワーヘッドから水が出てくる。

本体下部にはシャワーで水を吸い上げるドレーンがあり、流れてきた水を吸い上げてフィルタリング、浄水を行い、再利用された水が温度調整されて上部のシャワーヘッドから出てくることとなる。

e-shower

これが90%の節水効果を生み出すしくみだ。理論上、同じ水を約7回繰り返してつかったことになるのだという。

どこまで綺麗になった水がでてくるのかが気になるところだが、水は完全にクリーンな状態で再利用されるそうで、シャンプーやリンスなども一般的なシャワーと同じように利用できる。髪の毛や皮膚などはフィルタでカットするのでこの部分は、一般的な浴室の排水口と同じようにメンテナンスが必要なようだ。

また、「e-Shower」のフロントパネルはBluetoothスピーカーになっていて、スマートフォンからの音楽やラジオをストリーミングで聴きながらシャワーを楽しむことができるという。実際にどれだけの節水になったのかもスマートフォンアプリからチェックすることができるようだ。

e-shower

この「e-Shower」は同社サイトにて販売されており、オプションを付けない最小限の構成の場合、2950ユーロ(約39万円)で注文可能だ。

e-Shower」を使った場合、1年間でどれだけ光熱費が節約できるか、国や使用条件などを入力してシミュレーションできるページも用意されているので、興味のある方は試してみてはいかがだろうか。



----------[AD]----------

iPhone、iPadと連携。聴診器を電子化するアタッチメント「Eko Core」

SHARE:

米国バークレーのEko Devicesというスタートアップが、アナログ聴診器を電子聴診器に拡張する「Eko Core」というアタッチメントデバイスを開発、米国内での販売を開始している。 使用する際は、既存の聴診器のパーツを取りはずして「Eko Core」の両端にとりつけて使用する。 本体のスイッチをONにして通常の聴診器と同じように患者のカラダにあてて心臓や肺の音などを聴く。ボリュームを大きくした…

Eko Core

米国バークレーのEko Devicesというスタートアップが、アナログ聴診器を電子聴診器に拡張する「Eko Core」というアタッチメントデバイスを開発、米国内での販売を開始している。

Eko Core

使用する際は、既存の聴診器のパーツを取りはずして「Eko Core」の両端にとりつけて使用する。

Eko Core

本体のスイッチをONにして通常の聴診器と同じように患者のカラダにあてて心臓や肺の音などを聴く。ボリュームを大きくしたり、外部のノイズをフィルタリングできる機能があり、より正確に患者の心拍音を聴くことができるという。

また、単に音を聴く機能を拡張するだけでなく、Bluetoothで接続したiPhone、iPadの専用アプリと連携して様々な機能を実現する。

Eko Core

患者の心拍音を録音したり、リアルタイムで音をビジュアライズ化して目に見える形で確認することもできる。記録したデータはクラウドに保存し、共有することも容易にできるため、セカンドオピニオンを求めたりするのにも役立つのだという。

EHR(電子健康記録)サービスと自動同期するという点も便利そうだ。現時点では、drchronoというiPadで利用できる電子医療記録用プラットフォームに対応しているのみだが、今後、対応サービスを拡大していく予定のようだ。

この「Eko Core」、アタッチメント本体が199ドル、オリジナルの聴診器とセットでは299ドルで同社サイトにて販売されている。アプリについてはApp Storeから無償でダウンロードできる。米国以外への発送については、別途送料が40ドルかかるがオーストラリア、カナダ、インド、アイルランド、イギリスへの販売が2016年1月から予定されているようだ。



----------[AD]----------

専用VRゴーグルでリアルな空中飛行体験ができるドローン「FLYBi」

SHARE:

「FLYBi」というVRゴーグル付きのドローンが、Kickstarterにてクラウドファンディング中だ。 大きさは36×40cm、重さ約1,000gのこのドローンは、専用のリモコンまたはスマートフォンアプリから操作する。 ドローンの底面にカメラが搭載されており、空中から撮影して専用のVRゴーグルにその映像を映し出すことができる。鳥のような視点で空中散歩が楽しめるというわけだ。動画は1080P/60…

FLYBi

FLYBi」というVRゴーグル付きのドローンが、Kickstarterにてクラウドファンディング中だ。

FLYBi

大きさは36×40cm、重さ約1,000gのこのドローンは、専用のリモコンまたはスマートフォンアプリから操作する。

FLYBi

ドローンの底面にカメラが搭載されており、空中から撮影して専用のVRゴーグルにその映像を映し出すことができる。鳥のような視点で空中散歩が楽しめるというわけだ。動画は1080P/60fps、静止画は12メガピクセルでの撮影が可能だ。

FLYBi

特徴的なのが、専用のVRゴーグルを装着した人の頭の動きと連動してカメラの向きがリアルタイムで変わる点だ。ゴーグルをつけた人が右を向くと、ドローンのカメラも右を向く。自分の首を動かした方向と連動した景色が目の前に広がるため、よりリアルに空を飛んでいるかのような体験ができる。

FLYBi

迫力ある空中からの眺めに夢中になって操縦が疎かになってしまいそうだが、「FLYBi」には自動で障害物を回避する機能も搭載されており、接触事故なども避けられるようだ。

FLYBi

また、スマートフォンアプリに映像のストリーミング配信が可能で、スマートフォンを挿入するタイプのVRゴーグルを使えば、操縦者以外でも一緒に空を飛んでいるかのような体験ができるという。

FLYBi」の最大時速は時速50km/h。リモコンで操作可能な範囲は約2kmで、最大約28分の飛行が可能。バッテリー切れになる前には、操縦者の元へ帰ってくるしくみとなっているようだ。

現在、Kickstarterでは799ドルの支援にて「FLYBi」ドローンとゴーグル、リモコンのセットを手に入れることができる。発送は2016年6月を予定。Kickstarterでの支援受付は2016年1月25日(日本時間)までとなっている。

----------[AD]----------

自宅にいながら世界中のプレイヤーとダーツのオンライン対戦ができる「Darts Connect」

SHARE:

オンラインで世界中のプレイヤーと対戦することができるダーツボード「Darts Connect」が、Kickstarterでクラウドファンディングを行っている。オンラインの対戦というと、バーチャルなビデオゲームを思い浮かべるかもしれないが、「Darts Connect」は実際に投げてプレイする、本格的なダーツボードだ。 設定や操作などはボードに内蔵されたWi-Fiで接続したスマートフォン、タブレット…

Darts Connect

オンラインで世界中のプレイヤーと対戦することができるダーツボード「Darts Connect」が、Kickstarterでクラウドファンディングを行っている。オンラインの対戦というと、バーチャルなビデオゲームを思い浮かべるかもしれないが、「Darts Connect」は実際に投げてプレイする、本格的なダーツボードだ。

Darts Connect

Darts Connect

設定や操作などはボードに内蔵されたWi-Fiで接続したスマートフォン、タブレット等から行う。

Darts Connect

301、501といった「01ゲーム」や、「クリケット」、「練習モード」などのゲームモードがあらかじめ複数内蔵されているが、さらに後から別のゲームモードをダウンロードして拡張することも可能だという。すべてのゲームモードで最大4人のプレーヤーをサポートしており、ネットワークに繋がなくても普通のダーツボードのように、自宅のパーティ等で遊ぶこともできる。

Darts Connect

また、インターネット経由で世界中のプレイヤーと対戦することができる。ボイスチャット、テキストメッセージの機能も搭載しているため、対戦相手とコミュニケーションを図ることもできるという。ゲームの成績によりランク付けもされるため、自分の実力が知りたい人にはありがたい。

Darts Connect

特徴的なのが、ボードにカメラが内蔵してある点だ。投げたダーツが刺さった瞬間に自動でカメラで撮影を行う。

Darts Connect

その写真がゲーム中の画面に表示されるため、近距離から高得点を狙うなどのチート行為はすぐに相手にバレてしまう。不正行為を防ぎやすい仕組みになっているというわけだ。

この「Dart Connetct」、Kickstarter では、ダーツボード本体と12gのブロンズダーツのセットを245豪ドルから手に入れることができる。発送は2016年1月頃を予定。

なかなかダーツバーに行けない人も、自宅で世界中のプレイヤーと対戦してこっそり腕前をあげてみるのはいかがだろうか。

----------[AD]----------

スマホで簡単にVR動画を撮影可能にする「Teleport VR Camera」

SHARE:

スマホに取り付けて、3DのVR動画がかんたんに撮影できるカメラ「Teleport VR Camera」がクラウドファンディングのIndieGoGoに登場している。 この「Teleport VR Camera」は、レンズを2つ搭載したコンパクトな二眼カメラ。この2眼のレンズが、我々が2つの目で物体を立体的に見るのと同じ働きをするのだという。 撮影時は、カメラ本体のアームにスマホをはさんで使用する。撮…

teleport

スマホに取り付けて、3DのVR動画がかんたんに撮影できるカメラ「Teleport VR Camera」がクラウドファンディングのIndieGoGoに登場している。

Teleport VR Camera

この「Teleport VR Camera」は、レンズを2つ搭載したコンパクトな二眼カメラ。この2眼のレンズが、我々が2つの目で物体を立体的に見るのと同じ働きをするのだという。

Teleport VR Camera

撮影時は、カメラ本体のアームにスマホをはさんで使用する。撮影できる映像の解像度は最大、1280(W)x720(H)。

撮影した動画は、Google Cardboard等、スマートフォンをセットするタイプのVRゴーグルを使って立体感のある映像を楽しむことができる。また、専用の「Teleport VR Headset」というVRゴーグルも開発されている。

Teleport VR Headset

Teleport VR Headset」もGoogle Cardboardと同じくディスプレイとしてスマートフォンをセットして使用するVRゴーグルなのだが、ピントの調整や、両目の覗き穴の距離の調整ができるため、よりクリアな3D映像が楽しめるという。対応するのは3~6インチのディスプレイのスマートフォン。

ちなみに、Teleport VR Cameraでの動画撮影ができるのは、今のところAndroidアプリのみ。iOS向けは開発中のようだ。動画の再生についてはiOSアプリでもすでに対応されている。

現在、IndiegGoGoでは、Google Cardboardと「Teleport VR Camera」が同梱されたスターターキットを99ドルで手に入れることができる。専用の「Teleport VR Headset」が同梱されたアルティメットキットは119ドルだ。「Teleport VR Headset」単体が欲しい場合は19ドルで手に入れることができるようだ。いずれも発送開始は2016年1月が予定されている。



----------[AD]----------

あなたのスマホを安価に高精度な3Dスキャナに変える「eora 3D」

SHARE:

スマートフォンと連携させることで手軽に高精度な3Dスキャナーを実現する「eora 3D」というデバイスが開発されている。 今年の10月〜11月にかけてKickstarterでクラウドファンディングを行ったところ、目標の8万ドルを大きく上回る、約60万ドル(約7,200万円)の調達に成功するなど、注目を集めている。 使い方はとてもかんたんで、本体のアームにスマートフォンを固定し、専用のアプリケーショ…

eora 3D

スマートフォンと連携させることで手軽に高精度な3Dスキャナーを実現する「eora 3D」というデバイスが開発されている。

今年の10月〜11月にかけてKickstarterでクラウドファンディングを行ったところ、目標の8万ドルを大きく上回る、約60万ドル(約7,200万円)の調達に成功するなど、注目を集めている。

eora 3D

使い方はとてもかんたんで、本体のアームにスマートフォンを固定し、専用のアプリケーションからスキャンボタンを押すだけ。本体上部のレーザー照射口から緑色のレーザーが対象物に照射され、物体をスキャンすることができる。

スキャンできる距離は1m以内の対象物で、スキャン範囲は1m四方。スキャンの精度は0.1mm未満で、最大800万個のデータポイントを取得して3Dデータを作成するという。一度のスキャンにかかる時間は5分程度。

eora 3d

公開されているデモ動画をみると、カップの模様も細かく再現する精細なスキャンの様子がよく分かる。

eora 3D」で作成した3Dデータは、「.ply」、「.obj」、「.STL」の3種類の形式で書き出し可能。3Dプリンタに取り込めば、対象物を複製することもできる。

eora 3D

また、対象物を載せて回転するターンテーブルがオプション品として用意されている。小さなフィギュアなどをスキャンする場合はこちらを利用すると良いだろう。

この「eora 3D」の予定市販価格は330ドルと安価なのも人気を集めたポイントだろう。Kickstarterでは199ドル以上の支援から「eora 3D」を1個手に入れるプランが用意されていたが、すでに受付は終了。

現在はeora 3D」のプロジェクトサイトから、255ドルでプレオーダーすることが可能だ。送料は25ドルかかるが、日本からも注文ができる。滞り無く開発が進んだ場合は、2016年6月に発送が開始される予定だ。



----------[AD]----------

マウス、キーボードはもう要らない?指のジェスチャーでコンピュータを操作できる「Gest」

SHARE:

かつて「パワーグローブ」というファミコン用のコントローラーが販売されていたことを覚えている方は、読者の中にいらっしゃるだろうか。腕に装着して動かすことで、ファミコンのゲーム操作ができるという、当時としては画期的な伝説のコントローラーだ。 現在、そんな「パワーグローブ」を髣髴とさせるかのような、「Gest」というコントローラーデバイスが開発されている。 先日、この「Gest」はクラウドファンディング…

かつて「パワーグローブ」というファミコン用のコントローラーが販売されていたことを覚えている方は、読者の中にいらっしゃるだろうか。腕に装着して動かすことで、ファミコンのゲーム操作ができるという、当時としては画期的な伝説のコントローラーだ。

現在、そんな「パワーグローブ」を髣髴とさせるかのような、「Gest」というコントローラーデバイスが開発されている。

Gest

先日、この「Gest」はクラウドファンディングのKickstarterで約20万ドルの調達に成功した。

Gest」は、手・指に装着して利用するコントローラーだ。独自のセンシング技術で、指の動きを正確に認識し、Bluetoothでペアリングしたコンピュータなどを操作することができる。

Gest

例えば、指を上下左右に動かすと、画面上のカーソルを指の動きのとおりに操作することができる。マウスの代わりとして使うことができる。

Gest

また、机の上でタイプするかのような動きをとれば、文字入力もできるようだ。マウスだけでなく、キーボードの代わりとしても使うことができるというわけだ。

Gest

さらに、「Photoshop」のようなグラフィックツールで、色やコントラスト等のスライダーを指で調整したり、「Maya」のような3DモデリングツールやCADツールなどでは、手をひねることでオブジェクトを回転させたりする操作などが行えるようだ。

Gest

公開されているデモ動画を見ると、マウスで操作するよりも、直感的に容易な操作を実現しているように思える。

今後の展開として、ドローンの操作やDTMのコントローラとしての利用なども視野に入れているという。

この「Gest」だが、11月末でKickstarterでのクラウドファンディングはすでに終了。現在は、プロジェクトサイトにてプレオーダーを受け付けているので、興味がある方はそちらから申し込んでみると良いだろう。

左手用、右手用の2種類が用意され、それぞれ199ドルで予約を受付けている。ただし、Kickstarterでの受付分が2016年11月頃からの発送となる見込みなので、プレオーダー分が手元に届くのはそれ以降となりそうだ。


Introducing Gest from Gest on Vimeo.

----------[AD]----------

3台のGoProカメラで360°全天球動画を撮影する「PTRig」

SHARE:

小型ビデオカメラ「GoPro」を3台使い、360°の全天球動画撮影を可能にする「PTRig」というカメラリグが登場している。開発・販売は、アメリカ・ロシアを拠点とするスタートアップPanorics社だ。 対応するのは「GoPro Hero3」、「GoPro Hero4」の2機種。これらを合計3台使用して全天球撮影を行うことができるという。360°x180°の球体を完全にカバーし、死角はなく、最高の…

PTRig

小型ビデオカメラ「GoPro」を3台使い、360°の全天球動画撮影を可能にする「PTRig」というカメラリグが登場している。開発・販売は、アメリカ・ロシアを拠点とするスタートアップPanorics社だ。

PTRig

対応するのは「GoPro Hero3」、「GoPro Hero4」の2機種。これらを合計3台使用して全天球撮影を行うことができるという。360°x180°の球体を完全にカバーし、死角はなく、最高の映像体験を提供する、としている。

PTRig

ボディは高さ9cm、直径12cmでと小型で軽量なプラスチック製。パッケージには、ボディやケーブル以外に、Sマウント(M12x0.5)の魚眼レンズが3本同梱される。この魚眼レンズを、使用するGoProのレンズと交換し、「PTRig」のボディ内にGoPro3台をセットして使う。撮影操作や設定は、GoProのリモコンから行うこととなる。

撮影した3台のGoProの映像を全天球動画とするためには、スティッチング(1本の動画につなげる作業)が必要となる。Kolor社のソフトを使うことを推奨しているようだが、Panoricsでも専用ソフトを開発中で、今後発売予定だという。

この「PTRig」、現在、840ドルで販売中だ。実際にどのような動画が作成できるかは、以下よりデモ映像を確認することができる。(※左上のコントローラや画面のドラッグで操作可能)

----------[AD]----------

スマホで高さ調節できるスタンディングデスク「Aspirus」——作業時間のトラッキングも可能

SHARE:

デスクワークを主な仕事としている人々は、ともすれば出社してからデスクに座ったままの作業で、一日が終わることも多いだろう。だが、一日のうち2時間程度は立っている時間を作ったほうが、健康のために良いとする研究などがあったり、立っている方が集中できる、という理由から、椅子に座らずに立ったまま作業のできるスタンディングデスクを導入する人もいる。 現在、IndieGoGoでクラウドファンディング中の「Asp…

Aspirus

デスクワークを主な仕事としている人々は、ともすれば出社してからデスクに座ったままの作業で、一日が終わることも多いだろう。だが、一日のうち2時間程度は立っている時間を作ったほうが、健康のために良いとする研究などがあったり、立っている方が集中できる、という理由から、椅子に座らずに立ったまま作業のできるスタンディングデスクを導入する人もいる。

現在、IndieGoGoでクラウドファンディング中の「Aspirus」は、スマートフォンと連携するスタンディングデスクで、シンガポールのスタートアップ「Ideal Workspace」が開発しているものだ。

この「Aspirus」、スタンディングデスク、といっても机そのものではなく、机の上にセットして使うスタンドのようなものだ。液晶モニタやノートパソコン、キーボードを上に乗せて使うが、スマートフォンのアプリから高さの調節等ができるようになっている点が特長だ。

Aspirus

通常のスタンディングデスクであれば、立ったり座ったりする度に高さの調節が必要なのが面倒だったりする。この「Aspirus」はあらかじめ好みの高さにセットしておけば、あとはスマホのボタンひとつで自動的に、立って作業するための高さになってくれるので便利そうだ。

Aspirus

また、座って作業していた時間、立って作業していた時間をトラッキングし、アプリで確認することができるので、健康の目的でスタンディスクを導入する場合には、うれしい機能だろう。なお、内蔵したマルチセンサーにより、離席している時間はカウントしないようになっており、より正確に記録することができるようだ。

Aspirus

さらに、アプリから、あらかじめ一日のうちの立って作業する時間の目標設定をしておけば、座りっぱなしで作業して立ち上がるのを忘れていても、「Aspirus」が立って作業するように、と光でリマインドしてくれる機能もある。

市販予定価格はスタンダードタイプで1,399ドル。IndieGoGoでは499ドルからプレオーダーを受け付ていたが、すでに予定の50台が完売、現在は599ドルから「Aspirus」を1台手に入れることができる。2016年7月の発送開始が予定されているが、発送先の対象はオーストラリア、EU、香港、シンガポール、アメリカと限られている点は注意しておきたい。

----------[AD]----------