BRIDGE

Blaise Zerega

Blaise Zerega

Blaise Zerega is Editor in Chief of VentureBeat. An award-winning writer and editor, Blaise brings a proven record of reporting on technology innovation, private and public capital, and company formation. He traces his love for Silicon Valley to his time at Reference Software where in 1992, faster than you can say Hummer Winblad, WordPerfect acquired the startup.

執筆記事

新たなハイテク拠点が台頭、ソフトウェア関連職に占めるシリコンバレーのシェアが低下【Glassdoor報告書】

SHARE:

シリコンバレー以外の都市や他のハイテク拠点では、これまでにない速度で次々とソフトウェア関連の仕事が生まれている。オンライン求職サイトの Glassdoor の新しい報告書によると、シアトル、ワシントン DC、デトロイト、オースティン、その他諸々の都市において、ソフトウェア関連の人材募集が過去5年で急成長を見せてきた。一方、カリフォルニアのサンノゼがソフトウェア関連の仕事に占める割合は、同期間に15…

シリコンバレーの中心部であるサンノゼでは、新しいソフトウェア職のシェアは、過去数年間にわたり低下を続けている。
Image Credit: Glassdoor

シリコンバレー以外の都市や他のハイテク拠点では、これまでにない速度で次々とソフトウェア関連の仕事が生まれている。オンライン求職サイトの Glassdoor の新しい報告書によると、シアトル、ワシントン DC、デトロイト、オースティン、その他諸々の都市において、ソフトウェア関連の人材募集が過去5年で急成長を見せてきた。一方、カリフォルニアのサンノゼがソフトウェア関連の仕事に占める割合は、同期間に15.8%から8.1%に縮小している。

Glassdoor のチーフエコノミストである Andrew Chamberlain 氏は、「Beyond Silicon Valley: Tech Jobs Spreading Out of Tech Hubs」(シリコンバレーの先へ:ハイテク拠点以外に広がる技術職)と題したレポートの中で、こうした兆候の原因として主に2つの背景を挙げている。第1に、アメリカの中心地全域で様々な産業がテクノロジーを重視するようになっており、「ソフトウェアの仕事はテクノロジー以外のセクターに広がりつつある」とし、第2に、「ソフトウェアの仕事はシリコンバレーの外へ広がってきている」と述べている。

こうした変化の結果、テック産業の新しいエコシステムとして、ソフトウェア関連の優秀な人材の需要が高まっている。「ソフトウェア職の募集は徐々にシリコンバレーの外でも活発になっています。同じ都市部とは言っても、こじんまりとしていてコストも低い都市があり、そうした地域で様々なテクノロジー企業が拡大してきています」と Chamberlain 氏は指摘する。

このレポートは Glassdoor が持つ5年分の求職データを基にしている。データによると、テクノロジーの求人は、小売、金融、製造などの産業に拡散する傾向にある。一例として小売業界では、こうした職種の募集は2012年に6.4%であったが、2017年には13.9%となっており、7.5%上昇した計算だ。同じ期間で地理的に見てみると、Amazon、Microsoft、Zillow などの集まるシアトルでは、ソフトウェア関連の募集全体で10.2%から16.9%に伸びており、6.7%の上昇となった。

Chamberlain 氏はこのように結論づけている。

数年のうちに、アメリカのコストの低い都市部が大差で勝利を収めるでしょう。これらの地域ではテクノロジーのクラスターが急成長しており、近年ますます伸びを見せるソフトウェアの求人の募集先として魅力を高めています。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

「AIを謳うスタートアップ」もまた他のスタートアップと同じ理由で失敗するだろう

SHARE:

「自分自身を説明するのに「AI」という言葉を使わないスタートアップに会うのは難しくなってきた」。 ーーこう語るのはJake Flomenberg氏だ。ベンチャーキャピタルAccelのパートナーは、AI by theBayカンファレンスで最近のAIブームについて口を開く。 Flomenberg氏は5人の投資家と一緒にAI関連スタートアップにVCが期待していることについて議論しており、パネリストたちは…

IMG_1633
Above: Alexy Khrabrov of Cicero.ai (left) moderates a panel with Jake Flomenberg of Accel, Adam Kell of Comet Labs, Jean Xin of DCVC, David Beyer of Amplify Partners, Benjamin Levy of Bootstrap Labs, and Bradford Cross of DCVC, at AI by the Bay in San Francisco on March 8, 2017./Image Credit: VentureBeat

「自分自身を説明するのに「AI」という言葉を使わないスタートアップに会うのは難しくなってきた」。

ーーこう語るのはJake Flomenberg氏だ。ベンチャーキャピタルAccelのパートナーは、AI by theBayカンファレンスで最近のAIブームについて口を開く。

Flomenberg氏は5人の投資家と一緒にAI関連スタートアップにVCが期待していることについて議論しており、パネリストたちはAIを取り巻く騒ぎを認めた上で、技術に対する個人的な情熱や単に「ホットな」空間であるためにVCがAIのスタートアップを支援しているという考えをしっかりと否定した。

そしてここでの会話はまた、ほとんどのスタートアップが失敗するということを改めて思い起こさせるものとなった。

「LinkedInで過去12カ月間に更新されているプロファイルの多くが、AI関連の経験があると謳ってるのを見かけたよ」と指摘するのはBradford Cross氏。Data Collective(DCVC)の創業者でありこうも続けたーー「これは奇跡的な出来事かな?」。

Bootstrap Labsの共同設立者Benjamin Levy氏は、60カ国から1000を超えるAI関連スタートアップがピッチしていると話す。彼はそれを例えて「AIが新しい電気みたいになってる」と語り、いつかはAI搭載のマジックエイトボール(日本でいうおみくじみたいなもの)ができるんじゃないかと冗談も交えて議論に参加していた。

一方、Amplify PartnersのDavid Beyer氏はAIそのものとビジネスは別だと指摘する。

「AI自体は気にしてない。というのもAIの関与が、市場投入の仕組みや製品の価値提案などを根本的に変えるとは考えてないので」。

DCVCの投資家であるJean Xin氏も同じく「まさにAIそのものを念入りにみる前に、まずビジネスに注目している」と、この感想に同意している。

Xin氏は(AIに関わらず)起業家に尋ねる質問は特に他のVCたちと変わらず、技術は正当か、生産に移行できるか、顧客のトラクションを得ることができるか?、こういった基本的なものであることに変わりないと話していた。

Comet Labsの投資パートナー、Adam Kell氏は「成功を左右する要因は技術そのものをはるかに超えている。AIは多くの問題に対して正しい解決策とはならないかもしれない」と注意を促しているし、また、Flomenberg氏も「ほとんどのAIのスタートアップはAIそのもので失敗するのではない。解決が必要な問題を特定できないために失敗する」と指摘していた。

このパネルは起業家が世界を変えることについて熱弁をふるおうが、VCが長期的な価値についての決まり文句を口にしようが結局は、10のスタートアップのうち9つが失敗するということを明白に思い出させた。

それについてAIができることはほとんどない。

【原文】

【via VentureBeat】 @VentureBeat

Sony と Kabam、Blipparが語る PlayStation VR の可能性「AR が VR への扉を開く鍵になる」

SHARE:

Sony の PlayStation VR(PSVR)ヘッドセットの発売は、バーチャルリアリティ(仮想現実・VR)が確実に主流となりうる可能性を示唆するものとなった。ヘッドセットは広く普及している PS4 プラットフォームと互換性があり、500ドルというリーズナブルな価格帯で提供されている(つまり、600ドルの Oculus Rift と800ドルの HTC Vive よりも安い)。 さらに PS…

Sony の PlayStation VR(PSVR)ヘッドセットの発売は、バーチャルリアリティ(仮想現実・VR)が確実に主流となりうる可能性を示唆するものとなった。ヘッドセットは広く普及している PS4 プラットフォームと互換性があり、500ドルというリーズナブルな価格帯で提供されている(つまり、600ドルの Oculus Rift と800ドルの HTC Vive よりも安い)。

さらに PSVR は拡張現実で大衆の強い関心を引きつけることになったポケモンGOをきっかけに、高まった VR や VRゲームへの関心の波に乗りつつある。休暇中のショッピングシーズンに乗っかっていくのは悪い方法じゃない。

PS4 Pro の発売の朝に VentureBeat 編集長のBlaise Zeregaは、ポルトガルのリスボンで開催されたウェブサミット2016のパネルで Sony Interactive Entertainment Studios の Shawn Layden 会長、Blippar CEO の Ambarish Mitra氏、Kabam の共同設立者兼最高開発責任者、Holly Liu氏らに話を聞いた。

「ゲームの未来を視覚化する」というテーマで、スピーカー陣はキラーアプリの必要性と、開発者と消費者を伝統的なモバイルやコンソールから卒業させることになるかもしれない転換点について語り合った。(内容についてはビデオをご覧いただきたい

「われわれは間違いなく新しいプラットフォームを探している。VRがソニーにとってどういう役割を果たすのかを見極めるつもりだ」(Holly Liu氏)。

また Liu氏は「VRの一歩として、ARには面白い一面があると思う」と、デバイスとブランドの視点からポケモンGOの可能性を挙げて付け加えた。

モバイルゲームの最大の課題の1つは、新しいユーザーを引きつけることで、そういう点でポケモンの名前の親しみやすさは重要なポイントだったという。更に Liu氏は、コンテンツ開発者として、Kabam は市場の重要性と隔日制を探し求めていると語る。特にモバイル VR については AR と VR の間に橋渡しする何かが必要と言及した。

「地下鉄に乗って急いでヘッドセットを着けるのかっていう話ですよ。地下鉄降りる場所がわかんないじゃないですか」(Holly Liu氏)。

Ambarish Mitra氏は AR と VR がある連続した延長上にあると話している。「ここで現実という言葉は重要です」と彼は語る。「これはただの「R」という文字です。でもこの物理的な世界は非常に重要であり、産業としての拡張現実はより多くのユースケースを見つけるようになるでしょう」。

さらにMitra氏は「最終的に、AR と VR のブレンドポイントに到達し、VR世界で何かを引き起こしたり、あなたをどこかに連れて行ったり、あなたを別の環境に移動させるための AR が必要になると思う」と付け加えている。

また Layden氏は議論の早い段階で、PS4のリリースが PSVR の後に続いたことにも言及している。

「Playstation VR は1カ月間市場に出回って非常に成功している。ただ、今の課題は近くの店で見つけることができないことですね」(Layden氏)。

AR が本当に VR への入り口になるのであればその門が開くのはもう時間の問題かもしれない。

【独占取材】LINE は米国市場を(今のところ)諦めて、4つのアジア市場を攻めるーー秘策は「AI とチャットボット」にあり

SHARE:

地の利がある市場に焦点を合わせることが最も理にかなっているーー。これが日本で最も人気のあるメッセージングプラットフォーム「LINE」の現在のビジネス戦略だ。 VentureBeat 編集長 Blaise Zerega の独占インタビューで、LINE代表取締役の出澤(剛)氏は日本、台湾、タイ、インドネシアの4つのアジア市場に焦点を当てた決定について説明してくれた。 数年前、LINE は西洋市場に参入…

line-ceo-featured-image-930x580
Above: Line CEO Takeshi Idezawa onstage at Web Summit in Lisbon on November 8, 2016. Image Credit: VentureBeat

地の利がある市場に焦点を合わせることが最も理にかなっているーー。これが日本で最も人気のあるメッセージングプラットフォーム「LINE」の現在のビジネス戦略だ。

VentureBeat 編集長 Blaise Zerega の独占インタビューで、LINE代表取締役の出澤(剛)氏は日本、台湾、タイ、インドネシアの4つのアジア市場に焦点を当てた決定について説明してくれた。

数年前、LINE は西洋市場に参入しようとした。かわいいアニメスティッカーで知られているメッセージングアプリは、WhatsApp から Snapchat、Twitter から Instagram、iMessage と SMS、そして中国の WeChat から、もちろんのことながら Facebook メッセンジャーといった、それぞれがオーバーラップしているサービスとの激しい競争に遭遇することとなる。

このような状況の中で LINE は拡大幅を縮小して計画された IPO を棚上げし、4つのアジア市場に焦点を絞り込んだ。今年の初めに同社は11億ドル規模の IPO を実施し、最近の第3四半期の収益は前四半期の339億円から増加して359億円(約3億4200万ドル)となった。

LINE は日本、台湾、タイの3つのアジア市場でトップメッセージングプラットフォームとなり、インドネシアで2位を獲得している。 出澤氏は LINE サービスをユーザーの生活に不可欠なものにすることを目指しており、チャット戦争における西欧や中国のライバルに対して我慢強くアドバンテージを積み重ねていこうとしている。

これを達成するために出澤氏は「大きな数字の法則」に賭けている。すなわち、特定の市場でトップのメッセージングアプリになることが有機的な成長を生み出す、というものだ。

同氏は、LINE氏が来年早々に職場にSlack のようなバージョンをリリースすると話しており、また、ビデオやその他のサービスを利用してセッション時間を延長し、増収を目指している。とりわけ、少数のメッセージングプラットフォームが支配的となる最終的なグローバル市場に備えるため、彼はAIやチャットボットに投資している。

編集部注:このインタビューは、明快に伝えるために編集されています。 2016年11月8日、ポルトガルのリスボンで開催されたウェブサミットにて翻訳者を通じて実施されたものです。

VentureBeat:あなたは LINE はアジア、特に日本、台湾、タイ、インドネシアの4カ国に集中すると言っています。それは Facebook のメッセンジャーと Apple iMessage に米国市場を明け渡したことを意味してるのでしょうか?

出澤氏:選択の問題です。我々は4つのアジア諸国に焦点を当てており、私たちはこれを2年間続けてきました。一つの理由は、アジアは成長市場であるということです。米国企業は参入するのが難しい市場でもあります。また、非常に強力なネットワーク効果があるため、一旦強いアプリが出現したり、もしくは高いマーケットシェアを獲得した場合、それを置き換えることは非常に困難になります。これが2年前に4つのアジア市場に焦点を当てた理由です。

VB:これらの4カ国に集中しているのはこれら地域の経済成長に期待しているからと言われていますが、いつそれが起こると思いますか?

出澤氏:アジアの中産階級は2020年までに指数関数的に増加するとの報告が多いので、2020年まではアジアに焦点を当てます。

VB:ビジネスの成長はユーザーの成長にとってどのくらい重要ですか?現在、あなたの会社は2億2000万人のユーザーを公表しており、潜在的な市場はおそらく5億人と言われています。

出澤氏:ユーザー数の増加は非常に重要です。 4つのアジア諸国の成長率をみると、実際には前年比で20%増加しています。我々はより多くの成長のための健全な機会があると考えています。

VB:どうやってより速い成長を達成しますか?

出澤氏:強力なネットワーク効果についての私の答えに戻ると、アプリがマーケットシェアで一位になると、ユーザーの成長はそこから有機的に達成されます。日本、台湾、タイでは、ユーザーを増やすために多くのリソースを割り当てていません。なぜならこれら3カ国でトップのアプリだから、ユーザーは勝手に増えるんです。しかし、私たちはまだインドネシアのトップアプリではなくまだ2番目ですから、新しいユーザーを獲得するために多くの活動を行っています。

VB:LINE プラットフォームには、300社以上のチャットボットが含まれています。より多くの成長を推進するための将来のサービスを開発する上で、これらのボットと AI の役割はどうなるのでしょうか?

出澤氏:日本の配送サービスでは、チャットボートで AI を使用して、顧客が荷物の納品日を予約できるようにしています。私たちはチャットボットがビジネストランザクションそろそろ生み出すことができるようになっており、また、顧客はビジネスとコミュニケーションをとることができ、さらにその背後には人工知能がすべて処理している時代に入っていると考えています。

LINE ユーザーは、タクシーを呼びかけること、航空券を予約すること、食料品を配達すること、そしてLINE アプリ内で多くの異なる取引をすることができます。しかし、すべてが AI によって自動化されているわけではなく、プロセスのいくつかはまだ手動です。 AI をさらに活用することで、ユーザーにとっての効率性が向上すると考えています。

VB:しかし、これらのユースケースの中には、機械学習のスケールではかなり低いものがあり、おそらく多くの AI が関与しているとは限りません。2020年を見据えて、AI で LINE ユーザーの経験を変える可能性のある分野は何ですか?

出澤氏:Smart Portal を使用すると、すべての LINE サービスにアクセスできます。ここを多くの LINE サービスのための「ワンストップショップ」にします。私たちは、ユーザーのさまざまなニーズにすべて包括的に答えることができるインテリジェントエージェントが潜在的可能性を持っていると考えています。代理人やボットは、LINE のサービスを利用するためのゲートウェイとして、検索し行動する上で非常に重要です。

そして、私はこれが単なるオンラインのためだとは思っていません。オフライン世界には実際のお店があり、そのリアルな店舗でもユーザーはチャットボットでサービスを検索してやりとりすることになると考えています。

VB:それって Amazon Alexa や他の音声起動アシスタントで注文するような風にも聞こえます。LINE はいつかスマートなスピーカー、音声起動インテリジェントアシスタントで動作するようになるのでしょうか?

出澤氏:これは非常に重要な成長領域だと思います。スマートフォンがもはや支配的なデバイスではなくなった世界になれば、音声起動デバイスは次の重要なものとなるでしょうね。

VB:それはつまり、LINE は幅広いデバイスで動作するということを言われてるのでしょうか?

出澤氏:はい、私はそれが非常に高い可能性があると思っています。私は LINE サービスを使うことのできる方法が変わると思っています。それは、Echo のような家庭用のデバイスかもしれませんし、時計、またはイヤホンや小型のディスプレイになるかもしれません。

VB:2つのベンチャーファンドに投資していますが、一方でLINE が内部リソースを投資している分野はどこになるでしょうか?

出澤氏:AI とチャットボットに多額の投資をしています。私たちが集中している4つのアジア諸国では、サービスの接続ポイント数を増やすためのパートナーシップを多く検討しています。

VB:おそらく、これらの接続点のいくつかは万国共通で魅力を持つことになると思います。例えばある時点で他の市場への参入や成長、すなわち米国とヨーロッパ市場に戻ってくるためのサインか何かでしょうか?

出澤氏:現在アメリカと西ヨーロッパでは、機能によって Messenger や他のチャットアプリの間で市場が大きく違ったものになりつつあると考えています。私たちはこれがいくつかのプラットフォームに進化すると考えており、その時が来たら私たちの戦略が実際に効力を発揮すると考えています。

VB:それはユーザーが多くのチャットアプリを使用する代わりに、いくつかしかないプラットフォームからひとつのメッセージングプラットフォームを選ぶことになる、という意味でしょうか?

出澤氏:そうですね。

VB:ありがとうございました。

【原文】

【via VentureBeat】 @VentureBeat