Chika Kietzmann

Chika Kietzmann

Chika Kietzmann。ドイツ在住フリーランス日英独翻訳者・ライター。ドイツ発の科学やテクノロジーについて発信するブログを運営中。 Blog: sci-tech-germany.com Twitter: @ChikaCaputh

http://sci-tech-germany.com

執筆記事

生理痛をスイッチオフーー ウェアラブル「Livia」は女性の強い味方になる?

SHARE:

<ピックアップ>This is the best wearable I have ever tried. Period. 女性ならきっと誰もが経験する生理痛。 痛みには個人差があり、それほど気にならないという人もいれば、 日常生活に支障をきたすほどの強い痛みに苦しむ人もいます。 痛みを和らげるためには下腹部をカイロで温める、ツボ押しやマッサージをするなどの対策があります。しかし、 いろいろな方法を…

Screenshot: Indiegogo
Screenshot: Indiegogo

<ピックアップ>This is the best wearable I have ever tried. Period.

女性ならきっと誰もが経験する生理痛。 痛みには個人差があり、それほど気にならないという人もいれば、 日常生活に支障をきたすほどの強い痛みに苦しむ人もいます。

痛みを和らげるためには下腹部をカイロで温める、ツボ押しやマッサージをするなどの対策があります。しかし、 いろいろな方法を試してもあまり効果がない。鎮痛薬にもなるべく頼りたくない。そんな悩みを持つ女性も多いのではないでしょうか。

現在、Indiegogo上で注目を集めているウェアラブルデバイス「Livia」は、薬を使わずに女性を辛い生理痛から長時間解放してくれるそうです。感覚神経に弱い電気刺激を与えることで生理痛の痛みをブロックします。

LiviaはiPod Nanoに似た小さな四角いデザイン。2本の電極を 痛みのある部位に吸盤で貼り付け、メインデバイスをスイッチオン。すると穏やかな電気パルスが流れ、強い痛みを消すという仕組みになっています。

このメソッドは、「ゲートコントロール理論」というペインコントロールの学説に基づいています。

体のどこかが痛いとき、無意識にその部位をさすってしまいますね。

感覚刺激は神経線維を通って 脳に伝達されますが、感覚神経には痛みを伝える細い線維と、触圧覚を伝える太い線維の2種類があり、どちらもT細胞と呼ばれるゲートを経由しています。シグナル伝達速度の速い太い線維に刺激を与えると、ゲートが閉じ、細い線維を通る痛みのシグナルが遮断されて痛みを感じなくなるというのがこの理論です。

モニターの女性によると、パルスを適度な強さに設定すると15分ほどで生理の痛みが消失したそう。パルス刺激はじんわりと温かく、 少しピクピク感じる程度のようです。

インターフェースはシンプルで、ON/OFFスイッチにパルス強弱ボタンのみ。メインデバイスはベルトやポケットに取り付けられ、洋服の外から目立たないというのも嬉しいですね。

開発チームはプロトタイプを今年10月に商品化することをめどに、6月までに 5万ドルの資金調達を目指しています。クラウドファンディングサイトIndiegogoに掲載されてから24時間以内に2万ドルを獲得し、高い 関心を集めていることが伺えます。

Liviaは1個75ドル 、もしくは2個セット155 ドルで予約受付中です。

Via. The next web

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


在宅ワーカーがモチベーションと生産性を維持するための10のコツ

SHARE:

<ピックアップ>10 Ways to Stay Focused When Working From Home デジタル化が進む現在、在宅で仕事をする人が増えています。特定の会社や組織に所属しないフリーランスという働き方を選択する人も珍しくなくなって来ました。 満員電車で通勤する必要がない、スケジューリングは自分次第、育児と両立させやすいなど、在宅ワークにはいろいろなメリットがありますが、一方で上司…

 via Flickr by “A Health Blog“. Licensed under CC BY-SA 2.0.
via Flickr by “Joel Dueck“. Licensed under CC BY-SA 2.0.

<ピックアップ>10 Ways to Stay Focused When Working From Home

デジタル化が進む現在、在宅で仕事をする人が増えています。特定の会社や組織に所属しないフリーランスという働き方を選択する人も珍しくなくなって来ました。

満員電車で通勤する必要がない、スケジューリングは自分次第、育児と両立させやすいなど、在宅ワークにはいろいろなメリットがありますが、一方で上司や同僚の目がない分、モチベーションを保ちながら効率よく仕事をするにはコツが必要です。

では、在宅でも生産性を維持するためにはどうすればいいでしょうか? Inc. が紹介していた米国の実業家John Rampton氏による「在宅ワーカーが生産性を高めるための10の方法」は参考になりそうです。

1. 「52:17の法則」

モチベーションを保ち生産性を高めるにはこまめに休憩を取るのが良いとされていますが、52分間作業して17分間休む「52:17の法則」が特に効果的だという実験結果があるそうです。

厳密に52分と17分でなくても、あなたが作業しやすい時間の長さでOK。 一定の作業時間を設定したらアラームが鳴るまでは仕事だけに集中するようにしましょう。

2. 自分にご褒美を

「この仕事を片付けたら、・・・しよう」と自分にご褒美を用意しましょう。私の場合、 夏場は「仕事を終えて泳ぎに行く」のが最大のモチベーションです。仕事の後に楽しいことが待っていれば、早く終わらせたくて 作業が捗りますね。

3. ソーシャルメディアはオフに

ソーシャルメディアには仕事の生産性を高める効果もありますが、 仕事中に際限なく見ていると効率が下がってしまいますね。 アクセスする時間を決め、それ以外の時間には「Cold Turkey」などのブロックツールを使い、シャットアウトしましょう。

4. ワークタイムに運動を取り入れよう

体を動かすと気分がスッキリしてやる気が湧きますね。ワークタイムに週2時間半の運動をする人の生産性は、そうでない人と変わらないか、むしろ 高いという研究結果があります。仕事が終わって 疲れているときに運動 しようとするよりも、ワークタイムのスケジュールに組み込んでしまう方が効果的だそうです。

5. ある程度のプレッシャーも必要

締め切りに追われるのは辛いもの。でも、締め切りがないと、ついダラダラしがちですね。締め切りがないときには、 ある程度タイトで、かつ現実的なデッドラインを自分で設定しましょう。一定のプレッシャーがあることで集中しやすくなります。

6. たまには仕事場を変えよう

在宅ワーカーにとって自宅は最も作業環境の整っている場所かもしれません。でも、たまにはカフェやコワーキングスペースなどで仕事をするのも気分転換になります。 外の作業場にはいつまでもいるわけにいかないのでかえって 集中でき、仕事が捗るのではないでしょうか。

7. パジャマで仕事をしない

服装も仕事の成果や生産性に影響します。 パジャマやホームウェアなどのゆったりした服装では今ひとつ 仕事に乗れないもの。 ラフな服装のときには脳もリラックスモードになってしまうのだそうですよ。家にいても仕事モードの服装で作業に当たるとより生産的です。

8. あらかじめ作業時間を決めよう

終わりの見えない作業は辛いですね。作業に集中し、モチベーションを保てるよう、1日の作業時間またはノルマを設定しましょう。

9. 仕事専用スペースを作ろう

仕事部屋があるのが理想ですが、なければ部屋の特定エリアを仕事専用スペースに設定しましょう。そのスペースにいるときには仕事以外のことはしないようにします。家族にもそのスペースをオフィスとみなし、あなたがそこにいるときには仕事中だと理解してもらいましょう。専用スペースを持つことで、オンとオフの切り替えが明確になります。

10. 人と会う時間をスケジュールに組み込もう

在宅ワークは邪魔が入りにくく気楽な反面、孤独でもあります。 内向的な人ですら常に一人で仕事をしているとモチベーションが下がってしまいがち。仕事のスケジュールの中に人と会う予定を組み込みましょう。ネットワーキングイベントへの参加や友人とのお茶の時間、在宅ワーカー仲間とのコワーキングなども良いですね。

以上のアドバイス、在宅ワーカーやフリーランサーの方の参考になるのではないでしょうか。20年来フリーランスで在宅ワーカーの私も上記の多くを取り入れています。みなさんは他にどんな方法を実践していますか?

via. Inc.com
(執筆:キーツマン智香)

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


自動緊急ブレーキ、米国で2022年までに標準装備に

SHARE:

<ピックアップ>Automatic emergency braking will be standard in most US cars by 2022今月17日、米国国家道路交通安全局 (NHTSA) 及び米国道路安全保険協会(IIHS) は、 2022年9月1日までに米国で新規製造されるほぼすべての普通自動車に自動緊急ブレーキ (AEB)を標準装備することを自動車メーカー20社が合意したと発表…

 via Flickr by “A Health Blog“. Licensed under CC BY-SA 2.0.
via Flickr by “Thank you for visiting my page“. Licensed under CC BY-SA 2.0.

<ピックアップ>Automatic emergency braking will be standard in most US cars by 2022
今月17日、米国国家道路交通安全局 (NHTSA) 及び米国道路安全保険協会(IIHS) は、 2022年9月1日までに米国で新規製造されるほぼすべての普通自動車に自動緊急ブレーキ (AEB)を標準装備することを自動車メーカー20社が合意したと発表した。

安全性の向上のため、NHTSAはかねてからAEBの標準装備を提唱していたが、 ようやく普及し始めたばかりだ。AEBは前方検知センサーにより障害物を検知し、ドライバーが何もアクションを起こさなければ自動的にスピードを弱めるか、運転を停止させる仕組みだ。

10年ほど前からまず高級車に導入され、その後しだいに大衆車へも装備されつつあるが、まだ一般的ではない。

今回の協定にはAudiからTeslaまでの主要メーカーが参加しており、これで通常3年かかる規制を待たずにAEBが急速に普及するとNHTSAは見ている。

標準装備の対象となるのは車両総重量8,501ポンド(約3,856kg )までの普通自動車で、8,501〜1万ポンド(約3,856kg 〜4,536kg)の車両への装備は2025年9月1日までに終える。

AEBの標準化は自動運転車普及への第一歩といえる。

via. The Verge

(執筆:キーツマン智香)

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


カーナビアプリWaze が移動時間を事前計算してくれる機能「Planned Drives」をローンチ

SHARE:

<ピックアップ>Waze introduces Planned Drives feature to make sure you’re never late again 電子カレンダーに予定を入力しておけば、リマインダーがいつ、どこで、どんな予定があるかを知らせてくれる。スケジュール管理はいまや随分便利になった。 しかし、予定の場所と時間がわかっていても、出発時刻はその都度計算しなければならない。自…

Image: Waze Blog
Image: Waze Blog

<ピックアップ>Waze introduces Planned Drives feature to make sure you’re never late again

電子カレンダーに予定を入力しておけば、リマインダーがいつ、どこで、どんな予定があるかを知らせてくれる。スケジュール管理はいまや随分便利になった。

しかし、予定の場所と時間がわかっていても、出発時刻はその都度計算しなければならない。自動車での移動の場合、その日の道路状況によって所要時間が変わるので、約束の時間に遅れないように出発時刻を計算するのはなかなか大変だ。

渋滞情報を共有できるカーナビアプリWazeにそんな煩わしい移動時間の計算を不要にする新機能、「Planned Drives」が搭載された。

2007年にリリースされたWazeはもはやドライバーの必須アプリだ。2013年にGoogleが10億ドル以上を注ぎ込んで買収した同社は「自動車の運転を快適に」をミッションに掲げ、 新機能の導入によりサービスのさらなるレベルアップを図る。

「Planned Drives」はスマートアルゴリズムを使い、過去の交通データから道路状況を予測して移動時間を計算する事前スケジュール機能だ。電子カレンダーに書き込んだ予定や参加予定のFacebook イベントなどを自動管理し、予定の場所や開始時刻だけでなく、出発時刻も知らせてくれる。この機能を使えば、遅刻の心配も不要になる。

当日渋滞があれば、普段なら所要時間10分の場所へ30分前に出発するよう通知する。また、渋滞が道路工事によるものか、事故なのか、それとも別の原因なのかが一目でわかる機能も新たに搭載する。

現在のところiOS版のみだが、近々、Android版もリリースされる予定だ。

面倒な移動計画は Wazeに任せよう。 予定が入ったらすぐにアプリに入力し、忘れてしまっていい。後はWazeがすべてやってくれる。これで自動車での移動はますます快適になりそうだ。

via Yahoo!tech

(執筆:キーツマン智香)

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


コードを1行も書かずにプログラミングを学ぶ方法

SHARE:

<ピックアップ>How to learn about software development without writing a single line of code プログラミングを学ぶのは大変だ。 Xcode などの開発環境を整えるには膨大な時間を費やさなければならない。しかし、 学習者が知っておくべきことがもう一つある。それは、コードを1行も書かなくても、プログラミングについて学べること…

 via Flickr by “A Health Blog“. Licensed under CC BY-SA 2.0.
via Flickr by “Breyten Ernsting“. Licensed under CC BY-SA 2.0.

<ピックアップ>How to learn about software development without writing a single line of code

プログラミングを学ぶのは大変だ。 Xcode などの開発環境を整えるには膨大な時間を費やさなければならない。しかし、 学習者が知っておくべきことがもう一つある。それは、コードを1行も書かなくても、プログラミングについて学べることはたくさんあるということだ。

以下は The Next Web で紹介されていた、プログラミングを学ぶ上で役立つ情報ソースだ。著者は Swift でコードを書いているので、内容はSwift学習者よりになるが、すべてのプログラミング学習者にとっても参考になる情報のはずだ。

Eメール配信のニュースレター

Eメールで配信されるニュースレターで最新情報を得よう。 Swift関連のニュースレターとしてお薦めのもの。

This Week in Swift
iOS Dev Weekly
Swift Sandbox
Swift Weekly
Ray Wenderlich

毎週の配信では多過ぎると感じるなら、 電子マガジン、 Learn to Programがお薦めだ。 iOSAndroidに対応しており、プログラミング言語や技術に関するトピックを広範囲にカバーしている。

ソーシャルメディア

デベロッパーはプロジェクトの進行中に考えていることをツイッターでつぶやくことが多い。うまく行かないことについてもつぶやくので、 参考になる。また、質問サイト、Stack Overflow に知りたいことが見つかるかもしれない。漠然とした質問よりも的を絞って検索するのがコツ。ソーシャルニュースサイトRedditも見逃せない。Swift subreddit は特にお薦め。あらゆるプログラミング言語や手法に関する情報を得ることができる。

動画

実際にプログラミングをしているところを動画で見るのも勉強になる。Apple やGoogleは過去のイベント動画を公開しているし、 Google の新機能や APIの発表動画もよい。
あなたがSwiftを学習中なら Ray Wenderlich がお薦め。有料の動画が多いが、それだけの価値はある。
また、YouTubeにもデベロッパーのコーディングセッション動画がたくさん公開されている。

ライブストリーミング

動画は好きなときに再生できるのが便利だが、やはりライブに勝るものはない。Livecoding.tv がお薦めだ。

ポッドキャスト

プログラミングやソフトウェア開発がテーマの素晴らしいポッドキャストがいくつかある。短いものは5分ほどの長さだ。たとえば以下のポッドキャストを聴いてみてはいかがだろうか。

Under the Radar
Coder Radio
Ray Wenderlich
iOS Bytes
Software Engineering Daily

Medium

ブログプラットフォーム Medium もデベロッパー達の活発な意見交換の場だ。ブログを持つデベロッパーを見つけられるだけでなく、 新しいプログラミング技術やチュートリアルを知るにも便利。ハッシュタグやトピックで他のユーザーをフォローしよう。

実際にコードを書くことだけが学習ではない。プログラミングについての情報を収集することも大いに役に立つ。壁にぶつかったときには、ちょっと違うやり方をする人達からヒントを得るとよいだろう。

via The Next Web

(執筆:キーツマン智香)

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


WeChat、 Slack風社内コミュニケーションツールを近々ローンチ

SHARE:

<ピックアップ>WeChat is building its own Slack 中国最大手のメッセージングアプリWeChatを提供するTencentは、Slackに似た独自の社内用コミュニケーションツール「Enterprise WeChat (企业微信)」をリリースする予定だ。 この無料サービスはモバイルとPCの両方で使え、ビジネスシーンにおいて便利ないくつかの新機能を搭載する。 ニュースレター…

スクリーンショット 2016-03-14 16.49.31

<ピックアップ>WeChat is building its own Slack

中国最大手のメッセージングアプリWeChatを提供するTencentは、Slackに似た独自の社内用コミュニケーションツール「Enterprise WeChat (企业微信)」をリリースする予定だ。 この無料サービスはモバイルとPCの両方で使え、ビジネスシーンにおいて便利ないくつかの新機能を搭載する。

Enterprise WeChat 独自の機能とは?

3月10日、QQ Techに公開された情報によると、この新サービスはSlack同様、利用者が一日中 ログインしていることを想定している。「コーヒーブレーク・モード」は、席を外していることがグループのメンバーに一目でわかる新機能だ。

また、 休暇届けや出張経費の払い戻し申請等、簡単なオフィス業務を定型フォーマットでやり取りする機能を搭載する。

WeChatのコア機能はそのまま引き継がれ、 グループ間でメッセージ、ボイスメッセージ、画像、絵文字、スタンプ、GPS情報などをやり取りできる。

チャット画面を煩雑にすることなくメッセージの既読を知らせることのできる 新機能「receipt」も画期的だ。

中国市場に潜在するビッグチャンス

現在、中国では 仕事とプライベートのグループのやり取りがごちゃ混ぜの状態でチャットツールが使われている。仕事専用のチャットツールが登場すれば、ビジネス効率の大幅アップが期待される。

EkoTeambitionなど、これまでにもいろいろな企業が中国のビジネスシーンにフォーカスしたWebサービスをリリースしているが、Dropboxの例のように政府に突然、規制されることを懸念して外国企業のサービスを利用したがらない人が多い。

その点、WeChatには既にほとんどの中国のオフィスワーカーが利用しているという利点がある。新サービスEnterprise WeChatは大きなチャンスを掴みそうだ。

via Tech in Asia

(執筆:キーツマン智香)

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


心を楽にするアプリ「ARYA」ーー思考や行動を記録して認知行動療法を簡単に

SHARE:

ストレスの絶えない現代社会。ちょっとしたきっかけで心のバランスが崩れ、鬱や不安障害が引き起こされることも少なくありません。 悲観的な考えや不安は、認知の歪みが原因の可能性も。認知に働きかけることで心の不調を改善する認知行動療法(CBT)が、効果的な治療法として注目されるようになりました。 CBTでは患者自身が自分の思い込みに気づき、否定的な考え方を変えるよう積極的に取り組むことが不可欠。セルフモニ…

product-photo-closeup-arya

ストレスの絶えない現代社会。ちょっとしたきっかけで心のバランスが崩れ、鬱や不安障害が引き起こされることも少なくありません。

悲観的な考えや不安は、認知の歪みが原因の可能性も。認知に働きかけることで心の不調を改善する認知行動療法(CBT)が、効果的な治療法として注目されるようになりました。 CBTでは患者自身が自分の思い込みに気づき、否定的な考え方を変えるよう積極的に取り組むことが不可欠。セルフモニタリングと呼ばれる思考や活動の記録が治療の中心となります。

しかし、綿密で一貫した記録をつけるのは大変です。 患者の正確な記録なしでは治療者も適切な治療を行うことができません。

そこで、CBTのセルフモニタリングを簡単かつスムーズにする無料の記録アプリ、ARYA が登場。開発したのは、ドイツ人のクリスティーナ・ヴィルム氏。自らも過去に鬱病で認知行動療法を受けていた経験から、モバイル機器で思考や行動を記録できれば便利ではないかと考えたそうです。

上:ARYAアプリ。
上:ARYAアプリ。頭に浮かんだ考えや、それに対して自分がどう反応したかを記録する。

ARYAの使い方はシンプル。その日の日付を選び、「今はどんな気分?」「どこか体に不調を感じる?(体の図の該当するエリアをタップし、症状を入力)」「今、何を考えている?」「どんな状況?」「それで、どう反応した?」など、スマートフォン画面上で質問に答えて終了ボタンを押せば記録完了。データはレポート化され、治療者にも送信されます。

上:ARYAアプリ。
上:ARYAアプリ。さまざまな感情のレベルや自分の環境を記録していく。

今後はソーシャル機能や、患者の状況に応じたアクティヴィティ提案機能も搭載される予定。親しい人とのコンタクトを保ちながら適切な活動を行うことで、治療の効果が期待できそうですね。

(執筆:キーツマン智香)

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


インドの在宅医療関連スタートアップCare24、SAIF Partnersから400万ドルを調達

SHARE:

<Pick Up> Indian home healthcare startup Care24 gets $4M series A from SAIF partners ムンバイに拠点を置く在宅医療関連スタートアップ、Care24 がシリーズAで SAIF パートナーから400万ドルを調達したと発表した。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRID…

Care24-website

<Pick Up> Indian home healthcare startup Care24 gets $4M series A from SAIF partners

ムンバイに拠点を置く在宅医療関連スタートアップ、Care24 がシリーズAで SAIF パートナーから400万ドルを調達したと発表した。

Care24は2014年12月にローンチされた、患者と介護士のマッチングプラットフォーム。今回調達した資金は介護スタッフの育成やプラットフォームの拡充に使われる。

インドでは複数世代が一緒に暮らし、 子供が年老いた親の面倒を見るのが伝統だが、現代では親を地方に残し、仕事を求めて都市に移り住む人が少なくない。創立者のVipin Pathak氏らも、 郷里の親族のために適切な介護士を探すのに苦労した経験を持つ。

インドでは60歳以上の人口が1億人を超えており、介護サービスの需要は今後ますます増えると見込まれる。

Care24 のプラットフォームには同社の審査を通過した有資格の看護士、理学療法士や介護士が登録し、血圧管理などの日常的なケアから入院や24時間介護を必要とする患者のサポートまで 幅広い業務に対応している。

現在、高齢者介護を中心にサービスを提供しているが、 今後、その他の医療分野へも業務を展開する構えだ。介護に関する教育的仕組みをプラットフォームに取り入れることも視野に入れている。また、ヘルスセンサーなどデジタル医療機器を接続することで、患者が遠隔ケアを受けられるように整備していく。

現在、1日におよそ4000人がCare24 のサービスを利用している。

via. Techcrunch

(執筆:キーツマン智香)

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


服薬モニタリングアプリを開発するAiCure、およそ1200万ドルを 調達

SHARE:

<Pick Up> Aicure raises $12.25 million for its treatment monitoring technology 薬を飲むのをうっかり忘れてしまったことはないだろうか? ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報をお届けします! Sign Up 処方薬の飲み忘れは医療業界に…

AiCure

<Pick Up> Aicure raises $12.25 million for its treatment monitoring technology

薬を飲むのをうっかり忘れてしまったことはないだろうか?

処方薬の飲み忘れは医療業界にとって大きな損失だ。 患者が 薬を飲み忘れることで医療業界に生じる損失は、米国ではおよそ3.8兆ドルにも上ると推定されている。

ニューヨークに拠点を置く医療系スタートアップ、AiCureは、服薬をモニターするモバイルアプリに 対し、約1200万ドルを 調達した。

このアプリは、服薬の時間になると患者をリマインドし、 実際に薬を飲んだことをカメラで確認する。 患者はモバイル機器のディスプレイに向かって薬を見せ、指示メッセージに従って呑み込むだけでよい。患者の顔識別から薬の種類や量のチェックまですべて人工知能が行い、データはレポート化されて医療機関に送信される。

同サービスは主な利用者として 指示通りの服薬が不可欠な治験参加者を想定しているが、精神疾患や伝染病患者の服薬モニタリングにも役立ちそうだ。

服薬管理の重要性は広く認識されており、同社はローンチ以来、 アメリカ国立衛生研究所(NIH) やビル&メリンダ・ゲイツ財団の元科学顧問、ボリス・ニコリック氏の創立したBiomatics Capitalなどから資金を得ている。

via. TechCrunch

(執筆:キーツマン智香)

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


「スマートはかり」で食品ロスを削減、ロンドンのスタートアップWinnowがシリーズAで330万ドルを調達

SHARE:

<Pick Up> Food waste smart meter Winnow bags $3.3M further funding 外食産業用に「スマートはかり」を開発しているロンドンのスタートアップ、 Winnow があらたに330万ドルを調達した。 同社はこの追加資金を元に製品のさらなる改良およびサービスのグローバル展開を目指す。 シンガポールにアジア拠点を設置したばかり。 ニュ…

image via. Flickr
image via. Flickr

<Pick Up> Food waste smart meter Winnow bags $3.3M further funding

外食産業用に「スマートはかり」を開発しているロンドンのスタートアップ、 Winnow があらたに330万ドルを調達した。

同社はこの追加資金を元に製品のさらなる改良およびサービスのグローバル展開を目指す。 シンガポールにアジア拠点を設置したばかり。

Winnowは、外食産業における食品ロスの削減をミッションに、タブレット操作できる厨房用「スマートはかり」を開発している。従来のように廃棄した食品を手作業で記録する代わりに、 ゴミ箱の下に設置した「スマートはかり」が廃棄された食品を計量する。

厨房スタッフが専用タブレットのタッチスクリーン上で該当する食品カテゴリーをタップすれば、どんな食品がどれだけ廃棄されたかが簡単に記録できる。 クラウドのプラットフォームへ送信されたデータは Winnowが独自開発したアルゴリズムで分析される。

厨房管理者はその日のレポートをメールで受け取り、どんな食品に特に無駄が多かったかをチェックすることで、食材の調達を最適化できる。

同社によれば、食品ロスの削減により外食産業はおよそ 30-60 %の利益率アップが見込めるという。2013年5月に開始したこのサービスは既に200軒を超えるレストランが利用している。

昨年 12月、フランスでスーパーによる売れ残り食品の廃棄を禁じる法律が制定されるなど、食品廃棄問題への関心はますます高まっており、今回のシリーズAラウンドはグッドタイミングだ。

via techcrunch

(執筆:キーツマン智香)

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録