THE BRIDGE

JasonLim

JasonLim

林は、2010年12月から TechNode 英語版の編集を担当。スタートアップ、VC、Eコマース、新興テクノロジー業界の話題を取り上げる。HTC、BenQ、ワンダーメディア・フライタッチ向 けの非公式アンドロイド・アプリストア「AppStoreConnect」で、開発者向け窓口のマネージャーを務めている。 来中以前は、シドニーのアーンスト・アンド・ヤングで、戦略、オペレーション、マーケティング分野のコンサルタントや経理を務めた。2005年、オーストラリア・ニューサウスウェルズ大学より商学士号を取得し卒業。2010年に清華大学語学プログラムを修了。北京在住。

執筆記事

車を駐車した場所が簡単に特定できる モバイルアプリ「Parking +」

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 もしあなたが私のように記憶力が悪く方向音痴なら、駐車した車を見つけるのに苦労した経験があるはずだ。駐車場の中をうろうろしたことが何度もある。これは無駄でしかなく、毎度ストレスやフラストレーションの種になっている。 今回、Dveteが開発したモバイルアプリ「Parking +」のおかげで、素早くそして簡単に駐車した車の場所を特定できるようになった。アプリは最近…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

もしあなたが私のように記憶力が悪く方向音痴なら、駐車した車を見つけるのに苦労した経験があるはずだ。駐車場の中をうろうろしたことが何度もある。これは無駄でしかなく、毎度ストレスやフラストレーションの種になっている。

今回、Dveteが開発したモバイルアプリ「Parking +」のおかげで、素早くそして簡単に駐車した車の場所を特定できるようになった。アプリは最近Apple App Storeでリリースされたばかりだ。

私の出身地であるシドニーでは、駐車メーターが切れると同時に車を移動しないと市が高い罰金を課してくる。駐車メーターの調査官は嫌われ者で、駐車のことで公共の場で喧嘩になることさえある。このアプリがあれば、もう時間通りに車を見つけられないことはないだろう。

アプリはどう機能するのだろうか?例えば、大規模な音楽フェスティバルがあり、来場者が皆会場周辺の道に車を停めたとしよう。残念ながら、あなたは会場から離れた場所に車を駐車する事になったが、その地域には詳しくない。そしてコンサートが終わるとすぐ、母親の誕生日ディナーに急がなくてはならない。そのため、念のため「Parking +」 を起動させて、ホンダなど自分の車種を選択する。あとは携帯電話が自動的にGPSを使って正確な位置を割り出してくれる。

後で記憶を呼び起こすために、メモを取ったり写真や動画を撮ることもできる。車へ戻らなければいけない時間のリマインダーとしてタイマーも設定できる。アプリ起動後は会場へと急げばよい。数時間後、心身ともに疲れを感じ、一刻も早く帰宅して休みたくなる。Parking+を使っておいたのは正解だった!アプリを起動させれば、帰りの最短ルートと時間を計算してくれるのだ。アプリが示す方向に従えば迷わず車に到着でき、母親の誕生日にも間に合うというわけだ。

このアプリを利用するには、ネット接続とiPhoneの「位置情報サービス」をオンにしておく必要がある。現在、同アプリはアウディ、ベントレー、BMW、ホンダ、三菱、マツダなど130の車種に対応している。また、英語、中国語、ドイツ語、フランス語を含む20言語で利用でき、iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPod Touch、iPadに対応している。

もし私のように方向音痴で、車を失ったりくだらない駐車違反罰金を払いたくないなら、ぜひParking +を使ってみてほしい。

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------

シンガポール国立大学が国際研究センターを設立、仮想と現実世界を結ぶ研究を推進

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 シンガポール国立大学(NUS)、浙江大学(ZJU)およびシンガポールメディア開発庁(MDA)の3機関の提携により、インターナショナル・リサーチセンター(IRC)が新たに設立されることとなった。Sensor-enhanced Social Media Centre (SeSaMe)と呼ばれる同センターでは、ソーシャルサイバーフィジカルシステムの設計技術を開発す…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

シンガポール国立大学(NUS)、浙江大学(ZJU)およびシンガポールメディア開発庁(MDA)の3機関の提携により、インターナショナル・リサーチセンター(IRC)が新たに設立されることとなった。Sensor-enhanced Social Media Centre (SeSaMe)と呼ばれる同センターでは、ソーシャルサイバーフィジカルシステムの設計技術を開発する。

このシステムは、コンピューターという仮想世界と、現実社会のコミュニケーションを結びつけるものになる。SeSaMeはまた、これらのシステムのソーシャルメディアアプリケーションも開発していく。NUS副学長(リサーチ&テクノロジー)のBarry Halliwell教授、浙江大学科学技術研究院常務副院長のChen Kunsong教授、およびMDAインタラクティブデジタルメディアプログラムオフィスのMichael Yap理事によってSeSaMe設立の合意書が今日(原文掲載7月16日)署名され、設立が正式に決定した。また、シンガポール情報通信芸術省のYaacob Ibrahim博士、NUS学長のTan Chorh Chuan教授も署名に立ち会った。

「NUSは、IRCを通じて中国科学院、インド工科大学、中国自動化学会、慶応大学、清華大学など数多くの海外機関と強固なパートナーシップを確立してきました。今回、グローバルパートナーの1つとして浙江大学と連携できることを嬉しく思います。私たちのIRCが最新の研究を行うことができるのも、これらパートナーの協力があってこそです。そして、その最新の研究は私たちの世の中の捉え方、そしてコミュニケーションや生活を変える可能性を秘めています」と、NUS学長のTan Chorh Chuan教授は述べた。

浙江大学副学長、開発企画、交渉および留学生担当のWu Zhaohui教授は 「NUSおよびMDAと連携して、シンガポールにSeSaMeを設立することを非常に嬉しく思います。SeSaMeは浙江大学初の海外研究センターとなります。この提携を通じ、アジアのインタラクティブなデジタルメディアの拠点として高く評価されるシンガポールで、私たちの足場を築いていきたいと思います」と語った。

SeSaMeには今後5年間で、総額2,400万シンガポールドルが投入される。MDAからの基金や人材、機器、知的財産権の管理にはNUSおよびZJUからの援助、そして産業界からの支援が投じられる。SeSaMeはすでに、中国インターネット企業のNetEaseと最初の共同研究を行っている。NetEaseは今後2年間に1,000万人民元(約200万シンガポールドル)を投じる予定で、ヘテロジニアスモバイルセンサに関するアドホックサイバーフィジカルネットワークのプロジェクトを支援する予定だ。

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------

企業にとってBYOT(Bring Your Own Technology)とは—その現状と課題について

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 国際的な調査会社であるForresterは最近、「Bring-Your-Own Technology(BYOT)の流行をグラフ化する」という名のレポートを発表した。このレポートは、従業員が仕事用に自前の機器を利用する傾向とその影響に焦点を当てている。確かに、BYOTが流行すれば、大企業の情報システム担当者が企業システムやインフラを保護し、統一性を保つために何…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

国際的な調査会社であるForresterは最近、「Bring-Your-Own Technology(BYOT)の流行をグラフ化する」という名のレポートを発表した。このレポートは、従業員が仕事用に自前の機器を利用する傾向とその影響に焦点を当てている。確かに、BYOTが流行すれば、大企業の情報システム担当者が企業システムやインフラを保護し、統一性を保つために何らかの対応をしなければならなくなる。

Blackberryが流行の絶頂にあった頃、多くの企業は従業員にBlackberry端末を配布した。皆がそれを欲しがった。ステータスシンボルであったからだ。特にBlackberry Boldはそうであった。だがその後、iPhoneが登場し、ビジネスマンのそれまでのコミュニケーションの有り方というものを完全に揺るがした。もはや仕事用と私用のコミュニケーションが区別されなくなり、二つの境界は曖昧になり、みるみるうちに一緒になってしまった。現在では、これが人々の求めるコミュニケーションや仕事のスタイルだ。自前の機器やソフトウェアを持ち込み、仕事の能率を上げようとする従業員が増えつつあるのも、こうした理由からだ。人々はもはや仕事のためにデスクに縛られることはない。むしろ個々人の仕事のスタイルに合わせて、デスク以外の場所で自由に仕事をすることもできるし、そうすべき場合も多い。必要なのはモバイル機器とネット環境だけだ。

Forresterが行ったIT関連の仕事に就く17ヶ国9,912人を対象にした2011年第4四半期の調査によると、53%の人が仕事用に自前の機器を持ち込んでおり、これは2011年第1四半期から5%上昇しているという。また61%の人が自前の機器を仕事用と私用の両方に用いているという。ここでいう機器とは、タブレットやスマートフォンのことで、ウェブサイトやネット・サービスを見るための個人用のものをいう。オフィスやコーヒーショップを見て回れば、仕事をする人たちがスマートフォンやタブレットを使って情報を発信・収集しているのを簡単に目にすることができる。ネット・サービスについては、クラウドストレージのDropboxや文書管理のEvernoteのようなクラウドサービスが急増したことで、どんな場所でもどんな時間でも仕事をすることが容易になった。

さて、従業員が仕事用に自前の機器を使う場合、それは会社の経費ということになるのだろうか。Forresterによると「仕事用と私用の両方のために自分で機器を購入し、仕事用として、さらに会社に新しい機器の購入を求める従業員が増えている」という。このような傾向から、企業がテクノロジー関連の費用の会計処理をしたり、従業員へ費用を払い戻したりすることが厄介な問題になってきている。人々が自前の機器を仕事に使うようになる前は、どれが経費で、どれが経費でないかの線引きは明らかであった。しかし今日、企業はどのようにして、ビジネス利用の費用のうち、いくら返金し、いくら企業負担とするのか、客観的に判断すればよいのだろうか?

Forresterの調査によれば、IT関連の従業員は、コンピュータ・ソフトウェア、デスクトップ、ノートPC、周辺機器、スマートフォン、オンライン・サービス、有料サイトの登録、タブレット、モバイルアプリ、ネット接続、固定電話回線については、会社側が経費として負担するよう、会社を説得できたようである。ただそのような機器を私用で使っているケースも少なくないので、63%は自前でスマートフォンの代金を支払っており、51%は自前でネットブックやタブレットの代金を支払っている。

個人用の機器を仕事用に使う場合の大きな問題点の一つは、セキュリティとプライバシーだ。財務報告、予算、新製品の機能などの企業機密を含んだ情報を、従業員が容易に転送できる個人用の機器に保存しているとしよう。USBドライブ1つさえあれば簡単にデータ転送を行うことができる。個人用機器の使用が拡大する傾向を受けて、会社としては企業機密を保護する方法を考えていかなければならない。

もう一つの主要な問題は、ITサポートやその管理だ。企業にはもともとIT部署が設けられており、企業が提供するソフトウェアとハードウェアの問題にのみ対処している。しかしForresterがまさに指摘するように、従業員がiOS、Android、Windowsなどの異なるオペレーティングシステムが搭載された個人利用の機器を使用したとき、IT部署では彼らの力量でこれら異なるシステムに対処していくことはできるのだろうか? あるいは、そういう機器が私的にも頻繁に使われることを前提にすると、そもそもIT部門が責任を持つべきなのだろうか。

Forresterによると「やはり多くのCIOは未だBYOTにはタッチしておらず、IT関連の最終決定権をもっているのが48%、IT関連製品の購入に関して決定権をもっているのは46%にすぎない」。しかし、BYOTが広がる傾向は勢いを増しており、CIOは新しい決断を迫られる段階にいる。例えば、フレキシブルなBYOTポリシーを18カ月以内に定めることなどだ。さらにこれら2つの大きな問題(セキュリティとプライバシー)に対処していくため、増加し続ける機器やアプリをサポートするスキルを身につけるだけでなく、クラウドを活用して、情報のストレージやセキュリティに関して方向性を探っていかなければならない。

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------

世界初の絵文字クラウドサービス「;Dcloud」が日本からローンチ

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 3月に振り返ると、「Mobile World Congressに日本から出展した、5社のクールなモバイルテクノロジー企業」という記事の中で、;Dcloudについて取り上げた。彼らは世界初の絵文字(動く顔文字)ベースのクラウドサービスで、美術出版、D2C、電通によって共同開発された。このサービスはシンプルで、デベロッパーは自らのアプリ内にSDKを埋め込むことが…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

3月に振り返ると、「Mobile World Congressに日本から出展した、5社のクールなモバイルテクノロジー企業」という記事の中で、;Dcloudについて取り上げた。彼らは世界初の絵文字(動く顔文字)ベースのクラウドサービスで、美術出版、D2C、電通によって共同開発された。このサービスはシンプルで、デベロッパーは自らのアプリ内にSDKを埋め込むことができ、ユーザに10万以上の可愛らしい絵文字で遊んでもらおうというものだ。絵文字は、特に日本の若い世代の女性たちにとってメッセージをより可愛く、より生き生きしたものにするものである。3月時点でこのサービスはベータ版での提供となっていたが、現在では公式リリースされている。

;Dcloud は、スマートフォンアプリ(eメール、ブログ、SMS、ソーシャルネットワーク、写真編集など)向けに動く絵文字を提供するが、Android版をリリースしたばかりで、iOS版も今後数ヶ月のうちにリリースされる予定だ。

同社は、絵文字の人気を広めるべく、デベロッパーが独自のアプリに豊かなコミュニケーション機能を取り入れられるよう、無料でSDKを提供し、デベロッパーが絵文字やリッチテキスト入力などのライブラリにアクセスできるようにしている。

驚くことに、絵文字の市場規模は日本だけでも年間3億ドルほどもある。絵文字関連のアプリが増え、さまざまな市場でも人気が高まっていることから、;DCloudは日本のユーザがこれまで長く楽しんでいる絵文字の機能を世界の人にも提供する良いチャンスだと見ている。

;DcloudBaseAppは、ユーザが;Dcloudサービスにアクセスし、;DecoMessage SMS(ショートメッセージサービス)と;Decora email serviceなどの;Dcloudアプリをダウンロードすることができるサービスで、すべての;Dcloudサービスが世界各国で利用できるようになっている。

ユーザはスマートフォンのメッセージ作成画面から直接;Dcloudの絵文字にアクセスすることができるので、たくさんの絵文字を前もってデバイスにダウンロードする必要がない。さらに、ユーザがスマートフォンの機種を変えても、これまで利用したすべてのクラウドサーバー上の絵文字を、簡単に新しい機種に同期することができる。

ぴったりの絵文字を簡単に見つけられるよう、それぞれの絵文字には意味やテキスト情報のタグが添えられているので、ユーザはテキスト検索で絵文字を簡単に見つけることができる。また、圏外にいてクラウドにアクセスできない場合のために、オフラインサービスも提供している。

今後数ヶ月の間に、;Dcloudは、AndroidとiOSモバイルOS向けのソーシャルネットワークサイト、チャット、ブログ・アプリケーションを開発する予定だ。

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------

異性とのデート数、デートサイト会員よりもオンラインゲーマーの方が多い [インフォグラフィック]

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 MBAにどれだけの価値があるのかをインフォグラフィックにして分析したデザイナーチームは、今度は「女性の心を射止めるゲーマーたち」と題した新しいインフォグラフィックをリリースした。 オンラインゲームのオタクたちが、オフラインの人よりも良いデートにこぎつけているというのは信じがたい。彼らは1日中家の中で引きこもり、人間よりもコンピューターと仲良しなんだろう?私は…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

MBAにどれだけの価値があるのかをインフォグラフィックにして分析したデザイナーチームは、今度は「女性の心を射止めるゲーマーたち」と題した新しいインフォグラフィックをリリースした。

オンラインゲームのオタクたちが、オフラインの人よりも良いデートにこぎつけているというのは信じがたい。彼らは1日中家の中で引きこもり、人間よりもコンピューターと仲良しなんだろう?私はサウスパークの「Make Love, Not Warcraft」(Warcraftではなく愛し合おう)という面白いエピソードを覚えている。World of Warcraft (WoW) にハマってしまった中毒ゲーマーたちを倒す羽目になってしまうゲーマーをからかったものだ。

なぜ、そしてどのようにしてオンラインゲーマーが魅力的な女性をゲットするかについて、深く掘り下げてみるのに良いデータがいくつかある。業界トップのゲームサイトWorld of Warcraftには1,200万人の会員がいるが、業界トップのデートサイトeHarmonyは100万人だ。人数が多ければ、その分チャンスも高まるというわけだ。

デートサイトに人が費やす時間は月間平均1.4時間、オンラインゲームサイトでは34.6時間にもなる。より多くの時間を相手と過ごすことになる。しかし以下のデータこそが最も的確だろう。WoWのほぼ75%の会員は同じゲームを遊ぶ人とデートしているが、デートサイトではほんの33%というものだ。つまりこれは、愛をWar(戦い)・・・craft上で見つけることができる、ということを示している。女性ゲーマーの42%もまた同じくゲームをプレイする相手に惹かれるという。彼女たちにとっての「相手」というのが、相手のオンラインアバターなのか現実の相手なのかは定かではないが、おそらく彼らはみなゲーム内でデートをしているのだろう。

なぜオンラインゲーマーの方がより簡単にデート相手を見つけられるかを示す興味深い理由がいくつかある。まず、ゲームでは相手が自分に好意を持っているかを知る時間が長い、その分相手を追いかけるゲームも楽しくなる。一方、オンラインデートサイトでは、自分に対する相手の気持が即座にわかってしまう。またオンラインゲーマーは、実際に会って自らの感情を共有するよりゲームを通じて共有することをより好む。そして、普通の状況で女性にアプローチされるより、ゲーム内でアプローチされた方が相手の女性に魅力を感じると回答した男性が37.5%だった。

全内容は、以下インフォグラフィックより

Gamers Get Girls
Created by: OnlineUniversity.net

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------

中国に新しく登場したFeebao+(FB+)は、 Facebook + Google+?な予感

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 どんなことにもソーシャルネットワークが存在する時代になった。決まり文句となった「ソーシャルグラフ」という流行語は、自分のつながりの種類を意味する。Twitterのように誰もがつながり合うことができるオープンなもの。Facebookのように友達や友達のまた友達という、より閉鎖的なもの。そしてより強い関係を基盤としたPathや、さらに強い関係を基盤とするカップル…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

どんなことにもソーシャルネットワークが存在する時代になった。決まり文句となった「ソーシャルグラフ」という流行語は、自分のつながりの種類を意味する。Twitterのように誰もがつながり合うことができるオープンなもの。Facebookのように友達や友達のまた友達という、より閉鎖的なもの。そしてより強い関係を基盤としたPathや、さらに強い関係を基盤とするカップル向けのPairなどもある。さらにいくつかは、ユーザが音楽、映画、フィルムなどの趣味や興味をもとに集うDoubanのようなものとなっている。実在するほぼ全ての関係を、モバイルアプリやSNSの形式に当てはめることが出来るのだ。

新しく登場したFreebao+(FB+)は、外国人そして現地の中国人向けに多言語対応している「中国初のグローバルソーシャルグループ」と称されるSNSだ。その名称からして、FacebookとGoogle+を取り混ぜたものなのではと考えられるのだが、それもまた賢いマーケティング戦略であろう。

サイトを見てみたが、まだどういったサイトなのかは見当がつかない。いくつかの既存サイトを混ぜ合わせたものという感じである。ホームページはTwitterやWeibo(微博)のニュースフィードによく似ている。大きな違いは、メッセージを家族・仕事・フォロー中といったグループ別に分けられるという機能だろう。それらグループ以下にも、写真、画像、音楽といったメディアタイプ別にフィルターがかけられる。Google+のサークル同様、FB+にもサークルグループ機能が設けられており、家族・仕事・フォロー中、自分で作成したグループへと人を振り分けることができる。物品の購入やゲームで使えるFacebook クレジットと同等のものが存在しているが、そのクレジットで何ができるのかはまだ不明だ。

公式にリリースされてまだ間もないのだが、サイトでは既に多くのユーザがやり取りしているようだ。ユーザは中国人と外国人から成っているため、全ては英語である。コミュニティでは、杭州の良いレストランについて尋ねる人がいたり、中国語のベストジョークを知りたがる人がいたり、中国でお勧めの山を尋ねる人もいる。Freebaoの投稿によると、5月のLabor Dayの休日に新規に200名のユーザを獲得したらしく、これにはアメリカ、イギリス、シンガポールのユーザが含まれる。

外国人ユーザーと現地の中国人を結びつけるというその目的は素晴らしいと思う。さらに多くの外国人が中国に来るにつれ、彼らは現地の人とつながるチャンネルを探し、意見交換や質問をする手段を探している。Feebaoはまだま初期段階にあるのだろうが、Twitter、Facebook、Google+をひとまとめにするというのは少しやり過ぎのように感じる。

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------

低価格スマートフォンを活用して、中国の農村地域に教育を普及

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 中国の人口の約70%は農村地域に住んでいる。これは、中国の学生の70%以上が農村地域に住んでいることを示しており、その数は義務教育を受ける児童の1億6000万人にあたる。スマートフォンの価格が80米ドル以下に急速に低下する今は、中国の最大人口にあたる最貧困層に教育を提供・普及させる大きな機会だ。あらゆる教育関連のアプリを搭載するスマートフォンは、彼らの学習ツ…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

中国の人口の約70%は農村地域に住んでいる。これは、中国の学生の70%以上が農村地域に住んでいることを示しており、その数は義務教育を受ける児童の1億6000万人にあたる。スマートフォンの価格が80米ドル以下に急速に低下する今は、中国の最大人口にあたる最貧困層に教育を提供・普及させる大きな機会だ。あらゆる教育関連のアプリを搭載するスマートフォンは、彼らの学習ツールとなりうる。

2003〜2007年、中国政府は中国の農村地域(特に同国西部の貧しい各省)の基本的教育の質向上のために「the Distance Education Project for Rural Schools(DEPRS) (農村地区における遠隔教育プログラム)」を実施した。このプログラムは「これまでで世界最大級の情報通信技術(ICT)プログラム」と言われている。なぜなら、「これまでに行なわれた同様のプログラムのなかでも最大の人数を対象にしており、中国における包括的な情報改革の始まりとなった」からだ。中国政府がこのプログラムを再度実行もしくは継続するのであれば、低価格スマートフォンの役割は増すと私は思っている。

小さくて軽いスマートフォンは、教育の普及を促進するだろう。技術が向上し、ノートパソコンよりもスマートフォンの利用が増え始めている。ノートパソコンも急速に小型化・軽量化しているが、スマートフォンよりも小さくなることはない。農村地域に住む児童やその家族に、スマートフォン購入のための大規模な補助金政策を実施すれば、それは農村地域の児童に想像できないほどのメリットをもたらすだろう。

またスマートフォンは教育を大衆化する。このデバイスを使えば、いつどこでも情報や学習ツールにアクセスできるからだ。もちろん、学校に行くことにも意味があるが、学校にいる時だけに学習を制限する必要がなぜあるだろうか?農村地域の児童の多くは学校から遠く離れた所に住んでいるため、登校するだけでも長い時間がかかる。そのため、児童が効果的に集中し情報を吸収できる時間は限られている。比較すると、都会の児童は教育において大きな恩恵を受けている。農村部と比べて教師の質が高く、また教育を受ける金銭的余裕もあり、地理的にも学校に通いやすい。もし子供たちに情報の世界を探索し、学習能力を向上するアプリで遊ぶことができれば、農村地域でスマートフォンをつくるという実現可能性は模索されるべきだ。

もちろん、このような政策を行うには数多くの課題がある。おそらく最大の課題は、農村地域でもwifiやインターネットへのアクセスを可能にすることだろう。でも、不可能なことではないと思う。山の上高くにあるベトナムの農村部でインターネット接続があることに驚いたことがある。もっとシンプルな課題は、農村地域に住む児童がスマートフォンを学習ツールとして使ってくれるように教育することだろう。そうでもしないと、子供は1日中アングリーバードで遊んでしまうだろうから。

このアイデアとテーマはとても重要で、まだまだ熟考する必要がある。すべての影響・作用を入念に検討しなければならないが、国の発展途上を、スマートフォンのより独創的でインパクトのある活用方法で促進するアイデアを生み出すべきだと思う。

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------

今後も続く中国動画サイトの競争—共同購入サイト市場同様の〝戦国時代〟に突入

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 以前、オンライン動画サイト第1位のYouku(優酷)が第2位のTudou(土豆)を買収するというニュースが流れた。もしこのニュースが流れたのが昨年の12月だったら馬鹿げたニュースだとして片付けられていただろう。当時、両社はコンテンツの権利を巡って報復的で辛辣ないがみ合いを繰り広げていたからだ。だが、中国のテック業界が爆発的なスピードで成長し、資金力のある企業…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

以前、オンライン動画サイト第1位のYouku(優酷)が第2位のTudou(土豆)を買収するというニュースが流れた。もしこのニュースが流れたのが昨年の12月だったら馬鹿げたニュースだとして片付けられていただろう。当時、両社はコンテンツの権利を巡って報復的で辛辣ないがみ合いを繰り広げていたからだ。だが、中国のテック業界が爆発的なスピードで成長し、資金力のある企業がオンライン動画や共同購入のように同じ事業に参入する状況では、激しい競争の自然な成行きとして業界の整理統合は避けられない。

さて、Bloombergが伝えているように、YoukuとTudouが合併してわずか1ヶ月後に Tencentの v.qq.com(騰訊視頻)、tv.Sohu(搜狐視頻)、BaiduのiQiyi(愛奇芸)が提携を発表した。なんだか、中国の戦国時代「三国志」の現代版を見ているようだ。中国でオンライン動画サービスが始まった時、数多くの企業が参入してきた。あまりにも多すぎてすべてのオプションが覚えきれなかったほどだ。区別できる唯一の要素は、どのサイトが質の良いコンテンツを一番早く提供するかだった。一年間の激戦後には弱小企業の多くが姿を消し、生き残った企業は至高の勝者を目指して戦い続けた。今やその競争が、Youku/Tudou 対 v.qq.com/tv.sohu.com/iqiyi.comであることは明らかである。

このような市場統合は、中国の共同購入業界の現状を彷彿させる。ある時点では、呆れるほど(6000以上)の共同購入サイトがあった。だが、今ではその数は当然ながら数百にまで減少し、最終的に生き残れるのはトップ5のサイトだけになる。Lashouの人員削減のニュースに始まり、360Buyは同社の共同購入事業をアウトソーシングし、55TuanはGanjiの共同購入事業を引き継いでいる。

要は「The Gold Rush Mentality(ゴールドラッシュの心理)」で Yang Wangが指摘しているように、軍資金を持っていても、ベンチャーキャピタルから多額の資金を獲得したり、数字ベースで多数のユーザを獲得する能力があっても、すべての企業が同じ事業をするべきではないということだ。企業は、どの事業分野に参入するかを検討する時には、長期的な取組みをするべきだ。今では、継続的に成長する戦略も考えずに誰もが同じことをすれば、その結果として何が起こるかを承知のはずだ。だが、そのような考え方の変化はすぐには見られないだろう。アメリカ発の次の大きなトレンドを掴み、次のバトルが始まるのも時間の問題かもしれない。

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------

スタートアップを起業する者にとって、MBA取得の価値はあるのか?[インフォグラフィック]

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 このインフォグラフィックはTony Shin氏と彼のデザインチームから送られてきたものだ。その意図について、Shinは次のように語っている。「これはMBA取得の価値観についての論議を促進するために作ったものだ。人は、更なる学歴を積まないと成功しないという考えに惑わされたりすることも多い。だから、このインフォグラフィックでは、成功するために学歴を積まなくても成…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

このインフォグラフィックはTony Shin氏と彼のデザインチームから送られてきたものだ。その意図について、Shinは次のように語っている。「これはMBA取得の価値観についての論議を促進するために作ったものだ。人は、更なる学歴を積まないと成功しないという考えに惑わされたりすることも多い。だから、このインフォグラフィックでは、成功するために学歴を積まなくても成功した人達を示すことで、この問題に光を当てている。」

私も以前にMBA取得を考えたことがある。コンサルティングをしていた時には、それが当然のことのように思えた。だが、その後に起業やスタートアップに興味を持ち、起業を他の何かで埋め合わせることはできないだろうと思った。私の友人には、非常に頭が良くて、スタンフォードやウォートン、ハーバードやインシアード(Insead)などの世界の著名な大学でMBAを取得している人がいるし、彼らはそれによって大きな価値を得ていると思う。だから、MBAの取得に価値があるかどうかはその個人による。

このインフォグラフィックは、学費が高くなる一方でMBA取得後の平均所得が横ばいであることも示している。学生の学費ローン返済が難しく、MBA取得者の5人に1人は学費ローンの債務不履行となっていることがわかる。

さらに興味深いのは、最も成功している実業家でMBAを取得していない人として、Warren Buffet氏、Larry Ellison氏、Bill Gates氏などを挙げていることだ。またアメリカの大統領で唯一MBAを取得しているのはGeorge W. Bush氏だが、彼はビジネスマンとして成功しているだろうか?要は、MBAを取得すれば必ずビジネスの成功につながるとは限らないということだ。だが、もちろん、これら成功した人達は特別だ。

結論として、起業家は会社を設立するためにお金を使うべきで、教室に座るための学費に使うべきでない。

以下のその他の統計と見解について目を通してほしい。

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------

中国のスタートアップは社外役員など外部の人材にどの程度オープンであるべきか?

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 先日、北京にあるマイクロソフトのオフィスで開かれたChina EntrepreneursのBixSpark MEGA Angel Investment Forumに参加した。最初のパネルディスカッションでは、「アーリーステージで適切な投資家を見つけること」が議論された。 当然ながら、議論の大部分は「つまらないお金」に対し「賢いお金」を投資をする戦略的パートナ…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

先日、北京にあるマイクロソフトのオフィスで開かれたChina EntrepreneursのBixSpark MEGA Angel Investment Forumに参加した。最初のパネルディスカッションでは、「アーリーステージで適切な投資家を見つけること」が議論された。

当然ながら、議論の大部分は「つまらないお金」に対し「賢いお金」を投資をする戦略的パートナーを見つけることの重要性についてだった。法的もしくは戦略的価値、事業提携などをもたらすことのできる投資家は「賢く、価値のあるお金」を投資する。ただ資金を提供するだけで、時間や独自の価値をもたらさない投資家は「つまらないお金」を投資すると言われている。

次の議論で、Paul Asel氏が興味深いコメントをしていた。彼はNokiaのベンチャーキャピタル部門であるNokia Growth Partner s Chinaのパートナーだ。彼は、アメリカと比べて「中国のスタートアップは、社外取締役など価値を提供できる外の人材を受け入れることへの抵抗がある」と述べた。社外役員の役割は、確固とした経験や実績に基づいた独自の考えで企業を導き、決断を下す手助けとなることだ。そんな素晴らしい価値を提供できるのに、なぜ中国とアメリカでは社外役員を受け入れる姿勢に違いがあるのだろうか?

筆者はその理由をすべて知っているとは宣言できないが、推測ぐらいはできる。私が最近書いた多くの記事のように、人をあまり信頼しないという中国の文化が常に大きな要因として浮上する。いかなる組織でも「部外者」を入れるとなれば、相当の信頼がなければならない。そして、社外役員があなたとあなたの企業のためになることだけ考えているということを信じなければならない。

アメリカでは、多くの場合、立派な履歴書や素晴らしい経歴を持っている人の話は信じてもらえる。社外役員となると、Googleの元CEOで現会長のEric Schmidt氏や、人材や企業管理の権威で長くGE のCEOを務めるJack Welch氏など成功している人を企業に呼びたがる。個人的には知らない人でも、彼らの経歴や実績を見れば分かるということだ。

それに対し、中国のスタートアップは部外者や社外役員を雇うことを嫌う傾向にある。その人をよく知らないからだ。多くの人は、部外者が組織に仲間入りする理由を探ろうとする。「何を欲しいのか?」、「私のアイデアを盗みにきたのか?」というような疑問が必ず頭をよぎる。その一方で、本当に悪いことが起きた際はそのような警戒心が功を奏するかもしれない。とはいえ、「賢いお金」を投資する投資家にしてみれば、この警戒心は苛立たしいことかもしれない。

だから、スピードと弱肉強食の社会で生き残りをかけて闘う中国のスタートアップは、安らぎを少し犠牲にしてでも社外役員などの手を借りる価値はあるかもしれない。もし投資家がスタートアップの価値を高めるために努めているならば、その企業に悪影響を与える社外役員を勧める意味はないのだから。

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------