JasonLim

JasonLim

林は、2010年12月から TechNode 英語版の編集を担当。スタートアップ、VC、Eコマース、新興テクノロジー業界の話題を取り上げる。HTC、BenQ、ワンダーメディア・フライタッチ向 けの非公式アンドロイド・アプリストア「AppStoreConnect」で、開発者向け窓口のマネージャーを務めている。 来中以前は、シドニーのアーンスト・アンド・ヤングで、戦略、オペレーション、マーケティング分野のコンサルタントや経理を務めた。2005年、オーストラリア・ニューサウスウェルズ大学より商学士号を取得し卒業。2010年に清華大学語学プログラムを修了。北京在住。

執筆記事

FacebookはInstagramを買収し、Tencentは独自Instagramを開発-アメリカと中国のスタートアップエコシステムの違いとは

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 テック系スタートアップたちのアンテナにひっかかる最大のニュースは、Facebookがモバイル写真共有アプリInstagramを10億米ドルという莫大な現金と株式で買収した、というものだろう。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報をお届けします! Sign Up もっとも、私はFace…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

テック系スタートアップたちのアンテナにひっかかる最大のニュースは、Facebookがモバイル写真共有アプリInstagramを10億米ドルという莫大な現金と株式で買収した、というものだろう。

もっとも、私はFacebookによるInstagramの買収にはそれほど驚かなかった。FacebookのCTOであるBret Taylor氏が、Mobile World Congressで何度も「Facebookの未来はモバイルにある」と言っていたのを聞いていたからだ。

Instagram のこのエグジットは、この会社がたった数人の社員ながら3000万人のユーザー基盤を蓄積し、これまで最もダウンロードされた写真アプリの一つであり続けていることを考えると驚くべきことである。

今では、アメリカにならう中国の群集効果とでもいうのか、多くのVCが中国で最良のInstagramのクローンが立ち上がるのをよだれを垂らさんばかりに待ち望んでいるだろう。中国最大手のテック企業の一つであるTencentは、昨年6月にQ Paiと呼ばれる独自のInstagramクローンをすでにローンチしている

Tencent、Baidu、RenRenなどの大手と闘わざるおえない中国のテック系スタートアップのエコシステムは小規模スタートアップにとって公平な市場ではないと非難されることが多い。これまでアメリカと中国のスタートアップのエコシステムの違いについて意見を交わす機会が多かった。アメリカのスタートアップは市場の注目を集めて大きく成長し、規模の大きな結末を迎える機会に恵まれている。一方中国では、大手企業の経済力により、彼らが当たるサービスを独自に開発してしまい小規模スタートアップにチャンスはない。

Facebook とTencentを比較すると、どちらも最有力のテック企業である。Tencentの時価総額は4,060億香港ドル、FacebookはIPO前時点で1,000億米ドルあたりだと評価されている。両者ともに資金があるというのになぜFacebookは、Tencentのように独自の Instagram的なサービスを開発しなかったのだろうか?

アメリカにおいてGoogleやFacebookが買収時によくある例として、スタートアップのチーム、テクノロジー、ユーザーあるいはそういったものすべてを買収してしまうことが多い。

価値のある才能をめぐる激しい競争市場では、いちいち作るよりもチームごと買収した方が時間の節約にもなり、場合によってはコスト削減もできるのである。残念なことに中国では、チー ム、テクノロジー、ユーザーの価値はもっと低い。なぜだろうか。Tencentの場合で言えば、彼らはすでに大手であり、何かを開発するのに人を雇ったり、あるいはチーム全体をシフトさせたりする余裕があるからだ。

テクノロジーにとって、知的所有権に関する法律は緩過ぎるため、誰もが他人のテクノロジーを利用できてしまう。ユーザーに関してはどうだろうか。Tencentは既にQQのアクティブユーザーが7億1,700万人を誇り、 1億人のWeixinユーザーがいる。従って中国は独自での開発を好み、アメリカは買収を好むのも不思議ではない。

中国のスタートアップがもし何かのクローンではなく完全な独自性を持ち合わせていれば、大手テック企業と競う上での一つの強みになるかもしれない。中国には果たしてオリジナリティーを持ち合わせた企業や技術は存在するのか、あなたは考えているに違いない。まれだが、実在する。例えば、Doubanは中国で最も独自性があり成功したソーシャルネットワークの一つだ。

本、映画、音楽への興味に基づいたインタレストグラフのSNS1で、Doubanにはおよそ5,300万人のユーザーがいる。それほど急速に成長しているというのに、資金やチームも持ち合わせるTencent、Baidu、RenRenは、なぜそのクローンを作りDoubanを潰さなかったのか。おそらくDoubanの独自性があまりにも強かったため大手はどう対処して良いか分からなかったのだろう。つまり、中国のスタートアップにとって、オリジナルであることとスピード感があることは自信につながるものなのだ。

【via Technode】 @technodechina

StartupBase Profile

tencent(騰訊)

Company: tencent(騰訊)

中国最大のインターネットを使った通信ソフトの開発企業。同社の中核をなすのはインスタントメッセージング製品、QQ。中国版Twitter4強のうちのひとつ、Tencent weibo(騰訊微博)も運営している。Tencentは1…

About StartupBase

 

LinkedIn創始者が狙う中国でのシェア拡大ー果たしてうまくいくか

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 LinkedInのようなソーシャルネットワークの価値は間違いなく高い。90億米ドルもの時価総額を持ち、株式の終値は92米ドルである。 先日、LinkedInの創始者であるReid Hoffman氏が、中国でインターネット大手企業数社と、より確実な中国参入の方法について議論したというニュースが流れた。具体的には、検索エンジン大手のBaidu(百度)、eコマース…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

LinkedInのようなソーシャルネットワークの価値は間違いなく高い。90億米ドルもの時価総額を持ち、株式の終値は92米ドルである。

先日、LinkedInの創始者であるReid Hoffman氏が、中国でインターネット大手企業数社と、より確実な中国参入の方法について議論したというニュースが流れた。具体的には、検索エンジン大手のBaidu(百度)、eコマース大手の360Buy.com、Facebookに似たソーシャルネットワークのRenRen(人人)などが参加した。

グローバル展開しているその他多くのソーシャルネットワークと同様に、LinkedInは中国国内における展開にかなり苦労しているようだ。昨年2月、LinkedInは「Great Firewall」によってアクセスできない状態だった。しかし、この不安定なアクセス状態が中国進出が上手くいかない理由とするのはあまりに無知だ。現在LinkedInへのアクセスはブロックされていないので、なぜLink中国で流行らないのか、中国市場に参入する課題について見てみよう。

1.LinkedInは中国語に対応していない

今のところ、中国でLinkedInにアクセスするとサイトは英語表示だ。当然のことながら、中国人の多くにとっては中国語が分かりやすく、英語のサービスで余計な苦労はしたくないだろう。LinkedInを使う中国人が増えていることは知っているが、それは海外へ留学した経験を持つか海外展開をしている大企業で働いているといった国際感覚に優れた人達が増えているからだ。

問題はこういった種類の人達(海外経験を持つ英語が話せる中国人)が中国においては少数だということだ。LinkedInが中国への進出を本気で考えるときには、中国語にローカライズするだろう。同社が優秀な技術を持ち、優れたサービスを開発しても上手くいく保証はない。中国では、仕事上の関係はネットではなく現実の世界での活動が大部分を占めているため、LinkedInのサービスの利点はそれほど優位には働かないのだ。

2.LinkedInは中国市場における追随者

当たり前だが、中国ではいまだ中国語が主要言語であり、そのことがかなりの障壁となっている。アメリカのインターネットやモバイル企業は世界中のどこででも上手くやれるが、ここ中国ではそうはいかない。海外企業がローカライズし新たな海外地域への市場参入戦略を練るのには時間がかかり、その間にローカル企業がクローン、ローカライズ、「改良」してサービスをリリースしてしまう。

中国には既に、5社のプロフェッショナルSNS大手(Tianji(天际网)、Wealink(若領网)、Ushi(优士网)、Hengzhi(恒知网)、Jingwei(经纬网))が存在している。Tianjiのユーザー数は600万人を超えており業界をリードしているが、2011年の時点でLinkedInのユーザ数はわずか110万人だ。だが本気で出していないにしてはまずまずの結果かもしれない。

3.中国のソーシャルネットワーク大手でさえ国内では苦労している

言い換えれば、2011年のLinkedInのユーザーはアメリカだけで4,400万人いるのに対し、中国のTianjiのユーザーは600万人しかいないということである。ユーザーの数だけで考えると、中国での一番はアメリカの一番のおよそ13パーセントしかいない。と考えると、まだ中国市場はソーシャルの世界で初期段階にあると言える。

昨年7月に書いたように、中国は社会的にも経済的にも著しく成長したにもかかわらず、現実的には1980年代の経済改革に直面したばかりで、ビジネスを推し進めているとてつもなく巨大なパワーを生かすのにまだ十分な時間が経過していない。昨年はこういった思考が働いて、「Short of Business Professionals, Why LinkedIn Does Not Work in China(ビジネスのプロが足りない、LinkedInがなぜ中国でうまくいかないのか)」を掲載するに至った。中国におけるプロフェッショナルSNSの立ち上げにある課題には、忠誠心高いユーザー探し、質の高いユーザの獲得、アクティブなオンライン活動などがある。詳しくはこちらを読んでほしい。

思うに、LinkedInは中国で一番のソーシャルネットワークになるためには厳しい戦いを強いられており、歴史的、文化的な側面から発生するあらゆる状況をうまく切り抜けていかなければならない。だが、まだまだ中国には成長できる大きな見込みがある。中国は急速に発展しており、数年も経てば状況は大きく変わるだろう。中国人のビジネスプロフェッショナルの数は必ず爆発的に増加する。多くの資金をもって、Hoffman率いるLinkedInが中国参入に真剣に取り組む理由は十分にあるのだ。

【via Technode】 @technodechina

「VentureBeat」と「ReadWriteWeb」、中国の主なITトレンドをカバーするChinaBangを開設

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 ChinaBangが稼働した。VentureBeatの編集長であるMatt MarshallとReadWriteWebのRichard Macmanus氏は動画で、今はテック系企業を始めるにはベストなタイミングだと語った。インターネットは大きく進歩しており、Facebookや中国のWeiboといった巨大なプラットフォームが生まれたからだ。 ニュースレターの購…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

ChinaBangが稼働した。VentureBeatの編集長であるMatt MarshallとReadWriteWebのRichard Macmanus氏は動画で、今はテック系企業を始めるにはベストなタイミングだと語った。インターネットは大きく進歩しており、Facebookや中国のWeiboといった巨大なプラットフォームが生まれたからだ。

TechNodeの創業者Gang Lu(盧剛)氏はカンファレンスの幕開で、4億8,500万人のインターネットユーザーが存在する中国の巨大な市場機会について、またモバイルSNS、アプリといった、技術分野で今最も熱いトピックや、進出する中国のテクノロジーにおけるトレンドについて述べた。

出会い、起業するための場所

2010年後半に生じたトレンドは、起業を支援する二次的なサービスの急激な増加だ。代表的なものとして、イノベーション・ワークスやチャイナ・アクセラレータのようなインキュベーターや、ガレージ・カフェやビッグバン・カフェといったコワーキング・カフェが挙げられる。これらは、起業家達が互いに出会い、アイデアがビジネスにつながるようなとても活気に満ちた環境で共に働くことができるように設立された。

クローンー革新へのきっかけ

‘Shanzhai’ (山寨、中国語でコピー商品、パクリを意味する)、模倣は、中国の新興企業で最もよくあがる話題である。だが、好むと好まざるとにかかわらず、それが当たり前なのだ。創造性の欠如や倫理の欠如が批判されることも多々あるが、中国のような発展途上の国の新興企業は、すでに他が検証済みのモデルを少し微調整するだけで市場に参入できる。商品モデルを微調整し、中国市場に適応させるコトに関しては起業家に任されているというわけだ。これをマイクロイノベーションという。

富がエンジェル投資家を呼ぶ

今や中国経済は巨額の富を生み、多くの人がそのお金の使い道を考えている。いつも日和見主義的なタイプである中国人は、そのお金を投資に利用し増やそうとする。このため、いわゆるエンジェル投資家といわれる、専門家から元NBA選手のYao Mingからセレブまでたくさんの投資家が生まれた。清華大学のような有名な大学でさえも、「大学基金」なるものを設立し、優秀な学生に投資をしている。株はしばしば資金やリソース、そして中国で最も重要視される「人間関係」のために使われる。

O20 – オンラインからオフラインのサービスへ

O20の流れが中国を席巻している。O20(Online to Offline)というのは、人がみなオンラインで決済を済ませ、オフラインで消費活動をすることを意味する。今まで長い間にわたってされてきたことだがその進化した形といえる。グループ共同購入が中国全土に広がり、位置情報を使うチェックインサービスと搭載するスマートフォンが当たり前になってからは特に、中国人は今やオンラインで検索し支払いをし、リアル店舗で消費活動をしている。そして、体験についてSNSなどで友人たちと共有するのだ。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

Mobile World Congressに日本から出展した、5社のクールなモバイルテクノロジー企業

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 日本人は奇抜な独創性と高度なテクノロジーを持っていることで有名だ。MWC (Mobile World Congress)の日本パビリオンを訪ねたとき、「日出づる国」日本から生まれた一風変わったモバイル製品を見る機会があった。特にお気に入りの5社を紹介する。 1.Arara Inc Arara Inc(アララ株式会社)は、拡張現実の世界におけるビジネスアプリの…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

日本人は奇抜な独創性と高度なテクノロジーを持っていることで有名だ。MWC (Mobile World Congress)の日本パビリオンを訪ねたとき、「日出づる国」日本から生まれた一風変わったモバイル製品を見る機会があった。特にお気に入りの5社を紹介する。

1.Arara Inc

Arara Inc(アララ株式会社)は、拡張現実の世界におけるビジネスアプリの可能性を追求する創造性に満ちた企業である。ユーザーはまず、AppleのApp StoreもしくはAndroidマーケットからArappliというアプリをダウンロードする。アプリでできるクールなことをいくつか紹介しよう。

・エールフランス航空のキャンペーン – エールフランスと提携し、Araraは拡張現実のマーケティングキャンペーンを展開している。パリへの無料航空旅行が当たるというものだ。東京と奈良の空港でエールフランスのポスターを掲示し、誰かがモバイルでポスターを撮影すると、エールフランスの飛行機のリアルな3D映像がポスターから浮かび上がり飛び立つ。周囲にいる人はその飛行機の写真をあわてて撮影し、ツイートした。一番いい写真が撮れた人に無料航空券が贈られた。

・AR Map – 東京の路上で、人々に地図が配られた。その地図にモバイルを向けると、拡張現実技術でビルの3D映像が現れた。周囲の人はビルの写真を撮りツイートする。当たると無料のギフトカードがもらえる。

・Hallmarkのグリーティングカード – グリーティングカードは昔から我々の身近に存在していたが、この20年間ほとんど目新しい変化が起きてない。今となっては大して面白くないが、グリーティングカードが最後に大きく変わったのは音楽付のカードが出た時だろう。今は拡張現実の技術を利用することで特別なメッセージ付きのカードを贈ることが可能になった。下の例の様に、カードを受け取った人がカードのQR コードにiPadをかざすと、アニメの可愛いクマがケーキの回りを踊りながら“ハッピーバースデイ”と誕生日を祝ってくれるのだ。日本ではたった3ヶ月で1枚5ユーロで20000枚売れた。英国とオーストラリアでも販売していく計画だ。

・ARメッセージ – Hallmark社のグリーティングカードの発想と同じように、ARメッセージを使うと動画を録画した特別なメッセージを人にプレゼントできる。録画してから、少女やうさぎなどいろいろなキャラクターの中から選んで自分の顔に重ねることができる。カードを受け取った人は、カードにiPadをかざすことでメッセージを開くことができる。

2. Jig.jp(ジグジェイピー)

エプソンとの提携でJigは3D電脳メガネを開発した。そのメガネをかけると、目の前に映し出された画像や動画が見られる。Android 2.2をベースに開発され、メガネの価格は550米ドル。それをかけて動いていても周りは見える。自分が持っているメディアから、USB接続やSDカードを使ってそのデバイスにアップロードが可能だ。下の写真のメガネでは、日本人の友人3人が映し出されている。庭で横になって、宇宙へ飛び出し星空をバックにして映画を見ているところを思い浮かべてほしい。

3. DCloud

「かわいい」あるいは英語で「キュート」という表現は、日本を含むアジアでは巨大なマーケットだ。そのかわいらしさの総本山であるハローキティのことを考えてみる。

美術出版、D2C(ディーツー コミュニケーションズ)、電通の3社によるコンソーシアムが運営するDCloudは、絵文字(アニメ化された顔文字)をベースにした世界で最初のクラウドサービスである。DCloudを利用すると、デベロッパーはそのままSDKをアプリに組み込むことができ、ユーザーは容量が100kを超えるかわいい絵文字を楽しめる。かわいいクマ、ハート、少女、ドリンクなど種類を豊富に揃えている。つまらないスマイリーフェイスなどもういらない!ユーザーは友達にメッセージを送るときやチャットを楽しむときにこういった絵文字を付けることができる。

デベロッパーはAPIを使って自由に開発でき、AndroidでもiOSでも使用可能だ。ビジネスモデルは結局のところ、プレミアやブランドが付いた絵文字をデベロッパーに販売するか、あるいは売り上げをシェアすることで収益をあげる。

4. Analog 12

日本では、受付嬢は月収約3000米ドルの高給取りだ。この世界経済において可能な限りのコスト削減は重要だが、そのための突拍子もない方法があみ出されたようだ。

面接を受けるために会社に到着した時のことをイメージしてほしい。本物の人間に挨拶されるかわりに、バーチャルiPad受付嬢に接続されたテレビスクリーンに出迎えられる。「面接」ボタンをタッチすると、バーチャル受付嬢は誰との面接かを選ぶようにあなたに指示を出してくれる。選んだ後は、その人の電話が鳴りあなたを出迎えてくれる。

Analog 12は受付嬢を可能な限りリアルに再現している。来客のない時間、受付嬢は次に迎える人を喜んで案内できるようにと自ら運動とマッサージを始めるのだ。もちろん、このバーチャル受付嬢は物理的にサービスしたり飲み物を持ってきたりはできないが、おもしろい動きで楽しませてくれる。

現在、毎月80ユーロで日本5カ所にこのサービスを提供している。

5.ChatPerf

中でもこれが最も奇抜な製品だ。人々は長い間、4Dテクノロジーを通してセンサー体験の向上に試みてきた。自分の周りに実際には存在しないモノやコトに対し、触覚、聴覚、臭覚を感じることが未来だと考えられてきた。そしてどうやら、ChatPerfによってその未来がついに到来したようだ。

ChatPerfを自分のiPhoneに設備し、小さな香水のボトルをつなげる。ChatPerfを使って誰かにメッセージを送ることで、このデバイスが少量の香水を放つ仕掛けになっている。例えば、バレンタインデーに「愛してるよ」のメッセージを送信すると、メッセージを受け取った人は甘い香りに包まれる。ChatPerfは開発者向けにAPIも公開しており、匂いを放つ状況の設定も可能だ。例えばゲームの開発者なら、iPhoneのiFartで遊んでいるプレイヤーにおならの匂いを発することができる。

この製品は現在iOS向けのベータ版で、6月の発売を予定している。デバイスは20ユーロ、香水タンクは3ユーロで販売。今後、香水の供給のためにカルバンクラインのような香水ブランドとの連携や、製品の販売のために流通業者との提携を目指していく。

【via Technode】 @technodechina

旅行のプランニングをソーシャルにしてくれる「TukeQ(途客圏)」 [LAUNCHPAD]

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 昨年5月に設立されたTukeQは、ソーシャルトラベルウェブと携帯用アプリだ。このアプリを使えば、ほかの人の旅行プランを見たり共有することで、旅行の計画を立てることができる。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報をお届けします! Sign Up 昨年4月頃、アイデアからプロトタイプを作…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

昨年5月に設立されたTukeQは、ソーシャルトラベルウェブと携帯用アプリだ。このアプリを使えば、ほかの人の旅行プランを見たり共有することで、旅行の計画を立てることができる。

昨年4月頃、アイデアからプロトタイプを作るイベント、iWeekendに参加しているときに私は設立者のAlex Suと会った。Alexはその後、Startup Weekend Beijingにも参加し、最終的にKai Fu Leeのイノベーションワークスインキュベーターへの参加を認められた。

現在、有能な15人のチームから成るTukeQは、中国の外の世界を探索してみたいという中国人の願望を利用しようと狙っている。このサイトで特に際立ってフィーチャーしている地域は英国とヨーロッパだ。

アプリはWeiboのキュレーション版のようにも見え、ユーザーは訪れた都市の写真を撮り、コメントを残すことができる。例えば、パリで人々が美術館、カフェ、ショップ、美しい風景の写真を撮っている。

旅行プラン計画機能を使えば、ユーザーは好きなプランを見ることができ、それをドラッグすることで自らのスケジュールに追加できる。これは人々が、タイムテーブルやExcelを用いたToDoリストを作成する時間を減らすことを目的としている。

ビジネスモデルはわかりやすい。裕福な中国人観光客を取り込もうとする旅行代理店を利用することを目論んでいる。ホテルの宣伝をするとき、TukeQは取引額の3-6%を予約手数料として請求する。チケットを販売し、その売上もしくはCPCから収益を得ることも考えている。また、ビザ、保険、車のレンタルサービスを同時に販売することもできる。

【via Technode】 @technodechina

中国版AirBNB“Duanzumi”を発表 [LAUNCHPAD]

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 前回のStartupWeekend北京の勝者でありDuanzumiの創業者であるBetty Tongは、Launchpadで一番に通過して表彰された。Duanzumiは端的に言うと中国版AirBNBである。すなわち、短期間レンタル用の部屋を紹介するウェブサイトである。 中国にはAirizu(爱日租)など、有名なAirBNBクローンが複数ある。Duanzumは…

【翻訳 by Conyac】 【原文】
前回のStartupWeekend北京の勝者でありDuanzumiの創業者であるBetty Tongは、Launchpadで一番に通過して表彰された。Duanzumiは端的に言うと中国版AirBNBである。すなわち、短期間レンタル用の部屋を紹介するウェブサイトである。

中国にはAirizu(爱日租)など、有名なAirBNBクローンが複数ある。Duanzumは2010年11月に設立され、既にそこそこの取引と十分な部屋の確保があると思われる。

空き部屋の短期レンタルは、中国の広告サイトのSoufan.comやGanji.com(赶集网)系列のYoutx.com(游天下)、Mayi.com等の不動産ポータル間で競争が徐々に激化してきている。もちろんこれはシリコンバレーが注目する新規ベンチャーのAirBNBの資産価値が10億米ドル以上と評価されてからのことだ。これらクローンサイトの多くは、系列元のサイトにある不動産を1泊ベースで家主に無断で単に転載しているだけだと、批判されている。

AirBNBと同じように、Duanzumiは宿泊者が部屋に到着した後にのみ、部屋の所有者から取引手数料を請求する。Duanzumiはまた、休日の旅先候補である三亜、アモイ、北京、西安、秦皇島といったところなどを焦点にしている。

【via Technode】 @technodechina

「ICANSIA」で、アメリカ人そっくりの英語のアクセントを手に入れよう

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 言葉は、アクセントが違うと人にはなかなか分かってもらえないもので、下手するとまったく別の言語にまで聞こえてしまう。私のオーストラリア訛りの英語は、はじめは北京のアメリカ人の友人たちに理解されなかった。しかし長いこと色んな人と付き合ってきたので、私の訛りは中和されて、アメリカ人にも同郷の者と思われるほどになった。 コミュニケーションは人生において重要だ。アップ…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

言葉は、アクセントが違うと人にはなかなか分かってもらえないもので、下手するとまったく別の言語にまで聞こえてしまう。私のオーストラリア訛りの英語は、はじめは北京のアメリカ人の友人たちに理解されなかった。しかし長いこと色んな人と付き合ってきたので、私の訛りは中和されて、アメリカ人にも同郷の者と思われるほどになった。

コミュニケーションは人生において重要だ。アップルのApp Storeで購入可能な”ICANSIA 中国語話者のためのアメリカ風アクセント”という新しいアプリは、人がお互いもっと分かり合える助けとなるべくリリースされた。このアプリで会話トレーニングのコツを学び、練習を通じて自然なアメリカ人のアクセントで喋れるようになる。

訛り矯正の市場はあまり広く認知されていないが、出張先の国や、当然ながらそこの人々に順応していきたいというビジネスの人間からの需要があるのだ。アメリカへの留学を考えていて、早く馴染みたいと思っている中国人学生にも役立つかもしれない。

驚くべきことに、このアプリはそもそもネイティブのアメリカ人が開発したものではないのだ。開発者はClaudette Roche、生まれはイギリスで今はロサンゼルスに住むアクセント・コーチである。Rocheは自分の持って生まれたアクセントに対する感性が、常日頃からいろんな訛りの混ざった環境にいたことでより研ぎ澄まされていったのだという。

イギリス系(コックニー、ロンドン、マンチェスター)、アイルランド系、ジャマイカ系、インド系、スコットランド系、イタリア系、フランス系(本土、モロッコ、ケベック州)、ギリシャ系、ロシア系、中国系、ポーランド系、カナダ系、ニューヨーク系、レバノン系などなどだ。Rocheはまた受賞歴を持つ女優でもあり、舞台や映像作品の場数を踏んだベテランである。”The Game”や”Cold Case and Without a Trace”などといったテレビシリーズにも出演している。

筆者も少しばかりこのアプリを使ってみたが、対話形式のアプリというよりは講義形式のビデオという感じであった。Rocheの最初に解説する単語はたとえば”or”とかであって、それを中国人のあなたならおそらくどう発音するか、そしてアメリカ人ならどう発音するかを教えてくれる。それからRocheの発音を真似て練習するのである。

当初のリリースは中国語が母語の人たちが、アメリカ人アクセントを学ぶことを目的にしていたが、日本語・朝鮮語・ヒンドゥー語・スペイン語・ロシア語などといった他言語バージョンも現在開発中である。

仮にあなたがアメリカ人そっくりに話すことが本当に必要になったら――もしくは単にアメリカ人の友達ともっとよく分かり合いたいとしたら――どうぞお試しあれ。

【via Technode】 @technodechina

2011年、最も優良な中国のテッククローンTOP10を表彰

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 クローンやコピーは、中国ではなんら目新しいものではない。しかし、中には興味深いものもある。欧米人、特にアメリカ人はクローニングをひどく嫌っている。それは彼らのプライドを傷つけ、彼らの創造性と努力に対しての侮辱行為なのである。しかし、中国人はクローニングが大好きだ。クローニングは第2の習性であり、可能性に満ちた巨大な市場を射止める大きな機会を示しているのだ。 …

【翻訳 by Conyac】 【原文】

クローンやコピーは、中国ではなんら目新しいものではない。しかし、中には興味深いものもある。欧米人、特にアメリカ人はクローニングをひどく嫌っている。それは彼らのプライドを傷つけ、彼らの創造性と努力に対しての侮辱行為なのである。しかし、中国人はクローニングが大好きだ。クローニングは第2の習性であり、可能性に満ちた巨大な市場を射止める大きな機会を示しているのだ。

中国人以外の人々は、なぜ中国人はコピーすることが大好きなのか疑問に思う。当地にしばらく在住して分かってきたのだが、 多くの人々はこのような答えにたどり着くのだ – 彼らはそう学べと教えられてきたのだ。先生から学び、本を暗唱し、決して挑戦などしようとするな、と。

これは人々が大人になるにつれて、知的に成長し埋め込まれていくものだ。また、多くのスタートアップ起業家たちはこのように考えていると私は確信している。「コピーの何が悪い」と。ビジネスモデルが海外で認められ、中国に対応させていく手の内を知っていれば、コピーをしないことこそチャンスを逃すことに繋がるのだ。

Match.comの共同創始者(現在GSR Venturesのパートナー)であるPeng Ong氏との対談で、彼は「コピーすることは革命の1つである。最も優秀な企業はコピーするだけではなく、コピーしそれをローカライズするのだ。それはあたかもジャズのようであり、基本のリズムと構成があって、あなたはその周りで動いているのだ。ジャズはコピーじゃないだろう?オリジナルのアイディアなんてどこにだってありはしないのだ。Googleもまたコピーだろう」。

私は、「革命」という言葉が無数の意味に取られることに気が付いた。中国におけるそれは「順応し改善する」ことを意味し、確かにそれは認められる範囲の解釈だとは思う。人々は、ある程度コピーをして何かを学んでいて、赤ん坊はコピーして学ぶし大人も例外ではない。しかしこれが敏感なトピックへと転じるのは、中国のクローンがビジネスモデルを真似るばかりかロゴ以外の全てをコピーした時だ。

中国人が、Nikeの靴、イタリア製の家具や技術系スタートアップのコピーの達人であることから、この技能は賞賛されるべきものだと言えよ う。我々は別の記事でクローンについて記述したが、これらの企業をとりまとめ、2011年人気があったテクノロジー・クローン企業の最優秀企業数社を表彰したいと思う。市場レベルでみてリーダー的存在を持つ企業が最優秀の座を射止めるものとする。もちろん成功を収めた本来のスタートアップは皆、特にシリコンバレーを拠点とする米国発の企業である。

それではドラムロール、スタート!

1.Groupon – 世界初・最大の共同購入サイト
最優秀賞:Meituan(美団) ナンバー1共同購入サイトとして2011年の幕を閉じる
佳作賞:Lashou(拉手) Meituanに対し健闘

2.AirBnb – 世界初・最大のバケーション・プライベートルームレンタルサイト
最優秀賞:Airzu(愛日租) 中国におけるクローンのさきがけ
佳作賞:Mayi (蚂蚁)中国の最大級のクラシファイド広告サイト 赶集网(GANJI)が運営

3.Tumblr – 世界最大のライトブログプラットフォーム
最優秀賞 – DianDian(点巓):Innovation Works(創新工場)によってインキュベートされ、1000万米ドルを調達
佳作賞 – Lofter:インターネット大手のNetEaseより生み出された

4.Pinterest – 現在一番人気のソーシャルブックマークサイトで、急速成長を遂げており、ベンチャーキャピタルが切望しているサイト
最優秀賞 – Huaban(花瓣):最も出来のよいFlickrクローンを作り出した者たちによる
佳作賞 – J.RenRen(人人逛街):中国のFacebook、RenRenによって作り出された

5.Gilt – 高級品を取り扱う上流のディスカウントサイト
最優秀賞 – Xiu(走秀):中国の強欲なまでの高級品・ブランド品に対する要求を満たすサイト
佳作賞 – VIPstore(佳品):最後に耳にしたのは、Intel Capitalから新ラウンドの投資を受けたこと

6.Flipboard – 最初であり、一番人気のあるiPadマガジンアプリ
最優秀賞 – Zaker(扎客):Flipboardが中国から除外された際に、初期時点で出現したFlipboardのクローン
佳作賞 – Xianguo(鲜果热点):人気RSSリーダーの作者によって作り出された

7.Kik – 最も人気がるモバイルメッセージアプリの1つ
最優秀賞 – Weixin(微信):Kik、FoursquareとBumpを1つにまとめたモバイルアプリ
佳作賞 – Miliao(米聊):中国のSteve Jobsと言われるLei Junによって作り出された

8.TechCrunch – スタートアップ、テク関連の流行とニュースを伝える最も優良なテクブログの1つ
最優秀賞 – TechNode:我々にだってヒーローはいるんだ!許せ、Kai。
佳作賞 – Techrice:中国のテクノロジーの眺望における的を得た内情と分析

ここで目につく1つの傾向だが、優秀とされるクローンたちは多くの場合すでにあるリソースと資金を持つ中国でもかなりの大手のテック企業によって作り出されているということが分かる。このことから、草の根的なスタートアップがこれら大手企業と競争していくという状況がいかに厳しいものなのかを示している。大手企業は、彼らが脅威と捉える者たちを潰していくという、中国のスタートアップのエコシステムの健全さが問われるものだ。なぜM&A市場が米国ほど盛んではないのかも説明がつく。

2012年、中国から出現する人気のクローンは何だろうか?

【via Technode】 @technodechina

FacebookのIPO申請によって、RenRen(人人網)の株価が50パーセント急騰

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 RenRen(人人網)の株価が、過去2日間にわたりニューヨーク株式市場で50パーセントを超えて急上昇したことをウォールストリートジャーナルが報じた。これはFacebookのIPOを見込んで、その莫大な市場価値に便乗したものだ。最終的には5.55米ドルで取引を終え、RenRenの時価総額は21億8千万米ドルとなった。(本文掲載日2月1日) RenRenは、今や…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

RenRen(人人網)の株価が、過去2日間にわたりニューヨーク株式市場で50パーセントを超えて急上昇したことをウォールストリートジャーナルが報じた。これはFacebookのIPOを見込んで、その莫大な市場価値に便乗したものだ。最終的には5.55米ドルで取引を終え、RenRenの時価総額は21億8千万米ドルとなった。(本文掲載日2月1日)

RenRenは、今や中国のFacebookと言える。聞いた話によると、Facebookの最初のバージョンでは「A Mark Zuckerberg Production」というソースコードが現れたという。中国では何でもありだ。

Facebookは、2004年のGoogle以来最も期待されるインターネット関連のIPOで、これまでも騒ぎを巻き起こしてきた。その価値は、噂によると750億から1,000億米ドルに達すると言われ周りは熱狂している。資産管理アドバイザーのDevish Makan氏などを含む当初からの従業員や投資家は思いがけない大金を得ることになる。これを受けた投資家たちは、RenRenが中国のFacebookであり、インターネットユーザが増え続ける巨大中国市場で展開する限り、きっと大金をもたらすと信じてしまっている。

だが、この2つを同じように比較することはできない。Facebookはすでにターゲット広告を始めており利益を出している。2009年から2011年までに127パーセントの大幅な増収を達成した。収益である38億米ドルのうち、営業利益は15億米ドルである。RenRenはまだ損益分岐点を超えておらず、競合が多いソーシャルネットワーク市場において激しい争いをしている。RenRenの若いユーザーたちは、より新しいソーシャルアプリに移行しているようだ。TwitterのようなマイクロブログであるSina Weibo(新浪微博)や Tencent(騰訊)のWeixin(微信)などが選ばれている。

実際のところ、RenRenはかなり前から存在しているが、他のソーシャルネットワークよりもかなりユーザーが少ない。そのユーザ数は1億3700万人で、Sina Weiboは2億5000万人、Weixinは噂によると2億人を超えたとのことだ。ただこの数字について注意が必要なのは、どれだけのユーザが実在しどれだけが偽者なのかの判断がつかないことだ。

ウォールストリートジャーナルが書いているように、「投資家はRenRenを友達として受け入れる前に、本家であるFacebookと同じくらいの見込みがあるのかを考えるべきだ」ということだ。一見同じように見えるかもしれないが、同一のマーケット環境では運営はされていないのだから。

【via Technode】 @technodechina

Lightspeed Ventures(美国光速)が8億7,500万米ドルの米中向けファンドの資金調達に成功

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 ブルームバーグによれば、世界的なベンチャーキャピタルである Lightspeed Ventures が8億7500万米ドル相当の新たな資金調達に成功した。その内の2億万米ドルについては、中国系企業向けに充当することが決まっているという。 これは米国系ベンチャーキャピタルが中国市場の急成長をますます肌で感じていることを表している。中国市場で、様々な新興企業が想…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

ブルームバーグによれば、世界的なベンチャーキャピタルである Lightspeed Ventures が8億7500万米ドル相当の新たな資金調達に成功した。その内の2億万米ドルについては、中国系企業向けに充当することが決まっているという。

これは米国系ベンチャーキャピタルが中国市場の急成長をますます肌で感じていることを表している。中国市場で、様々な新興企業が想像を超える大きなチャンスをものにすることができている。

昨年9月には、中国で最も有名なスタートアップのインキュベーターである Innovation Works(創造工場)が1億8000万米ドルのファンドに成功した。ファンドは、SV Angel の Ron Conway や DST Global の Yuri Milner のような著名な投資家達からの投資も呼び込んだ。

Lightspeed の中国で最も知られている投資の中には、電子支払企業の 99Bill(快銭)、Yelp に類似したサービスの Dianping(点評団)、そして高級Eコマースストアのihaveu(優衆)が含まれる。彼らはまた、Groupon にとって最大の競争相手である米国の LivingSocial に向けての投資も行っている。

資金を必要としているスタートアップは、中国の Lightspeed に売り込むと良いだろう。

【via Technode】 @technodechina