BRIDGE

Jeremy Horwitz

Jeremy Horwitz

VentureBeat でAp ple、AI 関連ニュースを担当。以前は、Intelligent Gamer、iLounge、9to5mac などの出版物で編集を担当していた。

執筆記事

AIを活用した「ARコピペ」でリアルなモノをバーチャル化するアプリ

SHARE:

ARグラスが手頃な価格帯に落ちつき一般に普及するまで、ARアプリのメイン・プラットフォームは当分スマートフォンになる。スマホがあれば、スクリーンとカメラを用いて、リアルとデジタルが融合した小さな空間を作り出すには十分である。 現在、ある開発者はAIを搭載したスマホを利用し、現実世界の対象物をデジタル領域に持ち込むことで、物理的な物をAdobeのPhotoshopやMicrosoftのPowerpo…

arcopypaste-e1589297287797
Image Credit: Cyril Diagne

ARグラスが手頃な価格帯に落ちつき一般に普及するまで、ARアプリのメイン・プラットフォームは当分スマートフォンになる。スマホがあれば、スクリーンとカメラを用いて、リアルとデジタルが融合した小さな空間を作り出すには十分である。

現在、ある開発者はAIを搭載したスマホを利用し、現実世界の対象物をデジタル領域に持ち込むことで、物理的な物をAdobeのPhotoshopMicrosoftのPowerpointAppleのKeynoteなどのアプリへ即時送信する技術を開発している。

クローズド・ベータ版として公開されているCyril Diagne氏のARコピーペーストアプリでは、シンプルなインターフェース上で植物や衣類、本、雑誌、その他の物理的なオブジェクトの写真を撮り、即座に開いているドキュメント内の特定のスペースに転送することができる。

AndroidフォンやiPhoneのカメラのフレームが対象物に向けられると、機械学習アルゴリズムが物体を識別する。ユーザーは対象物の背景が自動的に取り除かれるまで数秒待って、コンピュータ画面上のARイメージを貼る場所を指し示すだけでよい。

ビジネスプレゼンテーションを作成したことがある人や、画像編集ツールを使ったことがある人であれば、このアプリの価値にすぐ気づくことができるだろう。写真を個別に撮影したり、背景を取り除いたり、「保存、ウィンドウを切り替えて開く」段階を踏まなくても、現実に目にするものを何でも取り込めてしまうのだ。

時間や写真編集に時間を取られているプロフェッショナルな人々にとっては、ゲームチェンジャーとなる可能性もある。これは機械学習やAR、ユーザーインターフェースの簡素化技術が一体となって、全く新しい魔法のような体験を生み出した数少ない事例である。

Diagne氏は、元スイスのメディア・インタラクションデザインプログラムの責任者であり、パリを拠点とするアート集団Lab212の共同設立者である。彼は現在、Googleのアート&カルチャーグループに所属しているが、このARコピペプロジェクトは、Googleではなく、彼自身のものだという。

ARコピペを試してみたい人は、Diagne氏のウェブサイトのフォームから早期アクセスをリクエストすることができる。ARの “コピー “撮影にはAndroidとiOSアプリを使う形になるが、そのイメージを貼り付けるコンピュータ側ではmacOS、Windows、Linuxがサポートされているという。

Photoshop、InDesign、Illustrator、Figma、GIMP、Sketch、Powerpoint、Keynoteなどの生産性の高いアプリやクリエイティブなアプリなどが、貼り付けたコンテンツの受け皿としてリストアップされている。Photoshopに特化した研究用プロトタイプに興味のある開発者は、こちらのGitHubレポジトリを参照してみると良いだろう。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

VR/AR空間加速、Appleが仮想現実でライブイベントを楽しむNextVRを買収

SHARE:

  NextVRは厳選されたコンサートやNBA、WWE、NHLなどのスポーツイベントを360度動画で配信するVR動画サービスだ。ユーザの人気を十分に得ているとは言えなかったが、Appleはこの企業に価値を見出したようだ。数週間前には推測だったことが5月14日、現実となったことが(Bloomberg経由で)確認された。目的は発表されていないが、AppleはNextVRを買収した。 Next…

 

NextVRのアイスホッケー
Image Credit: Jeremy Horwitz / VentureBeat

NextVRは厳選されたコンサートNBAWWENHLなどのスポーツイベントを360度動画で配信するVR動画サービスだ。ユーザの人気を十分に得ているとは言えなかったが、Appleはこの企業に価値を見出したようだ。数週間前には推測だったことが5月14日、現実となったことが(Bloomberg経由で)確認された。目的は発表されていないが、AppleはNextVRを買収した。

NextVRはロサンゼルスから車で南へ1時間ほどの距離にあり、Apple TV+の事業の多くが行われるカリフォルニア州ニューポートビーチに拠点を置く。Appleは契約について具体的な理由を発表していないが、将来的にNextVRチームがTV+のイニシアチブに関与し、Appleの動画を3D化する可能性は非常に高い。現在、Apple TV+は2D動画しか提供しておらず、スポーツやその他のライブ番組も提供していないが、ARに重点を置いた複合現実ヘッドセットに取り組んでいる。

新型コロナウイルスの大流行で複合現実ストリーミングはますます重要になってきている。これまで直接出向いていたライブイベントに、自宅にいながらにして参加できる機会を提供している。NextVRのストリームの多くはスポーツイベントだが、コロナウイルスの懸念のために延期またはキャンセルが続いている。この技術は、ソーシャルディスタンシングの必要性に関わらず、予定されていたイベントがスケジュール変更された場合にも間違いなく役に立つだろう。

NextVRのプラットフォームはVRを利用してライブイベントを最前列で楽しむことができる。360度カメラでユーザは小さな3次元空間の中を6DoFで動き回ることができる。VRヘッドセットを用いると、イベントの「存在感」はパノラマの立体3Dとなり、従来の2Dビデオとの違いは歴然だ。同社は視聴者数を増やすために2Dスマートフォンからのアクセスも提供していた。ARデバイスのサポートも検討していたが、最終的にはいずれのARプラットフォームに対してもローンチしなかった。

同社はコロナウイルスによってライブ配信を予定していたスポーツイベントがキャンセルされる前、2019年に資金調達を失敗し苦労していたと伝えられている。4月に報じられたところでは、Appleが1億米ドル級の評価をつける可能性が示唆されていたが、NextVRのチームと知的財産、カメラやビデオに関する価値の高い技術に対する買収額は不明だ。

NextVRのサイトのオンラインイベントスケジュールは4月で止まっており、ライブ3DでのNBAゲームは多くがキャンセルもしくは「未定」と表示されている。2020年5月以降の予定は白紙だ。現在、同社のWEBサイトには「新たな方向へ向かっている」と記されているだけで、今後について詳細は発表されていない。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

Appleの2Qは小売店舗閉鎖にも屈せず「維持」

SHARE:

Appleは事前に2020年第2四半期の収益予測をしていたが、新型コロナウイルスの影響によって、同社の収益はその予測を大幅に下回ると予想していた。しかし意外にも、実際の収益は予想より悪化していなかったことが判明した。 Appleの今期の売上高は583億ドルであったと報告されている。2018年同時期と比較して5%の減少を記録した昨年2019同時期の収益580億ドルと比較すると、わずかな増加を達成して…

trumpapple-e1574348799628
Image Credit: White House Press Corps

Appleは事前に2020年第2四半期の収益予測をしていたが、新型コロナウイルスの影響によって、同社の収益はその予測を大幅に下回ると予想していた。しかし意外にも、実際の収益は予想より悪化していなかったことが判明した。

Appleの今期の売上高は583億ドルであったと報告されている。2018年同時期と比較して5%の減少を記録した昨年2019同時期の収益580億ドルと比較すると、わずかな増加を達成していることが分かる。同社は、新型コロナが中国国内だけで感染拡大していて、まだ米国には上陸していなかった頃、売上は630〜670億ドル程度になると予測していた。

その後アナリストらは、Appleの小売店閉鎖新型コロナウイルスに関連した生産中断の影響を考慮し、1株当たりの利益は平均で2.26ドル、売上高は約545億ドル程度(第2四半期は6~8%減)になると予想していた。しかし、Appleの収益は実際には前年同期比で約1%増加した。同期間中、米国の国内総生産(GDP)は4.8%減少しているが、ウイルスによる死亡者数の増加や大規模な雇用喪失により、長期的な景気後退や恐慌の見通しが高まっている。

Apple CEOのティム・クック氏は本件に関して以下のようにコメントした。

新型コロナウイルスの影響は世界的に甚大かつ前例のない規模だったにもかかわらず、収益はサービス分野で過去最高を記録し、ウェアラブル分野でも同一四半期中最高値を記録しました。四半期の成長を報告できることを誇りに思っています。この厳しい環境の中でも、ユーザーの皆様は繋がりを維持し、情報を収集し、創造的かつ生産的な方法でAppleの製品を使い続けていただいています。

Appleの売上高は、主要3分野では減少したものの、残りの2分野では増加し、iPhoneが289億6,200万ドル、Macが53億5,100万ドル、iPadが43億6,800万ドル、サービスが133億4,800万ドル、ウェアラブルやアクセサリーが62億8,400万ドルとなった。

前年の値は、iPhoneが310億5000万ドル、Macが55億ドル、iPadが48億7,000万ドル、サービスが115億ドル、ウェアラブルとアクセサリーが51億3,000万ドル弱となっている。ただし同社は大まかなマイルストーンを除くと、製品ラインの売上台数などの詳細な情報は開示していない

当四半期の売上高の62%を海外での売上が占め、Appleは主要な2つの地域で売上高を伸ばしたが、他の3つの地域では売上高が減少している。前年の同時期と比較すると、米国では255億9,600万ドルから254億7,300万ドル、中国地域では102億1,800万ドルから94億5,500万ドル、日本では55億3,200万ドルから52億6,000万ドルとそれぞれ収益減を記録した。

その一方で、ヨーロッパでは130億5,400万ドルから142億9,400万ドル、アジア太平洋地域では36億1,500万ドルから38億8,500万ドルと売上を伸ばしている。

前四半期のAppleの売上高は、休日シーズンの影響が追い風となり、前年同期比で9%近く増加し918億ドルとなり、同社及び外部アナリストらの予想どちらもを大きく上回った。MacとiPadの売上が減少した一方で、ウェアラブルやサービスやiPhoneはそれぞれ10億ドル以上の利益を計上している。

記録的な逆転劇を起こした前四半期の強運を今もなお継続していることが分かる。クック氏が指摘したように、ウェアラブルとサービスは継続して収益増加に貢献した一方で、予想ほどではないにしろ、他全ての分野ではやはり収益減が起こった。

Appleは最近、第2世代のiPhone SE2020年型iPad ProsiPad Pro Magic Keyboardを発表した。これらはいずれもスマートフォンやタブレット、アクセサリーなどの成長に貢献する可能性を秘めているが、パンデミックによる未来の不確実性を理由に、同社は未だ2020年第3四半期に関するガイダンスを公表していない。

Appleは、デバイスサービスなどを再開した中国と韓国の一部の店舗に続いて、米国のいくつかの州で従来の小売事業を再開する計画だ。同社は、4月初旬に米国の一部の再開するといっていた以前の計画を延期している。

Appleは2020年5月14日、2020年5月11日現在の株主名簿に名を連ねている株主に対して、以前より6%高い、1株当たり0.82ドルという多額の現金配当金を発行する予定。また、自社株買いプログラムをさらに500億ドル増額しており、これにより残りの株式の価値を押し上げようとしている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

Appleの店舗閉鎖はこの状況下においていかに賢い決断であったか

SHARE:

今、私たちは明らかに危険な時代を生きている。政府関係者は致命的な新型コロナウイルスの危険性について問い続け、医療専門家は安全マスクだけでなくセキュリティの情報まで必要としている時代だ。2週間足らず前、ドナルド・トランプ米大統領は、企業や教会が4月12日のイースターまでには再開していることを望むと述べた。 Appleからリークしたメモによると、同じくらいの期間内に、いくつかの店舗を再びオープンし始め…

pexels-photo-788946
Photo by Plush Design Studio on Pexels.com

今、私たちは明らかに危険な時代を生きている。政府関係者は致命的な新型コロナウイルスの危険性について問い続け、医療専門家は安全マスクだけでなくセキュリティの情報まで必要としている時代だ。2週間足らず前、ドナルド・トランプ米大統領は、企業や教会が4月12日のイースターまでには再開していることを望むと述べた。 Appleからリークしたメモによると、同じくらいの期間内に、いくつかの店舗を再びオープンし始めるための計画が詳述されていた。

その時点では、影響を受けていない地域、たとえば人々が集まることが禁止されていない地域、もしくはまだ集団感染が起こっていない地域などにおける、店舗の再オープンが議題の中心だった。しかしそうであったしても、通常のビジネスに戻ることは少なくともやや時期尚早のように思えた。

トランプ氏の当時の主張は、COVID-19と戦うためにアメリカを封鎖する経済的コストは、病気そのものよりも危険だというものだったが、保健当局者はこれに異論を唱え、死者数は数十万人から数百万人に上る可能性があると指摘した。現在、55,000人以上が死亡し、100万人以上が感染していると診断され、その数は4月15日までに爆発的に増加すると予測されている。

そのため、Appleが今週にこれまでの計画を逆転させ、小売店を5月上旬まで閉鎖したままにするつもりだと従業員に知らせたのは驚くことではない(別のリークされたメモによる)。 それは1カ月も先のことになるが、Appleの小売SVPであるDeirdre O’Brien氏は、同社が「全Apple店舗にとっての地域のコンディションを日毎に監視」し、 「その徹底的な監視と熟慮されたレビュー、地方自治体や公衆衛生の専門家からの最新のガイダンスに基づいて、再オープンの決定を行う」と伝えている。O’Brien氏の最新のメモは、同社の5月の再開計画が米国内の店舗に限定されているかどうが曖昧だが、確かに対象となっている。

私たちの中で過去に集団感染を経験したことがある人は(今回よりもはるかに遠い場所ではあるが)、科学者や疫学者、その他の医療専門家は、このような状況を管理するために最善を尽くしているものの、時間の経過とともに修正が必要となる、不完全で変わり続けるデータを扱わなければならないことを知っている。昨日のベストプラクティスが明日のミスになるかもしれない。慎重な楽観主義が、完全な警戒心に変わったり、逆の方向に転じたりすることもある。医療指導の現状に基づいてビジネスの意思決定をしようとする人は、大胆か慎重かにかかわらず、リスクを負っていることになる。

いずれにしても、今は明らかに現状を大胆に変えて再オープンするのに適した時期ではない。連邦政府のメッセージを超えて、米国の各州や都市が独自にとった不均等な措置は、一部の人々に、自己隔離や最も基本である社会的距離のガイドラインに従う必要はないという印象を与えているようだ。これは、一部の人々が公然とルールに従わないこともある集会禁止の場所で問題となっており、集会禁止のない場所でも同じく、人々がよい判断をするだろうと望むのは明らかに無理があり、COVID-19の感染は増加し続けている。

感染が落ち着くまですべてを閉鎖しておくという統一的で明確な連邦政策がない中で、私たちが望む最善策は、企業が短期的な収益を求めるよりも、従業員と顧客の長期的な利益を優先させることだ。Appleは先月、間違った方向に動き出そうとしていたかもしれず、まだすべてにおいて正しいことを行なっているとは言えないが、少なくともその米国の小売店を5月上旬まで閉鎖しておくことは、正しい呼びかけだった。他の小売業者や政府関係者が、十分な賢明さを持ってこれに続くことを期待したい。

※本記事は提携するVentureBeat「Apple’s choice to keep stores closed is a smart call during stupid times」の抄訳になります。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

 

----------[AD]----------

中国発のARヘッドセット「Nreal」、2020年後半にエンタープライズ版をリリースへ

SHARE:

Nrealは軽量ARヘッドセットの代名詞となっており、サングラスのような軽いフォームと拡張現実ディスプレイから「Light AR headset」の名前が付けられた。そして3月10日、同社は、企業向けにLightシリーズのオールインワン版を開発中であることを明らかにした。これにより、処理や制御にテザリングされたスマートフォンを必要としないワイヤレス プラットフォームを企業に提供することができる。 …

All-in-one-e1583418302425
Image credit: Nreal

Nrealは軽量ARヘッドセットの代名詞となっており、サングラスのような軽いフォームと拡張現実ディスプレイから「Light AR headset」の名前が付けられた。そして3月10日、同社は、企業向けにLightシリーズのオールインワン版を開発中であることを明らかにした。これにより、処理や制御にテザリングされたスマートフォンを必要としないワイヤレス プラットフォームを企業に提供することができる。

Nrealはこのデバイスを「All-in-One edition」または「Enterprise Edition」と呼んでいるが、名称はまだ確定していない。しかし、明らかになっているのは、この新しいMRヘッドセットは、Microsoft HoloLens 2Magic Leap 1と真っ向から対決することになり、コンシューマーデバイスと同じNRSDKソフトウェア開発キットを使用しながら、よりアグレッシブな価格と優れた全体的なパフォーマンスを実現しているということである。

Nreal によると、オールインワン版の Light はコンシューマモデルよりも重く、サングラスというよりはヘルメットのような外観になるとのこと。初期段階では、HoloLensまたはMagic Leap ヘッドセットの洗練されたバージョンのような形状が提示されており、より目立つフロントカメラを搭載しているよう。これらのカメラは、ヘッドセットがジェスチャーを正確に検出することを可能にし、コンピューティングはHoloLensと同様に背面で行われる。

nrealallinone
ティザー画像の明るさを調整してみると、Light のオールインワン版に2つの形式があることを示唆している。
Image credit: Nreal

オールインワンヘッドセットの価格は高くなるが、1,199米ドルのNreal Light Developer Kitよりは競争力があると同社は述べている。ただ、このヘッドセットには Android互換の内部ハードウェアが搭載されているため、HoloLensMagic Leap OSと比較して優位性があり、安全なクラウドコンピューティングプラットフォームへのアクセスも可能になるとのことだ。

当社の開発者ネットワークは、Nreal Lightのための革新的なアプリケーションを紹介してきました。(中略)

複数のインタラクションを提供する MR 体験を自由に獲得できるワイヤレスソリューションを提案しています。このオールインワンユニットは厳密なフォームファクタの要件に必ずしも拘束されない高性能、安全性、信頼性の高いプラットフォームを提供するデバイスとなります。(Nreal CEO の Chi Xu=徐驰

All-in-one-Scenarios
Image credit: Nreal

コンシューマーと企業がヘッドセットをどのように連携して使用するかの一例として、Nreal は、自動車修理工場がLightを装着した顧客に必要な修理の様子を見せ、オールインワンを使用する整備士がリアルタイムでハンドジェスチャーを使用して既存の部品や交換部品を操作し、修理の様子を表示することを提案している。

Nrealは先週、Clay AIRと提携してLightに精密なハンドトラッキングを追加したことを発表したが、これはおそらくエンタープライズ モデルとのインタラクションにも使用されることになるだろう。具体的なプロセッサはまだ特定されていないが、Lightの仕様を考慮すると、Snapdragon 855と同等またはそれ以上のパワーを持つQualcommプロセッサ(おそらく865 またはXR2)が採用される可能性が高いと思われる。このオールインワンヘッドセットは、2020年後半の発売を予定している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

日本の通信キャリアが続々と5Gサービス開始

SHARE:

日本の通信キャリアは当初、2020年7月の東京オリンピックに合わせて5Gネットワークを提供及び展開する予定だったが、貿易戦争や世界的な5G熱の高まりの影響によって、その提供範囲やスタート時期が不確かなままとなっていた。しかし今週、オリンピック自体が新型コロナウイルスの影響を受け延期を余儀なくされた一方、日本のトップキャリアは夏を待つことなく5Gサービスの提供を開始することとなった。 KDDIは3月…

au5g
Image Credit: KDDI

日本の通信キャリアは当初、2020年7月の東京オリンピックに合わせて5Gネットワークを提供及び展開する予定だったが、貿易戦争世界的な5G熱の高まりの影響によって、その提供範囲やスタート時期が不確かなままとなっていた。しかし今週、オリンピック自体が新型コロナウイルスの影響を受け延期を余儀なくされた一方、日本のトップキャリアは夏を待つことなく5Gサービスの提供を開始することとなった。

KDDIは3月26日から日本の15都道府県の一部で「au 5G」ブランドのサービスを提供すると発表している。同キャリアによると、夏までに47都道府県すべての主要都市でサービスを提供し、2021年3月までに5G基地局を1万局に拡大し、2022年3月までに2万局を設置する予定だ。

中国のHuawei、小米科技(Xiaomi)、ZTEはもちろんのこと、Samsung、LGなどの韓国ブランドの台頭により、世界のスマートフォン市場における日本の重要性は薄れている。しかし、シャープがKDDIの発売に合わせてAquosモデルを発売したり、ソニーが5月にXperiaの販売を計画していたりと日本企業のシェア争いは続く。SamsungのGalaxy S20 5GがKDDIの最初のスマートフォンとなり、7月にはOppo、小米科技(Xiaomi)、ZTEからも発売が見込まれる。

スマートフォン以外にも、KDDIは5Gを利用したAR(拡張現実)技術を日本社会に普及させるという壮大な計画を進めている。具体的には、渋谷での攻殻機動隊のARウォークや、東京都内のスポーツ、お笑い、舞台などでARを使ったパフォーマンスを楽しむことができる。また、Nreal社と共同でAndroidフォン向けのARメガネ「Light」を展開しており、Spatial(空間)アプリを使った「ホログラフィック」な共同作業やソーシャル体験などを提供する。

一方、ライバルの NTTドコモはKDDIに先駆けて水曜日に29都道府県で5Gサービスを開始している。ソフトバンクは金曜日に7つの県で小規模な5Gサービスを開始し、追加料金として1,000円(約9ドル)を請求する予定だが、顧客が8月末までに契約すれば2年間はこの料金を免除する方針だ。

これらのローンチ計画が、東京オリンピックのために行われてきた長期プロモーションの影響を受けるかどうかは不明だ。報道によれば、関係者は当初オリンピックの延期またはキャンセルに対し消極的な姿勢を取っていたという。しかし、オーストラリアやカナダなどの国が不参加を公表するにつれ、彼らも同様に2021年への延期を検討しはじめたらしい。同イベントは、5Gスマートフォンと8K映像技術のほか、高精細度カメラ及びディスプレイなどの日本の関連技術を世界に向けてアピールする良い機会だとされていた。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

AppleがアップデートしたARKit3.5リリース、シーンジオメトリAPIとLiDAR機能追加

SHARE:

Appleの拡張現実開発ツールセット「ARKit」は、ここ数年の間に何度か大きなアップデートを受けており、最近では昨年のWWDCにてARKit 3で主要なARシーン合成ツールが追加された。2020年版iPad Proの正式リリースを目前に控え、Appleは3月24日、ARKitをバージョン3.5にアップデートし、タブレットのライダーセンサー機能を活用する機能を追加した。 ARKit 3.5では、ラ…

arkit35
Image Credit: Apple

Appleの拡張現実開発ツールセット「ARKit」は、ここ数年の間に何度か大きなアップデートを受けており、最近では昨年のWWDCにてARKit 3で主要なARシーン合成ツールが追加された。2020年版iPad Proの正式リリースを目前に控え、Appleは3月24日、ARKitをバージョン3.5にアップデートし、タブレットのライダーセンサー機能を活用する機能を追加した。

ARKit 3.5では、ライダスキャナを使って空間の3Dマップを作成し、床、壁、天井、窓、ドア、座席を区別するための新しいシーンジオメトリAPIが追加された。スキャナは、最大5mの距離でオブジェクトの長さ、幅、奥行きを素早く測定することができ、ユーザーは、オブジェクトのオクルージョンに使用できるデジタルファクシミリを素早く作成することができるようになった。

たとえばオブジェクトの背後にデジタルオブジェクトが部分的にシーンに溶け込んで見えるようにする。「Instant AR」に対応しているため、ユーザーがタブレットを振り回したりするなどしてカメラに空間を感知させなくても、デジタルオブジェクトを自動的に空間内に配置することができる。

またAppleは、バージョン3.5でARKitのモーションキャプチャとピーポーオキュリュージョンを改善し、人の奥行きとモーションキャプチャの高さをより良く推定できるようになったと述べている。これまでのARKitは、iPhoneやiPadの2Dカメラを使った長さの測定において「十分」な性能を発揮していたが、ライダースキャナーを使うことでより正確な3軸測定が可能になり、コードを変更することなく、以前に開発したアプリに自動的に大きなメリットをもたらす。

ARKit 3.5は、Appleのサードパーティソフトウェア開発キットであるXcode 11.4の一部として、登録済み開発者向けに提供されている。Xcode 11.4は、iOSとiPadOS 13.4の最終バージョンが一般に公開された直後の3月24日にリリースされた。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

 

----------[AD]----------

6月開催のApple恒例「WWDC 2020」はオンライン開催へ、損失見込まれるサンノゼ地域には100万ドル寄付も

SHARE:

本稿は提携するVentureBeatの記事「Apple shifts WWDC 2020 to online, will livestream keynote and sessions」の抄訳になります Appleは自社が主催するイベント「Worldwide Developers Conference(WWDC)」を過去33年間で初めてオンライン開催することを発表した。(編集部注:原文掲載は現地時…

Image Credit: Apple

本稿は提携するVentureBeatの記事「Apple shifts WWDC 2020 to online, will livestream keynote and sessions」の抄訳になります

Appleは自社が主催するイベント「Worldwide Developers Conference(WWDC)」を過去33年間で初めてオンライン開催することを発表した。(編集部注:原文掲載は現地時間の3月13日)今まで同社はサンフランシスコ、サンノゼ、サンタクララのコンベンションセンターを毎年賑やかにしてきた実績を持つが、地元当局のCOVID-19対策要請を受け自粛を決定した。

「WWDC 2020は今までとは違った、革新的な方法で世界中の開発者と交流を図る機会となりそうです」と同社SVPのフィル・シラー氏は述べる。

「現在の世界的混乱を考えれば、WWDC 2020は既存の方式とは違った手段で開催するのが適切でしょう。もちろん、オンライン型となりますが基調講演セッションを始めとしたフルプログラムを変わらず提供していきます。これを機に、新しいコミュニティーエクスペリエンスの提供を目指していく所存です。詳細は数週間以内に発表します」。

カンファレンスの詳細については未だ明らかとなっていないことが多い。しかし、同社が新OSのベータ版を6月にローンチ準備を進めているのは明らかだ。同社SVPのCraig Federighi氏は以下のように述べる。

「新しいコードを開発者コミュニティーの皆さんの手元へ届けること、また、全く新しい方法で皆さんとコミュニケーションが取れることを楽しみにしています」。

Appleは、オフラインでのWWDC自粛に伴い損失が見込まれるサンノゼ地域に対し100万ドルの寄付を実施する。仮に6000枚のチケットが売れた場合、同社はチケット売買のみで1000万ドル弱の利益を生み出す。それでも開催に踏み込めなかったのは、カンファレンスまでにCOVID-19の混沌が収束する確信が得られなかったからだろう。

同社がWWDCの運営に変更を加えたのは今回が初めてではないが、オンライン開催にまで至るのは今回が初なのは明らかだ。

AppleはCOVID-19が世論を包み込む前から、開発者ニュースやイベント情報、ライブストリーミングなどの配信を公式アプリApple Developerより配信する準備を整えてきた(WWDC appから名称変更)。

同アプリ上では、開発者向けコンテンツの閲覧はもちろん依然と可能だが、基調講演などのコンテンツも同アプリから配信されることが予想される。これにより、WWDCで発表される可能性の高いとされる、今年後半にリリース予定のmacOS、iOS、iPadOS、watchOS、tvOSについてもこの機会に情報を得ることができるだろう。

Appleは今後の予定についてはe-mail、Apple Developerアプリ、Apple Developerウェブサイトを通して通知するとする。カンファレンスに関する詳細は6月ごろまでに明らになるはずだ。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

中国発、低価格ARグラス「Nreal」でハンドトラッキング機能が使えるように

SHARE:

中国の AR(拡張現実)グラス開発企業 Nreal は、同社が開発する「Nreal Light」の一般発売が近づき、ソフトウェア機能を強化し続けている。そして3月6日、同社は、Clay AIR の光学式ハンドトラッキングソリューションをグラス端末に追加し、同プラットフォームのモバイルキャリアサポートとアプリを拡張すると発表した。 以前のNreal Lightのデモンストレーションでは、Androi…

Image Credit: Nreal

中国の AR(拡張現実)グラス開発企業 Nreal は、同社が開発する「Nreal Light」の一般発売が近づき、ソフトウェア機能を強化し続けている。そして3月6日、同社は、Clay AIR の光学式ハンドトラッキングソリューションをグラス端末に追加し、同プラットフォームのモバイルキャリアサポートとアプリを拡張すると発表した。

以前のNreal Lightのデモンストレーションでは、Android スマートフォンをコントローラーとして使用し、ユーザがデバイスを動かしたり画面に触れたりして、メガネで見られるARオブジェクトと対話できるようにしていた。しかし、今回のデモでは、ハンドトラッキングインターフェイスも利用できることを示唆しており、ユーザはグラスの前でジェスチャーをしてボタンに触れたり、仮想アイテムをつかんだりすることができる。

CEO の Chi Xu(徐馳)氏は次のように説明している。

MRとやり取りするための最良の方法は1つではないと思います。実際、一度に制御オプションを組み合わせることもできますが、私たちは開発者とユーザにいくつかの選択肢を提供したいと考えています。

Image Credit: Nreal

NrealのClay AIRの選択により、グラス端末はARオブジェクトのピンチング、ポインティング、ズーム、グラブ、スワイプをサポートし、Oculus Quest で最近見られた光学ハンドトラッキングに似た動的なリアルタイムのハンドスケルトンオーバーレイを、ユーザの実際の手の上に表示できるようになった。

利用携帯端末が Qualcomm Snapdragon 855または865プロセッサを使用していると仮定すると、スケルトンの代わりに完全な手、個々の指、または他のカスタムスキンを表示するオプションにより、ハンドレンダリングがスムーズになる。両社は、追跡機能とレンダリング機能がバッテリ寿命にわずかな影響しか与えないと主張している。

さらに、Nreal は今後、EE がイギリスの顧客にNreal Lightを提供し、ドイツテレコムがドイツなどヨーロッパ市場のユーザにNreal Lightとカスタム 5G アプリの両方を提供するなど、以前に発表されたヨーロッパのキャリアとの提携関係を拡大すると述べた。また、昨年12月開催のQualcommのSnapdragon Tech Summitで披露された協調型のマシン/ハードウェア遠隔修理アプリ「AR Field Advisor」に、Nreal Lightの新しい5Gゲームおよびエンターテイメントコンテンツが加わる。

複合現実(MR)と空間コンピューティングが私たちの生活をすぐに変えると強く信じています。(中略)ドイツテレコムはNrealと共同で、MRの可能性を最大限に引き出し、5Gが消費者と専門家の両方に提供できる無限の可能性を実証します。(ドイツテレコム SVP のOmar Tazi氏)

ドイツテレコムは、5Gコネクティビティ、エッジコンピューティング、コンサート、スポーツイベント、Nreal Light用ゲームなどのコンテンツを提供し、NrealがMRの可能性を最大限に引き出すことを支援する予定だ。

1月に発表された Nreal の ランチャーシステム「Nebula」は、Android上で実行される新しい Nreal Light固有のアプリと、ユーザがARグラスを通して見たい2D Androidアプリの3Dハブ として機能する。同社は先月、Spatialと協力して、共同作業とソーシャルアプリをLightにもたらすと述べた。また、Datameshを使用したMRワークスペースオプションの調査も行っている。

Nrealの499米ドルの Light コンシューマキットは、今年の第2四半期にリリースされる予定。開発者エディションはすでに1,199米ドルで入手可能である。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

Appleがデプス(深度)マップカメラと機械学習を活用した「ARタッチ」検出の特許を取得

SHARE:

iPhoneとiPadを見れば明らかなように、Appleが現在出しているハードウェアの多くはスクリーンに対する指の触れ具合や、Macの場合はトラックパッドなど、直接的なタッチ入力を正確に検出することが非常に重要な要素となっている。 しかし、人々が仕事やエンターテインメントにおいてAR(拡張現実)に依存するようになると、物理的なタッチセンサーを持たないデジタルオブジェクトと相互に作用する必要が出てく…

apple3ddepth
Image Credit: Apple/USPTO

iPhoneとiPadを見れば明らかなように、Appleが現在出しているハードウェアの多くはスクリーンに対する指の触れ具合や、Macの場合はトラックパッドなど、直接的なタッチ入力を正確に検出することが非常に重要な要素となっている。

しかし、人々が仕事エンターテインメントにおいてAR(拡張現実)に依存するようになると、物理的なタッチセンサーを持たないデジタルオブジェクトと相互に作用する必要が出てくる。Appleは本日、デプス(深度)マップカメラと機械学習を使用してタッチを検出する重要な技術の特許を取得した。

特許標準によると、Appleの深度を基準にしたタッチ検出システムは非常にシンプルだ。複数の外部カメラが現実世界で連携し、タッチ可能な表面から指などのオブジェクトまでの距離を測定し3Dデプスマップを作成。そして、オブジェクトがいつ表面にタッチするかを決定していく。この距離測定は、機械学習モデルによるタッチ入力を識別するためのトレーニングに一部依存することで、カメラの位置が変わっても使用できるように設計されている。

この技術を描いた図では、3つの外部カメラが連携して指の相対位置を決定することが示されている。これは、トリプルカメラを搭載したAppleのiPhone 11 Proモデルのユーザーにとってはある種なじみのある概念だ。

似たようなマルチカメラが、新しいiPad Proや専用のARグラスなど、将来のAppleデバイスに登場すると予測されている。単純にシーンをデプスマッピングしたり、機械学習のナレッジを適用することで指の位置を変えようとする意図を識別したりして、指入力を可能にする。

この技術を備えた将来のARグラスは、物理的なキーボードやトラックパッドの必要性を排除し、ユーザーが適切に操作できるデジタルバージョンに置き換わっていくだろう。また、ユーザーインターフェイスを壁などの他の表面に固定し、ARボタンにより特定の階だけで操作または持ち込める安全なエレベーターのような仕組みを構築する可能性も考えられる。

サニーベールに本拠を置くLejing Wang氏とDaniel Kurz氏らによって発明された技術に基づき、AppleのUS10,572,072の特許が本日(※原文掲載時点は現地時間2月25日)認められた。この特許は2017年9月末に最初に出願されたもので、Appleにとっては例外的に、技術を実際にテストした際の写真が含まれている。

これは、同社のARおよびデプスカメラの研究が、単なる理論上のものではないことを示す。 Apple CEOのティム・クック氏は、ARが今後の同社にとって主要なビジネスになることを示唆しており、レポートでは専用のApple ARグラスのリリースのさまざまなタイムテーブルを提示している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------