THE BRIDGE

Kyle Wiggers

Kyle Wiggers

テクノロジージャーナリスト。VentureBeat では主に AI の話題を担当。

執筆記事

糖尿病性足部病変の検知デバイスを開発するPodimetrics、シリーズBラウンドで1,340万米ドルを調達——米退役軍人の健康維持に光

SHARE:

普段、糖尿病性足部病変について考えることはあまりないだろう。しかし、アメリカの3,030万人の糖尿病患者のうち、毎年100万人以上がこの病気にかかっており、恐ろしいほど一般的な病気なのだ。また、診断後1年以内に40%もの患者がこの病気の再発を経験している。治療しないまま放っておくと、慢性的な痛みと衰弱性損傷を伴うようになり、最も重篤なケースでは非外傷性の四肢切断になる。 Jonathon Bloo…

Podimetrics のスマートマット
Image Credit: Podimetrics

普段、糖尿病性足部病変について考えることはあまりないだろう。しかし、アメリカの3,030万人の糖尿病患者のうち、毎年100万人以上がこの病気にかかっており、恐ろしいほど一般的な病気なのだ。また、診断後1年以内に40%もの患者がこの病気の再発を経験している。治療しないまま放っておくと、慢性的な痛みと衰弱性損傷を伴うようになり、最も重篤なケースでは非外傷性の四肢切断になる。

Jonathon Bloom 博士 が MIT 出身の David Linders 氏と Brian Peterson 氏とチームを組んで Podimetrics を設立したのは8年前のことである。同社は糖尿病性足部病変向けの診断ソリューションを開発するケアマネージメント企業である。マサチューセッツのサマービルに拠点を置く同社は9日、シリーズ B ラウンドを1,340万米ドルで終了したと発表した。このラウンドには Rock Health、Norwich Ventures、Scientific Health Development が参加しており、これで同社の調達総額は2,000万米ドルに達した。

CEO を務める Bloom 氏によると、新たに投入された資金は、Podimetrics が退役軍人局医療制度とアメリカじゅうの民間保険加入者でポジションを拡大するために使われるとのことである。

Bloom 氏は次のように述べている。

糖尿病性足部病変は最も重篤で犠牲の大きい糖尿病関連の合併症の1つです。実際、現在では糖尿病にかかるコストの3分の1までもが四肢の合併症の緩和のために使われているというデータがあるのです。

Podimetrics は足部病変を予防することに熱意を注いでいます。退役軍人の息子として、今回の資金調達で当社のソリューションをより多くの患者、特に退役軍人局医療制度の患者に届けられることを大変嬉しく思います。

Podimetrics の無線式自宅用 SmartMat は、同社によると食品医薬品局の承認を得ており、American Podiatric Medical Association から正式な認可を得ている。SmartMat は足の測定温度を収集し、病変の発症を検知するのに十分な信頼性を備えている。

患者は毎日マットの上に20秒間乗る。マットが収集した指標はアルゴリズム処理のために Podimetrics のクラウドに送信され、時間の経過に伴う変化と、左右の足の不一致が判定される。同社のケアチームはその後、例外や異常から重症度を判定する。患者には Podimetrics の医師の指示による、個人の病状に合わせた予防策が提供される。

Podimetrics によると、同社のテクノロジーは、判明するまで臨床的には通常5週間かかる病変を検知することができるという。また、最大顧客は退役軍人局であり、4人に1人の退役軍人が足部病変を発症している。Podimetrics のテクノロジーに強力なお墨付きが出たことで、退役軍人局は最近になって高リスク患者に SmartMat を推奨するガイダンスをリリースした。

Rock Health Venture の Jeff Trost 氏は次のように語った。

私たちは Podimetrics のプラットフォームが実現する臨床結果に感動させられっぱなしです。独自のリモート監視テクノロジーと、予防型のケアマネージメントプログラムを組み合わせることでこのような成果が達成されました。

Podimetrics が拡大し、臨床的に実証されたソリューションを提供された数百万もの患者が足部病変から解放されてより健康的な生活が送れるようになることを嬉しく思います。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

AI活用の小売業向け統合ソリューション「Vue.ai」、1,700万米ドルをシリーズB調達——Sequoia Capital Indiaやグローバル・ブレインらから

SHARE:

AI の商業利用が急速に広がっており、業界全体の収益も非常に好調だ。2018年における世界中の小売業の AI と機械学習への消費は20億米ドルと予想されていたが、Juniper Research が最近発表したレポートの予測によると、この数字が2022年までに年間73億米ドルに達するとのことである。実店舗の有無にかかわらず、小売業者はコスト削減や生産性の向上、より多くの情報を基にしたビジネス上の意…

screenshot-2016-08-31-21-24-32.v1
Image Credit: Vue.ai

AI の商業利用が急速に広がっており、業界全体の収益も非常に好調だ。2018年における世界中の小売業の AI と機械学習への消費は20億米ドルと予想されていたが、Juniper Research が最近発表したレポートの予測によると、この数字が2022年までに年間73億米ドルに達するとのことである。実店舗の有無にかかわらず、小売業者はコスト削減や生産性の向上、より多くの情報を基にしたビジネス上の意思決定が、AI の採用を推進する主な要因になると考えている。Capgemini によると、それこそが小売業向け AI の採用が2016年から7倍にも成長した理由の1つであるという。

Vue.ai はこのトレンドから利益を得ようと目論んでおり、VC 資金を調達してさらなる成長の準備を整えている。AI スタートアップ Mad Street Den のサブブランドでカリフォルニアのフレモントに拠点を置く同社は4月24日、Falcon Edge Capital がリードするシリーズ B ラウンドで1,700万米ドルを調達したと発表した。このラウンドには Sequoia Capital India と KDDI Open Innovation Fund(KOIF)を運営するグローバル・ブレインが参加している。これにより同社の調達額は合計で2,750万米ドルになる(その大半は CEO で Mad Street Den の共同設立者の Ashwini Asokan 氏が出資している)。資金は従業員の増員や新規顧客の獲得に使われる予定。

小売業の未来はエンターテインメントにあります。現在の経験経済は新しい時代の始まりです。

Intel Labs に長年勤め、夫とともに2016年に Mad Street Den を設立した Asokan 氏は言う。夫はスタンフォード大学を卒業した神経科学者の Anand Chandrasekaran 氏である。

ブランドは消費者参加型の世界へと変貌を遂げつつあります。そのためには人々が買い物をするための新しい方法を統合する必要があります。Vue は複雑で重要な小売りの機能を支援することで、小売業者が顧客を楽しませることに集中できるようにします。

colorcorrected-6-bicubic.jpg
Vue.ai の VueModel 技術は、AI アルゴリズムで商品画像から複数のモデル着用画像を生成できる。
Image Credit: Vue.ai

Vue.ai は3年間で200%の年間収益成長を見せ、Macy’s、Levi’s、Diesel、Thredup、Tata、Mercadolibre などの有名企業が顧客ベースに追加された。同社は管理と販売を自動化し、ユーザごとにカスタマイズ可能なオムニチャネルを実現する7つの製品群を提供している。同社の内部調査によると、Vue.ai のソフトウェアが導入されていないウェブサイトにおけるオンライン購入者の滞在時間が25分なのに対して、同社のソフトウェアが導入されたサイトではおよそ72分になるという。

Vue.ai のマーケットプレイスで提供されるのは、AI を活用した物体認識サービス VueTag である。VueTag は、色や柄、長さ、襟の形など250以上の属性について、1時間あたり最大3万点の製品画像のタグ付けとカテゴリ分けを行うことができる(Vue によると、これまで2億4,000万以上のタグと属性に対応してきたとのことである)。すぐに使えるもう1つの機能として VueStyle がある。VueStyle は「AI スタイリスト」で、購入者の好みやテイストに合った服を提案し、幅広いカテゴリから製品を推奨する。また、定期購入サービスのボックスキュレーションを自動化することもできる。Vue.ai は VueCommerce、VueFind、VueMail で、各ユーザに合わせたオムニチャネルを実現するためのソリューションを提供している。このソリューションを使えば数百万もの顧客に、それぞれの好みに合わせたメールを送信することができる。また、コンピュータビジョンと自然言語処理を活用して、顧客の状況に合わせた製品検索結果を表示するとともに、リアルタイムのおすすめスタイルも提供する。

Vue.ai の小売り向け製品群の中でも、最も技術的に優れているのはおそらく VueModel である。VueModel では洗練された方法を採用しており、ファッションモデルが洋服を着ている画像を自動生成することができる。同製品では、サンプルを生成する生成ネットワークと、生成されたサンプルと現実世界のサンプルを見分ける識別ネットワークという2つの AI アルゴリズムから成る敵対的生成ネットワーク(GAN)を採用している。GAN は服の特徴を理解し、現実に近いポーズや肌の色を生成する方法やその他の機能を習得する。VueModel はアップロードされた製品画像から、すべてのサイズのモデル着用画像を生成する(Vue.ai によると VueModel の画像生成スピードは通常の写真撮影の5倍であるという)。

当然、Vue.ai にも競合となるスタートアップは存在する。Trendage は AI と、クラウドファンディングで集めたファッションに関する専門知識を使って、小売業者が顧客に適切な商品を勧められるようにしている。シンガポールに拠点を置く ViSenze は、e コマース専用のコンピュータビジョンプラットフォームで最近2,000万米ドルを調達した。しかし、Sequoia Capital India の CTO 兼ディレクターの Anandamoy Roychowdhary 氏は、同社の技術的な専門知識と、多様性に富む Mad Street Den が親会社であるという両面において Vue.ai が抜きんでていると考えている(Vue.ai のチームには IBM、Intel、DARPA の出身者がいる)。Mad Street Den は小売業向けだけでなく、エンゲージメント分析や IoT、モバイルゲーム向けの AI 製品も積極的に開発している。

Roychowdhary 氏は次のように述べた。

Vue.ai チームのミッションは、AI とインテリジェントオートメーションを世界中のチームに提供して、様々な角度から生産性と成長を促進することです。

Vue.ai チームと働き始めてまだたったの2年ですが、小売業界の様々な領域に彼らが価値をもたらす方法が改善されていく様には目を見張るものがあります。今回のラウンドでの Falcon Edge とのパートナーシップにより、Ashwini 氏と Anand 氏が Vue.ai を世界規模に成長させていくことを Sequoia India として嬉しく思っています。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

Zillow、北米でAI搭載の3D住宅内見アプリ「3D Home」をローンチ

SHARE:

住宅購入検討者が物件を見学する場合、従来は最有力候補物件まで足を運び各部屋を丹念に写真で記録する必要があるが、Zillow はこのプロセスを何とかして21世紀の形へと変えたいと考えている。この目的に向け、ワシントン州のシアトルを拠点とする同不動産データベース会社は4月22日、AI搭載のiOSアプリ「3D Home」のデビューを発表した(編注:日本の iTunes AppStore からはダウンロー…

3D Home
Image credit: Zillow

住宅購入検討者が物件を見学する場合、従来は最有力候補物件まで足を運び各部屋を丹念に写真で記録する必要があるが、Zillow はこのプロセスを何とかして21世紀の形へと変えたいと考えている。この目的に向け、ワシントン州のシアトルを拠点とする同不動産データベース会社は4月22日、AI搭載のiOSアプリ「3D Home」のデビューを発表した(編注:日本の iTunes AppStore からはダウンロード不可)。住宅購入検討者は、同アプリで物件を360度の写真やホームツアーで確認することができる。

同サービスは4月第3週からアメリカおよびカナダで利用できるが、1年あまり前に何千件もの 3D ツアーが作成され閲覧されたパイロットプログラムがローンチされている。早い段階からパートナーを組んでいる Berkshire Hathaway HomeServices Georgia Properties は600件を超える物件のスキャンデータをキャプチャ(記録)している。

Zillow の製品開発ディレクターを務める Josh Weisberg 氏は次のように語っている。

3D ホームツアーを提供し、売り手や仲介業者がデータをキャプチャしどんな物件にも追加できるように、しかも無料でできるようにしたことは、…不動産取引を顧客にとってよりシームレスでオンデマンドなエクスペリエンスにしようという私たちの取り組みにおいて非常に画期的な出来事です。

3D ツアーは、コストが高くキャプチャプロセスに非常に時間がかかるという理由で、これまではハイエンドの住宅や高級住宅に限られたものでした。今では、3D Home を利用することで、没入感あるエクスペリエンスを速く、簡単に、そして無料で不動産物件に追加できます。これはすべてのプライスポイントにおける買い手と売り手に利益をもたらすものです。

Weisberg 氏によると、3D Home では、iPhone のカメラや、リコーの360度カメラ THETA V や THETA Z1 といった互換性のある外部カメラを使い画像をキャプチャする。モーション検出アルゴリズムが誘導する画面上のアイコンが写真をいつどこで撮影するかをユーザに指示し、家全体のキャプチャが終了すると、コンピュータビジョンモデルが露出レベルを調整し、各部屋を「もっともよく表現している」サムネイル画像を選択し、3D ウォークスルーをつなぎ合わせる。

処理されたツアーはダッシュボード「My 3D Home」に追加され、ここで編集したりプライベート共有したり、あるいは不動産物件に直接追加したりできる。Zillow によると、わずか20分で作成でき、またパイロットプログラム中は 3D ツアーに対応した物件の方が対応していないものよりも購入検討者を引きつけていたという。

3D Home のパイロットプログラムにおける別のパートナーである Century 21 Heritage のジェネラルマネージャーを務める Eryn Richardson 氏は次のように語った。

物件をオンラインで宣伝するための最高のテクノロジーを仲介業者が顧客に提供する方法が、またひとつZillowによって提供されたというわけです。

Zillow の 3D Home ツアーは、Century 21 と Zillow が素晴らしい住宅購入エクスペリエンスを顧客に提供しようと全力を尽くしていることを示す、大変優れた事例です。

Zillow によると、同社のモバイル版不動産アプリは各カテゴリでもっとも人気が高く、同社は Trulia、Redfin、Homesnap、Realtor.com といったライバル企業の一歩先を行こうと AI への投資をますます増やしているという。Zillow が2006年に導入した評価基準 Zestimate は、750万件の統計モデルや機械学習モデルを使用して何百ものデータ要素を分析し、全米に広がる1億1,000万件の不動産物件の査定を自動化する(Zillow によると、現在の全国のエラーレートは4%以下だという)。また、最近 AI を活用し内装やアメニティといった個人的な基準を把握する検索・推薦ツール「Personalized Sort」を導入している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

中国のゲームパブリッシャーKunlun(崑崙)、Pony.ai(小馬智行)の株式3%と引き換えに5,000万米ドルを出資へ

SHARE:

中国・広州に拠点を置く自動運転スタートアップ Pony.ai(小馬智行)は、中国のゲームパブリッシャー Kunlun(崑崙)から資本注入を受ける予定だ。4月12日に TechCrunch が伝えたところによると、これまでに Musical.ly、ライブストリーミング企業 Inke(映客)、出会い系アプリ Grindr、少額融資の Qudian(趣店)に出資してきた Beijing Kunlun W…

kunlun.jpg
Pony.ai(小馬智行)の自動運転車
Image Credit: Pony.ai(小馬智行)

中国・広州に拠点を置く自動運転スタートアップ Pony.ai(小馬智行)は、中国のゲームパブリッシャー Kunlun(崑崙)から資本注入を受ける予定だ。4月12日に TechCrunch が伝えたところによると、これまでに Musical.ly、ライブストリーミング企業 Inke(映客)、出会い系アプリ Grindr、少額融資の Qudian(趣店)に出資してきた Beijing Kunlun Wanwei(北京崑崙万維)は4月第2週、中国証券監督管理委員会(CSRC)への報告書の中で、Pony.ai の株式3%と引き換えに5,000万米ドルを投資する計画を発表した。

Pony.ai は VentureBeat への e メールの中で、同資金はプレ B ラウンドとして充当することを明かした。同社は以前、ClearVue Partners と Eight Roads(Fidelity International Limited の投資子会社)がリードインベスターを務めたラウンドで1億200万米ドルを調達している。これまでに調達した資金総額は2億1,400万米ドルになり、企業価値は10億米ドルを超えた。

この1月以降 Pony.ai は社員数を3倍に増加させた。ベイエリアと中国で試験運転を実施し、広州(Pony.ai の中国本部がある)で自動運転車走行をロールアウトしてこれまでに数千回の運転を行っている。また、3,107マイル以上の走行距離を記録、6種のテストで39の能力を証明し、10日間に渡る「全般的な」安全および運営に関する評価付けを終了して広州内での自動運転テストを行う認可を受けた。(政府からの認可はまだ今回のものを含めて2件しかない。)

以前中国の検索エンジン Baidu のチーフ設計者も務めた、Pony.ai の CEO の James Peng(彭軍)氏は、Tiancheng Lou(樓天成)氏と共に2016年に同社を共同設立した。Lou 氏は、Google X から Waymo がスピンオフする前に、Google X の自動運転車プロジェクトに携わった人物だ。両者は今から2~3年の展開を視野に入れ、自動車技術者協会(SAE)の定めるレベル4の自動運転車を開発することを目指している。これは、工業団地、大学のキャンパス、小さな町など「予測可能な」環境で、一定の条件下では人間の監視がなくても自動運転できる車だ。

Pony.ai は Daimler との競争の中にある。Daimler は昨夏、中国政府から、北京の公道で Baidu(百度)の Apollo(阿波羅)プラットフォームを利用した自動運転車を試験運転する認可を得た。これは氷山の一角に過ぎない。スタートアップ Optimus Ride は、ニューヨーク市で自動運転の小さなシャトル車両を開発する予定だと発表した。これは、自動運転車の企業 Drive.ai がテキサス州アーリントンにも進出したというニュースに続くものだ。Waymo は、アメリカの25以上の都市で1,000万マイルの実地走行を行い、約70億マイルの模擬走行を行ってきた。そして、2018年11月には、同社はカリフォルニア州陸運局(DMV)から自動運転車テストを行う認可を受けた初の企業となった。他の競合には GM の Cruise Automation、Tesla、 Zoox、Aptiv、May Mobility、Pronto.ai、Aurora、Nuro などがいる。

しかし、中国のモビリティ業界を取り巻く資金は大量にある。McKinsey 報告によると、中国における自動運転車とモビリティサービスは、2030年までに5,000億米ドル規模になる見通しだ。その頃には、約800万台の自動運転車が公道を走るようになるとされている。Peng 氏は以前の声明で次のように述べた。

自動運転車にとって次なる大きな課題は、自動運転車の小中規模での活用だと確信しています。それは、システムの全体の安定性と信頼性を有効にする上で、非常に重要なステップなのです。

Pony.ai に出資した投資家は、Green Pine Capital Partners、China Merchants Capital(招商局資本)、Redpoint Ventures China(紅点風険投資)、Delong Capital(徳龍資本)のほか、既存投資家の Sequoia Capital China(紅杉資本)、Morningside Ventures(晨興創投)、DCM Ventures、Hongtai Capital(弘泰資本)がいる。

<関連記事>

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

NYの公衆無料WiFiスポット「LinkNYC」、600万人が累計8.6TBのデータを使用と発表——定職やブロードバンドを持たない市民に情報保障提供

SHARE:

ニューヨーク市に数千台ある古びた公衆電話を取り換える方法として、55インチの HD ディスプレイ、ギガビットの高速インターネット、情報アプリを備えた Android タブレットがある9.5フィートの高さのキオスクを設置するより素晴らしい方法があるだろうか。ニューヨーク市長(当時)Michael Bloomberg 氏が2014年に Reinvent Payphones イニシアチブというコンテスト…

LinkNYC
Image Credit: LinkNYC

ニューヨーク市に数千台ある古びた公衆電話を取り換える方法として、55インチの HD ディスプレイ、ギガビットの高速インターネット、情報アプリを備えた Android タブレットがある9.5フィートの高さのキオスクを設置するより素晴らしい方法があるだろうか。ニューヨーク市長(当時)Michael Bloomberg 氏が2014年に Reinvent Payphones イニシアチブというコンテストをローンチし、私企業、住民、非営利団体に対して、広告費用で賄われたサービスを一般に提供する、きれいで公衆がアクセスできるハブのデザインの提出を呼びかけた。

CityBridge の LinkNYC は、圧電式圧力プレート、電動自転車・自動車の充電ステーション、その他有力な提案をおさえて勝ち、市の協議会はただちに実行に取りかかった。Qualcomm や CIVIQ Smartscapes とともにキオスクを管理する Intersection は、2億米ドルを投じて400マイルの新たな通信ケーブルを設置し、150フィート半径内にいる通行者たちに無料 Wi-Fi アクセスを提供する1万か所の Link を設置する予定だと述べた。最初のキオスクが1月に Wi-Fi を提供し始めたが、プロジェクトはまだまだ先が長い。現在1,780の Link がアクティブだが、これは、今年7月までに4,500のキオスクをという当初の目標には届いていない。とはいえ、直接911番やニューヨークの311サービス(行政サービス窓口)につながるボタン、USB 充電器、バックアップバッテリー、50州すべてとワシントン D.C.に無料で電話できる VoIP サービスなど約束された多くの機能がついに最終設計段階に入った。

そしていくつかのキオスクは本当にスタートした。Intersection によれば、LinkNYC ネットワークには今や600万人のユニークユーザがおり、これらのユーザは総計8.597テラバイトのデータを使ったという。このデータ量は、13億曲の楽曲、あるいは2,920億件の WhatsApp メッセージに相当する。そして、同プロジェクトにより毎月60万件の通話がなされており、これは昨年9月の50万件より増加している。

Link に設置された、インターネットにつながったタブレット端末を使う人々は、備え付けられた社会サービス連絡先一覧や311アプリで月に9,000件の検索を実行しており、Intersection によると最もよく検索される語句は「仕事」、「住宅衛生」、「公的給付金」である。地図アプリでは毎月そのほぼ4倍、つまり3万6,000件の検索が行われており、頻繁に検索される語句は「Midnight Run」(ホームレス支援団体)、「食品/服の配達」、「Best Buy」(家電量販店名)、「映画館」だ。

これらの指標は、ある層のニューヨーカーにとって LinkNYC のハブは単なる便利ツールではなくライフラインだという事実の証になる。

ニューヨーク市の政策研究局の行った2015年の研究によれば、ニューヨーク市住民の25%が自宅用ブロードバンドインターネットを持っておらず、そのうち32%は雇用されていない住民だ。そして、同市の消費者庁が公表した2015年の調査によれば、収入のない住民の44.5%が携帯あるいは携帯サービスプランを持っていなかった。そうすると、LinkNYCのハブで最もかけられる電話番号がニューヨーク州の EBT(困窮者用食料切符)のヘルプラインであることもそれほど驚きではないかもしれない。このヘルプラインでは、補完的栄養補助プログラム(SNAP)やその他の社会サポートを利用できる。

LinkNYC_02

4年前、市長の Bill De Blasio 氏は、民主化したインターネットに向けての戦いにおける進歩の印として、Link について強調した。

Link は世界で最も速く大きい市営 Wi-Fi ネットワークです。そして、Link はあらゆる行政区のあらゆるニューヨーカーのための、より平等で、オープンで、インターネットの使える都市への重要な一歩です。

LinkNYC は博愛的な取り組みではないということは述べておく価値がある。投資家らは Intersection に対し、2017年に1億5,000万米ドルの資金援助を行った。さらには、初めの2年間収益が期待には届かなかったにも関わらず、ニューヨーク市は4,340万米ドルの収入を集めた。これは、CityBridge が保証した4,250万米ドルの最低額をわずかに超えた額である。Link でのディスプレイ広告、スポンサーシップ、パートナーシップは今後12年かけて5億から10憶米ドルの収益を生み出すと期待されている。(CityBridge とニューヨーク市は広告収入を2等分することにしている。改正された契約では、CityBridge は最低額を超える収入の取り分の市への支払いを、契約最終年まで遅らせることになっている。最終年には支払金は10%の利子つきで支払われることになる。)

対して、Intersection の役割は傘下のキオスクを通して芸術、文化、政治参加を促進することだ。Link のスクリーンがリアルタイムのバス到着や周りの地図を表示していないときは、諸団体、出版会社、政府機関とのコラボによる、定期的な、あるいは季節限定の、あるいは特定の時期だけのコンテンツを表示するようプログラムされている。それには AP 通信の記事やコミック、気象情報、緊急管理局からリアルタイムのアラート、また「NYC Fun Facts」や「This Day in New York」と呼び名のついた人々、場所、ものに関する地域密着型の数百の情報記事も含まれる。

Intersection はこれまでに40人のニューヨークのアーティスト、2,000件の地域イベント、750件の NYC Fact、そして結婚の申し込みを7件表示したという。

市民参加的な側面では、Intersection は昨年4月にニューヨーク市議会とチームを組み、ニューヨーク市参加型予算というプロジェクトを始めた。これは、11歳の子どもでも、市が隣接地域に投じる100万米ドルの公的予算をどう使うべきかについてタブレットで投票することを可能にするものだ。(3月第5週に2年目のローンチがあった。)また、2018年11月の総選挙の前に多くのニューヨーカーが前もって投票者登録するようにと意識改革キャンペーンをローンチした。そして、LinkLocal プログラムにより、コミュニティボードの会議案内や地元の道路閉鎖などの情報を流している。このプログラムでは、小企業はニューヨーク市にある限られた Link で無料広告を打つことができる。

Intersection によると、今回の選挙期で投票者登録と登録者情報のためのタブレットアプリへのアクセスが1万4,473回あり、150以上のコミュニティボード会議の案内が LinkNYC の通常のローテーションコンテンツに載っているという。

こうした数値は励みになるものかもしれないが、Intersection の最も厳しい論者たちをなだめることはなさそうだ。こうした論者の一部、例えば Intercept、American Civil Liberties Union、Electronic Frontier Foundation、Stop LinkNYC、ReThink LinkNYC などは、Link ハブが大衆監視に使われる可能性に注意を向けさせている。それぞれの Link には3台のカメラが備え付けられており、例えば「歩行者、自転車、車の交通状況の監視、通行者のワイアレス端末の追跡、街頭の雑音の認識、そして(中略)捨てられた荷物の特定」などが可能だ。

Intersection によると、プライバシーポリシーの中でユーザの正確な位置については情報を集めないとはっきり述べているという。Wi-Fi ユーザのリアルタイムの位置を追跡する意図があるのではないかという疑いに対し、Intersection は、ユーザのクリックストリームデータも閲覧履歴も集めないと述べた。また、自由に第3者とデータをシェアすることはなく、もしも政府機関からデータ開示の要請を受けた場合には、当該のユーザに通知する「もっともな試み」を行うともしている。

全米盲人協会が、タブレットには目の不自由な人にも使える機能がないとして、ニューヨーク市と LinkNYC に対する訴えを起こしたのち、Intersection は目の不自由な人にとって補助となるツールを付け加えた。(現在それらは1990年の「障害を持つアメリカ人法」を完全に順守している。)また、いくつかの支援団体は Intersection に対し、Link は人々が道草を食うのを促しているとして非難している。タブレットには当初インターネットブラウザがあったが、ポルノを見ているユーザがいるという苦情を受けて、エンジニアらはブラウザを使えなくした。

よくも悪くも、こうした小さな問題が Link の拡大を思いとどまらせることはなかった。2017年より、イギリスの電話会社 BT、イギリスの広告会社 Primesight と協同して Intersection はロンドン、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドを含むイギリス各地域に数百のハブを設置することを始めた。同地では LinkUK というブランド名だ。他にも、同じキオスクはニュージャージー州のニューアーク市(LinkNWK)、マンハッタンのハドソン川、フィラデルフィアの非常に人の多い街角(LinkPHL)にも設置された。

Intersetion の消費者マーケティングシニアマネージャー Amanda Giddon 氏は、VentureBeat との過去のインタビューで次のように語っている。

それは、学んだ教訓の組み合わせになるに違いなく、私たちのプログラムに少しその都市用の特色を付け加えることになります。私たちにはニューヨークとフィラデルフィアに研究チームがあり、彼らは、その地域の人々に最も役立つにはどうしたらよいかを理解するために、予備的なフォーカスグループテストを行いました。私たちはフィードバックに対して非常にオープンです。そしてここでたくさんの努力をしてきましたし、どのように受け入れられるのか見守るのを楽しみにしています。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

CES 2019: 2016年以降、Indiegogoで中国の起業家が調達した累計額は1.5億米ドル超に

SHARE:

2008年のサンダンス映画祭で誕生したクラウドファンディングプラットフォームの Indiegogo は、今月で11周年を迎える。Indiegogo はこれまでに ニコラ・テスラ博物館、テーブルソルトをショットガンのようにまき散らすプラスチック銃、バス乗務員が取得するに値するバケーションなどに対しシードファンドを提供してきた。現在では毎月1,500万人が同社サイトを訪問し、世界で80万人以上が総計約…

CES 2018 の Eureka Park で撮影に応じた Indiegogo CEO の David Mandelbrot 氏。この10年間で、スタートアップのために13億米ドルを調達している。
Image Credit: Dean Takahashi

2008年のサンダンス映画祭で誕生したクラウドファンディングプラットフォームの Indiegogo は、今月で11周年を迎える。Indiegogo はこれまでに ニコラ・テスラ博物館、テーブルソルトをショットガンのようにまき散らすプラスチック銃、バス乗務員が取得するに値するバケーションなどに対しシードファンドを提供してきた。現在では毎月1,500万人が同社サイトを訪問し、世界で80万人以上が総計約16億米ドルを調達してきた。

ただし、2016年以降、このプラットフォームの急成長による恩恵を最も受けた起業家は、中国を本拠とする起業家たちだろう。それには理由がある。Indiegogo は当時、中国の起業家の支援に特化したサービスをローンチした。中国を本拠とする現地言語のチーム、深圳にいる別働チーム、ブランディング、マーケティング、マネジメントに関するアドバイスを提供するコンサルタントなどだ。

Indiegogo は15日、CES 2019 でこれまでの取り組みの成果を発表した。

それによると、2016年以降で3,500を超える中国のイノベーターたちが1億5,000万米ドル以上を調達したという。35の製品が100万米ドル超を調達し、中国を本拠とする多くのスタートアップが、このプラットフォームで2回以上のクラウドファンディングキャンペーンをローンチした。

以下は、これまでに実施された主要プロジェクト概要の抜粋だ。

  • GamPad Digital(GPD)- ミニチュアポケット PC で500万米ドル超を調達
  • Omnicharge – ノートパソコン、カメラ、小型機器用充電器2つのプロジェクトで500万米ドル超を調達
  • Padmate による PaMu Scroll – ワイヤレス充電レシーバー付き bluetooth ワイヤレスイヤホンで300万米ドル超を調達
  • TicPods – インタラクティブなワイヤレスイヤホンで280万米ドル超を調達
  • Vinpok Split – 屋外タッチスクリーンモニターで約280万米ドルを調達
  • Segway Ninebot – 2秒で時速12マイルの走行ができる電動ゴーカートで約150万米ドルを調達
  • Crazybaby による Mars – ハイファイサウンド付きの空中ワイヤレススピーカーで83万米ドル超を調達

Indiegogo CEO  の David Mandelbrot 氏は次のように話している。

Indiegogo は中国の起業家に対し、アーリーオーディエンスを構築することで消費者に直結する世界的な事業をローンチするのに最も革新的なソリューションを提供しています。

中国から驚異的なイノベーションとハードウェア製品が誕生するのを見ると心が躍ります。中国の起業家が Indiegogo を通して、素晴らしい製品を世界の市場に提供する支援ができるのは嬉しいことです。」

非上場企業の Indiegogo は第3四半期に利益を計上した。昨年には Fast Company に対し、2017年の収入は前年比50%増だったと伝えていた。こうした実績は、部分的であれ、抜け目のない経営判断の改善に寄与している。

中小チームが早期にスケールアップできるよう手助けをする取り組みの一環として、Indiegogo は2017年終盤に Concierge をローンチした。これは、50万米ドル以上を調達したクラウドファンディングのプロジェクトに対し、スタッフ協力サービスを提供するものだ。Kickstarter の Hardware Studio のように、誕生したばかりの企業と、Arrow Electronics や Ingram Micro といった Indiegogo のパートナー企業をつないでいる。

2015年1月には、Indiegogo(もしくは競合プラットフォーム)で調達目標を達成した企業が「成長を維持する」ために追加資金を求めてキャンペーンを実行できる機能を持つ InDemand を導入した。最近では8月に、235か国にいる1,000万超の投資家がブロックチェーン対応のセキュリティトークンを購入できるようにした。

先のインタビューでMandelbrot氏はVentureBeatに次のように語っていた。

実に興味深いことですが、全体の40%が国境を超えた取引です。

当社では、世界中にいるあらゆる人と、世界の顧客や支援者と関わるプラットフォームを必要としている他国の起業家をつないでいるのです。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

CES 2019: Impossible Foods、レベルアップしたベジタリアンバーガーを高級食料品店で販売へ

SHARE:

ベジタリアンだが甘くて肉汁たっぷりのお肉の味がするハンバーガー。これこそ Impossible Foods の目指す高い目標だ。この目標を同社は「Impossible Burger」というもっともな名前の食品によって達成したようだ。このバーガーは、一昨年、昨年とアメリカ全土のレストランでヒットした。そしてこの度、料理人と消費者双方からのフィードバックを得て、レッドウッドシティの Impossibl…

Try_the_Impossible_burger
Image Credit: Impossible Foods

ベジタリアンだが甘くて肉汁たっぷりのお肉の味がするハンバーガー。これこそ Impossible Foods の目指す高い目標だ。この目標を同社は「Impossible Burger」というもっともな名前の食品によって達成したようだ。このバーガーは、一昨年、昨年とアメリカ全土のレストランでヒットした。そしてこの度、料理人と消費者双方からのフィードバックを得て、レッドウッドシティの Impossible Foodsは、Impossible Burger 2.0という名の改良版レシピを売り出す予定だ。

Impossible Foods の設立者で CEO の Patrick Brown 博士は、ラスベガスで行われた2019 Consumer Electronics Show で今回の新しいバーガーを発表した。このショーで、同社は、Las Vegas Convention Center の近くに停めたキッチンカーから1万2,000個以上のパティを参加者にふるまう計画だ。

Brown 博士は次のように語った。

最新の Impossible Burger では、味、栄養、また何にでも味が合うことなど、筋金入りの肉好きたちにとって大事な条件すべてが揃っています。これは植物由来の肉で、食物連鎖における動物へのニーズをなくし、グローバルな食品システムを持続可能なものにします。

では今回の新バーガーでは何が変わったのだろうか?Impossible Foods によれば、新しい植物由来の肉は、同じ量の牛ひき肉と同じだけの鉄分とタンパク質を有しているという。さらには、この人工肉にはコレステロールが含まれておらず、4分の1ポンド当たりで脂肪分はわずか13グラム、240カロリーだという。平均的なミートパティでは、コレステロールが80ミリグラム、脂肪23グラム、290カロリーだ。

新バーガーはまた、あらゆるひき肉料理に可能な限り近づけられている。初代のバージョンの Impossible Burger はレストランで鉄板焼きするように作られていたが、新バーガーのパティでは、当初の麦タンパク質に変わって大豆タンパク質を使うことにより、調理過程を通して食感とジューシーさが維持されるという。

Impossible Burger 2.0はまた、グルテン、ホルモン、抗生物質を含まず、コーシャ認証、ハラール認証もされている。また初代バーガーと同様に、肉の脂っこい味を出す分子であるヘムを含んでいる。科学に疎い方のために言っておくと、ヘムとは、ヘモグロビン(脊椎動物の血液中で酸素を運ぶ赤いタンパク質)のうち非タンパク質部分を構成するものだが、Impossible Foods は、イースト菌を遺伝子操作し発酵させて、大豆レグヘモグロビン(ヘモグロビンの等価物)を作ることによって、ヘムだけを分離させている。

今回のバーガーは味のテストでも成功を収めている。Impossible Foods によれば、1,000人以上の西海岸、中西部、中部大西洋沿岸地域の自称「ヘビーな肉食家」たちが、目隠しをした上での味の試験で、Impossible Burger 2.0の方を好んだ。とある大手食品チェーンのよく知られた脂身20%のミートパティとの比較で、好感度を試験者たちに数値で表してもらったところ、新 Impossible Burger は牛肉由来のバーガーと同じだけの得点を得た。

Impossible Foods のチーフサイエンスオフィサーである David Lipman 博士は、次のように語った。

外部の研究者たちが行う、消費者を対象とした味のテストに加え、Impossible Foods 自社の味の科学者と感覚器官の専門家たちが、1週間に少なくとも100回の味テストを行っています。常に Impossible Burger をより良くしたいという私たちの追求はとどまることを知りません。牛肉では全く太刀打ちできないでしょう。

さて、どこで、そしていつ、Impossible Burger 2.0を手にすることができるのだろうか?同社が記者らに伝えたところによると、この新バーガーは2月4日以降、大手食品流通業者によってアメリカ国内のあらゆるレストランで楽しむことができるようになるという。

新バーガーを提供する予定のレストラン一覧は以下の通り。

  • Chef Tae Strain’s Momofuku CCDC (ワシントン DC)
  • Chef Traci Des Jardins’ Jardinière と School Night (サンフランシスコ)
  • Chef Brad Farmerie’s Saxon + Parole (ニューヨーク)
  • Chefs Mary Sue Milliken と Susan Feniger’s Border Grill (カリフォルニアとネバダ)
  • Chef Danny Bowien’s Mission Chinese Food (ニューヨーク)
  • Chef Chris Cosentino’s Cockscomb(サンフランシスコ)と Jackrabbit (オレゴン州ポートランド)
  • Chef Tal Ronnen’s Crossroads Kitchen(ロサンゼルス)
  • Chef Michael Symon’s B Spot burger restaurants (オハイオ)
  • Chef Sarah Schafer’s Irving Street Kitchen(オレゴン州ポートランド)
  • Chef Jeremy Kittelson’s Linger(デンバー)
  • Chef Tony Priolo’s Maillard Tavern (シカゴ)
  • Chefs Ken Oringer and Jamie Bissonnette’s Little Donkey(ボストン)
  • Hospitality entrepreneur Kyle Brechtel’s Copper Vine(ニューオーリンズ)
  • Chef Jennifer Carroll’s Spice Finch(フィラデルフィア)
  • Chef Pete Blohme’s Sunset Pointe(アラバマ州フェアホープ)

Impossible Foods によれば、3月までに、現在 Impossible Burger を提供している香港とマカオの100を超えるレストラン、そしてアメリカの5,000の場所(Umami Burger、Bareburger、Wahlburgers、The Counter、Fatburger、Gott’s、White Castle など)で、新しいバーガーが販売されるという。加えて、数か月後にはシンガポールにも Impossible Burger 2.0を上陸させる予定だとしている。その後さらなる市場が続く。

そして、もしも自分で調理する方が好きという方がいれば、良い知らせがある。Impossible Burger 2.0は、年内にアメリカの高級食料品店でも売られるようになる予定だ。

同社の栄養・健康部門バイスプレジデント Sue Klapholz 博士は言う。

Impossible Burger のファンは、少なくとも動物肉と同じだけ栄養のあるグルテンフリーのバーガーを食べたいという望みを、声高にはっきりと示しています。私たちの新製品は、栄養にも地球にも妥協することなく、肉の好きな人たちが求めるすべての味をお届けします。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

イスラエルのMobileye、来たる中国の自動運転公共交通サービスにプラットフォームを提供

SHARE:

Intel が2年前に153億米ドル相当の取引で買収したイスラエルのスタートアップ Mobileye は、542億3,000万米ドルの無人運転車市場に進出を続けている。ラスベガスで開催された CES 2019のカンファレンスに続いて、同社の自動運転車(AV)意思決定モデル Responsibility-Sensitive Safety(RSS)をフランスを拠点とする自動車技術企業 Valeo が全…

intel-cars-2
Mobileye の無人運転自動車の車内
Image Credit: Intel

Intel が2年前に153億米ドル相当の取引で買収したイスラエルのスタートアップ Mobileye は、542億3,000万米ドルの無人運転車市場に進出を続けている。ラスベガスで開催された CES 2019のカンファレンスに続いて、同社の自動運転車(AV)意思決定モデル Responsibility-Sensitive Safety(RSS)をフランスを拠点とする自動車技術企業 Valeo が全面的に受け入れていること、そして7月に RSS を自動運転車ソリューション Project Apollo に組み入れると確約していた Baidu が、その技術の初めての導入を報告していることを発表した。

また Mobileye は、中国の交通機関 Beijing Public Transport Corporation(北京公共交通集団)と AI 自動車システム統合企業 Beijing Beytai(北太智能)が中国における自動運転の営業用公共交通サービスの開発を進める上で同社の AV ソリューションが活用されるということも明らかにした。そのローンチは暫定的に2022年に予定されている。

Intel のシニアプリンシパルエンジニアであり Mobileye の自動運転車基準部門バイスプレジデントでもある Jack Weast 氏はこう述べた。

RSS が世界中のパートナーに受け入れられていることや、RSS ベースの安全基準への彼らの投資の意志は、自動運転車の安全な未来に対する彼らの真剣なコミットメントの現れです。

Valeo は報道陣に対して、Mobileye と協力して RSS ベースの「テクノロジーニュートラルで産業ドリブン」な安全基準を開発し、ヨーロッパや海外でのさらなる採用を目指すと語った。具体的には、無人運転車の展開や認可のための枠組みの立案を手伝い、Mobileye の RSS モデルに関連した基準や作業部会、そして公的研究の資金調達に向けた取り組みの起案に貢献する。

Beijing Public Transport Corporation と Beytai に関しては、彼らは商業サービスにおける自走運転技術の発展を目指す Mobileye の AV ソリューションを共同で開発していく。彼らは新たな業界基準、そしてバスやその他の公共交通における無人運転車技術の開発の促進に取り組む。

Mobileye のコンピュータビジョンプラットフォームにとってはこの上ない性能試験場と言えるかもしれない。プレスリリースで Intel の子会社である Mobileye は、Transport Corporation が世界最大級の都市交通機関であることを指摘した。

問題となっている Mobileye のサービスはレベル4の無人運転能力が確認されたソフトウェアとハードウェアのスタックで構成されており、つまり人間による限定的な入力や特定の状況下における監視で自動車を運転することができるということである。低電力でデータ処理を行うために特別に作られた Mobileye のシステムオンチップである第5世代 EyeQ で駆動するカメラやケーブル、モデム、GPS、その他の付加的な構成要素に加えて、Mobileye の RSS モデルの利点をすべて提供する。このモデルはオープンポリシーであり、無人運転車が下す判断に対して「常識的な」制約を課すものである。Mobileye のパートナーは同社が「超人的」な視野と反応速度だと称する独自の強化学習アルゴリズムにアクセスすることもできる。

この新たなベンチャーのニュースは、Mobileye がイギリスの行政機関や企業に高精度な位置情報を提供するためにイギリスの国立地図製作部署である Ordnance Survey と協力すると明らかにした後に流れた。2018年10月には、Mobileye はイスラエル初の無人運転ライドヘイリングサービスをローンチするために Volkswagen との取引に署名した。5月には同社は Mapbox とのコラボレーションも発表し、同社のソフトウェアを今年「ヨーロッパの主要自動車メーカー」の自動運転車に載せるとしていた。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

マサチューセッツ総合病院のAI、人間と同程度の正確さで脳出血を検出

SHARE:

National Center for Biotechnology Information(国立生物工学情報センター)の報告によると、頭蓋内出血、つまり脳出血は2番目に多い脳卒中のタイプである。脳出血で脳の中や周囲の血流が止められ酸素が奪われる。だからこそ治療にはタイミングが重要となる。3分か4分後には脳細胞が死に始めるのだ。 幸いなことに、人工知能(AI)は診断の最前線における進歩を保証している…

Massachusetts_General
AI システムで分析した脳のスキャン映像

National Center for Biotechnology Information(国立生物工学情報センター)の報告によると、頭蓋内出血、つまり脳出血は2番目に多い脳卒中のタイプである。脳出血で脳の中や周囲の血流が止められ酸素が奪われる。だからこそ治療にはタイミングが重要となる。3分か4分後には脳細胞が死に始めるのだ。

幸いなことに、人工知能(AI)は診断の最前線における進歩を保証している。先月(2018年12月)ある論文(An explainable deep-learning algorithm for the detection of acute intracranial hemorrhages from small datasets/小さなデータセットから急性脳内出血を検知するための、説明可能な深層学習アルゴリズム)が Nature Biomedical Engineering のジャーナルで発表され、ボストンのマサチューセッツ総合病院の研究者が急性脳内出血(ICH)を高い精度で検出する深層学習アルゴリズムについて説明している。

この発表のおよそ1ヶ月前には、カリフォルニア大学バークレー校の研究者が脳スキャンから6年先までのアルツハイマー病を予測する AI システムを披露した。

ハーバード大学 Engineering and Applied Sciences の大学院生であり、この研究の2人の主執筆者のうちの1人である Hyunkwang Lee 氏は MedicalXpress にこう語った。

深層学習を使った研究に「スモールデータ」や「説明可能な」という言葉を使うのは、少々逆説的かもしれません。しかしながら、医療分野では高品質なビッグデータを集めることが極めて困難なのです。データの一貫性を保つためにデータセットを分類する複数の専門家を集めることが非常に重要です。このプロセスには費用も時間も、とてもかかります。

研究者は904枚の頭部 CT スキャン画像からなるデータセットを使って AI をトレーニングした。このスキャンは別々の角度から撮られた一連の X 線画像を合わせたものであり、それぞれが約40種類の画像からなっている。5名の神経放射線科医のチームがそれぞれを分類し、5種類の出血タイプのどれになるのかを特定した。

モデルはそれぞれのスキャンを取り込む際に、分析の精度を上げるため変換を行った。たとえば、画像のコントラストや明るさを調整したり、直前・直後の画像を精査して出血の兆候の中からアーチファクトを選り分けたりといったことだ。

ICH あり100スキャンとなし100スキャンからなるレトロスペクティブ(後ろ向き)なセットと、出血あり79スキャンと出血なし117スキャンからなるプロスペクティブ(前向き)なセットという別々の2つのデータセットを使ったテストにおいて、AI システムは非常に良好なパフォーマンスを示した。レトロスペクティブなセットでは専門的な放射線医師と同等のパフォーマンスを示した。そしてプロスペクティブなセットである2番目のデータセットの評価においては、非専門家の人間よりも優れた正確さを達成した。

このモデルのもう1つの新しい点は、その説明可能なデザインである。決断を下す理論的根拠を透明化しようとする取り組みの中で、チームは AI システムにレビューをさせ、5つの出血タイプの特徴それぞれを明確に示すスキャンを訓練用データセットから強調表示させた。アルゴリズムが下した予測には、類似の分析結果となったスキャン画像グループが添えられる。

論文の共著者の1人である Michael Lev 博士は、このような AI システムはいつの日か熟達した臨床医にセカンドオピニオンを提供できるようになるかもしれない、もしくは施設や医療プロバイダに熟達した神経放射線科医がいないという場合に介入できるかもしれないと述べる。

神経放射線科医の訓練を受けた頼れる「バーチャルなセカンドオピニオン」が利用できるようなれば、そういったサービス提供者により多くの効率性や自信、手助けを提供できるようになり、患者も適切な手当てを受けることが確実にできるようになるでしょう。

間もなくチームはこのシステムを臨床領域にも展開し、そのパフォーマンスをより多くの症例でさらに確認する計画である。共著者の Shahein Tajmir 博士は、マサチューセッツ総合病院における研究はすでに「こういったツールの適用を広める」ことを見越したプラットフォームに取り組み始めていると述べた。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

Pepsiの無人デリバリーロボット「Snackbot」、食欲旺盛な大学生にスナック菓子や飲み物をお届け

SHARE:

無人ロボットでドリンクやスナックを届ける? Pepsi がこれを実現しようとしている。飲食系コングロマリットとして知られる同社は最近、サンフランシスコのベイエリアにある Robby Technologies と提携し、カリフォルニア州ストックトンに位置するパシフィック大学のキャンパス内に自動運転ロボットを配置した。 パシフィック大学の e コマース担当ディレクターである Matt Camino 氏…

Snackbot4-e1546629318323
Image Credit: Pepsi

無人ロボットでドリンクやスナックを届ける? Pepsi がこれを実現しようとしている。飲食系コングロマリットとして知られる同社は最近、サンフランシスコのベイエリアにある Robby Technologies と提携し、カリフォルニア州ストックトンに位置するパシフィック大学のキャンパス内に自動運転ロボットを配置した。

パシフィック大学の e コマース担当ディレクターである Matt Camino 氏は、以下のように話している。

当大学のキャンパスに便利で選択肢の幅を広げる Snackbot を迎えることができ、とても嬉しく思っています。PepsiCo が生んだこの革新的なテクノロジーは、学生はもちろんのこと、スタッフ、教授陣のキャンパスライフの質を高めています。彼らは Pepsi から間食用の飲食物を手に入れる新しい方法を受け入れているのです。

Snackbot と呼ばれるこのデリバリーロボットは、Smartfood Delight、Baked Lay’s、SunChips、Pure Leaf Tea、Bubly、Lifewtr、Starbucks Cold Brew などの Pepsi 商品が揃っている。1回の充電で20マイル以上の距離を走行し、暗闇や悪天候の中でも自律移動ができるようヘッドライト付きカメラを搭載。そして、急な坂道にも対応できる全輪駆動である。

食欲旺盛な学生らは9時~17時の間に iOS 対応アプリで商品を注文することができ、175エーカー(約71万平米)ある大学キャンパス内に存在する50か所の配達エリアから1か所を指定する。

Pepsi のイノベーション・インサイト担当 VP、Scott Finlow 氏は以下のように語った。

弊社は Hello Goodness の自動配達車 Snackbot をローンチし、将来に向けて大学の間食文化を変えることを嬉しく思います。Pepsi はデザインや機器の技術革新に関する専門知識と Hello Goodness ブランドの力を融合させることで、今日の野心あふれる大学生により良いサービスを提供する唯一無二のチャンスを得たのです。

Snackbot のデビュー直前には、Postmates の X ラボが自社設計した Serve が登場したばかりだ。Serve は Snackbot と同様、自律走行で歩道や街路を進み、1回の充電で最大50ポンドの荷物を25マイル運搬することが可能だ。

この収益性の高い無人デリバリー市場のシェアを獲得しようとしているのは、決して Pepsi と Postmates だけではない。同市場には MarbleStarship Technologies、Boxbot、 Dispatch、Robby など豊富な資金を持つ複数のスタートアップが存在する。McKinsey Institute は2025年までに、ラストマイル配達の85%が Serve などの無人車で占められるようになるだろうと予測している。

それに加え、今夏アメリカでの食料品の自動配達に向け大手グローサリー企業 Kroger と手を組んだ Nuro、無人の車輪付き食料品店を試験運転する計画を最近発表した Robomart、玄関前まで生ものを配達するためオクラホマシティにある食料品店チェーン Farmstead と提携を結んだ Udelv、マイアミ・デイド郡の Walmart ストアから商品を届けるため Postmates と手を組んだ Ford などがいる。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------