THE BRIDGE

Mark Sullivan

Mark Sullivan

VentureBeat ライター。約10年間にわたり、テクノロジーやテック・カルチャーを取材。以前は、Light Reading、CNET、Wired、PCWorld で執筆。CNN、Fox Business、Al Jazeera アメリカ版などにも出演。VentureBeat では、デジタルヘルス、モバイルテック、アップルについて執筆。好きな映画は「ブレードランナー」。

執筆記事

米国の成人の半数がスマホで商品情報をチェックしながら買い物ーー「ショールーミング」が増加中

SHARE:

Interactive Advertising Bureau(IAB)の最新の調査によると、買い物をする成人の半数は、実店舗をチェックしながら携帯端末で商品についての情報を調べていることがわかった。 こうした行動は「ショールーミング」と呼ばれ、とりわけ若い世代の消費者において顕著である。IABはショールーミングを「販売店での購入前に、携帯端末上で価格比較をすること」と定義づけている。 この研究によ…

 via Flickr by “A Health Blog“. Licensed under CC BY-SA 2.0.
via Flickr by “Barn Images“. Licensed under CC0 1.0

Interactive Advertising Bureau(IAB)の最新の調査によると、買い物をする成人の半数は、実店舗をチェックしながら携帯端末で商品についての情報を調べていることがわかった。

こうした行動は「ショールーミング」と呼ばれ、とりわけ若い世代の消費者において顕著である。IABはショールーミングを「販売店での購入前に、携帯端末上で価格比較をすること」と定義づけている。

この研究によって、買い物客は店内で携帯端末を使って価格を調べた後、ほとんどの場合は実店舗で購入することが明らかになったが、携帯端末での情報検索をした店舗とは違う店舗で買い物をする場合が多いという。次によくあるケースは、店を出た後に携帯電話かパソコンを使って別の店のウェブサイトから商品を購入するというものだ。

18歳以上の購買行動
18歳以上の購買行動

しかしながら、18歳から34歳までのグループ(またはミレニアル世代)の人々は、他の買い物客とは違った行動をとる。この年齢グループの買い物客の3分の2以上がショールーミングを行っており、他の年齢グループに比べて競合店舗で商品を購入する傾向が強いことが調査でわかった。年齢が上の買い物客ほど、携帯端末で価格を確認した後、その同じ店舗で購入する傾向があるようだ。

18歳から34歳までのグループ(またはミレニアル世代)の人々の購買行動
18歳から34歳までのグループ(またはミレニアル世代)の購買行動

IABの調査では、携帯を使う買い物客の間にさらに多くの共通した行動パターンがあることが特定された。

報告によると、ミレニアル世代は他のどのグループよりもスマートフォンで購入する傾向がある。43%の人がそうだと回答している。他の年齢グループの消費者は、スマートフォン(28%)よりもタブレット(35%)で購入する傾向にある。

「ホリデーショッピングシーズン真っ盛りのため、消費者はプレゼントを購入する間、ずっとスマートフォンやタブレットを見続けています」とIABのVP兼モバイル・ビデオ部門ゼネラルマネージャーのAnna Bager氏が語った。

「この報告は、デジタルでの購買行動が世代によってどう違うのかという比較に焦点を当てており、世代間の大きな相違をブランドマーケターの戦略は考慮に入れる必要があります」とBager氏は語った。

IABによると、この調査結果は、2015年10月のオンライン調査7,276人の回答者とその他年次調査16,228人の回答者から得たものである。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

ファイター向けデートアプリ? 戦いたい者同士をマッチングするアプリ「Rumblr」が登場

SHARE:

「よう、お前の面がムカつくんだよ。やるか?」 スクリーン上でこんな会話が展開されるかもしれないのが、新しく登場した「Rumblr」というアプリだ。初対面の者同士の「初格闘」を設定することができる。まさにファイトクラブの形式だ。 Rumblrはデートアプリのような仕組みだ。違いは、その「デート」がレストランではなく駐車場や裏道で、楽しい時間の代わりに格闘が展開されるという点だ。 こちらが、サイト上に…

Screen-Shot-2015-11-06-at-7.10.54-AM

「よう、お前の面がムカつくんだよ。やるか?」

スクリーン上でこんな会話が展開されるかもしれないのが、新しく登場した「Rumblr」というアプリだ。初対面の者同士の「初格闘」を設定することができる。まさにファイトクラブの形式だ。

Rumblrはデートアプリのような仕組みだ。違いは、その「デート」がレストランではなく駐車場や裏道で、楽しい時間の代わりに格闘が展開されるという点だ。

こちらが、サイト上に書かれてるピッチだ。

Rumblrは、趣味として楽しんでいるファイターが、近くのけんか好きを見つけ、出会い、戦うことのできるアプリです。

Screen-Shot-2015-11-06-at-7.22.01-AM

観戦したい人も参加することができる。

Rumblrを使うのに、戦う必要はありません。Rumblr Explore機能を使えば、誰でも他のRumblrユーザーがアレンジした近くの戦いを検索して、観戦することができます。すべて、無料です!

アプリにはチャット機能、そして戦いとファイターの位置を示す地図機能も備わっている。女の子同士、ギャングの戦いのみを検索できるフィルター機能もある。

実は、アプリはまだアプリストア上でローンチされておらず、承認を待っている状況だ。サイト上では、ウェイティングリストに登録することができる。

収益化しようという姿勢はサイト上では見られない。見られるのは、殴り合いたい者の大きなコミュニティを築きたいという思いだけだ。とはいえ、Rumblrは救急サービスやアンガーマネジメントのセラピスト、救急治療セットなどの広告を打つのには良い場となるかもしれない。

Rumblrが、特にサンフランシスコで流行ることを願っている。ここのテック野郎全員がまさに必要とするものだと思うのだ。

----------[AD]----------

米国ホリデーシーズンのオンラインショッピング、モバイル端末が史上初過半数になる予想

SHARE:

Adobeによる最新の予測によると、ホリデーシーズンにおいてモバイルショッピングが占める割合がティッピングポイントを迎えるという。 Adobeは、米国のオンラインショッピングの過半数、51パーセントが史上初モバイル端末上でなされるであろうと述べている。データは Adobe Marketing Cloudから引用したものだ。 Adobeはまた、販売の約3分の1がモバイル端末上で処理されるであろうとも…

 via Flickr by “A Health Blog“. Licensed under CC BY-SA 2.0.
via Flickr by “Olin Gilbert“. Licensed under CC BY-SA 2.0.

Adobeによる最新の予測によると、ホリデーシーズンにおいてモバイルショッピングが占める割合がティッピングポイントを迎えるという。

Adobeは、米国のオンラインショッピングの過半数、51パーセントが史上初モバイル端末上でなされるであろうと述べている。データは Adobe Marketing Cloudから引用したものだ。

Adobeはまた、販売の約3分の1がモバイル端末上で処理されるであろうとも考えている。これはなかなか興味深い情報だ。なぜなら、これまで語られてきたことは、消費者はショッピングの開始時はモバイル端末をよく使用するものの、実際に購入する段階になるとデスクトップやタブレット端末に向かうというものだったからだ。

3_Mobile

そうした傾向もまた、変化しつつあるのかもしれない。

変化しているのはまた、ホリデーシーズンの買い物客に対してマーケターが使用する手段でもある。Adobeは、小売業者は今年、特売情報をディスプレイ広告(23パーセント)、ソーシャルメディア(14パーセント)上で流すと考えている。消費者は検索広告よりも3倍高い確率でディスプレイ広告を通して特売情報を見つけられることになるだろうと、Adobeは説く。

5_Where-to-find-discounts-1

その他に興味深い点は、Adobeの予測によると、iOS上で処理される販売の方がAndoroid上よりもはるかに多いというものだ。この統計結果は毎年示されており、その理由としていくつかの点が推測されている。まず、Appleの購買者はより経済的に豊かであるからというもの。そして、iOS端末上の方がショッピングの流れがよりスムーズであるからというものだ。おそらく、この二つが混ざり合った結果なのであろう

Adobeは、今年のホリデーシーズンにおけるプレゼント予想ランキングもまた発表している。

preview-800x451

Adobeの予想は、5500万の製品サンプルに対して「4500強の小売業Webサイトへの1兆以上の訪問から得た匿名の総計データ」を分析した結果に基づいている。Adobeは、自社のmarketing cloudを通してトップ100の米国の小売業者におけるオンライン取引の80パーセントを測定していると語った。過去数年において、その予測は2パーセント以内の精度で正確だったとAdobeは話した。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

Optimizely が新たに5800万米ドルを調達、急成長するコンテンツテストプラットフォームを拡張

SHARE:

オンラインテストプラットフォーム企業のOptimizelyは本日、新たに5800万米ドルの資金を調達し、ウェブおよびモバイルのコンテンツ最適化スペースにおける急成長の支援に充てると発表した(編集部注:原文掲載10月13日)。 サンフランシスコに拠点を置く同社は、今やマーケターやアプリデベロッパー、パブリッシャーにとっておそらくは最も有名なA/Bテストプラットフォームだ。顧客は同プラットフォームを使…

上;Optimizely CEO Dan Siroker
上:Optimizely CEO Dan Siroker

オンラインテストプラットフォーム企業のOptimizelyは本日、新たに5800万米ドルの資金を調達し、ウェブおよびモバイルのコンテンツ最適化スペースにおける急成長の支援に充てると発表した(編集部注:原文掲載10月13日)。

サンフランシスコに拠点を置く同社は、今やマーケターやアプリデベロッパー、パブリッシャーにとっておそらくは最も有名なA/Bテストプラットフォームだ。顧客は同プラットフォームを使用することにより、ユーザに対して様々なコンテンツのバージョン比較を実施。すぐさま同プラットフォームは分析データを返し、さまざまなユーザ層に対しどのコンテンツが最適であったかを示してくれる。

OptimizelyのCEOであるDan Siroker氏は、同社が顧客の成長に遅れをとることなく製品の提供を拡大する手助けとするため、この新たな資金調達が現在必要だと述べている。「人員を増やす予定です」とSiroker氏はいう。

Optimizelyによると、 同社の収益は小売、旅行、メディア、科学技術といった業界の需要が高まったことにより、前回の5月の資金調達から100%以上増加した。また、それに応じて同社の社員数も増加し、2014年5月時点では社員数は192人であったが、現在では402人となっている。

この新たなシリーズCラウンドには、Index Venturesを筆頭に、Andreessen Horowitz、Bain Capital Ventures、Battery Ventures、Benchmark Capital、Citi Ventures、Correlation Ventures、Danhua Capital、Pharus Capital Management、Salesforce Ventures、Tenaya Capitalといった企業が参画した。

このリストからすると、今期の資金調達には多くの投資家が参画を望んでいたと思われ、そのことが最終的な額に影響を及ぼした可能性がある。今期の資金調達により、同社に合計1億4600万米ドルにのぼる資金がもたらされた。Index Venturesの共同経営者のIlya Fushman氏は、Optimizelyの役員となった。

builtwith-800x446

Optimizelyは、この成長性が高い分野で実際に事業展開を行っている。Adobeが、259名のマーケティング責任者に対して行った最近の調査によると、A/Bテストの使用率は56%だった昨年から66%になっている。

Optimizelyは急成長を続ける市場でかなりのシェアを占めている。最も重要な顧客として、CNN(一番反応のあったヘッドラインを調べるためOptimizelyを使用)、Crate and Barrel、Intuit、Microsoft Store、PricelineやVirgin Americaなどが名を連ねている。

「同社は、料金プランの中に特定の機能のみが使用できる、ユニークビジター数が月間5万件程度の中小企業向けの無料プランも用意してます」とVB InsightsのアナリストであるStewart Rogers氏は語った。

「しかし、コンバージョン率を最適化するどんなツールもまだ、あらゆるCRO(コンバージョン率最適化)機能を一体化させることには成功していません。現在の市場占有率を考えれば、Optimizelyは有利な立場にあり、もっと機能を組み込むことで最初に成功するかもしれない」とRogers氏は語った。(CRO に関するVB Insightのレポート閲覧はこちらから。)

Optimizelyは製品展開の必要性には気付いているようだ。先日同社は、特定の顧客にカスタマイズしたコンテンツを提供できるよう、製品の提供側とサードパーティー側の顧客情報を利用するパーソナライゼーションプラットフォームを新たに追加した。

Above: The results screen from the Optimizely dashboard.
上:Above: Optimizely ダッシュボード上の結果を示す画面

さらにまだある。「当社はテストとパーソナライゼーションのためのプラットフォームを構築し、来年は新たに複数の製品を発表する予定です」とSiroker氏はいう。

Optimizelyは、Forrester Waveの9月のランキングにおいてコンテンツテスト部門の上位のベンダーとされた。

ForresterのアナリストであるJames McCormick氏はOptimizelyについて、「オンラインテスティングの分野において、ディスラプティブな力となっている」と認めるとともに、同社のプラットフォームが企業の力を洗練された形で拡張している点と、同社のテスティングプラットフォームの有用性と使いやすさについて、平均を超えるフィードバックを顧客から得ている点、また最強の代理店及びサービスパートナーのプログラムを提供している点を評価している。

最後の項は、Optimizelyが顧客の多くが既に使用しているマーケティング自動化プラットフォームを統合していることに言及している。同社は事業のセットアップに直接関与しOptimizelyを能率的に使用しているコンサルタントと既にパートナー関係を築いていると、Siroker氏は説明した。

Siroker氏は2008年のオバマ大統領の選挙運動の解析部長を務めた後、Optimizelyを立ち上げた。「(当時)対処すべき問題点を発見し、ユーザーのニーズに合ったコンテンツをより簡単に提供するチャンスを見出しました」と、同氏は月曜日の電話取材に対して語った。

それから7年後もなお、ウェブおよびモバイルユーザは自分のニーズに合わないコンテンツを目にしているだろうとSiroker氏は考える。

「今日、私たちの日常は最適化されているとはとても言えない」と彼は言う。「私たちは、すべてを最適化するという他に類のない好機を得ました。そしてこの投資によって当社はゴールへとまた一歩近づくことになるでしょう」。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

Boomtrainが1200万米ドルを調達、eメールと通知の自動化プラットフォームを拡大へ

SHARE:

eメールおよび通知マーケティング自動化の企業、Boomtrainが再び資金調達を行った。今回はSierra Ventures、Cota Capital、Lerer Venturesから1200万米ドルだ。 Boomtrainは機械学習機能を使用し、企業からカスタマイズされたメールやアプリ通知を顧客に送信するサービスを提供している。同社は現在3億5000万ユーザおよび7兆3000億データポイントを有…

Above: Boomtrain’s co-founders Christian Monberg, President & CTO (left), and Nick Edwards, CEO, (right).
上: Boomtrain のコーファウンダー / プレジデント、CTOの Christian Monberg 氏(左)、CEO の Nick Edwards氏(右)

eメールおよび通知マーケティング自動化の企業、Boomtrainが再び資金調達を行った。今回はSierra Ventures、Cota Capital、Lerer Venturesから1200万米ドルだ。

Boomtrainは機械学習機能を使用し、企業からカスタマイズされたメールやアプリ通知を顧客に送信するサービスを提供している。同社は現在3億5000万ユーザおよび7兆3000億データポイントを有し、13億5000万メッセージをターゲットにしているという。

同社はこの新規資金をエンジニアの採用に充て、配信チャネルをeメール、モバイル、ウェブから拡大し、「全チャネルにまたがって全方位で使えるものとし、ユーザ体験の最適化」を目指すと述べている。

Boomtrainは現在CBS Interactive、The Guardian、Thrillist Media Groupを含め100社を超える顧客がおり、同社プラットフォームを利用している。例えば、CBS Interactiveは同社プラットフォームを利用して、ニュースレターの内容を様々な地域にいる個々の読者にあわせてカスタマイズしている。

Boomtrainは同社プラットフォームを利用する出版社とeコマースのクライアントは、クリックスルー率、ページビュー、サイト滞在時間と成約率などを含むエンゲージメントが通常「50%~100%」増加するとしている。

同社は2012年に設立され、Sierra Ventures、Cota Capital、Crosslink Capital、Lerer Venturesなど最大手ベンチャーキャピタル企業の支援を受けている。

上:休暇中の Boomtrain のチーム
上:休暇中の Boomtrain のチーム

「この実現にあたって私たちは2種類のデータを理解する必要があります」とBoomtrainのCEO兼共同設立者のNick Edwards氏は火曜日の電話インタビューでVentureBeatに話した。「まず、お客様が何を読んでいて、何をソーシャルで共有していて、何を買って、ソーシャルメディアで何についてコメントしているか、ということを理解する必要があるのです。」

Edwards氏は、もう1種類はクライアントの取り扱い製品に関するデータだという。例えば、Boomtrainがクライアントのマーケティング用コンテンツライブラリーを調査し、「コンテンツをセマンティック(意味論的)に読み込んでトピックモデルをカテゴライズする」ということがあるとEdwards氏は補足する。

そうすることで、同プラットフォームは個々の消費者についての知識を利用し、読み込んで解析したコンテンツの中から最も関連性の高いものを消費者に提供できるようになる。消費者とコンテンツに関するデータのほとんどはクライアント企業自身から提供される。

Boomtrainが消費者とコンテンツをマッチングするのに第3者のデータセットを利用することはない、とEdwards氏はいう。これはプライバシーに関する懸念があり、Boomtrainにおける「気味の悪い存在になるな」という行動原則の一部でもある。例えば、Boomtrainはユーザが昨年共有した何かの写真に関するFacebookのデータを使うことはない。しかし、クライアントの製品に関するユーザのコメントのデータを使うことはあり得る。

Edwards氏は「それは例えば行きつけのカフェに行ったら、バリスタが『本日のお飲み物はどれになさいますか?カプチーノ?それともラテ?』と聞くようなものです。バリスタが過去のオーダーのことを覚えていてくれるから嬉しい気分になりますよね。」

「しかし、バリスタが『今朝、寝室の窓越しに赤い水玉の下着を着ているのを見ました。だから、たぶん今日はカプチーノを飲みたい気分なんじゃないかと思いますが。』と言ったら不気味じゃないですか。」Edwards氏は、このような知識を第3者データになぞらえて説明した。

Boomtrainは2014年3月に200万米ドルの資金を調達するまでは、わずか4名の会社だった。その後同社は顧客と契約を交わし、雇用を始めた。今日、同スタートアップは利益の出る「企業レベル」の100顧客を有し、社員40名以上規模にまで成長している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

Appleが地図データ視覚化スタートアップ「Mapsense」を買収

SHARE:

Appleがサンフランシスコに拠点を置く地図データビジュアライゼーション企業Mapsenseを買収したと報じられている。 今月初旬に買収契約がされたと、いくつかの関係筋の情報を引用している Re/codeが報じている。 同報道によれば、AppleはMapsenseの事業と12名の従業員全員の買収に、2,500万ドルから3,000万ドルほどを支払ったとのこと。12名の従業員は、シリコンバレー、クパチ…

Image Credit: Konami
Image Credit: Konami

Appleがサンフランシスコに拠点を置く地図データビジュアライゼーション企業Mapsenseを買収したと報じられている。

今月初旬に買収契約がされたと、いくつかの関係筋の情報を引用している Re/codeが報じている

同報道によれば、AppleはMapsenseの事業と12名の従業員全員の買収に、2,500万ドルから3,000万ドルほどを支払ったとのこと。12名の従業員は、シリコンバレー、クパチーノのAppleに加わることになる。

Mapsenseはロケーションデータを分析し、視覚化するツールを開発している。それはまさに、モバイルマッピングテクノロジーの分野でGoogleとの競争に遅れをとらないようにするべく、Appleが活用できるものだ。Mapsenseのクラウドベースのテクノロジーは、様々な種類の地図テンプレートに大量のデータを重ね合わせることができるものだ。それによって、ユーザーはデータの意味を迅速に把握することができるようになる。たとえば、全米の何百件もの犯罪データを米国の地図上に配置させ、ユーザーは時間ごとに犯罪の発生状況を閲覧することができる。

この技術はもともと、金融機関や広告企業、政府機関、大手企業をターゲットに開発されていたものだ。このマッピングツールは今や進化を遂げて、Appleの製品の一部になろうとしている。

Mapsenseは今年5月に、General Catalyst 主導で Formation 8、Redpoint Ventures などが参加したシードラウンドで250万ドルを調達した。

マッピングとジオロケーションのスタートアップが今アツい。つい先週にはマッピング・ジオロケーションスタートアップのCartoDBが2300ドルをベンチャーキャピタルから調達したばかりだ。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

UberがMicrosoftなどから10億ドルの資金を調達、評価額は510億ドルに【報道】

SHARE:

Uberが新たな調達ラウンドで10億ドルを調達し、これによって同社の評価額は510億ドルに到達した。 この新たな投資資金はMicrosoftやインドのメディア・コングロマリットであるBennett Coleman & Co.,から調達したものであると、事情に近い匿名関係者の話としてWall Street Journalが伝えている。同記事でUberは海外のより多くの都市でハイヤーサービスを…

Uber
Image Credit: Joakim Formo, Flickr

Uberが新たな調達ラウンドで10億ドルを調達し、これによって同社の評価額は510億ドルに到達した。

この新たな投資資金はMicrosoftやインドのメディア・コングロマリットであるBennett Coleman & Co.,から調達したものであると、事情に近い匿名関係者の話としてWall Street Journalが伝えている。同記事でUberは海外のより多くの都市でハイヤーサービスを拡大させるためにこの資金を使うということだった。

また報道ではUberは投資家に向けて、5月に15億ドルから20億ドルの資金調達の計画を説明していたことを指摘している。Uberは実施のための申請書類を提出していることを認めている。

さらにWSJのリポートではUberがFacebookが打ち立てた未公開企業におけるベンチャーファンディングの記録を越えたとも指摘している。Facebookは2011年に、ゴールドマンサックスが海外富裕投資家に対して同社株式を売却した際、500億ドルの評価となっていた。

当時Facebookは設立から7年が経過していた。それに対してUberは約5年しか経過していない。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

米Yahoo、ソーシャルショッピングのPolyvoreを買収へ

SHARE:

米Yahooは本日(※編集部注:原文掲載日は7月31日)、ソーシャルショッピングサイトのPolyvoreを買収することで合意したと発表した。 買収価格は公開されていない。今回のディールは3年前にマリッサ・メイヤー女史が舵取りを開始して始まった、Yahooによる50社以上にも上る買収祭りで最も最新のものだ。 Polyvoreは基本的に独自でコアサービスを継続する。Polyvoreのスタッフの大半は、…

Image Credit: John Koetsier
Image Credit: John Koetsier

米Yahooは本日(※編集部注:原文掲載日は7月31日)、ソーシャルショッピングサイトのPolyvoreを買収することで合意したと発表した。

買収価格は公開されていない。今回のディールは3年前にマリッサ・メイヤー女史が舵取りを開始して始まった、Yahooによる50社以上にも上る買収祭りで最も最新のものだ。

Polyvoreは基本的に独自でコアサービスを継続する。Polyvoreのスタッフの大半は、CEOのJess Lee女史も含めて、Yahooに移籍することになる。

Yahooは今回の買収が、自分たちが一般消費者および広告主に提供しているもの、つまり彼らのデジタルマガジンを強化することになると期待している。Polyvoreのソーシャルかつコマースツールの一部はYahoo StyleやYahoo Beautyといったサイトに組み込まれることになるかもしれない。

Yahooはその発表の中でこのように伝えている。

「広告に関してPolyvoreの技術が、新しいネイティブ広告フォーマットであり、350社もの事業者と力強い広告関係を結んだ急成長中のネイティブ広告プラットフォーム「Yahoo Gemini」に対し、実績のあるネイティブ広告モデルをもたらすことになると考えております」。

Polyvoreでコミュニティのメンバーたちは洋服のコラージュをアレンジしてみせたり、家の装飾をコーディネートを作ったりすることができる。

Polyvoreの投資家にはゴールドマンサックス、DAG Ventures、Benchmark Capital、それにMatrix Partnersが含まれている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

史上初のリキッドメタルスマートフォン「Turing」、7月31日より先行予約開始

SHARE:

Turingフォンは外郭が完全にリキッドメタルでできた市場初のスマートフォンだ。米国と中国で7月31日から先行予約が開始される予定だ。 iPhone6などのスマートフォンは曲げられるアルミのような素材が使用されているが、リキッドモルフィウム(液体金属合金)でできているTuringフォンを曲げることはできないだろう。 リキッドモルフィウムはチタンや鉄よりも強い素材で、衝撃をより効果的に分散してくれる…

IMG_1927

Turingフォンは外郭が完全にリキッドメタルでできた市場初のスマートフォンだ。米国と中国で7月31日から先行予約が開始される予定だ。

iPhone6などのスマートフォンは曲げられるアルミのような素材が使用されているが、リキッドモルフィウム(液体金属合金)でできているTuringフォンを曲げることはできないだろう。

リキッドモルフィウムはチタンや鉄よりも強い素材で、衝撃をより効果的に分散してくれる。一程度を超えた圧力を与えれば壊れてしまうが、曲がることはない。また、アルミやステンレスとはかなり異なったように光を反射する。

IMG_1930-e1436573894151-800x600

これまでリキッドモルフィウムで10mm以上の大きさのものは製造することができなかったとTuring Robotic IndustriesのCEOであるS.Y.L. Chao氏は言う。iPhone 6はSIMカードスロットにのみリキッドメタルを使用しているが、Chao氏はiPhone 7の外郭はおそらくリキッドモルフィウムで作られるのではないかとしている。

同社はこの新素材の大量生産について、新しい製造工程を開発したとChao氏は話す。

Turingスマートフォンのフルスペックはこちら

IMG_1926-800x600

このスマートフォンは外側も内側もナノコーティングされているので、防水性に優れている。水没した場合、水は側面のポートから中にある回路基板に入ってしまうが、基板もナノコーティング処理されているので水分子ははじかれるのだ。

他にも素晴らしい点は、側面に搭載された指紋認証機能である。親指を側面にあるセンサーに置くと、iPhoneに搭載されている表面の下部にあるセンサーの場合よりもさらに自然にかつ人間工学に適したようにフィットする。

IMG_1932-800x600

Turingフォンは、他の多くのAndroidフォンが使用するような標準USB電源ポートを使用せず、代わりに9ピンのMagSafe電源アダプタを使用している。

IMG_1929-800x600

セキュリティ

Chao氏がTuringフォンについてまず最初に説明してくれたのは、エンドツーエンド認証システムを使用しているという点だ。製造されたすべてのTuringフォンにはそれぞれ固有のTuringキーが内蔵されている。これらのキーは複雑な暗号化システムを使用しており、ハッカーにもほぼ破られることはない。アプリ開発者たちはTuring API経由でそれぞれ自身のTuringキーを取得できる。

すべてのTuringキーはお互いを識別できるため、Turingフォンと、例えばeコマースアプリとをつなげるセキュアトンネルを確立することができる。安全な通信やトランザクションを行うために、サードパーティ製の暗号化サーバー経由で処理する必要はない。

Turingフォンは3タイプの異なる(が、似通った)デザインでローンチされる予定だ。メモリ容量は2種類から選択可能。64GB版は740米ドル、128GB版は870米ドル、と現在市販されているミッドレンジのスマートフォンとほぼ同程度である。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

サムスンが「スマホで体脂肪が測定できちゃう」特許を申請中

SHARE:

現在、スマートフォンやウエアラブルデバイスは、ありとあらゆるバイオメトリクスデータを集めようとしているが、未だに体脂肪を測定するためにどうやってセンサーを使うか、ということについては未解決のままだった。 ということで、サムスンがどうやらそれをやるみたいだ。 同社の新しい特許は電話の内部または近くに設置された4つのセンサーを使う方法を解説している。この「近く」という意味は、サムスンの方法がスマートフ…

CC2C063D-F0DC-47D0-89CF-B5AED881F3D9

現在、スマートフォンやウエアラブルデバイスは、ありとあらゆるバイオメトリクスデータを集めようとしているが、未だに体脂肪を測定するためにどうやってセンサーを使うか、ということについては未解決のままだった。

ということで、サムスンがどうやらそれをやるみたいだ。

同社の新しい特許は電話の内部または近くに設置された4つのセンサーを使う方法を解説している。この「近く」という意味は、サムスンの方法がスマートフォンケースのスクリーンカバーに4つのセンサーを貼り付ける方法を含んでいるためだ。

2C947D92-D52D-488E-BF43-417C7CDC7E7F

これら4つのセンサーは共に人体に触れることで得られる結果を元に、インピーダンスのレベルを測定する。特許のイラストを見ると、人が両手でセンサーを握っている様子が描かれている。この特許は「入力電流の増大および測定電圧の増大に基づく物体のインピーダンス情報の獲得、そしてインピーダンス情報に基づく体脂肪情報の獲得」技術という説明がされている。

F88270E2-3222-4BCE-8E50-F74C0FA8255C

まあ、あまりはっきりしたことはわからないが、もしこの技術が現実化するのであれば、サムスンのスマートフォン上で動く健康やエクササイズ系アプリには、恩恵をもたらすかもしれない。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------