BRIDGE

Mark Sullivan

Mark Sullivan

VentureBeat ライター。約10年間にわたり、テクノロジーやテック・カルチャーを取材。以前は、Light Reading、CNET、Wired、PCWorld で執筆。CNN、Fox Business、Al Jazeera アメリカ版などにも出演。VentureBeat では、デジタルヘルス、モバイルテック、アップルについて執筆。好きな映画は「ブレードランナー」。

執筆記事

Appleの特許、P2P型決済がApple Payで実現する可能性を示唆

SHARE:

Googleが従来のGoogle WalletアプリをP2P(ピアツーピア)型決済ツールとして生かすつもりだと発言した数週間後、Appleも独自のピアツーピア型決済技術に関する特許が認可された。 この特許には、あるデバイスのユーザが別のユーザのデバイスに安全かつノーコストで支払いを送信することを可能にするシステムについて述べられている。 「特に、スマートフォン、タブレット、ラップトップPCなどの電…

apple-pay
Googleが従来のGoogle WalletアプリをP2P(ピアツーピア)型決済ツールとして生かすつもりだと発言した数週間後、Appleも独自のピアツーピア型決済技術に関する特許が認可された。

この特許には、あるデバイスのユーザが別のユーザのデバイスに安全かつノーコストで支払いを送信することを可能にするシステムについて述べられている。

「特に、スマートフォン、タブレット、ラップトップPCなどの電子機器を使用する個人が、金銭の取引で相手方の別の電子機器を直接特定したり、暗号化された支払い情報を他の電子機器へ提供できる」と特許には記されている。

デバイスAはデバイスBのeメールアカウントにトークンを送ることができ、ユーザはそのトークンをアクティベートすることによって支払いの受け取りを選択できる。

受取人が自分のデバイスで支払いを受ける場合、そのデバイスはその後、元の情報パケットに加えもう1つの暗号化された情報パケットをそのトランザクションを完了する「第三者」に送る。その第三者とは支払人、受取人の銀行、第三者金融機関のいずれかとなるだろう。

この特許では、2つのデバイスで用いられる通信方式は近距離無線通信(NFC)かBluetooth技術になる可能性があるとしている。

さらに、トランザクションの両端のデバイスが生体認証センサー(おそらくは指紋リーダー)をユーザの認証に使用する可能性がある。また、ユーザは暗証番号の入力も求められるかもしれない。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

顔認識テクノロジーは2024年末までに1億2300万デバイスに導入される【調査報告】

SHARE:

向こう10年で認証や監視目的の顔認識可能なデバイスの数が飛躍的に増加するらしい。 Tracticaの発表した新しいレポートによると、顔認識デバイスとそのライセンスは2015年の2850万件という数字から、2024年には全世界で1億2280万件に増加するそうだ。Tracticaはこの技術が一般消費者や企業利用、そして政府のデバイス利用によって拡大するとしている。 Tracticaはその発表の中で「顔…

ED1093C4-8A20-4E71-9BA0-2B296958FD41
Image Credit: Google

向こう10年で認証や監視目的の顔認識可能なデバイスの数が飛躍的に増加するらしい。

Tracticaの発表した新しいレポートによると、顔認識デバイスとそのライセンスは2015年の2850万件という数字から、2024年には全世界で1億2280万件に増加するそうだ。Tracticaはこの技術が一般消費者や企業利用、そして政府のデバイス利用によって拡大するとしている。

Tracticaはその発表の中で「顔認識の採用は特に向こう数年間にモバイルデバイスの認証において強まりますが、この分野の成長には国民IDカードや生体認証パスポートといった政府関連のものや、銀行や小売なども含まれることになるでしょう」とも伝えている。

なお調査員たちは顔認証が他の生体認識方法や個人認証方法よりもはるかに精度が高いとしている。

72026E78-0946-4AE0-A04D-32D8D329AC2D

2015年と2014年の間、Tracticaはフェイシャル・バイオメトリクスの年間売り上げがーーこれには可視画像による顔認証と赤外線をベースにしたフェイシャル・サーモグラフィーの両方を含むーー1億4950万ドルから8億8250万ドルに増加するとしており、これらの複合成長率は22パーセントにも及ぶ。

「顔認証の最も大きな利用用途は、モバイルデバイス認証です」とプリンシパル・アナリストのBob Lockhart氏は説明する。

「この利用方法は明らかに大きな割合を占めていますが、ユニットの価格は小さなものです」。

さらに同氏はこう続ける。「この次に顔認証の重要な利用方法は人々の興味を特定するものです。この利用方法は政府や弁護団、法の施行や法人向け市場に存在しています。将来的には不特定多数に対して、例えばデジタルサイネージのようなものをユーザーに対して最適化するようなアプリケーションが出てくることになるでしょう」。

----------[AD]----------

IPO申請したFitbitの最大の敵は、Apple Watchではなく安価なフィットネストラッカー

SHARE:

フィットネスウェアラブル企業Fitbitが木曜日にIPO書類を提出した時、最初に抱いた疑問は「なぜ、今なのか?(将来的にFitbitを飲み込む可能性のある)Apple Watchが発売されたばかりというのに!」というものだった(編集部注:原文掲載5月9日)。 FitbitはApple Watchについて、申請書の「リスク要因」の項で以下のように述べている。「Appleは最近Apple Watchと…

Above: Fitbit founder and CEO James Park Image Credit: Fitbit
上: Fitbit のファウンダー・CEO James Park氏
Image Credit: Fitbit

フィットネスウェアラブル企業Fitbitが木曜日にIPO書類を提出した時、最初に抱いた疑問は「なぜ、今なのか?(将来的にFitbitを飲み込む可能性のある)Apple Watchが発売されたばかりというのに!」というものだった(編集部注:原文掲載5月9日)。

FitbitはApple Watchについて、申請書の「リスク要因」の項で以下のように述べている。「Appleは最近Apple Watchというスマートウォッチを発表した。これには健康および運動を記録する機能など幅広い機能が備わっている。」

Above: Fitbit’s Force Image Credit: Fitbit
上: Fitbit の Force
Image Credit: Fitbit

しかしFitbitは現在のところApple Watchの存在をそれほど気にしていないようだ。Fitbitの市場での位置づけ、ブランド認知度、販売数を見てみると、このサンフランシスコを本拠地とするウェラブル端末企業はこれまでIPO開始に向けてまずまずな道のりをたどってきており、今申し分ない状態でその時を迎えているのだ。

Fitbitは長年フィットネストラッカー業界において最も良く知られているブランドであり、販売記録でもそれは証明されている。2014年には販売数を通年右肩上がりで伸ばし、2013年の倍増を記録した。

調査会社のNPDは、Fitbitは現在アメリカ国内のフィットネストラッカー市場で62%のシェアを占め、堅実に利益を上げていると評価している。

メディアの中には低価格だが用途の限られたデバイス(Fitbit)と、より高価で多機能なデバイス(Apple Watch)両者の間で典型的な競争が繰り広げられているという見方もある。Apple WatchはFitbitの持つ全ての機能を搭載しており、より充実したものになっている。したがって、Fitbitを選ぶ者はあまりいないと言う人もいるだろう。

だがそれほど単純ではない。Fitbitトラッカーは心拍計や携帯電話通知機能などApple Watchの持つスマートウォッチの特色のほか、Apple Watchにはない睡眠測定機能までも追加してきているのだ。

一方、消費者の視点ではやはり大きな価格差がポイントになる。ウェラブル端末の健康管理機能に興味はあるが、200米ドル以上をかけてApple Watchに含まれるそれ以外の機能を手に入れたいとは思わないという人は多い。

もちろんApple Watchは多くをこなせる素晴らしいデバイスだ。だが少し多すぎるかも知れない。Fitbit端末のシンプルさや一貫したアプリの使用感は多くの人に対して大きななウリになるだろう。

大衆市場の脅威

Fitbitにとっての最大の脅威は、おそらく市場で普及しつつある100米ドル以下のフィットネストラッカーの数々だろう。IPO申請時に競争相手として名が挙がってもいなかった企業こそFitbitが恐れるべき相手ではないだろうか。

Xiaomiのウェアラブルパートナー企業であるHuamiは、Mi Bandという13米ドルのフィットネストラッカーを生産しており、中国では市場に出てからわずか6ヶ月ながらも爆発的に売れている。

xiaomi-mi-band-en

実際のところ、フィットネストラッカーを販売するということがブランディングの術になりつつある。アクセロメータやその他のセンサー、ディスプレイなどといった部品技術そのものはさほど高価なものではなく、むしろそれらの価格は低下している。

そのため2014年には誰もかれもがフィットネストラッカーを作るようになり、結果この世にMi Bandのような製品が登場することになったのだ。

Fitbitにはすでに素晴らしい製品と市場経験があるが、廉価でフィットネストラッカーを販売するその他多くの企業との差異を明らかにするためにも、ブランドマーケティングボリュームの増大に注力する必要があるだろう。

実際、FitbitはIPO書類を提出するにあたり、自社のマーケティング費用を拡大させており、今後も引き続きそのようにしていくつもりであることを述べている。IPOによって調達される1億米ドルかそこらの金額の大部分はその支払いに充てられるのかもしれない。

Fitbitが自らのブランドを強化し、現在の価格帯(消費者にとって魅力的だと考えられる小売価格)を維持および正当化させることができれば、その売上曲線を上向きのままにできるだろう。このことが、Fitbitが少なくとも短期的には、株式公開市場において誰もが認める業績を上げるのに一役買うかもしれない。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

世界のモバイルインターネット「ユニコーン」の企業価値総額は5750億米ドル【調査報告】

SHARE:

モバイルインターネットユニコーン企業(公開、非公開の投資家から10億米ドル以上の評価額をつけられたソフトウェア企業)の企業価値は2015年第1四半期に5750億米ドルに到達した。 サンフランシスコを拠点とするモバイルインターネットアドバイザリー企業Digi-Capitalが作成した最新レポートでそのように報じられている。 Digi-Capitalによると現在79のモバイルインターネットユニコーンが…

Unihorse

モバイルインターネットユニコーン企業(公開、非公開の投資家から10億米ドル以上の評価額をつけられたソフトウェア企業)の企業価値は2015年第1四半期に5750億米ドルに到達した。

サンフランシスコを拠点とするモバイルインターネットアドバイザリー企業Digi-Capitalが作成した最新レポートでそのように報じられている。

Digi-Capitalによると現在79のモバイルインターネットユニコーンがあるが、そのうち69社は10~100億米ドル、9社が100~1000億米ドル、1社(Facebook)が2200億米ドルの価値を持つ。同社は17のモバイルインターネットセクターでユニコーン企業を特定したが、時価総額の合計は5750億米ドル(Facebookを除くと3550億米ドル)となる。

このセクターは以下の通り。Facebook(全体の38%)、これに続くのは他のソーシャルネットワーキング(17%)、旅行・運輸(11%)、mコマース(10%)である。メッセージング、ゲーム、ユーティリティ、食料・飲料、音楽、ライフスタイル、エンターテイメントの占める割合はそれぞれ1~10%であるとDigi-Capitalは伝えている。

企業向けモビリティ、アプリストア・配信、テクノロジー、広告、ナビゲーション、写真とビデオ、生産性向上についてはすべて合わせても全体の2%に満たない。

Mobile-Internet-Unicorns-Sector-Value-674x600

そして、ユニコーン企業はアメリカ合衆国で誕生しやすい。Digi-CapitalのマネージングディレクターTim Merel氏は次のように述べた。

もし、セクターごとの分布に差があったとしても驚くことはありません。世界のモバイルインターネットのユニコーン企業において、アメリカ企業の生み出す時価総額は全体の4分の3、全体の企業数の3分の1を占めています。

Merel氏は、「Facebookが存在しなかったとしても、アメリカのユニコーン企業が世界全体の3分の1の時価総額と企業数を誇っています。中国が企業数で第2位(24%)、時価総額でも第2位(10%)です」と付け加えた。

Digi-Capitalによると、モバイルインターネットユニコーンは2015年の最初の3ヶ月で650億米ドル、1日あたりでは7億2500万米ドルの株主価値を上乗せしたという。同社では、モバイルユニコーンを事業の「相当部分」がモバイルインターネットである企業と定義付けしており、ハンドセットメーカー、無線インフラプロバイダー、チップメーカーは除いている。

同社は米国、アジア、欧州のモバイルインターネット、拡張現実、バーチャルリアリティ、ゲームその他のデジタルクライアント企業にアドバイザリー業務を行っている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

Microsoftが着用者の感情を読み取れるメガネの特許を取得

SHARE:

米国特許標商事務所はMicrosoftに対し、見ているものに対する着用者の情動反応を読み取ることができるメガネの特許を許可した。 この特許は、ウェアラブル情動感知反応システムと呼ばれる。 テレビを見ていて急にサッカーが始まれば、姿勢が変化し微笑むかもしれない。このシステムはこうした人の感情変化を見分けることができる。 特許によると、「起動している間にこのデバイスは、センサーで検出された入力値と人や…

Screen-Shot-2015-04-28-at-1.32.28-PM

米国特許標商事務所はMicrosoftに対し、見ているものに対する着用者の情動反応を読み取ることができるメガネの特許を許可した。

この特許は、ウェアラブル情動感知反応システムと呼ばれる。

テレビを見ていて急にサッカーが始まれば、姿勢が変化し微笑むかもしれない。このシステムはこうした人の感情変化を見分けることができる。

特許によると、「起動している間にこのデバイスは、センサーで検出された入力値と人や霊長類の身振り、表現、姿勢、およびスピーチのデータベースとを比較し、対象者の感情を認識する。センサーにおけるインプットデータの解釈が終わると、着用者にフィードバックが返される」という。

Screen-Shot-2015-04-28-at-1.27.09-PM-e1430252912766-800x533

一旦データベースが着用者の感情を認識したら、ユーザの視界には様々な関連のコンテンツが表示される。

これは逆にも機能する。着用者がこのメガネを通し誰かを見ていたら、その人物の感情状態や姿勢、顔の表情を読み取ることもできるのだ。

Screen-Shot-2015-04-28-at-1.22.55-PM-e1430254742624-800x473

つまり、もし着用者がスピーチをしていて、メガネが聴衆の退屈な様子を感知した場合、スピーチに冗談の一つでも盛り込むことを提案されるかもしれない。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

「スマート」衣類は5年以内に1000万着が販売される【調査報告】

SHARE:

私たちが今目にしている様々な身体センサーを伴ったウェアラブル技術が、腕から体の他の場所に移動し始めるのは間違いない。 それはすなわち、センサーが私たちの衣服に出現し始める、ということだ。 ある調査会社はここ10年以内にこの変化が起こると確信している。Tracticaの新たなリポートによると、私たちは2020年までに1000万着の「スマート・衣類」を購入するというのだ。 身体センサー自体は別に目新し…

Image Credit: OMSignal
Image Credit: OMSignal
私たちが今目にしている様々な身体センサーを伴ったウェアラブル技術が、腕から体の他の場所に移動し始めるのは間違いない。

それはすなわち、センサーが私たちの衣服に出現し始める、ということだ。

ある調査会社はここ10年以内にこの変化が起こると確信している。Tracticaの新たなリポートによると、私たちは2020年までに1000万着の「スマート・衣類」を購入するというのだ。

身体センサー自体は別に目新しいものではないが、こういった衣類はこれまでスポーツ競技のごく一部に限られたものだった。スポーツ好きな人たちはセンサーが埋め込まれたシャツやショーツ、スポーツブラ、そしてソックスを使っており、このセンサーが筋肉の動きや呼吸、心拍数などのデータをもたらしてくれる。

またこういったデータの全てを現在のフィットネスバンドやスマートウォッチの類では測定することはできないのだ。数年後には、スマート衣類はこういったスポーツ競技用の用具というよりは、普段使いのものになっていくだろう。

ほんのちょっと前まで、このようなスマート衣類の売上はわずかなものだった。Tractiaのレポートでは、2013年にはたった14万着ほどしか取引されておらず、そのほとんどはスポーツ競技用のものだった。

Tracticaの調査ディレクター、Aditya Kaul氏はその声明の中で「衣類や身体センサーとして着用することで、特定の生体反応を測定して計測できる「スマート・衣類」はウェアラブルコンピューターの最終形態になる」と言及している。

Tracticaによると、身体センサーの出荷量は2013年の300万個から2017年には120万個に減少するものの、2020年には310万個に改めて増加すると予測している。2017年の減少傾向の理由は、幼児や妊娠モニター、ヘッドバンド、姿勢モニター、3次元測定器のような新しいデバイスが新たな波を生み始める前に、心拍計の出荷量が減ると予測していることに基づいている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

VentureBeat選:Apple Watchを手に入れたらまずダウンロードしたい7つのアプリ

SHARE:

Apple Watchを先行予約した多くの人たちは今その到着を辛抱強く待っている(編集部注:原文掲載4月23日)。期待と不安の入り混じった気持ちでUPSの配達を心待ちにしていることだろう。コンピューティングの未来はUPSのトラックのどこかにあるのかもしれないのだ。 ついにApple Watchが到着し、箱を開け、電源を入れる。そして早速自分のiPhoneと同期させたら最初にインストールすべきアプリ…

apple-watch-141

Apple Watchを先行予約した多くの人たちは今その到着を辛抱強く待っている(編集部注:原文掲載4月23日)。期待と不安の入り混じった気持ちでUPSの配達を心待ちにしていることだろう。コンピューティングの未来はUPSのトラックのどこかにあるのかもしれないのだ。

ついにApple Watchが到着し、箱を開け、電源を入れる。そして早速自分のiPhoneと同期させたら最初にインストールすべきアプリは何だろうか? Appleは今や3000以上のWatch用アプリがあるという。だが、その小さなホーム画面はアプリアイコンにとっては貴重なスペースだ。そこで、余計なものに時間をとられずにApp Storeをチェックできるよう、おすすめのアプリをご紹介したい。

以下のリストには簡単すぎるものも含まれているが、それは旅行に出かけた時やレストランに行く時だけでなく、毎日使いたくなるようなアプリを選んだからである。Apple Watchを毎日身につける価値のあるものにしてくれるアプリをちょっとずつダウンロードしたくなることだろう。

このことを念頭に置いて、以下のアプリを試してみてほしい。

Dark Sky

Dark SkyはApple Watchの身につけるデバイスという特長を活かし、よく考えて設計されたアプリの代表である。ほとんどの人が今日の天気がどうなるのか知りたいと思っており、Dark Skyはまさにそれを教えてくれるのだ。重要な天気事象が近づいていた場合、アプリがApple Watchに指示を出し、腕をそっとたたいて知らせてくれる。

メインスクリーンにはこれから1時間の天気、風向き、湿度や視界に関するデータが表示される。右方向にスワイプすると向こう5日間の予報画面に移動する。この画面には最高・最低気温と詳細のまとめ、そして1日を通した時間ごとの天気状況が含まれる。

Screen-Shot-2015-04-23-at-4.02.43-PM

Twitter

Twitterを使ってみれば、このアプリの即時性と簡潔さがウエアラブル端末にぴったりであることに気づくだろう。世の中にはTwitterのスマホアプリは山ほどあるが、Apple Watchの公式アプリはよくデザインされていて使いやすそうだ。ニュースフィードをさっと見るのも簡単で、特定のツイートが入ってきたらApple Watchに軽いタップで知らせてくれるよう設定することもできる。Apple Watchのフェース画面から直接リツイートしたり、お気に入り設定したりもできる。何よりもいいのが、音声入力機能を使ってツイートできることである。

Screen-Shot-2015-04-23-at-3.43.23-PM-800x222

Citymapper

簡単に言えば、このアプリはGoogle Mapやあらゆる公共交通の時刻表を集めて、ユーザをバス、電車、自転車あるいは徒歩で市内の目的地へ誘導してくれるものだ。公共交通やタクシーの利用については料金まで教えてくれる。Apple Watchの触覚フィードバック機能で、重要な瞬間、例えばバスに乗っていて降りたい停留所が近づいている時などに、手首をタップして知らせてくれるアプリだ。

Screen-Shot-2015-04-23-at-3.45.55-PM-300x182

Evernote

このアプリを使うと、Apple Watchでノートの作成・検索および最近の内容を見ることができる。また、自分の近くで作成されたノートや今後のミーティングに関する内容を見ることも可能だ。さらに、iPhoneを取り出さなくてもリマインダーをセットしたり、リストにチェックを入れたりすることも可能。ノートを読み終わり、Apple Watchに入れておきたくなければ、スクリーンをスワイプするとノートをApple WatchからiPhoneに送信できる。

en-applewatch-300x300

NPR One

NPR Oneアプリは選り抜きのニュースを手元に届けてくれる。スマートフォンを使ってApple Watchで再生するニュース記事やテレビ・ラジオ放送の一コマ、またはニュースストリームのプレイリストを作成することができる。Apple Watchで特定の番組を音声認識機能で検索し、記事名や番組エピソードの閲覧や再生など基本的な機能の操作を行うことができる。

Screen-Shot-2015-04-23-at-3.51.00-PM

Strava

Stravaはランニングやサイクリングで最も多く使われている評判のいいスマートフォンアプリだ。Apple WatchではGPS機能については同期させたiPhoneに頼るものの、走行中の高度、平均時速、距離および心拍数などのリアルタイムデータを表示してくれる。区間別データでトレーニングにおける異なる要素の詳細を確認することもできる。また、自己記録を更新するとトロフィーがもらえる。

Screen-Shot-2015-04-23-at-3.53.17-PM

WaterMinder

Waterminderは非常にシンプルなアプリで、人間の健康と幸せにとって基本であり重要なもの、つまり「水を飲むこと」を手助けするアプリだ。このアプリは日中の水分補給を記録し、最新の身体の水分充足レベルを教えてくれる上に、最も重要なこと、つまり水分補給スケジュールを提示し、水を飲む時間が来たことを知らせてくれる。

Screen-Shot-2015-03-09-at-12.40.43-AM

どんなアプリを選ぶべきかは、当然ながらどのようなことを行い、何を必要とするかに大いに左右される。頻繁に旅行に行くなら、飛行機のチェックインアプリをダウンロードしたくなるかもしれない。だが、今回紹介した7つの汎用アプリは、まず最初に試してみるアプリとしておすすめだ。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

VentureBeatライターが選ぶ、企業向けApple Watchアプリ5選

SHARE:

本日はApple Watchの発売日ではないが、すでに3,000以上のApple Watch向けアプリがアプリストアで入手できる(編集部注:原文掲載4月24日)。アプリの大半は一般ユーザ向けだが、企業向けアプリの開発者も増え続けており、様々なアプリを開発している。 以下は私たちが見た中で最も期待できる企業向けアプリだ。 注:以前の総まとめで既に特集しているため、ヘルスケア企業向けのアプリはここで対…

Image Credit: Apple
Image Credit: Apple

本日はApple Watchの発売日ではないが、すでに3,000以上のApple Watch向けアプリがアプリストアで入手できる(編集部注:原文掲載4月24日)。アプリの大半は一般ユーザ向けだが、企業向けアプリの開発者も増え続けており、様々なアプリを開発している。

以下は私たちが見た中で最も期待できる企業向けアプリだ。

注:以前の総まとめで既に特集しているため、ヘルスケア企業向けのアプリはここで対象外としている。

Good Technology

Screen-Shot-2015-04-24-at-12.29.44-PM

企業向けのモバイル端末管理ツールを扱っているGood Technologyが、本日Apple Watch向けアプリを発表した。該当のアプリは同社のGood Work collaboration suiteから派生したものであり、ユーザーは電子メールやカレンダーからの通知を受け取ることができ、どの情報を画面上に表示させるかも選択できる。例えば、アプリ上には電子メールの送信者と件名だけを表示させる、といった具合だ。

Microsoft

applewatchpp-100580430-large

火曜日、MicrosoftはOneNote、PowerPointおよびOneDriveのiOSアプリをApple Watchに対応させるよう、アップデートしたと発表した。最後の2つのアプリに関してはまだ微調整が必要なので触れないでおくが、OneNoteに関しては上手く設計されており、腕時計の位置で使うのにむしろいい。既にMicrosoft Officeを使っている会社員にとって、OneNoteアプリは、口述筆記で新規ノートを作成するのに最適だ。また、手首にあるOneNoteアプリを使って、ノートや他のOneNoteのコンテンツに素早くアクセスできる。

Trello

Trelloには、「コラボレーションとプランニングに関する使いやすさは保障する」というコアなファンの支持層がある。Apple Watchのアプリでは、以下のことができる。

・カードを速やかに追加
・通知の閲覧とコメントの返信
・カードの閲覧と締切日などの基本情報の編集
・締切日の近いカードや最近開いたカードの閲覧
・項目のチェック/アンチェック

Screen Shot 2015-04-30 at 12.31.58

Slack

チームコミュニケーションアプリであるSlackの価値は今や28億米ドルで、今週初めにはApple Watch用アプリを発表した。このアプリでできることは以下の通りだ。

・ダイレクトメッセージを素早く簡単に作成・受信・返信
・未読メンションを把握し、ダイレクトメッセージを介して返信
・ハンドオフ機能をサポート(ウォッチ上で誰かとDMにいる場合、素早く自分の電話を開いて、同じ会話をすることができる)
・チームを切り替える
・自分のチームの何人がオンラインか確認

Screen Shot 2015-04-30 at 12.32.27

MicroStrategy Usher

近距離無線通信(NFC)チップを用いたデバイスで、職場での認証を実現する事例を私たちは目にしてきた。Apple WatchにはNFCチップがあるが、これは固定化されている。しかしMicroStrategyは、NFCチップを使うことなくWatchを職場での認証用に使用する方法を考案した。

UsherはApple Watchを安全性の高いデジタル鍵に変えてしまうことができ、これを身につけている人は企業のシステムへのログイン、デバイスの開錠、個人IDの有効化をしたり、ちょっとした動作やタップで物理的な通行ができるようになる。AppleがNFCチップを開発者に解放してくれた後、Usherのような認証アプリがたくさん出てくるだろう。

Screen Shot 2015-04-30 at 12.38.12

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

日々の生活でどう使う?ーーApple Watchの使い方ビデオが公開される

SHARE:

Apple Watchを購入しようと考えている人向けに、このガジェットが日々の生活でどのように役立つのかがわかるビデオが3本公開されている。アップルがガイドツアーとして公開しているもので、おおよそWatchのメッセージ機能や画面、「デジタルタッチ」コミュニケーションツール群が紹介されている。 さらにWatchを使った通話やマップ、パーソナルアシスタントSiri、音楽、Apple Pay、アクティビ…

applewatch_001
Image Credit: Apple

Apple Watchを購入しようと考えている人向けに、このガジェットが日々の生活でどのように役立つのかがわかるビデオが3本公開されている。アップルがガイドツアーとして公開しているもので、おおよそWatchのメッセージ機能や画面、「デジタルタッチ」コミュニケーションツール群が紹介されている。

さらにWatchを使った通話やマップ、パーソナルアシスタントSiri、音楽、Apple Pay、アクティビティトラッキング、そしてワークアウトなどの詳細な使い方が追加されることになっている。

applewatch_002
Apple Watchのデジタルタッチの使い方をデモしているビデオ Image Credit: Apple

このビデオからアップルが消費者に向けて、Watchがただの電話の追加デバイス以上のものであると説明しようとしているのがわかる。彼らはユーザーの生活においてWatchが小さなワークフローを編み出してくれることになる、ということに気がついて欲しいのだ。ビデオでは、多くの購入者にとって身近な出来事になるであろうこういったことを、デモを通じて説明しようとしている。

applewatch_003
Watchのメッセージング機能のデモ Image Credit: Apple

Watchは4月24日からストアで販売開始。事前予約は4月10日の午前0時(PST)に開始となる。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

UberとLyft、運転手は従業員でなく契約者だという主張は裁判所に納得してもらえず

SHARE:

ライドシェアサービスを展開するUberとLyftはこの日、それぞれ別々の法廷において裁判官の説得に追われた。ドライバーは独立した契約者であり従業員ではないと説得しようとしたのである。 しかし両社は今のところ、その説得に失敗している。最終的な判決が出れば、それは広範囲に影響を与える可能性がある。この2社の財政的な命運だけでなく、「シェアエコノミー」に関わるすべての会社に影響があるかもしれないのだ。そ…

Image Credit: Lyft
Image Credit: Lyft

ライドシェアサービスを展開するUberとLyftはこの日、それぞれ別々の法廷において裁判官の説得に追われた。ドライバーは独立した契約者であり従業員ではないと説得しようとしたのである。

しかし両社は今のところ、その説得に失敗している。最終的な判決が出れば、それは広範囲に影響を与える可能性がある。この2社の財政的な命運だけでなく、「シェアエコノミー」に関わるすべての会社に影響があるかもしれないのだ。そのような会社は現在数多く存在している。

この裁判に関わる2人の裁判官、サンフランシスコ連邦裁判所のアメリカ地方裁判所判事Edward Chen氏とVince Chhabria氏はそれぞれの判決において、裁判官ではなく陪審員がUberとLyftのドライバーについて適切な区分を決定しなければならないと述べた。

UberとLyftのドライバーは契約者と従業員両方の特徴を持ち、どちらかに分類することが裁判官にとって非常に難しかったことが、今回の判決につながったとも言える。

UberとLyftはサンフランシスコで集団代表訴訟の形を求める別々の訴訟にそれぞれ直面している。訴訟は契約者ではなく従業員だと主張するドライバーが起こしており、全ての手当ての支給を受け取る資格があると主張している。

従業員のドライバーだけがガソリン代や車の維持費を含めた費用を払ってもらえることになっている。現状ではドライバーは自腹で費用を払っている。

もし陪審員がUberとLyftのドライバーが従業員であるとの判断をすれば、両社にとっては関連費用の負担がかかる以上の意味がある。ドライバーたちが社会保障制度、従業員給与、雇用保険に対する要求をする端緒となるかもしれない。

Uberはベンチャーキャピタルからすでに40億米ドルを超える資金を調達しており、評価額は約400億米ドルだ。Lyftはそれよりかなり少ないが、Andreessen HorowitzやFounders Fund、その他の投資家から3億3100万米ドルの資金を調達している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------