TechNode

TechNode

TechNode(旧 MOBINODE)は、中国とアジアのスタートアップ起業家、投資家、業界動向を伝えるグループ・ブログ。ソーシャル・メディア、モバイル、Eコマース、位置情報サービス、拡張現実などにフォーカスしている。

http://technode.com

執筆記事

四川省でマイニングセンターが閉鎖、銀行が仮想通貨取引を禁止など——中国ブロックチェーン界週間振り返り(6月16日〜6月22日)

SHARE:

中国当局は、暗号仮想通貨のマイニングと取引の取り締まりを続けている。四川省政府は多数の仮想通貨マイニングセンターを閉鎖させ、中国人民銀行は中国国内の主要銀行に仮想通貨取引業者への資金提供を停止するよう命じた。JD.com(京東)の「618ショッピングフェスティバル(購物節)」では、13万人が2,100万元相当のデジタル人民元を使用した。 仮想通貨のマイニングと取引の停止 四川省政府は6月18日、仮…

Image credit: TechNode/Xuewen Song

中国当局は、暗号仮想通貨のマイニングと取引の取り締まりを続けている。四川省政府は多数の仮想通貨マイニングセンターを閉鎖させ、中国人民銀行は中国国内の主要銀行に仮想通貨取引業者への資金提供を停止するよう命じた。JD.com(京東)の「618ショッピングフェスティバル(購物節)」では、13万人が2,100万元相当のデジタル人民元を使用した。

仮想通貨のマイニングと取引の停止

  • 四川省政府は6月18日、仮想通貨マイニング産業がもたらす電力使用量や財務リスクを調査する中で、26の仮想通貨マイニングセンターの閉鎖を命じた。政府は電力会社に対し、マイニングセンターへの電力供給を停止するよう命じた。この動きは、内モンゴル自治区や新疆ウイグル自治区など、他の人気のあるマイニング拠点での政府による同様の取り締まりに続くものだ。第一財経
  • 中国人民銀行は、国内の主要な金融機関とモバイル決済プロバイダーに対し、店頭での仮想通貨取引の資金調達ルートを削減するよう命じた。中国人民銀行は21日の声明で、中国の主要銀行グループと会合を持ち、ピアツーピアの仮想通貨取引を禁止するよう要請したと述べた。これらの銀行には、中国工商銀行、中国農業銀行、中国建設銀行、中国郵政貯蓄銀行、工業銀行、モバイル決済アプリの「Alipay(支付宝)」などが含まれる。The Block

仮想通貨取引スタートアップ

  • 香港に拠点を置く仮想通貨取引のスタートアップ Amber Group は、1億ドルを調達してシリーズ B ラウンドをクローズした。今回のラウンドには、以前からの投資家である Coinbase Ventures が参加し、China Renaissance、Tiger Brokers、Tiger Global Management、Arena Holdings などの新しい投資家も参加した。その後、個人投資家にもサービスを拡大し、2020年末にはトレーディングアプリを発表している。TechCrunch

ブロックチェーンデータプラットフォーム

  • 中国自動車工業協会(中国汽車工業協会)は6月18日、「中国オートフォーラム(中国汽車論壇)」でブロックチェーン技術を用いたデータプラットフォーム「Vehicle Data Blockchain Platform(汽車大数據区塊鏈平台、略称:VDBP)」を発表した。このプラットフォームは、自動車会社がデータを保存、交換、取引できるようにする。また、企業はこのプラットフォーム上でアルゴリズムを取引することもできる。中国汽車工業協会

デジタル人民元

  • 中国の消費者は、「618ショッピングフェスティバル(618購物節)」の期間中、JD.com(京東)で2,100万元相当のデジタル人民元を使用した。6月1日から始まった18日間のショッピング期間中、13万人が18万件の注文をデジタル人民元で行った。オンライン小売業者は、2020年12月にデジタル人民元の受け入れを開始した。それ以来、45万人以上の消費者がプラットフォーム上でデジタル人民元を使用した。JD.comによると、買い物客の70%は30歳から40歳の年齢層だという。移動支付
  • 中国の2つの銀行が、北京支店のATMで現金とデジタル人民元の交換を可能にした。中国工商銀行は北京の3,000台のATMで、中国農業銀行は北京の中心的なショッピングエリア王府井の10台のATMでこの機能を可能にした。新華金融

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

スマホ買取・販売「愛回収」がNY証取に上場、6月18日のショッピングフェスなど——中国オンライン小売業界週間振り返り(6月17日〜6月23日)

SHARE:

Aihuishou(愛回収)の NASDAQ 上場で、同社の時価総額は23%上昇した。中国の農村部の小売業者に特化したサプライチェーン企業 Huitongda(匯通達)は、香港で IPO を申請した。中国の e コマースプラットフォーム各社が、これまでで最大となる「618ショッピングフェスティバル(618 購物節)」を開催。Amazon は、ギフトを使ってポジティブなレビューを募った中国の3ブラン…

Aihuishou(愛回収)のスマホ買取・販売所

Aihuishou(愛回収)の NASDAQ 上場で、同社の時価総額は23%上昇した。中国の農村部の小売業者に特化したサプライチェーン企業 Huitongda(匯通達)は、香港で IPO を申請した。中国の e コマースプラットフォーム各社が、これまでで最大となる「618ショッピングフェスティバル(618 購物節)」を開催。Amazon は、ギフトを使ってポジティブなレビューを募った中国の3ブランドをブラックリストに登録した。

Aihuishou(愛回収)が IPO、次は Huitongda(匯通達)

  • 中古電子機器販売の Aihuishou(愛回収)は、6月18日にニューヨーク証券取引所に上場した。JD.com(京東)の支援を受けた同社の株価は、上場日に約23%上昇した。財新
  • 中国の農村部の小売業者にサプライチェーンサービスなどを提供している Huitongda(匯通達)は、6月18日に香港での上場を目指して IPO を申請した。主要な投資家には、China International Capital Corporation(中国国際金融)、Citibank、China Renaissance(華興資本)などが名を連ねている。赤字経営ではあるが、2018年に298億人民元(約5,100億円)だった売上高は、2020年には496億人民元(約8,490億円)にまで拡大した。新浪金融
  • 中国のオンライン中古車ディーラー Uxin(優信、Youxin)は、Nio Capital(蔚来資本)と Joy Capital(愉悦資本)から最大3億1,500万ドルの新規投資を調達した。10社以上の主要な投資家は、9ヶ月間の投資の保留に同意している。一方、NASDAQ 上場の同社は、58.com(58同城)、TPG、Warburg Pincus などコンバーチブルノートの保有者と6,900万米ドルの A クラス株式に転換することで合意した。動点科技

618ショッピングフェスティバル(618購物節)

  • 「618ショッピングフェスティバル(618購物節)」では、中国のブランドが好調に推移した。中信証券によると、1億人民元(約17.1億円)以上の売上を上げたブランドのうち、地元ブランドが73%を占めた。中信は、これらのブランドが占める売上の割合を計算していない。小売大手の JD.com(京東)によると、中国のスマートフォンメーカーである Realme(真我)は、売上高が昨年の30倍に急増したという。国内の化粧品ブランド「Perfect Diary(完美日記)」と「Florasis(花西子)」は、化粧品・フレグランス部門の売上高でトップとなった。中信証券
  • 中国のオンライン小売業者の中には、618購物節で過去最高の売上高を記録したところもある。各社の発表によると、JD.com の総取引量は28%増の3,438億人民元(約5.9兆円)、Suning.com(蘇寧)の販売量は昨年比129%増となった。Bytedance(字節跳動)の動画共有アプリ「Douyin(抖音)」は、「好物節」という独自の618バージョンを立ち上げ、ブランドとライブストリーマーを組み合わせて、何千もの期間限定のプロモーションイベントを行っている。Pandaily

Amazon、3つの中国ブランドを営業禁止に

  • Amazon は、ギフトを使ってポジティブなレビューを募った中国の事業者3社を営業禁止した。パワーバンク(外付モバイルバッテリ)の RAVPower、イヤフォンの Taotronics、カメラの VAVA の3ブランドは、良いレビューと引き換えに顧客にギフトカードを提供していたことが発覚し、6月16日に Amazon での販売を禁止された。深圳の電子機器会社 Sunvalley(沢宝)が、この3つのブランドを所有している。南華早報

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

Meituan(美団)が6万人を採用、Alibaba Cloud(阿里雲)の新サービスなど——中国オンライン小売業界週間振り返り(6月10日〜6月16日)

SHARE:

フードデリバリプラットフォームの Meituan(美団)は、大規模な採用計画を発表し、地域グループ購入などの分野への拡大に向けて人員をほぼ倍増させる計画だ。e コマース大手の Alibaba(阿里巴巴)は、国際事業者が独自のライブストリームプラットフォームを立ち上げるのを支援したいと考えている。越境物流企業 Kuajing Haoyun(跨境好運)は、シリーズ A ラウンドで資金調達した。 Mei…

Meituan(美団)の人材募集広告
Image credit: Meituan(美団)

フードデリバリプラットフォームの Meituan(美団)は、大規模な採用計画を発表し、地域グループ購入などの分野への拡大に向けて人員をほぼ倍増させる計画だ。e コマース大手の Alibaba(阿里巴巴)は、国際事業者が独自のライブストリームプラットフォームを立ち上げるのを支援したいと考えている。越境物流企業 Kuajing Haoyun(跨境好運)は、シリーズ A ラウンドで資金調達した。

Meituan(美団)が人材採用

中国のフードデリバリ大手 Meituan(美団)は、地域グループ購入など新しいビジネス分野に進出するため、今年6万人の従業員を新たに雇用する予定だ。この拡大計画により、同社の現在の従業員数はほぼ倍増することになる。Meituan は16日の声明で、エンジニア、カスタマーマネージャー、物流の専門家を採用するつもりだと述べた。ロイター

Alibaba(阿里巴巴)の新しい取り組み

  • Alibaba Cloud(阿里雲)は、中国国外でのライブストリーミングの成長に乗じようと、海外事業者が独自のライブストリーミングプラットフォームを構築するための新サービスを開始した。同部門は、顧客から TikTok を失ったことが報じられた後、2014年以来の遅い成長期を迎えている。動点科技
  • Alibaba(阿里巴巴)の物流部門 Cainiao(菜鳥)は、海南省政府と協力して、サプライチェーンパイロットゾーンにスマート物流インフラを提供する。このコラボレーションにより、1,000以上の加盟店を誘致し、顧客の集荷時間を70秒以下に短縮することを目指す。この動きは、中国政府が海南省を中国最大の自由貿易地域に発展させる計画の一環だ。南華早報

資金調達した企業

  • 越境物流プラットフォーム「Kuajing Haoyun(跨境好運)は、シリーズ A ラウンドの資金調達を完了し、数百万人民元(数千万円程度)を調達した。シンガポールの投資会社 Temasek のプライベートエクイティ部門である Pavilion Capital がこのラウンドをリードし、Mountain View Capital がファイナンシャルアドバイザーを務めた。深圳を拠点とする Kuajing Haoyun によると、同社は現在プラットフォーム上に1,000社の物流パートナーを擁しており、世界中の約36,000社の中小規模越境 EC 販売者と取引を行っている。跨境好運
  • オンライン薬局の Dingdang Kuaiyao(叮当快薬)は15日、2億2,000万米ドルを調達したと発表した。今回のラウンドでは、香港のプライベートエクイティファンド TPG Capital Asia、ヘルスケア投資会社 OrbiMed、プライベートエクイティファンド Redview Capital が投資した。同社は、モバイルアプリを通じてユーザにオンデマンドのドラッグデリバリーサービスを提供している。今回の資金調達に先立ち、5月には18の機関投資家が同社から撤退していた。捜狐
  • ワインの e コマースプラットフォーム「Lady Penguin(醉鵝娘)」は、6月11日にシリーズ A ラウンドを完了し、数百万人民元(数千万円)を調達した。香港の FinTrek Capital(灃途資本)が単独で投資した。36Kr(36気)によると、Lady Penguin は今回の資金をブランディングと、オフラインチャネルの拡大に使用するという。同社は、ワインの月額プランやワイン関連の無料コンテンツをオンラインで提供している。36気

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

仮想通貨マイニングの取締強化、デジタル人民元の試験導入増など——中国ブロックチェーン界週間振り返り(6月9日〜6月15日)

SHARE:

中国各省の地方政府は、5月に政府機関のトップがマイニング取り締まりのハイレベル協議を行った後、仮想通貨マイニングの取り締まりを続けている。今週、青海省、雲南省、新疆ウイグル自治区の地方政府は、内モンゴル自治区と四川省に続いて、新たな取り締まり政策を発表した。中国人民銀行前総裁の Zhou Xiaochuan(周小川)氏は、決済における仮想通貨の将来に悲観的な見方を示した。また、より多くの都市がデジ…

Image credit: TechNode/Xuewen Song

中国各省の地方政府は、5月に政府機関のトップがマイニング取り締まりのハイレベル協議を行った後、仮想通貨マイニングの取り締まりを続けている。今週、青海省、雲南省、新疆ウイグル自治区の地方政府は、内モンゴル自治区と四川省に続いて、新たな取り締まり政策を発表した。中国人民銀行前総裁の Zhou Xiaochuan(周小川)氏は、決済における仮想通貨の将来に悲観的な見方を示した。また、より多くの都市がデジタル人民元の使用を開始し、その中にはデジタル人民元とブロックチェーンを組み合わせた初の試みも含まれている。

仮想通貨マイニングの閉鎖が相次ぐ

  • 中国青海省の当局は、四川省や内モンゴル自治区の地方政府に続いて、仮想通貨マイニングの取り締まりを開始した。青海省の工業和信息化部(日本の経済産業省に相当)は6月9日、現在行われているすべてのマイニング事業の閉鎖、新規事業への許可証の発行停止、マイニング企業への電力などの支援の削減など、一連の規制を発表した。青海省のマイニング活動は、他の省に比べて比較的小規模である。新浪金融
  • 6月9日、中国西部の新疆ウイグル自治区の地域当局は、準東経済技術開発区にあるすべての仮想通貨マイニング企業に対し、同日午後2時までに閉鎖するよう命じた。同開発区には、化石燃料のエネルギーが豊富なため、中国最大級のビットコインマイニング施設がある。The Block
  • 雲南省は6月末までに省内のすべての仮想通貨マイニング事業を調査し、無許可の電力使用を含む違反行為を摘発すると当局が地元メディアに語った。同地域のエネルギー局は、6月12日に地元ニュースの噂を事実であると確認した。適切な許可を得ずに電気を使用していることが判明したマイニング会社は、操業停止を命じられる。科創板電報

仮想通貨の未来

中国人民銀行前総裁である Zhou Xiaochuan(周小川)氏は6月11日、「一部の仮想通貨は効率性が低く、分散化と規制緩和を重視するため、デジタル決済分野に参入する機会を失う可能性がある」と述べた。Zhou 氏は、上海政府や中国人民銀行などが主催する金融フォーラム「第13回陸家嘴フォーラム(第十三届陸家嘴論壇)」でコメントした。Zhou 氏は、中国のデジタル人民元プロジェクトのキーパーソンの一人としても広く知られている。Zhou 氏は、「仮想通貨の分野で主導的な役割を果たしている人々が手っ取り早く利益を得るために参加しているのであれば、それは仮想通貨をデジタル資産のようなものにしてしまうだけで、経済に役立つアプリケーションではなくなってしまう」と付け加えた。財聯社

ブロックチェーンにおける資金調達

中国の国家支援ブロックチェーン構想「Blockchain Services Network(BSN)」を構築した Red Date Technology(紅棗科技)は6月10日、さまざまなグローバル投資家との間で3,000万米ドルを調達するシリーズ A ラウンドを完了したと発表した。動点科技

デジタル人民元の試験導入が増加

中国の雄安新区(編注:河北省に2017年設置された国家級新区)の地元関係者は、政府が運営するブロックチェーンを利用した決済システム「Blockchain Fund Payment Platform(区塊鏈衆合支付平台)」を利用して、労働者にデジタル人民元で支払を行う試験を開始したと発表した。この試験は、中国人民銀行石家荘支店の支援を受けている。政府は、ブロックチェーンシステムでデジタル人民元の試験を行うのは初めてだと述べている。CoinDesk

中国のスマートフォン電子機器メーカー Xiaomi(小米)は12日、北京と上海の厳選された十数店舗でデジタル人民元での支払受付を開始すると発表した。この動きは、両市で行われているデジタル人民元の試験運用を受けてのものだ。小米之家

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

Didi Chuxing(滴滴出行)、米IPOを申請

SHARE:

中国の配車プラットフォーム「Didi Chuxing(滴滴出行)」は10日、IPO を申請した。同社はニューヨーク証券取引所か NASDAQ のいずれかで取引する予定だ。 重要視すべき理由:Didi の時価総額は620億米ドルで、世界で最も価値の高いユニコーンの5つのうちの1つだ。同社の上場は、今年最大の IPO の一つとなる可能性がある。 北京を拠点とするこのスタートアップは、世界最大のモビリテ…

北京にある Didi Chuxing(滴滴出行)のビル
Image credit: TechNode/Coco Gao

中国の配車プラットフォーム「Didi Chuxing(滴滴出行)」は10日、IPO を申請した。同社はニューヨーク証券取引所か NASDAQ のいずれかで取引する予定だ。

重要視すべき理由:Didi の時価総額は620億米ドルで、世界で最も価値の高いユニコーンの5つのうちの1つだ。同社の上場は、今年最大の IPO の一つとなる可能性がある。

  • 北京を拠点とするこのスタートアップは、世界最大のモビリティプラットフォームでもあり、同社の目論見書によると、2021年3月31日までの3カ月間の月間アクティブユーザ数(MAU)は約1億5,600万人となっている。ちなみに、Uber の同時期の MAU は9,800万人だった。

詳細:Didi の IPO 申請では、新型コロナウイルス感染拡大の影響から素早く回復したことが強調されている。3月31日に終了した3ヶ月間の純利益は1億9,600万人民元(約33.6億円)で、前年同期の約40億人民元(約685億円)の純損失から改善された。

  • Didi の今年の第1四半期の売上高は422億人民元(約7,230億円)で、2020年の同時期の数字と比べて倍増している。2020年の収益は1,417億人民元(約2.4兆円)で107億人民元(約1,830億円)の赤字となった。
  • Didi は、IPOで得た資金の30%を国際展開の資金に充てる予定だ。提出書類によると、同社はさらに30%を電気自動車や自律走行などの技術開発に充てる意向だという。
  • Didi は、運営コストを削減するために電気自動車(EV)への取り組みを強化している。昨年11月には、中国の自動車メーカー BYD(比亜迪)と共同で初のEV「D1」を発表した。また、先月には GAC(広州汽車集団)と提携し、自動運転車の開発を進めている。
  • Didi は資金調達額を明らかにしていないが、申請書にはプレイスホルダー金額として1億米ドルを記載している。

背景:Didi は、今後3年間の急速な拡大計画の一環として、海外市場への進出と新しいバーティカル分野への積極的な参入を進めている。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

MissFresh(毎日優鮮)とDingdong Maicai(叮咚買菜)が米IPO申請など——中国オンライン小売業界週間振り返り(6月3日〜6月9日)

SHARE:

中国のオンライン食料品店「MissFresh(毎日優鮮)」と「Dingdong Maicai(叮咚買菜)」がアメリカでの IPO を申請した。短編動画アプリ「Kuaishou(快手)」は、Wechat(微信)を使ったローカルサービスアプリをテストしており、Meituan(美団)や Ele.me(餓了麼)と競合している。オンライン小売 JD.com(京東)とその物流事業が海外進出を進めている。 IP…

Image credit: Missfresh(毎日優鮮)

中国のオンライン食料品店「MissFresh(毎日優鮮)」と「Dingdong Maicai(叮咚買菜)」がアメリカでの IPO を申請した。短編動画アプリ「Kuaishou(快手)」は、Wechat(微信)を使ったローカルサービスアプリをテストしており、Meituan(美団)や Ele.me(餓了麼)と競合している。オンライン小売 JD.com(京東)とその物流事業が海外進出を進めている。

IPO、資金調達、業績発表

  • Tencent(騰訊)が支援するオンライン食料品配送プラットフォーム「MissFresh(毎日優鮮)」は8日、NASDAQ に新規株式公開を申請した。同社はこの資金を、技術インフラの強化、サプライチェーンのアップグレード、小売クラウド事業の展開、マーケティングの拡大に充てる予定だとしている。Goldman Sachs と Tiger Global Management は、北京を拠点とするこの企業の投資家だ。MissFresh は2014年の設立以来、16億米ドル以上を調達している。アメリカ証券取引委員会
  • 中国のフードデリバリアプリ「Dingdong Maicai(叮咚買菜)」は8日、ニューヨーク証券取引所に新規株式公開を申請した。今回の申請は、ソフトバンクが支援する同社が、4月と5月に行われた直近の2回の資金調達ラウンドで10億ドル以上を調達した後に行われた。アメリカ証券取引委員会
  • 中古家電の取引プラットフォームを提供する Caihuoxia(採貨侠)は、Eastern Bell Capital(鐘鼎資本)がリードしたシリーズ A ラウンドで4,500万米ドルを調達した。同社の時価総額は1億4,000万ドルだ。58.com(58同城)が支援するリコマース・プラットフォーム Zhuanzhuan Group(転転)は、この取引後も同社の支配的な投資家を維持する。36気
  • 越境オンライン小売取引のソフトウェアサポートを提供する Dian Xiao Mi(店小秘)は、6月2日にシリーズ B ラウンドを完了し、1億3,500万人民元(約23.2億円)を調達したと発表した。Gaorong Capital がこの資金調達ラウンドをリードした。前回の出資者である GGV Capital(紀源資本)と CDH Investments(鼎暉投資)もこのラウンドに参加した。動点科技
  • JD.com(京東)が支援するオンデマンド食料品配送会社 Dada(達達)は7日、第1四半期の業績を発表した。売上高は前年同期比58%増の16億7,000万人民元(約287億円)、純損失は3倍の7億2,000万人民元(約124億円)となった。達達

Kuaishou(快手)、ローカルサービスに参入

短編動画アプリ「Kuaishou(快手)」は、ローカルサービスを提供する新しい WeChat ミニプログラム(微信小程序)を開始した。ユーザは、レストランの割引やクーポンを発見したり、グループ買い機能を利用したりすることができる。iiMedia(艾媒諮詢 )のリサーチチーフである Zhang Yi(張毅)によると、Kuaishou はフードデリバリーのプラットフォームの Meituan(美団)や Ele.me(餓了麼)と競合しているという。このサービスは現在、長沙、ハルビン(哈爾浜)、深圳でのみ提供されている。Kuaishou の直接の競合である「Douyin(抖音)」は、すでに中国の300都市でローカルサービスを提供している。KrAsia

JD.com(京東)、国際サービスを拡大

  • e コマース大手の JD.com(京東)は、中国南部の深圳とタイのバンコクを結ぶ週3便の貨物チャーター便を就航させた。このフライトにより、タイへの配送時間が48時間以下に短縮される。JD.com は、タイの小売コングロマリットである Central Group との提携により、オンラインショッピングプラットフォーム「JD Central」をタイで運営している。同社の声明によると、JD.com は日用品や小型家電など e コマース商品をタイに出荷している。日経アジア
  • JD Logistics(京東物流)は6月7日、中国とアメリカを結ぶ初の貨物便を就航させた。中国東方航空が運航するこの便は、中国東部の南京からロサンゼルスまで週3回運航される。このフライトにより、貨物は48時間以内に届けられるようになる。JD Logistics CEO の Yu Rui(余睿)氏は、5月28日に行われた JD Logistics の IPO を受けて、JD エコシステムの外にいるユーザが成長の原動力になると期待していると述べていた。京東

オンラインファッション

  • ファッション小売の Mogu(蘑菇街)は、ライブストリーミングからの売上が前年同期比で42%増加した。一方、売上高は24%減の9,100万人民元(約15.6億円)だった。最高戦略責任者の Raymond Huang 氏によると、同社はリストラを行い、ライブストリーミング事業の成長に注力する意向だという。財新
  • オンライン・ファッション・マーケットプレイス「JOOR」は、今年初めに東京とメルボルンに新しいオフィスを開設した後、中国国内初のオフィスを上海に開設した。CEO の Kristin Savilia 氏は、2021年のアジア太平洋を拠点とするブランド各社への卸売量が419%増加したことから、この新しい上海支店により、JOOR はアジア太平洋地域での継続的な拡大が可能になると述べている。TechCrunch

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

四川省のマイナーに退去勧告、各地でデジタル人民元の試験導入など——中国ブロックチェーン界週間振り返り(6月2日〜6月8日)

SHARE:

中国の規制当局は、仮想通貨関連の活動やマイニングの取り締まりを続けている。6月2日、四川省の規制当局は、仮想通貨マイニング企業に対し、9月の雨季終了後に同省から退去するよう指示した。その3日後には、マイクロブログサイト「Weibo(微博)」で、有名な仮想通貨アカウントが次々とブロックされた。一方、中国全土の政府関係者は、国が支援するデジタル人民元を宣伝するために無料でお金を配り、人々にデジタル人民…

200人民元をチャージしたデジタル人民元アプリ
Image credit: TechNode/Jiayi Shi

中国の規制当局は、仮想通貨関連の活動やマイニングの取り締まりを続けている。6月2日、四川省の規制当局は、仮想通貨マイニング企業に対し、9月の雨季終了後に同省から退去するよう指示した。その3日後には、マイクロブログサイト「Weibo(微博)」で、有名な仮想通貨アカウントが次々とブロックされた。一方、中国全土の政府関係者は、国が支援するデジタル人民元を宣伝するために無料でお金を配り、人々にデジタル人民元を採用するように説得しようとしている。

仮想通貨のマイニング

  • 情報筋が Technode(動点科技)に語ったところによると、中国四川省の規制当局は6月2日、同省の仮想通貨マイナーに対して、9月以降に事業を別の場所に移す計画を立てるように指示したという。四川省は内モンゴル自治区に続き、国内で2番目に仮想通貨マイニングを取り締まる主要な拠点となった。動点科技
  • Zhongke Shenglong(中科声龍)の名で知られる中国の企業は6日、Ethereum の新しいマイニングチップをリリースした。このマシンは、ハッシュレートが約65メガハッシュ/秒(MH/s)、消費電力が30ワットとなっている。ハッシュレートは、ブロックチェーンネットワークにおける計算能力の指標だ。北京に拠点を置くこの会社は2009年に設立され、仮想通貨マイニングの新参者だ。同社のウェブサイトによると、チームのコアメンバーは、中国の名門科学機関である中国科学院や清華大学での勤務経験があるという。Wu Blockchain

取り締まりの強化

  • 6月5日、中国のマイクロブログプラットフォーム「Weibo(微博)」で、少なくとも15人の有名な仮想通貨インフルエンサーがブロックされた。この措置は、中国が仮想通貨関連の活動を取り締まっている証拠だと考える人もいる。同プラットフォームは、これらのアカウントが「法令に違反している」と述べ、詳細は明らかにしなかった。この取り締まりは、トレーダー、メディア、マイナー、ウォレットなど、仮想通貨業界のさまざまな分野のアカウントを対象としている。Coindesk
  • 中国の元警察官のグループによって設立されたサイバーセキュリティ企業は、4日の WeChat(微博)の投稿で、中国が今後3ヶ月以内に、仮想通貨に関わる犯罪行為を定義する新しい法律を発行するかもしれないと予測した。この法律には、店頭での仮想通貨取引、プライベート、取引所外での取引活動を規制する特定のセクションが含まれるかもしれない。鏈審科技

ブロックチェーン開発

  • 8日、中国の2つのトップ政府機関が共同で、ブロックチェーン技術とアプリケーションへの支援を強化する指令を発表した。工業和信息化部(日本の経産省に相当)と中央網絡安全和信息化委員会弁公室(サイバースペース管理局)が発表したこの指令によると、政府は業界全体のコンソーシアム・ブロックチェーン、管理されたユーザーグループを持つセミプライベート・ブロックチェーンを設立し、一連の「リーディング・ブロックチェーン企業」と「トップ・ブロックチェーン製品」をインキュベートする計画だという。工業和信息化部
  • 中国のブロックチェーン企業 Nervos は、世界第6位の仮想通貨である Cardano と接続するためのクロスチェーンブリッジを構築している。このブリッジにより、人々は両チェーンのネイティブトークンを互換的に使用できるようになり、中国企業のユーザ数を大きく押し上げると同時に、Cardano の開発者は、DeFi(分散型金融)の成長分野を志向する Nervos の開発ツールにアクセスできるようになる。動点科技

デジタル人民元のさらなる推進

  • 北京と上海の市当局は6月5日、抽選でデジタル人民元を無料配布した。上海では初めての試みとなる。これらの配布は、中国の各都市で行われているデジタル人民元に関する全国的なプロモーションの一環だ。北京では4,000万人民元(約6.8億円)、上海では1,920万人民元(約3.3億円)が住民に提供された。移動支付網)
  • 中国の商業銀行トップ10に入る交通銀行が、海南支店の従業員に給与をデジタル人民元で支払ったと、地元メディアが6月4日に報じた。南部の深圳市にある中国のトップ銀行複数行は、昨年8月から一部の従業員を対象にデジタル人民元を試験的に導入している南国都市網
  • 東北部の沿岸都市である青島市は、デジタル人民元を市内の公共サービスに統合した最初の都市になることを望んでいる。青島市は、政府がデジタル人民元をテストするために選んだ11の都市の一つとして、通勤、買い物、観光チケットの購入などの日常生活でデジタル人民元を使用できるアプリを推進している。鏈聞)
  • 南西部の大都市である成都では、老人ホームのお年寄りにデジタル人民元の使い方を教えている。保険会社トップ10の泰康生命保険が運営する老齢介護施設「泰康之家」は、地域で初めてデジタル人民元を普及させた介護施設のひとつだ。中国メディアは6月2日に同施設を訪れ、高齢者がデジタル人民元で食事代を支払う様子を報じた。中国網

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

食料品地域グループ購入「十薈団」に処罰、美団・拼多多・快手が業績発表など——中国オンライン小売業界週間振り返り(5月26日〜6月2日)

SHARE:

中国の規制当局は、Nice Tuan(十薈団)とKE Holdingsを不公正な商行為で処罰した。JD Logistics(京東物流)とNetEase(網易)は IPO のさまざまな段階にある。Meituan(美団)、Pinduoduo(拼多多)、Kuaishou(快手)は第1四半期の業績を発表し、新たな取り組みについて話し合う。 規制 中国の市場監視機関である国家市場規制総局(SAMR)は5月2…

注文品をピックアップする Meituan(美団)のドライバ
Image credit: TechNode/Coco Gao

中国の規制当局は、Nice Tuan(十薈団)とKE Holdingsを不公正な商行為で処罰した。JD Logistics(京東物流)とNetEase(網易)は IPO のさまざまな段階にある。Meituan(美団)、Pinduoduo(拼多多)、Kuaishou(快手)は第1四半期の業績を発表し、新たな取り組みについて話し合う。

規制

  • 中国の市場監視機関である国家市場規制総局(SAMR)は5月27日、コミュニティグループ購入を中心としたオンライン食料品店のNice Tuan(十薈団)に対し、価格ダンピングと虚偽の宣伝を理由に150万人民元(23万5,000ドル)の罰金を科した。また、5月30日までの3日間、江蘇省での営業停止を命じられた。国家市場規制総局
  • ロイターは5月25日、匿名の情報筋の話を引用して、オンライン住宅会社の KE Holdings に対し、強制的な独占的慣行があったとして調査を開始したと報じた。この調査は公には発表されていない。KE Holdings は、この報道を「フェイクニュース」と呼んで否定した。テンセントが支援する同社は、人気の高い住宅プラットフォーム「Lianjia(鏈家)」と「Beike(貝殼)」を運営している。ロイター

資金調達と IPO

  • オンライン小売業者 JD.com(京東)の物流部門 JD Logistics(京東物流)は、5月28日に香港証券取引所に上場し、1株40.36香港ドル(約570円)で株式公開した。株価は18%以上急騰したがその後下落し、この日は発行価格より3.3%上げて引けた。JD Logisticsの CEO Yu Rui(余睿)氏は、JD のエコシステム以外のユーザが成長の原動力になると期待していると述べた。ロイター
  • NetEase(網易)は、音楽ストリーミング部門 NetEase Music(網易音楽)を香港の株式市場に単独で上場することを計画している。同社はこの子会社の62%を所有しており、今後も支配的なシェアを維持する予定だ。網易

Meituan(美団)

  • Meituan(美団)は5月28日、第1四半期の決算発表で予想を上回った。売上高は前年同期比121%増の370億人民元(約6,370億円)。CEO の Wang Xing(王興)氏は、現在進行中の独禁法調査について、専門の調査チームを設置して投資家の懸念に対応したと述べた。南華早報
  • また、同社は財政上の持続可能性に近づくべく、事業者への課金方法を変更しつつある。これまでは、すべての配達に一律の料金を課していた。新しい料金システムでは、注文が配達距離3キロ以内であれば事業者に請求する料金は少なく、長距離の注文では請求料金を多くすることができると、同社は5月24日の WeChat(微信)の投稿に書いている。動点科技

Pinduoduo(拼多多)

e コマース大手の Pinduoduo(拼多多)は、第1四半期の業績が予想を上回った。売上高は前年同期比239%増の220億人民元(約3,790億円)で、同社の年間アクティブバイヤー数は Alibaba(阿里巴巴)のそれを上回った。グループ購入プラットフォームは、農業製品への支出を増やし、「中国初の農業に特化したインフラを構築する」と会長 Chen Lei(陳磊)氏は述べた。動点科技

Kuaishou(快手)

短編動画ソーシャルアプリ「Kuaishou(快手)」は、国際ブランドが Kuaishou 上で製品販売できるサービスを開始した。同社のe コマース総取扱高は前年同期比で220%増加しているが、ライブストリーミングの売上は伸び悩んでいる。競合の Douyin(抖音)も昨年12月に同様の措置を取ったが、現在の海外商品取扱は限られている。KrAsia

自動運転による配達

オンライン小売の JD.com(京東)と Meituan(美団)は、北京の指定された公道で無人の配達車をテストする許可を地元当局から与えられた。以前は、これらの無人車両は半閉鎖区域でのみ許可されていた。また、自動運転配達車のサイズ、速度、積載能力を管理するルールも発表された。財新

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

一部取引所で仮想通貨のデリバティブ取引が停止など——中国ブロックチェーン界週間振り返り(5月26日〜6月1日)

SHARE:

中国当局がビットコインのマイニング取り締まりを示唆するニュースは、中国の仮想通貨業界に波及し続けている。四川省の当局者は、仮想通貨マイニングの規制を強化するかどうかを決定するための会議を開催する予定だ。一方、仮想通貨取引所は、中国のユーザを一部のサービスから締め出している。取引所の一つ Binance(幣安)は、web サイトの一部ページを中国で使われる簡体字から国外で使われる繁体字での表記に変え…

Image credit: TechNode/Xuewen Song

中国当局がビットコインのマイニング取り締まりを示唆するニュースは、中国の仮想通貨業界に波及し続けている。四川省の当局者は、仮想通貨マイニングの規制を強化するかどうかを決定するための会議を開催する予定だ。一方、仮想通貨取引所は、中国のユーザを一部のサービスから締め出している。取引所の一つ Binance(幣安)は、web サイトの一部ページを中国で使われる簡体字から国外で使われる繁体字での表記に変えた。ある中国政府関係者は、中国のデジタル人民元がイーサリアムのブロックチェーンに接続される日が来るかもしれないと述べた。

仮想通貨マイニングの行方

中国の仮想通貨マイニング業界は、Liu He(劉鶴)副首相率いる5月21日の国務院委員会で命じられたビットコインマイニングの取り締まりを、地元の政府関係者がどのように実行するかを気にしている。

  • 四川省の政府関係者は6月2日に会議を開き、規制を実行する前に、マイニングが地域の水力発電の電力消費に与える影響を検討する。The Block
  • Bitmain(比特大陸)の最新仮想通貨マイニングリグ「Antminer S19」の価格は、それまでの最高値である1万2,000ドルから30%下落した。Alibaba(阿里巴巴)の中古市場でマイニングリグの供給量が増えた。Wu Blockchain
  • 一方、5月29日には、イギリスの仮想通貨マイニング施設が国の送電網を違法に利用しているとして摘発されたという記事が、Weibo(微博)で話題になった。関連するハッシュタグは、本稿執筆時点で2億1,000万回も閲覧されている。
  • 停電やマイニングの取り締まりが発表されたにもかかわらず、中国は世界のビットコインのハッシュレートの70%を占めていると、仮想通貨調査会社 Elliptic は述べている。ハッシュレートとは、ビットコインネットワーク上の計算能力の指標である。新浪金融 このトピックは、Weibo で100万回以上閲覧されている。

高レバレッジな仮想通貨取引がなくなる?

国務院のマイニング取り締まりに関する発表を受けて、仮想通貨取引プラットフォームは中国のユーザへのサービスを遮断し続けており、特に無期限先物契約のようなデリバティブ取引のサービスについては、それが顕著である。

  • 中国国営の新華社通信は、5月29日に高レバレッジの仮想通貨先物取引を批判する記事を掲載した。それによると、これらの契約は投資家にリスクをヘッジしているかのような錯覚を与えているが、変動の激しい市場では「人々に一生分の貯蓄を失わせる」可能性があるという。新華社
  • 中国人ジャーナリストの Collin Wu 氏が5月31日に報じたところによると、Binance(幣安)は web サイトの一部ページを簡体字から国外で使われる繁体字に変更した。中国本土の人々は主に簡体字を使用し、香港や台湾の人々は繁体字を使用している。簡体字ユーザの多くは繁体字を読むことができる。Wu Blockchain
  • 仮想通貨取引所のBitmart(幣市)は、6月3日から中国本土のユーザ向けの無期限先物契約取引を停止すると5月31日に発表した。Wu Blockchain
  • アルトコイン取引で人気のある別の中国の仮想通貨取引所 MXC(抹茶)は、一部地域からの新規ユーザに対して証拠金取引と先物取引を停止する。Wu 氏は、これには中国も含まれるだろうと述べている。Wu Blockchain

デジタル人民元は、ブロックチェーン上で動くようになる

中国証券監督管理委員会科学技術監督局の Yao Qian(姚銭)局長は、5月下旬の講演で、中国のデジタル人民元はイーサリアムのようなブロックチェーンネットワーク上で動き、より良い金融包摂が可能になると述べた。

2018年以前、Yao 氏は中国人民銀行に勤務していた際、デジタル人民元の開発プロジェクト「DCEP(Digital Currency Electronic Payment)」がまだ初期段階の頃に関わっていた。

デジタル米ドルやデジタル日本円がイーサリアムやディエム(編注:Facebook による仮想通貨)などのブロックチェーンネットワーク上で直接動くようになれば、中央銀行は BaaS(blockchain as a service)を使って、仲介者を経ずに中央銀行発行のデジタル通貨を直接ユーザに提供できるようになるだろう。レイヤー化された運用により、中央銀行のデジタル通貨は銀行口座を持たないグループにより良い恩恵を与え、金融包摂を実現できる。(中国証券監督管理委員会科学技術監督局の姚銭局長)

Yao 氏はまた、中央銀行がデジタル人民元に取り組む動機は、人々の金融活動を監視するためではないと述べ、Alipay(支付宝)や WeChat Pay(微信支付)といった人気の高いサードパーティ製デジタル決済アプリがすでに 「すべての取引をリアルタイムで透明化している」と付け加えた。デジタル人民元は、デジタル化のペースに追いつこうとする中国人民銀行の試みである、と Yao 氏は語った。新浪金融

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

JD(京東)売上高4割増、農村部向けEC「Huitongda(匯通達)」IPO検討など——中国オンライン小売業界週間振り返り(5月19日〜5月26日)

SHARE:

e コマースプラットフォームの JD.com(京東)の2021年第1四半期の売上高はウォール街の予想を上回ったが、動画共有アプリ「Kuaishou(快手)」は578億元(約90億円)の純損失を計上した。Alibaba(阿里巴巴)が支援する農村部向け e コマースプラットフォームは、香港での IPO を計画していると報じられている。事業者らは、6月18日の「6.18ショッピングホリデー(購物節)」に…

Huitongda(匯通達)本社
Image credit: Huitongda(匯通達)

e コマースプラットフォームの JD.com(京東)の2021年第1四半期の売上高はウォール街の予想を上回ったが、動画共有アプリ「Kuaishou(快手)」は578億元(約90億円)の純損失を計上した。Alibaba(阿里巴巴)が支援する農村部向け e コマースプラットフォームは、香港での IPO を計画していると報じられている。事業者らは、6月18日の「6.18ショッピングホリデー(購物節)」に向け準備を進めており、Alibaba のプラットフォーム「Tmall(天猫)」への登録数は昨年の2倍に達している。Suning.com(蘇寧)の Retail Cloud(零售雲)が重慶に9,000店舗目をオープンした。

四半期決算

  • e コマース大手の JD.com(京東)は5月19日、2021年第1四半期の純収益が2,032億人民元(約3.5兆円)となり、ウォールストリートの予測を上回り前年同期比39%増となったことを発表した。同社の普通株主に帰属する純利益は36億人民元(約615億円)で、前年同期比で11億人民元(約188億円)増加した。また、JD.com の年間アクティブユーザ数は、3月31日までの12ヶ月間で29%増の4億9,980万人となった。南華早報
  • Bytedance(字節跳動)にとっての短編動画アプリ競合の Kuaishou(快手)は、24日に行われた第1四半期の決算説明会で複雑な結果を示した。第1四半期の売上高は予想をわずかに上回ったが、純損失は前年同期比90%増の578億人民元(約9,870億円)となった。同四半期の e コマース取扱高は、昨年比218%増の1,186億人民元(約2兆円)だった。ブルームバーグ

資金調達と IPO

  • Alibaba(阿里巴巴)が支援する、中国の農村市場に特化したニューリテールプラットフォーム「Huitongda(匯通達)」は、10億米ドルの資金調達を目指して香港での IPO を検討していると報じられている。家電製品の販売から始まった同社は現在、農村部の小売業者がオンラインとローカルの配送サービスを追加できるよう、さまざまなサービスを提供している。Huitongda の他の支援者には、US-China Green Fund(中美緑色基金)、中国国有企業結構調整基金、招商銀行などがいる。ブルームバーグ
  • e コマース大手の Alibaba は、ベトナム最大の民間企業のひとつである食品加工コングロマリット、Masan Group Corp の子会社に4億米ドルを投資し、ベトナムに初進出した。この資金は、投資家コンソーシアムがベトナムの大手スーパーチェーンなどの資産管理持株会社 The CrownX の5.5%の株式を取得する取引の一部である。ブルームバーグ

Alibaba(阿里巴巴)

  • 6月18日に開催される中国の「6.18 ショッピングホリデー(購物節)」を活用しようと事業者が集まり、Alibaba のオンラインマーケットプレイス「Tmall(天猫)」の店舗登録数は昨年の2倍以上に増えた。Tmall 副社長の Yang Guang(楊光)氏は、Alibaba がプラットフォーム上での出店規制を緩和したことが要因だとしている。財新
  • Alibaba 傘下の eコマースプラットフォーム「Taobao(淘宝)」は、5月18日に開催された「2021年 Taobao 出店者会議」で、登録数の多いイベントの宣伝保証、Taobao 大学の無料講座、出店者ツールの割引、物流・配送の特典など、9つの特典を提供する出店者リソースセンターを立ち上げると発表した。また、Taobao は出店者を8つのレベルに分け、レベルが上がるにつれてより充実した特典を提供する。電商報

Suning(蘇寧)

中国の家電・電子機器オンライン販売の Suning.com(蘇寧)は5月18日、子会社の Retail Cloud(零售雲)が全国に9,000店舗をオープンしたと発表した。最も新しい店舗は南西部の大都市、重慶だ。Suning.com によると、Retail Cloud は、低層都市や県レベルの市場にいる事業者と大手メーカーを結びつけ、ビジネスの成長を支援する。同社は今後、Retail Cloud のパートナー店舗をさらに600店舗開設し、中国南西部に合計2,000店舗を展開する予定だ。蘇寧

Beike(貝殼)

  • オンライン住宅プラットフォーム「Beike(貝殼)」の共同創業者兼 CEO 兼 執行役員 Peng Yongdong(彭永東)氏は、先週、創業者で会長の Zuo Hui(左暉)氏が亡くなったのを受けて同社の会長に就任する。Zuo 氏は50歳の若さで亡くなり、死後、Beike の名誉会長に任命された。南華早報
    ロイターは、市場規制当局が Beike を不正競争の疑いで調査を開始したと報じている。同社は25日の声明でこの報道を「フェイクニュース」と断じた。ロイター

Douyin(抖音)

動画アプリ「Douyin(抖音)」は最近、「山竹旅行」という新しい旅行代理店ミニアプリのテストを開始した。チケットの予約やホテルの予約など、提供されるサービスはすべて Douyinの アプリ内で完結する。このアプレットは、消費者向けのオールインワン・プラットフォームへの拡大を目指す Douyin の最新の動きである。Tech 星球

【via TechNode】 @technodechina

【原文】