BRIDGE

beSUCCESS

beSUCCESS

beSUCCESSは、国内企業の海外進出を支援するためのメディア会社で、スタートアップのインタビュー、資金調達の記事など、様々なニュースをハングル/英文で取材し、全世界に韓国のスタートアップのニュースが発表されるように努めています。

http://www.besuccess.com

執筆記事

韓国のグローバルスタートアップアクセラレータSparkLabs、第9期バッチのデモデイが開催

SHARE:

韓国のグローバルスタートアップアクセラレータ SparkLabs は6月28日、ソウル三成洞(サムソンドン=삼성동)の COEX オーディトリアムで、第9期バッチのデモデイと IoT アクセラレータのデモデイを成功裏に終了した。 今回のイベントは、 SparkLabs アクセラレーションプログラム第9期に参加したチームと、2016年10月に発足した SparkLabs の IoT 専門アクセラレー…

韓国のグローバルスタートアップアクセラレータ SparkLabs は6月28日、ソウル三成洞(サムソンドン=삼성동)の COEX オーディトリアムで、第9期バッチのデモデイと IoT アクセラレータのデモデイを成功裏に終了した。

今回のイベントは、 SparkLabs アクセラレーションプログラム第9期に参加したチームと、2016年10月に発足した SparkLabs の IoT 専門アクセラレータプログラム第1期の卒業チームのデモデイで構成され、AI、VR、コネクテッドカー、ヘルスケア、ロボット、農業、環境技術、バイオテクノロジー、EduTech、輸送、物流、シェアリングエコノミーなどの分野で、独自の技術力を認められたチームが参加した。

韓国内外の機関、ベンチャー投資家、業界関係者らが多数参加し、Frank Meehan 氏やイ・ハンジュ(이한주)氏ら、SparkLabs のグローバル共同代表がソウルに集まり、発表チームを直接紹介した。

また、貧困撲滅を目指し、全世界初の P2P マイクロトレンドプラットフォーム「Kiva」を創業した Jessica Jackley 氏、発展途上国の子供たちに教育の機会を提供する NGO「Room to Read」の創業者 John J. Wood 氏、GM のコネクテッドカー部門グローバルイノベーション総括の Kurt Hoppe 氏らが講演に招かれた。

B2Cと生活コマースの分野

  • The Clozet(더클로젯)………ファッション分野の Airbnb を目指すファッションアイテムシェアリングサービス
  • 42………店頭の販売データから顧客、売れ筋商品、在庫販売量などの洞察情報に変換できる小売業者のための分析プラットフォーム

教育と知識共有の分野

  • Test Average(테스트에버리지)………大学入試や各種資格試験など、標準化されたあらゆるテストに適用可能な、効果的な結果評価ソリューション
  • Profound(프로파운드)………全世界のさまざまなビジネスの専門家をつなげ、知識と洞察を提供するビジネススポットコンサルティングマーケットネットワーク
  • Kadho(캐드호)………人工知能と機械学習分野の知識を組み合わせた脳トレカリキュラムの専門企業

自律走行車時代の安全性とセキュリティの分野

  • Fescaro(페스카로)………自律走行車、コネクテッドカーなど、自動車における実際の量産適用可能なセキュリティ技術を開発する、車のセキュリティ専門スタートアップ

デジタルメディアとコンテンツプラットフォームの分野

  • Asian Boss(아시안보스)………アジア全域の最新のニュースやトレンドを世界に伝える
  • Blend(블렌드)………フィルタとステッカーが使え、5分間の音声ショートメッセージを送信できるリアルタイムビデオチャットプラットフォーム
  • Emergent VR(이머전트브이알)………VRのような没入型コンテンツをキャプチャ・共有・検索することができるプラットフォーム
  • 88rising………音楽、ファッション、芸術、食べ物全般を網羅する、ユニークで生気があふれるアジアのカルチャーシーンを伝える先駆的コンテンツプラットフォーム

 

先端技術を活用したロボットの分野

  • Kizbat(키즈뱃)………全世界のロボットマニアをターゲットにした、世界初のオンラインコントロールロボットファイターゲームサービスを提供

現在、SparkLabs はアクセラレータプログラム第10期バッチへの参加を希望するチームを募集している。申込の受付は7月31日までで、詳細はこちらから。

【原文】

【via BeSuccess】@beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------

韓国のP2P金融スタートアップLendit、シリーズBラウンドで約10億円を資金調達

SHARE:

韓国の P2P 金融スタートアップ Lendit(렌딧)はシリーズBラウンドで、Yellowdog、Altos Ventures、Collaborative Fund など韓国内外の VC から合計100億ウォン(約10億円)を資金調達した。 Lendit は2015年3月に設立。2015年4月に Altos Ventures からシードラウンドで15億ウォン(約1.5億円)の出資を受け、これが …

Lendit 代表のキム・ソンジュン(김성준)氏

韓国の P2P 金融スタートアップ Lendit(렌딧)はシリーズBラウンドで、Yellowdog、Altos Ventures、Collaborative Fund など韓国内外の VC から合計100億ウォン(約10億円)を資金調達した。

Lendit は2015年3月に設立。2015年4月に Altos Ventures からシードラウンドで15億ウォン(約1.5億円)の出資を受け、これが P2P 金融スタートアップにとって、韓国初の VC からの資金調達となった。2016年7月にはシリーズ A ラウンドで、Altos Ventures のほか、複数のエンジェル投資家から58.5億ウォン(約5.85億円)の出資を受けた。

Lendit は、融資や投資の全過程をオンラインで自動化する非対面サービスを提供している。独自に開発した審査評価モデル「Lendit Credit Scoring System」により、NICE 信用評価情報(KOSDAQ:030190)から提供される250種類以上の財務データと、ウェブサイト上での行動パターンといった非金融データを分析し、個々の案件に沿った適正金利を算出する。

また、リアルタイム分散投資推奨システムである「ポートフォリオ2.0」を使用し、投資家が投資金額を入力すると、既存の投資トレンドを分析し、予想年間純益と損益率に応じて、節税追求型、バランス投資型、収益追求型の3つのポートフォリオをお勧めしてくれる。

Altos Ventures 代表のキム・ハンジュン(김한준)氏は次のようにコメントしている。

すでに P2P 金融が成熟期に入ったアメリカの市場に照らしてみると、P2P金融企業が発展する上で最も重要なのは、データの分析に基づいたリスク管理だ。Lendit は、過去2年間のローンデータを蓄積し、これを検証して、どこよりも良質のビッグデータを構築しているという点で、投資家の注目を集めた。

Lendit 代表のキム・ソンジュン(김성준)氏は、次のようにコメントしている。

過去2年間で、設立初期に建てた戦略的仮説を検証することができた。これからはより集中して明確な発展を遂げていく時期だと考えている。今回調達した資金をベースに、開発人材と金融専門人材を増やし、R&D にさらに集中して個人信用部門で圧倒的な1位の地位を確立したい。

【原文】

【via BeSuccess】@beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------

韓国のリファラル採用サービス「Wanted」、オークファン・ベクトル・リスクモンスターなどからシリーズBで10億円相当を調達——日本でのサービス展開を本格化

SHARE:

韓国でリファラル採用サービスを提供する Wantedlab(원티드랩)がシリーズ B ラウンドで合計100億ウォン(約10億円)の資金調達を実施した。韓国国内からは、Stonebridge Capital、KTB Network、Colon Investment、SL Investment、KDB 産業銀行(산업은행)、IBK企業銀行(기업은행)、韓国投資証券(한국투자증권)、IBK Truben…

韓国でリファラル採用サービスを提供する Wantedlab(원티드랩)がシリーズ B ラウンドで合計100億ウォン(約10億円)の資金調達を実施した。韓国国内からは、Stonebridge Capital、KTB Network、Colon Investment、SL Investment、KDB 産業銀行(산업은행)、IBK企業銀行(기업은행)、韓国投資証券(한국투자증권)、IBK Truben(IBK-트루벤)の8社が参加、日本からもオークファン(東証:3674)、ベクトル(東証:6058)、リスクモンスター(東証:3768)など東京の上場企業3社が今回の投資に参加した。

Wantedlab が提供するサービス「Wanted(원티드)」は、従来からオフラインで行われていた知人推薦とヘッドハンティングのビジネスモデルをモバイルで実装した。知人を推薦して採用されると、推薦人と採用者の両方に100万ウォン(約10万円)以上の報酬を受け取ることができる。知人同士による人材採用の機会を、共有する線の行動を継続することができるように作ってくれたのだ。

2015年のサービス開始以来、Wanted は Facebook、Amazon Web Services(AWS)、Nexon、SKT など1,000を超える企業顧客を獲得、今年4月からは日本に進出し、楽天や SBI などの大手企業にサービスを提供している。募集は知人間の社会的ネットワークを介し、募集ポジションに適した人を経済的かつ迅速に見つけることができ、従来の広告やコールドコール(飛び込み営業)よりも、説得力をもって伝達できるというメリットがある。最近では、人工知能を活用して6万件以上の採用・不採用データを学習し、求職者と企業の両方に成功率の高いマッチングを提案している。

KTB Network のチーム長であるキム・チョンス(김천수)氏は、次のようにコメントしている。

過去2年間、Wanted は選択と集中により、人材採用と知人推薦のためのモバイルプラットフォームを高度化した。今回のフォローアップ投資を通じて、韓国の内外での爆発的な成長につながるものと期待している。

Stonebridge Capital のシニアチーム長であるオ・ジソン(오지성)氏は、次のようにコメントしている。

Wanted は、広告を中心とし、非効率的な採用市場での企業と求職者にとって、手の届かない部分を攻略してきた。単純な広告を越えて、データをもとにして実際の採用確率が高いマッチングを見つけ出し、これからのゲームチェンジャーになることを期待する。

Wantedlab 代表のイ・ボクギ(이복기)氏は、次のように抱負を明らかにした。

企業は、業界の専門家や社員による人材の推薦を最も信頼しており、実際に推薦による随時採用の割合を増やしている。これからは、ソーシャルネットワーク、人工知能などが採用プロセス全体を革新する。Wanted は東京を皮切りに、世界の大都市に進出していく計画だ。

Wantedlab は2015年9月、KTB Network、Stonebridge Capital、Mirae Asset Ventures Investment からシリーズ A ラウンドで17億ウォン(約1.7億円)を調達している。

【原文】

【via BeSuccess】@beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------

韓国発のホワイトボード・コラボレーションツール「BeeCanvas」開発元、2回目となる資金調達をイギリス系のKingsley Venturesから実施

SHARE:

オンライン・ホワイトボードを使ったコラボレーションツール BeeCanvas(비캔버스) を開発する Osiris Systems(오시리스 시스템즈、旧社名:JOKERPACK)が、Kingsley Ventures から資金調達した。調達額は非公開。Osiris Systems は2015年3月、ハンファ S&C Dream Plus から2.3億ウォンの初期投資を受けている。 Osi…

オンライン・ホワイトボードを使ったコラボレーションツール BeeCanvas(비캔버스) を開発する Osiris Systems(오시리스 시스템즈、旧社名:JOKERPACK)が、Kingsley Ventures から資金調達した。調達額は非公開。Osiris Systems は2015年3月、ハンファ S&C Dream Plus から2.3億ウォンの初期投資を受けている。

Osiris Systems に投資した Kingsley Ventures は、イギリス系の PE / VC である Kinsley Capital Partners により、2016年9月にソウルで設立。今回の調達をリードした Kinsley Ventures 代表のイ・ジョンフン(이정훈)氏は、次のようにコメントしている。

BeeCanvas が、韓国のサービスであるにもかかわらず海外のソフトウェアに匹敵する高いユーザビリティとデザイン的完成度を備えていたことを高く評価した。 今回の出資を受け、サービスを北米・欧州市場に拡大すべくもう少しシャープに設計すれば、海外市場で十分に独歩的な位置を先取りすることができるだろう。

2015年に開催された Skyland Ventures Fest Tokyo に登壇した BeeCanvas のホン・ヨンナム(홍용남)氏

Osiris Systems が開発した BeeCanvas は、オンライン・ホワイトボードを使ったビジュアル作業ツールとして、ファイル、画像、リンクなど、さまざまなフォーマットの情報を一枚のビジュアルキャンバスに記録して共有することができるコラボレーションツールだ。 現在、韓国国内だけでなく、日本、アメリカ、ブラジルなど世界中で5万人のユーザーが BeeCanvas を使用しており、アイデアの記録、チームのコミュニケーション、リモート業務等に活用されている。

Osiris Systems 代表のホン・ヨンナム(홍용남、英語名  Raymond Hong)氏は、次のようにコメントしている。

管理者中心の伝統的な企業向けソフトウェア市場は、実務中心のクラウド SaaS 市場に急速にシフトしている。リモート業務が主要なエージェンシー、フリーランスがクライアントとコミュニケーションする手段は、依然として、電子メール、メッセンジャー、スカイプが全てだ。BeeCanvas がこのような形のリモート作業環境に、独歩的なグローバルなソフトウェアとなれるよう、サービスの高度化と海外進出に勝負をかけたい。

【原文】

【via BeSuccess】@beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------

韓国の美容コマース・スタートアップMemebox、シリーズCラウンドでVC9社から6,000万ドルを追加調達

SHARE:

韓国の美容コマース・スタートアップ Memebox(미미박스)は、シリーズCラウンドで Goodwater Capital(굿워터캐피털) など9つのベンチャー投資会社から6,000万ドルの追加出資を受けた。これにより、Memebox がシリーズCラウンドで調達した資金の総額は、8月10日に調達した6,600万ドルとあわせて、合計1億2,600万ドルとなった。 今回の投資には、Goodwater …

memebox-pony-effect
Memebox の自社ブランド「Pony Effect」

韓国の美容コマース・スタートアップ Memebox(미미박스)は、シリーズCラウンドで Goodwater Capital(굿워터캐피털) など9つのベンチャー投資会社から6,000万ドルの追加出資を受けた。これにより、Memebox がシリーズCラウンドで調達した資金の総額は、8月10日に調達した6,600万ドルとあわせて、合計1億2,600万ドルとなった。

今回の投資には、Goodwater Capital 以外に、Altos Ventures、Cota Capital、Cowboy Ventures、Formation Group、Funder’s Club、Mousse Partners、Pear Ventures が参加。また、Laura Mercier Cosmetics 創業者の Janet Gurwitch 氏が、投資家兼顧問に就任した。

Memebox は今年8月10日、Formation Group のリードにより、Goodwater Capital と Pear Ventures が参加したシリーズCラウンドのファーストグローズで、6,600万ドルを調達している。2014年のシリーズAラウンドでの調達(1,192万ドル)、2015年のシリーズBラウンドでの調達(1,750万ドル)を加えると、シリーズA〜Cラウンドでの累積調達額は1億5,542万ドルに上る。

2012年に設立された Memebox は、化粧品のサブスクリプションサービスでグローバル企業に成長しており、韓国国内の美容製品の流通のほか、I’m Meme、Pony Effect、Bonvivant、Nooni など独自ブランドを開発し発売している。Memebox は、今回調達した資金をもとに、モバイル体験、製品および顧客データの分析、グローバル市場での地位を固めたいと明らかにした。

【原文】

【via BeSuccess】@beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------

韓国のモバイルアプリ解析サービス「WiseApp」、日本語を含む多言語でのサービス提供を開始

SHARE:

韓国とアジア地域のモバイルアプリ統計情報を提供してきた「WiseApp(와이즈앱)」は22日、多言語でのサービス提供を開始したと発表した。 今回、英語、日本語、中国語が追加され、韓国のモバイルアプリ市場の分析が必要な海外の企業や投資家も、韓国国内アプリの使用状況や分析レポートを容易に利用できるようになった。 WiseApp 代表のチャ・ヤンミョン(차양명)氏は次のようにコメントしている。 これまで…

wiseapp_featuredimage

韓国とアジア地域のモバイルアプリ統計情報を提供してきた「WiseApp(와이즈앱)」は22日、多言語でのサービス提供を開始したと発表した。

今回、英語、日本語、中国語が追加され、韓国のモバイルアプリ市場の分析が必要な海外の企業や投資家も、韓国国内アプリの使用状況や分析レポートを容易に利用できるようになった。

WiseApp 代表のチャ・ヤンミョン(차양명)氏は次のようにコメントしている。

これまでのアプリマーケット分析サービスは価格が高く、情報が先進国のものに集中していて、分析力があるIT大企業を対象に提供されていたためアジア地域の中小企業や個人が使うにはハードルが高かった。WiseApp の多国語サービスにより、韓国の市場状況を分析しようとするアジア圏のアプリベンダーなどにも役に立つだろう。

WiseApp は Google Play、Apple AppStore のマーケット情報と、実際のアプリユーザ人口の統計調査結果を無料で確認できるウェブサービスだ。複数の競合アプリを選び、統計推移を比較したり、特定のキーワードで分野全体の推移統計を比較したりできるなど、ユーザが目的に応じて柔軟に活用することが可能だ。

【原文】

【via BeSuccess】@beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------

韓国のホームクリーニングスタートアップWaHome、日本の民泊オーナー向け運用支援サービスを提供するHouseCareを買収

SHARE:

韓国のホームクリーニングスタートアップ WaHome(와홈)は、日本の民泊オーナー向け運用支援サービスを提供する HouseCare を買収したことを13日明らかにした。100%現金による買収で金額は非公開。 WaHome 共同代表のイ・ウンイ(이웅희)氏は、次のようにコメントしている。 HouseCare が WaHome の日本支社として運営される予定で、HouseCare の Justin …

wahome-2016-12-13
イ(의=Lee)氏、Justin Clune 氏、Edward Han 氏

韓国のホームクリーニングスタートアップ WaHome(와홈)は、日本の民泊オーナー向け運用支援サービスを提供する HouseCare を買収したことを13日明らかにした。100%現金による買収で金額は非公開。

WaHome 共同代表のイ・ウンイ(이웅희)氏は、次のようにコメントしている。

HouseCare が WaHome の日本支社として運営される予定で、HouseCare の Justin Clune 代表は、日本支社長の肩書きで仕事することになる。

HouseCare の従業員の雇用もそのまま継承される。今回の買収は、韓国のホームクリーニングスタートアップが、日本の同業スタートアップを買収することで、韓国国外にサービスの範囲を広げたことに意義がある。

HouseCare は2014年10月に Justin Clune 氏が日本で設立したサービスで、日本の Open Network Lab が行った Seed Accelerator Program で、2015年4月に終了した10回目のバッチから輩出されている。

<関連記事>

【原文】

【via BeSuccess】@beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------

家畜疾病管理のためのIoTとクラウドサービス「LiveCare」を提供する韓国uLikeKorea、約1.5億円を調達

SHARE:

家畜疾病管理サービス「LiveCare」を開発する uLikeKorea(유라이크코리아)は、Mirae Asset Venture Investment(미래에셋벤처투자)、Coolidge Corner Investment(쿨리지코너인베스트먼트)から約15億ウォン(約1.5億円)を資金調達した。 uLikeKorea は2012年10月に創業した IoT スタートアップで、2015年9月に…

livecare-2

家畜疾病管理サービス「LiveCare」を開発する uLikeKorea(유라이크코리아)は、Mirae Asset Venture Investment(미래에셋벤처투자)Coolidge Corner Investment(쿨리지코너인베스트먼트)から約15億ウォン(約1.5億円)を資金調達した。

uLikeKorea は2012年10月に創業した IoT スタートアップで、2015年9月にリアルタイム家畜疾病管理監視サービス「LiveCare」をリリースしている。

LiveCare は、温度センサーと PH センサーを組み合わせた経口投与方式のバイオカプセルにより、家畜の地温を体内から直接測定、送信して分析する監視サービスで、収集された各個体ごとの生体情報をリアルタイムで監視し、異常が発見されるとすぐ農家と獣医に通知する。牛の胃の中に入ったバイオカプセルは、その牛の一生涯にわたって機能を維持する。

現在 LiveCare は、牛を対象サービス中であり、今後、豚や鶏など他の家畜にもサービス範囲を拡大する予定である。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------

モバイルセキュリティ・スタートアップのSEWORKS、シリーズAラウンドでSoftbank Venturesなどから約8億円を調達

SHARE:

モバイルセキュリティ専門スタートアップ SEWORKS(에스이웍스)が、82億5,000万ウォン規模(約8億円)のシリーズA投資を受けた。同社は2015年、Softbank Ventures、Qualcom、Qualcom Ventures からの20億ウォン(約1.8億円)を調達。シリーズ A ラウンドとしては、Samsung Ventures Investment(삼성벤처투자로부터)から30…

seworks_featurdimage
Image credit: SEWORKS

モバイルセキュリティ専門スタートアップ SEWORKS(에스이웍스)が、82億5,000万ウォン規模(約8億円)のシリーズA投資を受けた。同社は2015年、Softbank Ventures、Qualcom、Qualcom Ventures からの20億ウォン(約1.8億円)を調達。シリーズ A ラウンドとしては、Samsung Ventures Investment(삼성벤처투자로부터)から30億ウォン(約2.9億円)を調達し、今年に入って、Smile Gate Investment(스마일게이트인베스트먼트)、Wonik Investment Partners(원익투자파트너스)などから追加で52.5億ウォン(約5.1億円)の資金を調達し、シリーズAラウンドをクローズした。

2013年に創業した SEWORKS は、同年 Softbank Ventures と Qualcom Ventures から20億ウォン(約1.8億円)規模のシード投資を受け、本社を韓国からシリコンバレーに移した。

SEWORKS は、今回の投資をグローバルセールスおよびマーケティング活動に使用し、市場シェアを高める計画だ。

<関連記事>

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【原文】

----------[AD]----------

韓国のオンデマンド掃除代行サービス「Miso」、Y Combinatorなどから約2.9億円を調達

SHARE:

韓国のオンデマンド掃除代行サービス「Miso(미소)」が、韓国内外のVCやエンジェル投資家からシードラウンドで31億ウォン(約2.9億円)を調達したと発表した。 Miso は、ウェブやモバイルアプリで掃除のための家事ヘルパーを予約できるサービスで、2015年8月のサービス開始後、Y Combinator の2016年夏バッチ(6月〜8月)に参加している。 16日に発表されたシードラウンドでの資金調…

victor-ching-miso
Miso CEO の Victor Ching 氏
Image credit: beSUCCESS

韓国のオンデマンド掃除代行サービス「Miso(미소)」が、韓国内外のVCやエンジェル投資家からシードラウンドで31億ウォン(約2.9億円)を調達したと発表した。

Miso は、ウェブやモバイルアプリで掃除のための家事ヘルパーを予約できるサービスで、2015年8月のサービス開始後、Y Combinator の2016年夏バッチ(6月〜8月)に参加している。

16日に発表されたシードラウンドでの資金調達には、夏バッチ終了とともに2016年8月に Y Combinator が出資した12万ドルに加え、AddVenture、FundersClub、Sazze Partners、Strong Ventures、Primer などが参加した。また、エンジェル投資家として、Primter 代表の クォン・ドギュン(권도균)氏、Storm8 CEO の Perry Tam 氏、Mino Games CEO の Josh Buckley 氏らが参加した。

Miso 代表の Victor Ching 氏は、次のようにコメントしている。

今回の調達を契機に、単純な掃除だけでなく、生活に便利を与えられるすべてのサービスを提供したい。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------