e27

e27

E27 は、アジアのテクノロジー業界に特化したメディアです。シリコンバレー・スタイルの、コミュニティ主導によるアジアのテクノロジー・イノベーションを牽引したいと考えています。年に一度、アジア最大のテックイベント「Echelon」を主催しています。

http://e27.co

執筆記事

ネオバンクのCrowdo、7億円をプレシリーズB調達——インドネシアで女性起業家向けESG融資プログラムを立ち上げ

SHARE:

<12日午前11時30分更新> マレーシアでのエクイティ投資は閉鎖していない。該当箇所を訂正線で削除。原文(e27)は追って訂正される見込み。 シンガポールに本社を置く中小企業向けネオバンク Crowdo は、プレシリーズ B ラウンドでコンバーチブルノートにより800万シンガポールドル(約6.8億円)を調達した。 この資金調達は、既存株主の Gobi Partners と iVest Capit…

Crowdo 共同創業者。左から: Nicola Castelnuovo 氏、Leo Shimada 氏
Image credit: Crowdo

<12日午前11時30分更新> マレーシアでのエクイティ投資は閉鎖していない。該当箇所を訂正線で削除。原文(e27)は追って訂正される見込み。

シンガポールに本社を置く中小企業向けネオバンク Crowdo は、プレシリーズ B ラウンドでコンバーチブルノートにより800万シンガポールドル(約6.8億円)を調達した。

この資金調達は、既存株主の Gobi Partners と iVest Capital(東南アジアに特化したファミリーオフィス)、SEEDS Capital(シンガポール企業庁 Enterprise Singapore の投資部門)が共同でリードした。

また、Crowdo はシンガポールに拠点を置く Impact Investment Exchange(IIX)から、革新的な「女性向け生計向上債券シリーズ(Women’s Livelihood Bond Series)」の4番目の発行となる WLB4Climate を通じて、デットファイナンスも行った。

今回の新たな資本注入により、Crowdo は十分なサービスを受けていない中小企業向けに ESG(環境、社会、ガバナンス)主導の融資商品を拡大することができる。今月には、女性主導の企業を対象とした新しい ESG 融資商品を発売し、2022年中に単独で最大1,600万シンガポールドル(約13.6億円)の融資を行う予定だ。

Crowdo の CEO 兼共同創業者 Leo Shimada 氏は次のように語っている。

当社の主力商品の1つは、男女平等を推進し、女性の融資へのアクセスを向上させるため、今後数年間で女性主導のビジネスや企業に最大5,000万米ドルの融資を提供する。

Shimada 氏と Nicola Castelnuovo 氏によって2017年に設立された Crowdo は、中小企業の業務をデジタル化して生産性を高め、融資や銀行商品を理解し利用するための2つのオンラインプラットフォームを提供している。

Crowdo はすでに新興国のサービスが行き届いていない中小企業に対応しており、ESG インパクトを考慮した特別仕立ての融資商品で社会的インパクトを高めたいと考えている。(Shimada 氏)

Crowdo は、140万シンガポールドルのシリーズ A ラウンド以来、これまでに1億シンガポールドル(約85.4億円)以上の資金を調達したという。同社は、2021年中に月次収益成長率5倍を記録したという。

Crowdo は、インドネシアで金融サービス機構(Otoritas Jasa Keuangan, OJK)からデジタル融資のライセンスを受けており、また、マレーシアの証券委員会に登録されている。

マレーシアでは、高成長のスタートアップにエクイティファイナンスを提供し、1000万シンガポールドル(約8.5億円)近くのエクイティ投資を促進したが、2021年に閉鎖した

インドネシアでは、デジタルバンク、マルチファイナンス機関、従来型銀行と複数の提携を結び、中小企業の資金調達のために、テック主導の買収・オンボーディングインフラと AI 主導の信用評価技術を提供している。

Crowdo は2020年半ばからグループの黒字化を達成すると自負している。

マッキンゼーのレポートによると、アジア太平洋地域の新興市場において、デジタルバンキングを積極的に利用する消費者の割合は、2017年の54%から2021年には88%に急拡大したそうだ。一方、アジア太平洋の先進国市場の消費者のデジタル導入率は約90%で安定している。

【via e27】 @E27co

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


東南アジアの中古自動車ポータル「Carsome」、シリーズEで2.9億米ドルを調達——時価総額は17億米ドルに

SHARE:

マレーシアの自動車 eコマースのユニコーン Carsome は、シリーズ E ラウンドで2億9,000万米ドルを調達し、時価総額を約17億米ドルに引き上げた。 このラウンドは、Qatar Investment Authority(カタール政府系ファンド)、65 Equity Partners(Temasek Holdings=淡馬錫控股が所有)、Seatown Private Capital Ma…

Carsome 共同創業者の2人。左から:Eric Cheng 氏、Jiun Ee Teoh 氏。
Image credit: Carsome

マレーシアの自動車 eコマースのユニコーン Carsome は、シリーズ E ラウンドで2億9,000万米ドルを調達し、時価総額を約17億米ドルに引き上げた。

このラウンドは、Qatar Investment Authority(カタール政府系ファンド)、65 Equity Partners(Temasek Holdings=淡馬錫控股が所有)、Seatown Private Capital Master Fund(SeaTown Holdings=海鎮控股が運営するクローズドエンド型 PE ファンド)が共同リードした。また、台湾の Mediatek(聯発)、マレーシアの Sunway(双威)、フィリピンの Gokongwei Group(吳奕輝集団)、マレーシアの YTL Group、Taiwan Mobile(台湾大哥大)も共同投資している。

今回調達した資金により、Carsome はマレーシア、インドネシア、タイにまたがる主要市場において、人材、製品、技術、データ機能、インフラ、小売ブランド「Carsome Certified」の地域展開への投資を加速させる予定だ。

Carsome は、CEOの Eric Cheng 氏と Teoh Jiun Ee 氏によって2015年に設立され、車検から所有権の移転、融資まで、エンドツーエンドのソリューションを通じて車の売買体験を再構築し、東南アジアの中古車産業のデジタル化を目指している。

設立以来、インドネシア、タイ、シンガポールに進出している。

同社は、8,000社以上のディーラーと取引し、年間約10万台の自動車を売買しており、全営業所で1,700人以上の従業員を擁しているとしている。

2021年に C2B(Consumer to Business)から B2C モデルへの拡大を目指し、Carsome は「Carsome Experience Center」と呼ばれる B2C 小売センターをマレーシア、インドネシア、タイに少なくとも7つ開設している。

マレーシアにある Carsome Experience Center
Image credit: Carsome

その重要な展開の1つが、2020年8月に開始した「Carsome Certified」だ。この小売ブランドは、大きな事故や躯体、火災や水害がないことを確認するための一定ポイントの検査に合格した高品質の中古車を提供するものである。顧客は Web サイト上で車の内外装を確認し、現在の欠陥のリストや専門家による再調整レポートにアクセスできるほか、試乗の予約も可能だ。

Carsome はまた、自動車購入者や中古車販売業者、特に従来の銀行からローンの承認を得るのが難しい卒業生向けに、数多くの自動車金融サービスを展開している。また、Carsome は、2021年7月、iCar Asia を買収し、ユニコーンになった。9月には、シリーズ D2 ラウンドでさらに2億米ドルを調達し、信用枠で補完すると発表した。

同社は最近、Grab と提携し「Own Your Ride」キャンペーンを開始し、Carsome 認証車を購入すると、マレーシア全土の Grab ドライバーと配送パートナー10万人以上が恩恵を受ける予定だ。このキャンペーンは2022年4月まで続く予定。

同社のプレス声明によると、「営業黒字を達成する予定」だそうだ。ロイターは、Carsome の運用レベルでの収益性が2022年に実現することを示唆した

Carsome は昨年7月、ジャカルタを拠点とする自動車・バイクのオークションサービス「Universal Collection」の全株式を取得している

【via e27】 @E27co

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


2021年に注目を集めた、アジアのメタバーススタートアップ7選

SHARE:

ベトナムのブロックチェーンゲーム開発会社 Sky Mavis が起業からわずか3年でユニコーンになるなんて誰が想像しただろうか? 誰も想像だにしなかった。創業者やその投資家でさえも。 2021年のトレンドは、非代替トークン(NFT)、メタバース、Web3 が確実視された。これらの領域で活動する多くの企業が、人々や投資家の注目を集めた。新型コロナウイルスの感染拡大が世界中で大混乱を引き起こし続ける中…

「Axie Infinity」
Image credit: SkyMavis

ベトナムのブロックチェーンゲーム開発会社 Sky Mavis が起業からわずか3年でユニコーンになるなんて誰が想像しただろうか? 誰も想像だにしなかった。創業者やその投資家でさえも。

2021年のトレンドは、非代替トークン(NFT)、メタバース、Web3 が確実視された。これらの領域で活動する多くの企業が、人々や投資家の注目を集めた。新型コロナウイルスの感染拡大が世界中で大混乱を引き起こし続ける中、これらのバーティカルは引き続き中心的な役割を果たすだろう。

2021年に注目を集めた、NFT / Web3 / Metaverse セグメントの企業リストをお届けする。

SkyMavis(Axie Infinity)

Sky Mavis は2018年初頭、Aleksander Leonard Larsen 氏、Nguyễn Thành Trung 氏、Đoàn Minh Tú 氏、Hồ Sỹ Việt Anh 氏、Jeffrey Samuel Kim Zirlin 氏によって設立された。Axie と呼ばれるデジタルペットを育成、戦闘、取引する NFT ベースの人気 Play-to-Earn(P2E、遊んで稼げる)ゲーム「Axie Infinity」の制作会社だ。

NFT ベースの P2E ゲームは分散型であり、プレイヤーが購入したゲーム内資産を所有し、ゲーム内の活動に対してリアル世界の報酬を生み出すことができる。Axie Infinity は、世界中の十分なサービスを受けていない人々に収入を得る機会を提供することに貢献したと述べている。プレイヤーの25%は銀行口座を持たない人々で、50%はこれまで仮想通貨を使用したことがない。

Axie Infinity は、世界中のプレイヤーを集めており、8月には180万人以上のデイリーアクティブユーザーがプラットフォームにログインしている。Axie Infinity は、日々の取引で3,300万米ドル、総取引額で20億米ドル以上を達成したと発表している。

10月には、Andreessen Horowitz がリードし、Accel Partners と Paradigm も参加したシリーズ B ラウンドで、1億5,200万米ドルを調達した。これは、5月に Libertus Capital のリードで実施された750万米ドルを調達したシリーズ A ラウンドに続くものだ。それ以前には、Animoca Brands、Hashed、Pangea Blockchain Fund、Consensys、500 Startups Vietnam といった複数の支援者から150万米ドルを調達している

Crunchbase のデータによると、Sky Mavis はすでにユニコーンになっている。

<関連記事>

Yield Guild Games Southeast Asia

Photo Credit: YGG SEA

CEO 兼共同創業者 Evan Spytma 氏、共同創業者の Dan Wang 氏と Irene Umar 氏が率いる YGG SEA は、2021年7月に分散型自治組織(DAO)として発足した Yield Guild Games(YGG) の公式サブ DAO である。YGG SEA は、親会社のインフラと資産を活用し、地域に根ざした投資、教育、現場でのサービスを通じて、地域内のコミュニティがメタバースに参加するためのサービスを提供する。

これまで YGG SEA は、タイでの600人以上を含む2,500人以上のプレイヤーや投資家が、さらなる収入源を得られるよう支援してきた。YGG SEA は、2022年までに顧客数を約10,000人に増やすことを計画している。

YGG SEA は12月、2回のラウンドで1,500万米ドルの資金調達を発表した。8月に実施されたシードラウンドは、親会社の YGG と Infinity Ventures Crypto がリードした。11月に実施された追加の資金調達は、Crypto.com Capital、Animoca Brands、MindWorks Ventures、Poloniex、Jump Capital、Sembrani Kiqani by BRI Ventures がリードした。。

<関連記事>

Sipher

Image credit: Sipher

ベトナムの著名な起業家 Nguyen Trung Tin 氏(現 CEO)によって設立された Sipher は、最先端のブロックチェーン技術、アートワーク、ストーリーテリング、マルチプレイヤーゲームと分散型金融技術(DeFi)の連携を目指している。そのビジョンは、新しい世界、キャラクター、派閥が登場させることで、プレイヤーを魅了し続け、何年も飽きさせない広大な世界を創造することだ。

Sipher は、人々がゲーム内で過ごした時間に応じて報酬を得ながら楽しく遊べるようなエコシステムを構築することを意図している。また、ゲーム内資産の所有権をコミュニティに提供し、ゲーム業界の成長と成功に直接貢献することを目指している。

Sipher は10月、Arrington Capital、Hashed、Konvoy Ventures が共同リードした680万米ドルの資金調達ラウンドのクローズを発表した。このラウンドには、Defiance Capital、Signum Capital、Dragonfly Capital、CMT Digital、BITKRAFT Ventures、Delphi Digital、Alameda Research、Fenbushi Capital、Sfermion、Hyperchain、GBV、Kyber Network、Coin98 Ventures、YGG、Merit Circle も参加した。

GuildFi

Image credit: GuildFi

GuildFi は、メタバースの複雑なジグソーパズルを繋ぐエコシステムの構築を目指すタイのスタートアップだ。ゲーム、NFT、コミュニティをつなぐ Web3 インフラを開発し、プレイヤーの利益を最大化し、メタバース全体の相互運用性を可能にする。

GuildFiは 、以下のような新機能を開発することを検討している。

  • GuildFi ID:このメタバースの ID で、メタバース全体でプレイヤーの達成度や足跡を追跡するレベルシステムが組み込まれている。プレイヤーはエンゲージメントポイントとランキングを受け取り、それに応じた報酬を得ることができる。
  • Game Discovery:プレイヤーはキュレーションされたゲームを発見し、ゲームクリエイターはゲームのローンチに向けて適切なプレイヤー層を発見することができる。
  • Proof-of-Play Rewards:生涯の活動を分析し、NFT キャンペーンへの割り当てやトークンによるボーナス利回りなど、適切な利益を提供することにより、あらゆるゲームでの Play-to-Earn を可能にする。
  • Metadrop Launchpad:プレイヤーのランクによって割り当てが決まる、パートナーからの特別な NFT とトークン案件を提供する。
  • GameFi ツール群:例えば、奨学金管理、毎日の SLP シェア、PvP シミュレーション、チームステータス、カードエクスプローラーなどの機能を持つ Axie Infinity ツールキットのようなゲームツールを提供し、プレイヤーのパフォーマンスを向上させる。
  • 奨学金ポータル:GuildFi やギルドパートナーから提供される組込み型奨学金プログラムを提供し、Play-to-Earn ゲームへの参入障壁を下げ、世界のどこにいるプレイヤーにも機会を解放する。

このミッションを達成するため、GuildFi は世界中のゲームクリエイターと協力し、適切なプレイヤーを特定して魅了するとともに、ゲーム内資産への投資やキャンペーンの協力を通じて、ゲームのローンチを成功させ、健全な成長を実現するための支援を行う。

GuildFi は11月、シンガポールに拠点を置く暗号資産ファンド DeFiance Capital と韓国のアーリーステージ VC Hashed の共同リードにより、600万米ドルのシードラウンド調達をクローズした。このラウンドには、Pantera Capital、Coinbase Ventures、Alameda Research、Animoca Brands、Dapper Labs、Play Ventures、SkyVision Capital、Coin98 Ventures、およびその他の有名投資家も共同投資している。

OFF

「MYTY」
Image credit: OFF

OFF は、Jinwoo Park 氏(韓国の暗号資産投資会社 Hashed の共同創業者)を含む3人の仮想通貨ビジネス出身者によって共同設立された。

OFF の目標は、アバターベースのマイクロバースためのオープンなエコシステムを作ることであり、その最初の製品は、「MYTY」と呼ばれる NFT ベースのソーシャルメタバースプラットフォームである。

MYTY は分散型ソーシャルプラットフォームで、人々は NFT アバターを使って物理的な世界の制限から逃れることができる。アプっり「MYTY Camera」は、CryptoPunks の NFT をアバターに変換する。これにより、ユーザは Discord、Zoom、その他のウェブカメラベースのアプリケーションで、自分の NFT アバターのビジュアルとして表示されるようになる。

OFF は現在、SuperRare のトップアーティスト MrMisang 氏と共同でデザインした NFT アバターコレクションの第一弾「Ghosts Project」を制作している。Ghosts Project は、MrMisang のオリジナルシリーズ「Modern Life is Rubbish」の前編で、フェイストラッキングとモーショントラッキングに最適化されている。うなずく、手を挙げる、さまざまな感情表現など、MYTY のアバターフルボディトラッキングの能力をフルに発揮できるよう設計されている。

GhostsProject は現在、Twitter と Discord のコミュニティを構築し、NFT アバターの販売を計画している。Ghosts は、販売後も MYTY Camera がサポートする予定だ。

OFF は11月、Hashed と Collab+Currency の共同リードよる350万米ドルのシード資金調達を発表した。このラウンドには、BITKRAFT Ventures、Electric Capital、Coinbase Ventures、SamsungNEXT も参加した。

Fantico

Image credit: Fantico

Fanticoは、インド市場向けに著名な映画、アーティスト、ミュージシャン、スポーツに対応したデジタルコレクティブル・プラットフォームを提供している。シンガポールに拠点を置く総合メディア・エンターテインメント企業 Vistas Media Capital のポートフォリオ企業で、VistaVerse と呼ばれる独自バージョンのメタバースを構築している。

VistaVerse は、仮想土地、ブロックチェーンゲーム、キュレーションされたユーザ生成体験、NFT マーケットプレイスで構成されている。インドのトップセレブリティによるものなど、プレミアムにキュレーションされた体験が今後数カ月で開始される予定だ。

マーケットプレイスはすでに開始されており、仮想通貨と非仮想通貨の両方のユーザに焦点を当て、両方のセグメントの興味をそそるようなマーキーアイテムを提供している。

Fantico は、映画、音楽、ゲーム・リソースなどの親会社のコンテンツを活用し、体験優先のアプローチを構築する予定だ。

Fanticoは12月、Animoca Brands から非公開の資金調達ラウンドで非公開額を調達した。このラウンドには、シンガポール銀行のテクノプレナー向けセグメント責任者兼マーケット責任者(南アジア・中東担当)の Hemant Tucker 氏などの個人も参加している。

Cosmic Guild

Image credit: Cosmic Guild

Cosmic Guild は、ゲーマーによるP2E(Play-to-Earn)コミュニティだ。このスタートアップは、プレイヤーにインセンティブを与えるために、Axie Infinity で奨学金を実施している。設立1ヶ月のこのスタートアップは、利回りの最大化とコミュニティの構築に焦点を当てた分散型自律組織(DAO)として運営されている。

現在、コミュニティ優先のガイドは600人以上の奨学生に NFT 資産を提供し、その収益をより多くの Axie の繁殖と奨学生プールの拡大に再投資すると言われている。

Cosmic Guild は、P2E ゲームが複雑化し、スキル要件が増えると考えている。どのゲームでもメタは時々刻々と変化し、マネージャーもプレイヤーも常に戦略を練り直し、資本を投下することが求められるのだ。

その結果、Cosmic Guild は、NFT を使用してプレイし、ゲームの利回りを得ることができるギルドメンバーに貸し出される仮想通貨ゲームの NFT ゲーム資産のポートフォリオを保持している。

同社は12月、Binance(幣安)の VC およびインキュベーション部門 Binance Labs(幣安実験室)のリードで、150万米ドルのシード資金を調達した。共同投資家には、DeFiance Capital、Alameda Research、Play Ventures などがいる。

【via e27】 @E27co

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


アジアの総合格闘技興業ユニコーンOne Championship、リアリティショーやeスポーツにも進出

SHARE:

アジアの総合格闘技(MMA)プロモーターで、スポーツメディアを所有する One Championship は、1億5,000万米ドルの資金調達ラウンドをクローズした。カタール投資庁と、Guggenheim Partners の資産管理・投資顧問子会社 Guggenheim Investments がこのラウンドを共同リードした。 調達した資金により、シンガポールを拠点とする One Champio…

Image credit: One Championship

アジアの総合格闘技(MMA)プロモーターで、スポーツメディアを所有する One Championship は、1億5,000万米ドルの資金調達ラウンドをクローズした。カタール投資庁と、Guggenheim Partners の資産管理・投資顧問子会社 Guggenheim Investments がこのラウンドを共同リードした。

調達した資金により、シンガポールを拠点とする One Championship は、リアリティショーやライブファイト、e スポーツトーナメントなどのエンターテインメント事業など、提供するコンテンツの多様化を図ることができる。 アジア以外への拡大戦略の一環として、同社は、ライバルである Ultimate Fighting Championship の本拠地であるアメリカ市場への進出を視野に入れている。

One Championship は6月、Sequoia Capital、Iconiq Capital、Temasek から3億4,600万米ドルを調達したばかりだ。Financial Times は、この調達によって One Championship の評価額が10億米ドルに達したと報じている。VentureCap Insights のデータによると、Temasek と Sequoia が今月初め、1億7,900万米ドル相当のコンバーチブルノートを株式転換したと報じられている。

One Championship は、Group ONE Holdings が所有・運営し、ハーバード大学を卒業した起業家で生涯武道家の Chatri Sityodtong 氏が2011年に設立した会社だ。現在までに、150カ国以上、27億人以上の観客にスポーツ番組を放送してきたという。

リアリティーショー「The Apprentice」の出演者と、One Championship CEO の Chatri Sityodtong 氏(中央)
Image credit: One Chamipionship

One Championship は最近、新型コロナウイルスの感染拡大による逆風に対処するため、テレビのリアリティショーに進出、「The Apprentice」の第1シーズンの放映を開始した。また、2022年第1四半期に Netflix で「ONE Championship Edition」を配信した。

さらに、eスポーツにも進出している。今年初めに放送した「ONE E-sports Dota 2 Singapore Major」は、2億7,400万人の視聴者を集めた。同社は、ソーシャルメディア、アスリート関連のストーリー、NFT(非代替トークン)などのデジタルマーチャンダイジングを通じて、新しい視聴者を魅了する計画だ。

Bussiness Times によると、One Championship は今年、前年の8,350万米ドルの赤字から一転して、3億4,060万米ドルの黒字を計上したとのことだ。しかし、この現象は、2020年に設立された Group ONE のアメリカ子会社への知的財産権の売却による4億米ドルの収益が原因であるという。

Verified Market Research が最近発表したレポートによると、世界のスポーツオンラインライブビデオストリーミング市場規模は2020年に181億米ドルで、2028年には873億米ドルに達し、2021年から2028年の期間に CAGR(年平均成長率)は21.26%に達すると予測されている。

【via e27】 @E27co

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


「Axie Infinity」ユーザに奨学金提供「Cosmic Guild」、Binance(幣安)リードで150万米ドルをシード調達

SHARE:

ゲーマーの Play-to-earn(P2E)コミュニティ「Cosmic Guild」は、 Binance の VC 兼 インキュベーション部門「Binance Labs(幣安実験室)」がリードしたシードラウンドで150万米ドルを調達した。共同投資家には、DeFiance Capital、Alameda Research、Play Ventures などがいる。 この資金調達により、Cosmic …

Image credit: Cosmic Guild

ゲーマーの Play-to-earn(P2E)コミュニティ「Cosmic Guild」は、 Binance の VC 兼 インキュベーション部門「Binance Labs(幣安実験室)」がリードしたシードラウンドで150万米ドルを調達した。共同投資家には、DeFiance Capital、Alameda Research、Play Ventures などがいる。

この資金調達により、Cosmic Guild はゲームをプレイする際に奨学生に対してより多くのゲーム用非代替トークン(NFT)を貸し出すことができるようになる予定だ。また、Cosmic Guild は、「Binance スマートチェーン」または「Binance エコシステム」でローンチするゲームによって、ゲームポートフォリオを拡大する予定だ。

同社は、Medium に投稿した記事で次のように述べている。

今回調達した資金は、NFT に存在する利回りを生むデジタルゲーム資産への投資と、Cosmic Guild が運営する奨学金プログラムの拡大に使用される予定だ。我々は今後 Axie Infinity の奨学金プログラムを引き続き拡大する予定で、また、すでに奨学金プログラム「Pegaxy」をローンチした。

Cosmic Guild は、ベトナムの P2E ユニコーン Sky Mavis が所有する「Axie Infinity」で、プレイヤーにインセンティブを与えるために奨学金制度を実施してきた。現在までに、同社は600人以上の奨学生に NFT 資産を提供しており、収益をより多くの Axies(Axie Infinity のユーザ)と奨学生の拡大に再投資するとされている。

Cosmic は GameFi と Play-to-earn の領域で成長を続け、提携するゲームを積極的に探し、奨学金プログラムを拡大していく。(同社)

設立から1ヶ月目の Cosmic Guild は、歩留まりの最大化とコミュニティの構築に重点を置いた分散型自律組織(DAO)として運営されている。

同社は、P2E ゲームは今後、複雑さとスキル要件が増加すると考えている。すべてのゲームでメタは時々変化し、マネージャーとプレイヤーの両方に、戦略を再考し、絶えず資本を展開することを要求する。その結果、Cosmic Guild は、ギルドメンバーに貸し出された仮想通貨ゲームの NFT ゲーム資産のポートフォリオを保有し、NFT を使ってプレイし、ゲームの利回りを稼ぐことができる。

我々の使命は、異なる社会を越えて個々のゲーマーに力を与え、ゲーマーとして集まり、単に稼ぐためにプレーするだけでなく、楽しむためにプレーし、意味のある友情を形成し、メタバースで一緒に楽しむことだ。(Kenneth Lee 氏)

【via e27】 @E27co

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


貿易立国の日本に照準、ブロックチェーンでL/Cをデジタル化「Concuer」がTISらから資金調達

SHARE:

シンガポールに拠点を置くデジタル貿易金融ネットワーク「Contour」は、日本の TIS インテック・グループが同社に出資したと発表した。この取引の他の詳細は未公表だ。しかし、DealStreetAsia のレポートによると、Citi Ventures やバンコク銀行を含む複数の地域および世界の貿易銀行もこのシリーズ A エクステンションラウンドに参加し、その金額は490万米ドルとされている。 今…

Image credit: Contour

シンガポールに拠点を置くデジタル貿易金融ネットワーク「Contour」は、日本の TIS インテック・グループが同社に出資したと発表した。この取引の他の詳細は未公表だ。しかし、DealStreetAsia のレポートによると、Citi Ventures やバンコク銀行を含む複数の地域および世界の貿易銀行もこのシリーズ A エクステンションラウンドに参加し、その金額は490万米ドルとされている。

今回のラウンドは、日本の三井住友銀行、台湾の CTBC(中国信託商業銀行)、イギリスの HSBC(香港上海銀行)、バンコク銀行、フランスの BNP パリバ、スウェーデンの SEB(スカンジナビア・エンスキルダ銀行)が参加した Contour の前回のシリーズ A ラウンド(1,341万米ドルを調達)に続くものだ。

12月13日に発表された声明の中で、Contour は、シリーズ A+(エクステンションラウンド)の資金調達は、25カ国の13の銀行をカバーするネットワークのさらなる採用をサポートすると述べている。また、シンガポールを拠点とするイノベーション・ラボを拡大し、現在のデジタル化されたL/C(貿易信用状)サービス以外の貿易金融商品も提供する計画だ。

Contour は来年、社内の開発チームを倍増してこの拡大を支援するとともに、グローバルな人材プールを拡大する意向だ。

今回の投資により、貿易エコシステムにおける障壁を簡素化して取り除き、経済的、環境的、社会的に持続可能な産業とすることで、貿易金融の新しいグローバルスタンダードとなるという当社のビジョンの実現にますます近づいている。(Contour CEO の Carl Wegner 氏)

2020年に設立された Contour は、エンタープライズブロックチェーン技術を応用し、分散型デジタル貿易金融プラットフォームでバイヤー、サプライヤー、銀行を結びつけている。

L/C の取得は、重い事務処理、高い管理コスト、非効率性、資金調達の障壁などにより、時間がかかると思われがちだ。Contourの主な目的は、L/C プロセスの管理を簡素化し、デジタル化することだ。貿易取引に関わる紙ベースの書類を減らし、決済にかかる時間を大幅に短縮することができる。

日本は、商品、大型機器、自動車など、貿易金融商品に大きく依存するセクターの貿易量が多いため、Contour が足場を固めるために重要な市場の一つであると言われている。

【via e27】 @E27co

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


デジタルアート収蔵サービス「Fantico」運営、Animoca Brandsから資金調達——インド向けメタバース構築へ

SHARE:

プレミアムライセンスデジタルコレクタブルプラットフォーム「Fantico」は、香港に拠点を置くテックユニコーン Animoca Brands から非公開のラウンドで資金調達した。調達金額には明らかにされていない。 このラウンドには、シンガポール銀行のテクノプレナー分野責任者兼市場責任者(南アジア・中東担当)の Hemant Tucker 氏などの個人も参加している。 今回調達した資金は、クリエイタ…

Fantico CEO の Abhayanand Singh 氏
Image credit: Vistas Media Acquisition Company

プレミアムライセンスデジタルコレクタブルプラットフォーム「Fantico」は、香港に拠点を置くテックユニコーン Animoca Brands から非公開のラウンドで資金調達した。調達金額には明らかにされていない。

このラウンドには、シンガポール銀行のテクノプレナー分野責任者兼市場責任者(南アジア・中東担当)の Hemant Tucker 氏などの個人も参加している。

今回調達した資金は、クリエイター、デザイナー、開発者のためのプラットフォームの構築のほか、愛好家が自前のメタバースをローンチしたり、NFT 資産を作成したり、事前定義された世界要素にアクセスできるようにしたりするのに使用される予定だ。

Fantico は、インド市場向けに有名な映画、アーティスト、ミュージシャン、スポーツなどのデジタルコレクティブル・プラットフォームを提供している。シンガポールに拠点を置く総合メディア・エンターテインメント企業 Vistas Media Capital の出資先で、VistaVerse と呼ばれる独自のメタバースを構築している。

VistaVerse は、仮想土地、ブロックチェーンゲーム、キュレーションされたユーザ生成の体験、NFT マーケットプレイスで構成されている。インドのトップセレブリティによるものを含む、プレミアムなキュレーションされた体験で、今後数ヶ月のうちにローンチされる予定だ。

マーケットプレイスはすでに開設されており、仮想通貨と非仮想通貨の両方のユーザベースに焦点を当て、両方のセグメントの興味をそそるようなマーキーアイテムを用意している。このメタバース企業は、映画、音楽、ゲームなどの親会社のコンテンツを活用し、体験第一のアプローチを構築する予定だ。

Vistas Media Capital の最高戦略責任者 Dhruv Saxena 氏は、次のように述べている。

Web3.0 と GameFi の魅力を活かして、この分野の初心者に親近感を持ってもらい、責任を持ってこれを構築していきたい。

Animoca Brandsの執行会長兼共同創業者 Yat Siu 氏は、次のようにコメントしている。

我々の目標は、文化的に多様で包括的なオープンなメタバースを作ることだ。Vistas Media Capital とそのポートフォリオ企業が築いたレガシーで武装した Fantico は、より広範なメタバースエコシステムを豊かにする豊富なインド文化を活用できるだろう。

Vistas Media Capital は、シンガポールを拠点とするコンテンツメディアとエンターテインメントの投資持株会社だ。主な事業は、インド(複数言語)からハリウッドまでの映画やシリーズのコンテンツ制作と配給、アニメーションと VFX、ゲーム、メディアテクノロジー、OTT プラットフォーム、ライブエンターテイメントイベント、デジタルメディアマーケティングなどだ。

【via e27】 @E27co

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


東南アジアのeコマースイネイブラーaCommerce、タイ証取へのIPOを申請

SHARE:

e コマースイネイブラーの aCommerce が、本国タイで新規株式公開(IPO)を申請したと、複数の報道機関が伝えている。同社は、タイ証券取引所(SET)のメインボードに株式を上場する予定で、最大で40%の株式を売却する予定だ。上場すれば、aCommerce はタイで株式公開する最初のテックスタートアップとなる。 「CEO の Paul Srivorakul 氏と彼のチームにとって、主幹事銀行…

共同設立者兼グループ CEO Paul Srivorakul 氏
Photo credit: aCommerce

e コマースイネイブラーの aCommerce が、本国タイで新規株式公開(IPO)を申請したと、複数の報道機関が伝えている。同社は、タイ証券取引所(SET)のメインボードに株式を上場する予定で、最大で40%の株式を売却する予定だ。上場すれば、aCommerce はタイで株式公開する最初のテックスタートアップとなる。

「CEO の Paul Srivorakul 氏と彼のチームにとって、主幹事銀行であるサイアム商業銀行とのロードショーが始まる」と、あるロイターの特派員は LinkedIn の投稿で述べている。上場は、将来の収益に対する投資家の意欲を試すものでもある。同社は2018年以降、赤字を計上している。2021年1~9月期には、売上高63億バーツ(約210億円)に対し4億9,200万バーツ(約17億円)の損失を計上した。

2013年5月に設立された aCommerceは、パフォーマンスマーケティング、チャネルマネジメント、Web ストアの設計と運用、コンテンツ制作、受注処理と倉庫管理、配送と物流、ローカライズされたカスタマーケアなどのeコマーステクノロジーとソリューションを提供している。

サムスン、ユニリーバ、ネスレ、ロレアル、フィリップス、マースなど、260以上のブランドと提携。1,200人以上のスタッフを擁する aCommerce は、シンガポール、インドネシア、タイ、マレーシア、フィリピンにオフィスとフルフィルメントセンターを構える。2020年1月、同社は Indies Capital Partners から1,500万米ドルを調達した。このラウンドは、2019年7月に KKR を含む既存株主から1,000万米ドルの調達ラウンドを実施してから約半年後に行われた。

これまでに aCommerce は、複数のラウンドを経て1億1,880万米ドルを調達している。その他の支援者は、Emerald Media、BlueSky、DKSH、Inspire Ventures、Sinarmas、NTTドコモ である。同社は2018年9月に初めて、2020年に IPO を申請する計画を発表し、シンガポール証券取引所(SGX)または SET への上場を検討していた。

<関連記事>

【via e27】 @E27co

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


香港のフィンテックユニコーンWeLab、インドネシアでデジタルバンク設立に向け現地銀行Jasa Jakartaを買収

SHARE:

香港に本社を置くフィンテックプラットフォーム「WeLab」は、インドネシアで50年の歴史を持つ商業銀行 PT Bank Jasa Jakarta(BJJ)の買収を発表した。WeLab は、2019年に香港で開始したデジタルバンクの成功に続き、2022年下半期にアジアで2番目のデジタルバンクをインドネシアに開設する計画を持っている。 公式発表によると、WeLab が率いるコンソーシアム「WeLab …

WeLab の皆さん
Image credit: WeLab

香港に本社を置くフィンテックプラットフォーム「WeLab」は、インドネシアで50年の歴史を持つ商業銀行 PT Bank Jasa Jakarta(BJJ)の買収を発表した。WeLab は、2019年に香港で開始したデジタルバンクの成功に続き、2022年下半期にアジアで2番目のデジタルバンクをインドネシアに開設する計画を持っている。

公式発表によると、WeLab が率いるコンソーシアム「WeLab Sky Limited」は、2021年のインドネシアのフィンテックにおける最大の資金調達と称される今回の取引のために、既存および新規の投資家から2億4,000万米ドルを調達した。この資金は、現在の銀行所有者からの支配権の獲得とテクノロジーへの投資に活用される。

今回の買収により、WeLab Sky は BJJ の唯一の支配株主となり、初期段階では24%の株式を戦略的に投資する。残りの株式は、インドネシアの金融サービス機構(Otoritas Jasa Keuangan, OJK)を含む、必要な規制上のクリアランスを満たした後、最終的に過半数の支配権を得ることになる。

2013年に設立された WeLabは 、個人向けにはモバイルベースの消費者金融ソリューションやデジタルバンキングサービスを、企業向けにはテクノロジーソリューションを提供している。同社は、独自のリスク管理技術、特許取得済みのプライバシーコンピューティング技術、高度なAI機能を活用し、地域内で複数のデジタルバンクを運営している。

これまでに、香港、中国本土、インドネシアでプレゼンスを確立し、同地域で5,000万人以上の個人ユーザと700社以上の企業顧客にサービスを提供しているとしている。

WeLab のオフィス
Image credit: WeLab

プレスリリースによると、同社は2018年以降、Astra International とのジョイントベンチャーを通じて東南アジアに進出し、300万人以上のインドネシアの顧客を持つ認可されたオンライン・レンディング・アプリ「Maucash」を運営している。その他、香港では「WeLend」「WeLab Bank」、中国本土ではマイクロレンディングプラットフォームの「WeLab Digital(我来数科)」、リースソリューション会社の「Taoxinji(淘新機)」、B2B クラウドサービスプロバイダの「Tianmian Tech(天冕科技)」など複数のブランドを運営している。

WeLab の創業者兼グループ CEO Simon Loong(龍沛智) 氏は、次のように述べている。

我々は2018年に開始した旅を続け、最初は香港で、そして今回はインドネシアで、初の汎アジアデジタルバンキングプラットフォームの1つを構築する。WeLab は、その高度なデジタルバンキング技術と BJJ のネットワークを組み合わせ、明るいデジタルの未来に向けて銀行のビジネスをさらに成長させていく。

WeLab は、Alibaba Hong Kong Entrepreneurs Fund(阿里巴巴香港青年企業基金)、Alianz、中国建設銀行、International Finance Corporation(世界銀行グループの一員)、CK Hutchison(長江和記実業)傘下の TOM Group(TOM集団)、Sequoia Capital などの機関投資家や VC の支援を受けている

世界銀行によると、アジア太平洋地域のデジタルバンキング分野では、インドネシアは最も収益性の高い未開拓市場の一つであり、2億6,000万人の人口のうち66%が金融サービスを受けられない状況にある。また、Google の調査によると、インドネシアのスマートフォンユーザのうち、金融サービスのアプリケーションを利用したことがあるのは約40%にとどまっている。

【via e27】 @E27co

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


韓国のブロックチェーン特化VC「Hashed」、2号ファンドを組成——Web3スタートアップ向け、2億米ドル規模

SHARE:

韓国を拠点とするブロックチェーン特化ベンチャーキャピタル Hashed Ventures は、世界中のブロックチェーンエコシステムを支援することを目的として、Hashed Venture Fund II(2号ファンド)に2億米ドルを調達した。Hashed は、今回の資金調達により、Web3、すなわち、人々が自らのデータを管理し、買い物や社交、仕事などの活動の記録をブロックチェーン上に公開する分散型…

Hashed のオフィス
Image credit: Hashed

韓国を拠点とするブロックチェーン特化ベンチャーキャピタル Hashed Ventures は、世界中のブロックチェーンエコシステムを支援することを目的として、Hashed Venture Fund II(2号ファンド)に2億米ドルを調達した。Hashed は、今回の資金調達により、Web3、すなわち、人々が自らのデータを管理し、買い物や社交、仕事などの活動の記録をブロックチェーン上に公開する分散型インターネットの実現を目指す。

新たにパートナーに加わった2人のうちの1人であるキム・ベクギム(김백겸)氏が Hashed のブログに次のように書いている

Web3 では、ガバナンス、プライバシー、スケーリング、アイデンティティ管理、データ構造、メッセージング、セキュリティなど、技術的・実用的な問題が山積している。我々は、エンドユーザの体験を向上させる問題の解決、より魅力的なメタバースゲームの設計、Web3 サービスを広く浸透させるべくより安全なものにすることに注力する。

また、Hashed は、Web3 が信頼を回復し、メタバースの定義に関する重要な決定をプレイヤーが共同で行うような、新しい種類のガバナンスを可能にする可能性があると楽観的に述べている。

今回の資金調達は、Hashed Venture Fund I(1号ファンド)の最初のコミットメントである1億2,000万米ドルから約1年後に行われる。

先週、Hashed の共同創業者パク・ジンウ(박진우)氏がシンガポールと韓国を拠点に設立したスタートアップ「OFF」も、350万米ドルのシード資金調達を発表した。同社は、アバターベースのマイクロバーズで、オープンなエコシステムを構築するというビジョンのもと、NFT ベースのソーシャルメタバースプラットフォーム「MYTY」を構築している。

新たに Hashed のパートナーに加わったキム・ベクギム(김백겸)氏
Image credit: Hashed

2017年に設立された Hashed Venture は、ブロックチェーンと仮想通貨に特化したアーリーステージの投資会社だ。その投資テーゼは、NFT、DeFi、GameFi など、次世代のインターネットで消費者のインタラクションを変革することが期待される Web3 に焦点を当てている。

Hashed は、資金調達のほかに、ブロックチェーンのミートアップグループ「Hashed Lounge」、創業者や思想家にインタビューする仮想通貨ブログ「Hashed Post」、ワールドクラスのカンファレンス、イベント、ネットワーキングブランド「Hashed Night」を運営している。

同社は、投資先企業がグローバル市場にシームレスに参入できるようにすることで、コミュニティや会社設立プロセスを活性化させるとしている。

これまでに Hashed は、ユニコーン企業である Sky Mavis が開発した遊んで稼げる(Play-to-Earn)ゲーム「Axie Infinity」、NFT 技術を用いた多人数参加型オンラインバトルアリーナ(MOBA)ゲーム「Sipher」、マルチチェーンウォレットおよび DeFi ゲートウェイ「Coin98」、クロスブロックチェーンの流動性とアプリケーションを提供する分散型金融ハブおよび安定コインプラットフォーム「Alaca」など、東南アジア発のプロジェクトへの投資を行ってきた。

また Hashed は、次のようにも述べている。

ゲーム、K-POP、金融、家電、ソーシャルメディアなど幅広い分野の専門家であり、Web3.0 に積極的に取り組んでいる大手上場企業をはじめとして、2号ファンドのリミテッドパートナーのネットワークをグローバルに拡大した。

Hashed は設立以来、30件以上の戦略的投資を行い、シンガポールやインドなどの主要市場での活動を拡大している。

【via e27】 @E27co

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録