BRIDGE

Satoshi Nakano

Satoshi Nakano

ライター。スマートフォンやアプリ、ガジェットなどの分野を強みとしている。THE BRIDGEではものづくり系のニュース記事の執筆を担当。

執筆記事

3Dプリンター製の教育用ロボットプラットフォーム「Roby」

SHARE:

3Dプリンターで出力された、プログラミングが可能な教育用ロボットキット「Roby」が開発されている。Kickstarterで支援を募集したところ、目標額となる25,000ドルを集め、プロジェクトは成功となっている。 「Roby」はロボットを構築するための学習プラットフォーム。自身の手で組み立てることで、ロボットの組み立て方やScratchなどでのプログラミングについて学ぶことが出来る。Arduin…

photo-original

3Dプリンターで出力された、プログラミングが可能な教育用ロボットキット「Roby」が開発されている。Kickstarterで支援を募集したところ、目標額となる25,000ドルを集め、プロジェクトは成功となっている。

「Roby」はロボットを構築するための学習プラットフォーム。自身の手で組み立てることで、ロボットの組み立て方やScratchなどでのプログラミングについて学ぶことが出来る。ArduinoやRaspberry Piについても使用することで、使い方を習得することが可能としている。

6482a2044aa4d10f707cc2eb39eb241b_original

Robyにはステップに合わせて、「Roby Junior Kit」「Roby Standard Kit」「Roby Genius Kit」といった3種類のキットが用意されている。

44f12dc92b913548b454455734a5d679_original

「Roby Junior Kit」は、Arduinoによって自律遠隔操作が可能な年少者向けのロボット。障害物を避けたり遠隔操作を可能にしたるするための、Arduinoボード、2つのDCモータ、DCモータを駆動するためのシールド、超音波センサがキットに含まれている。また、購入時に選択したカラーで3Dプリントされたパーツ、Robyを構築するために必要なすべてのハードウェアも含まれている。

c287daddf6e7177bb40d5da4c1ae0ef5_original

「Roby Standard Kit」は、2輪で”歩行”するロボットを組み立てることが可能。それに必要となるアームやサーボモータ、ステッパーモータやジャイロスコープなどがキットに含まれているとのこと。

11e6a1dc53e8686c7d280a7036e1a6c5_original

「Roby Genius Kit」は音声認識や音声コマンドといった操作が可能となる。最新のRaspberry Pi、無線LAN / Bluetoothモジュール、カラーディスプレイ、ビデオカメラ、マイク、スピーカーといったパーツが含まれるという。

bb0e3db13d3f317b4f8a0fc089a76a2b_original

また、それぞれにアップグレードキットが用意されており、JuniorからStandardへのステップアップも出来るようになっている。

組み立てられたRobyは二輪でバランスを取りながら走行が可能で、倒れた時に起き上がることができるように2つのアームを持っている。車輪を追加することで、4輪での走行を行うことも出来る。3Dプリンタによって作成したパーツを使って外観のカスタマイズを行うことも可能。

公式ウェブサイトで、3Dプリンティング、Arduino、Raspberry Pi、センサ、ステッパモータ、プログラミングなどについて学ぶことが可能としている。

Kickstarterでのキャンペーン期間は終了しているが、現在は公式サイトにて予約を受け付けている。「Roby Junior Kit」が84ドル、「Roby Standard Kit」が179ドル、「Roby Genius Kit」が299ドルとなる見込み。

ドアスコープに取り付けて来訪者の通知や確認が可能なスマートカメラ「Peeple」

SHARE:

既存のドアスコープに取り付けが可能、スマートフォン上で来訪者の通知や確認をすることができるスマートカメラ「Peeple」が開発されている。クラウドファンディングサービスKickstarterで支援を募集。目標額の50,000ドルを超える90,000ドルを調達。プロジェクトは成功となっている。 Peepleはセンサーとバッテリーを搭載した小型カメラ。玄関のドアのドアスコープに取り付けることができる。…

photo-original

既存のドアスコープに取り付けが可能、スマートフォン上で来訪者の通知や確認をすることができるスマートカメラ「Peeple」が開発されている。クラウドファンディングサービスKickstarterで支援を募集。目標額の50,000ドルを超える90,000ドルを調達。プロジェクトは成功となっている。

Peepleはセンサーとバッテリーを搭載した小型カメラ。玄関のドアのドアスコープに取り付けることができる。ドアスコープを直接除きたい時はいつでも取り外しが可能だ。

80880ac087a64567dea8d01a3de8e59b_original

自宅のWi-Fiに接続され、訪問者がドアをノックするかドアを開けた際に通知を送る仕組み。通知を受けて、アプリ上でドアの向こうに誰がいるかを映像で確認することが出来るとのこと。アプリはiOSとAndoroidに対応している。

bbc3508919418b88fac5fbd89304d56a_original

アプリ上で、ドアをノックした全ての訪問者の履歴を閲覧することも可能。自身が不在時に誰が来たのかを確認することが出来るというわけだ。在宅時でもPeepleで訪問者を確認することで、対応したくない人かどうかがすぐにわかる。

現在は149ドルで予約を受け付けている。発送は2016年5月となる見込み。

壁やデスクに置くだけで世界の風景が広がるデジタル窓「Atmoph Window」

SHARE:

世界中の美しい風景の映像やその音を再生することができる”窓”が開発中だ。クラウドファンディングサービスKickstarterで支援を募集。目標額となる10万ドルを超える16万ドルの出資を集め、プロジェクトは成功となっている。 「Atmoph Window」は窓のような形状のプロダクトで、壁やデスクなど好きな場所に設置が可能。4Kで撮影された映像が映し出され、また臨場感のあるサウンドが再生されること…

photo_main

世界中の美しい風景の映像やその音を再生することができる”窓”が開発中だ。クラウドファンディングサービスKickstarterで支援を募集。目標額となる10万ドルを超える16万ドルの出資を集め、プロジェクトは成功となっている。

desk

「Atmoph Window」は窓のような形状のプロダクトで、壁やデスクなど好きな場所に設置が可能。4Kで撮影された映像が映し出され、また臨場感のあるサウンドが再生されることで、開放感を得ることができるとしている。独自に撮影される風景のラインナップは、世界中から200本以上集められる予定だ。

howto_colors

ライブストリーミングにも対応。京都の庭園、ニュージーランドの草原、ロンドンの街並みなど、スポットは追加されている予定とのこと。

howto_live

自身で撮影した動画を表示させることも出来るという。ブラウザからAtmophのWebサービスにアップロードすることで映し出すことが出来るとしている。

時計やカレンダー、天気といった情報の表示も可能。上部に搭載されたセンサに手をかざすようにして、情報の表示の切り替えや、目覚まし時計のオフといった操作も可能とのこと。

howto_info

風景の選択といった操作はAndroid/iOSアプリ上から行うことができる。Apple Watchにも対応予定。

applewatch

スペックは27インチディスプレイ (1920×1080、ノングレア)に、プロセッサは1.5GHz クアッドコア ARM Cortex-A5、1GB DDR3メモリ、3Wフルレンジスピーカーを搭載している。サイズは640x380x55mm、重量は 4.9kg。

京都のスタートアップが開発しており、現在はKickstarterだけでなく、日本のクラウドファンディングサービスMakuakeでも予約を受け付けている。現在は1台69,000円で入手可能となるコースが用意されている。一般販売価格は84,000円となる予定。2016年3月に発送される見込みだ。

専用タッチパネルデバイスでカメラやスマート電球などの制御が可能となるスマートホーム「Oomi」

SHARE:

専用タッチパネルデバイスで制御可能、カメラや電球といったオリジナルアクセサリーも用意されているスマートホームシステム「Oomi」が開発中だ。クラウドファンディングサービスIndiegogoで支援を募集。目標額を大幅に上回る170万ドル以上もの出資を集め、プロジェクトは成功となっている。 「Oomi」は、タッチパネル式のデバイス「Oomi Touch」と専用アクセサリーの組み合わせからなるスマートホ…

oomi-p-touch3-screen

専用タッチパネルデバイスで制御可能、カメラや電球といったオリジナルアクセサリーも用意されているスマートホームシステム「Oomi」が開発中だ。クラウドファンディングサービスIndiegogoで支援を募集。目標額を大幅に上回る170万ドル以上もの出資を集め、プロジェクトは成功となっている。

ykcgk7by0u8jg5dchfvr

「Oomi」は、タッチパネル式のデバイス「Oomi Touch」と専用アクセサリーの組み合わせからなるスマートホームシステム。アクセサリのひとつ「Oomi Cube」はハブ的機能を有しており、8つの環境センサや暗視カメラなどを搭載している。光センサを利用して、暗くなったら自動的に照明をつける、といった動作も可能。また、Oomi Touchを一度かざすだけで、Oomi Touch上でOomi Cubeの制御、管理が出来るようになるという。

xfdfbfzephjqmhrldr3s

その他にも、全天候型で家の内外に設置可能な「Oomi Cam」や、スマート電球の「Oomi Bulb」、接続機器の電気使用量の監視などが可能なスマートプラグ「Oomi Plug」、任意の色で照らすことが出来る「Oomi Lighting Strip」、温度や湿度、モーションセンサーなどを搭載した「Oomi MultiSensor」、ドアや窓の開閉を感知する「Oomi Door and Window Sensor」、水漏れの感知も可能な「Oomi Water Sensor」などが用意されている。それぞれのアクセサリーについても、Oomi Touchをかざすことで、制御が可能になるとのこと。

imeve2uacuhfwuinzm4v

現在はIndiegogoでのキャンペーンは終了しているが、同サイト上で予約を受け付けている。Oomi Touch、Oomi Cube、4つのアクセサリーの組み合わせで、499ドルで入手可能となる予定。発送は2015年10月が予定されている。

カメラに接続することでタイムラプス撮影やモーションコントロール撮影を可能とするデバイス「Radian」

SHARE:

デジタル一眼レフなど、カメラのUSBポートやトリガーポートに接続することで、スマートフォン経由でタイムラプス撮影やモーションコントロール撮影を可能とするデバイス「Radian」が開発されている。クラウドファンディングサービスKickstarterで支援を募集し、目標額の15万ドルを超える27万ドルの調達に成功している。 カメラをRadianに接続し、スマートフォンとRadianをBluetooth…

Flower_Photo_4-3

デジタル一眼レフなど、カメラのUSBポートやトリガーポートに接続することで、スマートフォン経由でタイムラプス撮影やモーションコントロール撮影を可能とするデバイス「Radian」が開発されている。クラウドファンディングサービスKickstarterで支援を募集し、目標額の15万ドルを超える27万ドルの調達に成功している。

bluetooth_programming_control

カメラをRadianに接続し、スマートフォンとRadianをBluetoothで接続することにより、ワイヤレスでカメラを操作することが可能となる。アプリ上でタイムラプス撮影を行うことが出来る。撮影時、サムネイルをスマートフォン上で確認することも可能。ISO、シャッタースピード、絞りの制御をアプリ上で操作することも出来る。キヤノン、ニコン、ソニー製カメラはUSBポート経由で、オリンパス、富士フイルムなどはトリガーポートを介してRadian本体と接続することが可能とのこと。

Phone_Photo_4-3

アダプターを取り付けることで、カメラをスライドしながらのモーション撮影が出来る。パン、チルトといった動作を行うことも可能となる。多軸モーション撮影を行うために、一度に最大3台のRadianを動作させることが可能だという。

755ecf8e183b18bd75c829af3f6cb3ad_original

現在、公式サイトで予約を受け付けている。1台230ドルで、2015年9月に発送予定となっている。

快適に目覚められるように、ライトの明るさを調節できるスマートプラグ「Lumino」

SHARE:

目覚める時間に合わせてベッドサイドのライトの明るさを調節し、快適に起きることを可能とするスマートプラグ「Lumino」が、クラウドファンディングサイトIndiegogoに登場した。カナダのスタートアップが開発中だ。 Luminoに接続されたライトは、設定した時間の数分前から明るさを増していき、起床時間に最大の明るさになる。光によって脳が刺激を受けることにより、アラームがなくとも自然に目を覚ますとし…

1509302_1575022629426487_5223978197544363013_n

目覚める時間に合わせてベッドサイドのライトの明るさを調節し、快適に起きることを可能とするスマートプラグ「Lumino」が、クラウドファンディングサイトIndiegogoに登場した。カナダのスタートアップが開発中だ。

20150415201017-Pairde2r1

Luminoに接続されたライトは、設定した時間の数分前から明るさを増していき、起床時間に最大の明るさになる。光によって脳が刺激を受けることにより、アラームがなくとも自然に目を覚ますとしている。最大の明るさになった時点で任意の音楽を再生したり、Luminoアプリがサジェストする曲を再生したりすることも可能とのこと。

llumino-app-01

アプリはiOSとAndroidに対応。起床時間の設定や、再生する音楽の指定のほか、既存の目覚まし時計と置き換えられるように時刻の表示機能も搭載しており、専用の木製スタンドも用意されている。また、アプリ上からリモートでライトの制御も可能とのこと。

llumino-app-03

Indiegogoのキャンペーンでは早期支援者向けに1台40ドルで入手可能となる枠を用意していたが完売。小売価格は65ドルとなる予定。

リマインダが必要なものに直接貼り付けて、やり忘れを防止してくれるスマートボタン「Droplet」

SHARE:

リマインダを必要としているものに何にでも貼り付けて、やり忘れの防止に役立てることが可能なスマートボタン「Droplet」が開発されている。クラウドファンディングサービスKickstarterで支援を募集。目標額を集め、プロジェクトは成功となっている。 薬を飲む、ペットにえさをあげる、ごみを出す、といったことをやり忘れない為に、そのタスクに関連するモノ(ゴミ箱など)にDropletを貼り付けておき、…

photo-original

リマインダを必要としているものに何にでも貼り付けて、やり忘れの防止に役立てることが可能なスマートボタン「Droplet」が開発されている。クラウドファンディングサービスKickstarterで支援を募集。目標額を集め、プロジェクトは成功となっている。

a066c00266169a13ce9316f65d67bf71_original

薬を飲む、ペットにえさをあげる、ごみを出す、といったことをやり忘れない為に、そのタスクに関連するモノ(ゴミ箱など)にDropletを貼り付けておき、それらのタスクが完了した際にDropletをタップする。アプリ上でリマインダの設定ができるため、やり忘れた際に通知される仕組みだ。2回続けて忘れた際に通知する、といった設定も出来る。

4d80e40a34ecdbf76df30ef178dac3f1_original

アプリ上でタスクの進捗状況を追うことも可能。友人や家族に通知することも出来る。スマートハブも用意されており、複数のDropletをまとめて管理することが可能とのこと。

4aefd3337c3c90658d23d78913a5d423_original

また、Dropletからテキストの送信やオンラインショップでの注文も可能としている。例えば、トイレットペーパーをストックしている場所にDropletを貼り、最後の1つを取り出した時に押すことで、ストックを切らさないように注文が出来るというわけだ。IFTTTと連携することも可能だ。

現在、公式サイトで予約を受け付けている。Dropletひとつとハブのセットが49ドル。Droplet3つとハブのセットが89ドルとなっている。発送は2016年1月以降となる見込み。

上に乗せるだけで食材の残量をチェック、少なくなったら通知してくれるデバイス「SmartQsine」

SHARE:

食材を上に乗せて残量をチェックし、買い忘れを防止してくれるデバイス「SmartQsine」を、イタリアのスタートアップが開発している。クラウドファンディングサービスIndiegogoで支援を募集中だ。 SmartQsine はパッド状のデバイスとスマートフォン/タブレットアプリで構成された食材の在庫管理システム。パッドに牛乳やトマト缶など、食材を乗せて残量をチェックすることが可能とのこと。 アプリ…

11295552_1586979184914014_1855180324725306811_n

食材を上に乗せて残量をチェックし、買い忘れを防止してくれるデバイス「SmartQsine」を、イタリアのスタートアップが開発している。クラウドファンディングサービスIndiegogoで支援を募集中だ。

20150203032313-fagioli

SmartQsine はパッド状のデバイスとスマートフォン/タブレットアプリで構成された食材の在庫管理システム。パッドに牛乳やトマト缶など、食材を乗せて残量をチェックすることが可能とのこと。

20150406033823-App-Main_1.1

アプリ上で残量の確認が可能。残量が設定した閾値より少なくなるとアプリ上でアラートが通知される。また、自宅にいるときや買い物をしているときに通知するように設定も可能。これにより買い忘れを防ぐことが出来るとしている。通知内容を夫などのパートナーに送ることがも可能だ。

20150203062107-TAPPETINI3

パッドにはGOLD Pad と SILVER Pad が用意されている。GOLD Pad にはアプリと通信が可能で、乗せた食材のデータを取得出来るだけでなく、他のパッドとリンクしてデータを取得することが出来る。 SILVER Padはアプリとの通信が出来ない分 GOLD Pad より安価となっているが、GOLD Pad とリンクさせることでデータの取得が可能となる。GOLD Pad 一台と複数台の SILVER Pad を導入することで、アプリ上で全てのパッドの管理が可能としている。

Indiegogoのキャンペーンでは、早期支援者向けにGOLD Pad一台25ドルで入手可能となる枠が用意されている。発送は2015年8月が予定されている。

スマートフォンで開閉、デザインにもこだわったスマートロック「Friday Smart Lock」

SHARE:

デザインと機能性を両立させたスマートロック「Friday Smart Lock」が開発されている。クラウドファンディングサービスIndiegogoで支援を募集。プロジェクトは成功となっている。 「Friday Smart Lock」はスマートフォンを使ったスマートロックシステム。キーレスエントリーで、Wi-FiやBluetoothを使ってドアに近づくだけで鍵を開けることが出来るという。 リモートア…

20150327103140-open_phone__2_

デザインと機能性を両立させたスマートロック「Friday Smart Lock」が開発されている。クラウドファンディングサービスIndiegogoで支援を募集。プロジェクトは成功となっている。

「Friday Smart Lock」はスマートフォンを使ったスマートロックシステム。キーレスエントリーで、Wi-FiやBluetoothを使ってドアに近づくだけで鍵を開けることが出来るという。

20150327112823-Keyless_Entry

リモートアクセスによって、離れた場所からもロック解除が可能。また、ロック解除の許可を誰にでも与えることが出来るとのこと。一時的もしくは恒久的に許可することが可能だが、いつでもキャンセルすることが出来る。許可を得ていない誰かがドアを開けようとしたときは、スマートフォンに通知が送られるようにもなっている。

20150329111959-ezgif.com-optimize

デザインについても重視しており、木材やスチール、磁器といった素材を使用している。取り付けは簡単で、ドアノブのねじを緩めてFriday Smart Lockを固定するためのベースプレートを挿入するのみだという。バッテリーで動作するが、残量はアプリによって通知され、交換バッテリーもアプリ上で注文可能になっている。

20150328205806-lock

また、AppleのHomeKitやNest LabsのThreadといったスマートホーム規格と互換性をもっており、多くのホームオートメーション製品に接続可能とのこと。

小売価格は249ドルとなる見込みだが、Indiegogoのキャンペーンでは119ドルで入手可能となっている。発送は2015年9月が予定されている。

自動で植物の育成が可能、室内で利用するスマート温室「DasEgg」

SHARE:

植物を自動的に育てるために必要な機能を搭載した、スマート温室「DasEgg」が開発されている。クラウドファンディングサービスIndiegogoで支援を募集していた。 残念ながら、キャンペーンは未達成のまま終了してしまったが、最近増加しているスマートプランター系のプロダクトの一例として紹介しておく。 「DasEgg」は、卵形にデザインされた温室に、タイマーや調光機能を搭載した植物育成用LEDライト、…

20150331114941-dasegg_11

植物を自動的に育てるために必要な機能を搭載した、スマート温室「DasEgg」が開発されている。クラウドファンディングサービスIndiegogoで支援を募集していた。

残念ながら、キャンペーンは未達成のまま終了してしまったが、最近増加しているスマートプランター系のプロダクトの一例として紹介しておく。

ds8anxs2ariel8vz9sry

「DasEgg」は、卵形にデザインされた温室に、タイマーや調光機能を搭載した植物育成用LEDライト、十分な水量を貯められるウォータータンク、適量の水を与えるためのセンサー、湿度/温度センサー、エアフローシステムのためのファンとカーボンフィルタ、リモートで植物の様子を確認できるHDカメラを搭載している。

20150406221104-dasegg_55

高さ80cm、幅60cmで、70cmまでの植物を育てることが出来る。フロントドアは透明と白色の2タイプから選択が可能だ。

室内で利用可能なため、庭やバルコニーが無い家庭でも植物を育てることが出来る。とげがあったり子供やペットに有害な物質が含まれたりする植物を育てる場合に、DasEggを使うことによって触れないようにすることが可能としている。また、休日に出かける場合、誰かに水やりを頼むことなく植物の世話をすることが出来ることも、メリットとして挙げられる。

プロジェクトは残念ながら未達成に終わったが、「DasEgg」チームの代表であるArndt Stubbe氏は、「今回のキャンペーンで、多くの人に関心をもってもらえることがわかった。フィードバックも多数もらうことができたので、「DasEgg」の改善に活かしていきたい」とコメントしている。