THE BRIDGE

PR TIMES編集部

PR TIMES編集部

プレスリリースサービス「PR TIMES」よりスタートアップ企業の発表情報を厳選し、読みやすく要約した記事を掲載しています(THE BRIDGEは2018年4月よりPR TIMESのグループメディアとして運営されています)

執筆記事

介護事業所向けリハビリSaaS「リハプラン」運営が約1.6億円を調達

SHARE:

介護事業所向けリハビリSaaS「リハプラン」を運営するRehab for JAPANは2月3日、SMBCベンチャーキャピタル、マネックスベンチャーズ、キャピタル・メディカベンチャーズらを引受先とする第三者割当増資の実施を公表している。調達した資金は約1億6000万円で、出資比率や払込日などの詳細は非公開。 介護事業所向けリハビリSaaSリハプランは、機能訓練業務を効率化させるクラウドサービス。高齢…

Screen Shot 2020-02-04 at 1.34.02 AM

介護事業所向けリハビリSaaS「リハプラン」を運営するRehab for JAPANは2月3日、SMBCベンチャーキャピタル、マネックスベンチャーズ、キャピタル・メディカベンチャーズらを引受先とする第三者割当増資の実施を公表している。調達した資金は約1億6000万円で、出資比率や払込日などの詳細は非公開。

介護事業所向けリハビリSaaSリハプランは、機能訓練業務を効率化させるクラウドサービス。高齢者データベースをもとに2,200種類、500セットの目標・運動プログラムから最適な計画・訓練を自動で提案する。2018年2月にリリースしてから導入事業所を拡大しており、2019年12月時点での有効事業所数は407事業所となっている。

via PR TIMES

----------[AD]----------

日本酒事業展開のClear、アカツキなど2.5億円出資

SHARE:

日本酒に特化した事業を展開する「Clear」は2月3日、アカツキ「Heart Driven Fund」、朝日メディアラボベンチャーズ、SMBCベンチャーキャピタル、MTG Ventures、OPENSAUCE、KVP、三井住友海上キャピタル、および複数の個人投資家より、総額2.5億円の資金調達を実施したことを発表した。個人投資家の投資家の名前は公表されていない。 Clearが2014年より運営する…

Screen Shot 2020-02-04 at 1.46.25 AM

日本酒に特化した事業を展開する「Clear」は2月3日、アカツキ「Heart Driven Fund」、朝日メディアラボベンチャーズ、SMBCベンチャーキャピタル、MTG Ventures、OPENSAUCE、KVP、三井住友海上キャピタル、および複数の個人投資家より、総額2.5億円の資金調達を実施したことを発表した。個人投資家の投資家の名前は公表されていない。

Clearが2014年より運営する日本酒特化のメディア「SAKETIMES」の月間読者数45万人。今回調達した資金は、高級日本酒ブランド「SAKE100(サケハンドレッド)」の海外進出への投資、日本国内におけるブランディング強化に充てる。あわせて組織強化のための人材採用も進める予定。

via PR TIMES

----------[AD]----------

リノベ不動産運営のWAKUWAKU、オプトベンチャーズなどから4.1億円を調達

SHARE:

中古住宅プラットフォーム事業を展開する「WAKUWAKU 」は2月4日、4億1000万円の資金調達を公表している。第三者割当増資と融資によるもので、株式の引受先となったのはオプトベンチャーズ、ナック、iSGSインベストメントワークスの3社。オプトベンチャーズがリードを努めた。融資についての詳細は公表されていない。 WAKUWAKUは、国内230拠点を展開するリノベーションブランド「リノベ不動産」を…

Screen Shot 2020-02-04 at 10.55.48 PM

中古住宅プラットフォーム事業を展開する「WAKUWAKU 」は2月4日、4億1000万円の資金調達を公表している。第三者割当増資と融資によるもので、株式の引受先となったのはオプトベンチャーズ、ナック、iSGSインベストメントワークスの3社。オプトベンチャーズがリードを努めた。融資についての詳細は公表されていない。

WAKUWAKUは、国内230拠点を展開するリノベーションブランド「リノベ不動産」をはじめとした中古住宅プラットフォーム事業を手掛ける。リノベ不動産以外にも建材のECサイト「HAGS(ハグス)」、不動産や建築業界向けのマーケティング・オートメーション事業「Customer now!」などを開発・運営する。調達した資金でプロダクト開発、IT人材の採用をはじめとした組織基盤強化、マーケティング強化を計画している。

via PR TIMES

----------[AD]----------

法人営業支援DB開発のBaseconnect、YJキャピタルをリードに18億円を調達

SHARE:

法人営業支援企業情報データベースを開発するBaseconnectは2月4日、YJキャピタルをリード投資家に、East Ventures、みずほキャピタル、ユーザベース、キャナルベンチャーズ、京銀リース・キャピタル、ジャフコ、オリエントコーポレーション、京信イノベーションCファンドを引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。 調達した資金はこれに融資を合わせて約18億円。融資については京都銀行、み…

Screen Shot 2020-02-04 at 10.30.16 PM

法人営業支援企業情報データベースを開発するBaseconnectは2月4日、YJキャピタルをリード投資家に、East Ventures、みずほキャピタル、ユーザベース、キャナルベンチャーズ、京銀リース・キャピタル、ジャフコ、オリエントコーポレーション、京信イノベーションCファンドを引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。

調達した資金はこれに融資を合わせて約18億円。融資については京都銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、日本政策金融公庫等から借入を実施している。同社は営業リスト作成から営業管理までをサポートする法人営業支援データベース「MUSUBU」とナレッジエンジン「Baseconnect」を開発する。

MUSUBUの2020年1月末時点での導入社数は約3万社。今後、企業情報データ提供によるターゲティングだけでなく、商談獲得・案件管理・取引先管理・与信管理まで、法人営業の業務プロセスを一貫して支援できるオールインワンサービスを目指す。今回の資金調達により、データベースの拡充・Musubuへの機能追加・マーケティング活動への投資・事業基盤の強化を行う。

via PR TIMES

----------[AD]----------

2カ月で開業可能、無人ホテルのHostyがKDDIとWiLから約6億円を調達

SHARE:

無人コンパクトホテル「mizuka」を運営するHostyは1月31日、KDDI Open Innovation FundおよびWiLを引受先とするシリーズB投資ラウンドの完了を公表した。第三者割当増資によるもので、調達した資金は約6億円。出資比率などの詳細は公表していない。 訪日外国人のグループ旅行に注力するコンパクトホテルのmizukaは、ホテルの予約からチェックイン、ゲスト対応などの宿泊体験を…

Screen Shot 2020-02-04 at 12.49.15 AM

無人コンパクトホテル「mizuka」を運営するHostyは1月31日、KDDI Open Innovation FundおよびWiLを引受先とするシリーズB投資ラウンドの完了を公表した。第三者割当増資によるもので、調達した資金は約6億円。出資比率などの詳細は公表していない。

訪日外国人のグループ旅行に注力するコンパクトホテルのmizukaは、ホテルの予約からチェックイン、ゲスト対応などの宿泊体験をオンライン化。スマートロックの活用などでフロント無人化の省力化を実現している。

また、設計や内装家具デザインのパッケージ化で最短2カ月でのスピード開業を実現し、2019年は新規16施設のホテルをリリースしてきた。低コストオペレーションが可能な新しい業態の宿泊施設として、現在21施設のホテルを運営している。今回の資金調達によりさらなるホテル展開を促進する予定。

via PR TIMES

----------[AD]----------

デリケートゾーン用スキンケア「アイム ラフロリア」、NOWが出資

SHARE:

Melliaは1月30日、NOWをリードとした資金調達を実施したことを発表した。本ラウンドと、2019年6月のポーラ・オルビスホールディングスからの資金調達を合わせた累計調達額は1億1600万円となる。またNOWの他、6名の個人投資家も今回の増資引受に参加している。これらの氏名等の詳細は公表していない。 同社は2019年9月よりデリケートゾーン用スキンケアブランド「アイム ラフロリア」を展開。製品…

Screen Shot 2020-01-30 at 8.51.44 PM

Melliaは1月30日、NOWをリードとした資金調達を実施したことを発表した。本ラウンドと、2019年6月のポーラ・オルビスホールディングスからの資金調達を合わせた累計調達額は1億1600万円となる。またNOWの他、6名の個人投資家も今回の増資引受に参加している。これらの氏名等の詳細は公表していない。

同社は2019年9月よりデリケートゾーン用スキンケアブランド「アイム ラフロリア」を展開。製品ラインナップには「デリケートボディウォッシュ」「デリケートボディクリーム」「フレッシュクリアシート」が挙げられる。調達した資金で人員強化とマーケティングを推進する。

via PR TIMES

----------[AD]----------

レストランのお片付けロボ開発「スマイルロボティクス」、ANRIとDEEPCOREからシード資金獲得

SHARE:

スマイルロボティクスは1月30日、シードラウンドとして、ANRIとディープコアから4,500万円の資金調達を実施したことを発表した。同社は、飲食店向けにホールにおける片付けオペレーションを省力化する下膳自動化ロボット提供を目指し、実現に必要な高度なロボット制御技術・ディープラーニング技術の研究開発を進めている。 今回調達した資金で、ロボットの研究開発および採用拡大を予定している。また、複数の飲食店…

Screen Shot 2020-01-30 at 8.40.31 PM

スマイルロボティクスは1月30日、シードラウンドとして、ANRIとディープコアから4,500万円の資金調達を実施したことを発表した。同社は、飲食店向けにホールにおける片付けオペレーションを省力化する下膳自動化ロボット提供を目指し、実現に必要な高度なロボット制御技術・ディープラーニング技術の研究開発を進めている。

今回調達した資金で、ロボットの研究開発および採用拡大を予定している。また、複数の飲食店にて下膳自動化ロボット導入の実証実験を進めていくという。

via PR TIMES

----------[AD]----------

ユーザー像を立体化する“3Dペルソナ”、AI 先生「atama+」が開発ノウハウ公開

SHARE:

AI 先生「atama+」を開発するatama plusは1月31日、同社の開発ノウハウ公開の一環として、立体化させたペルソナ像を公開した。「3Dペルソナ」は、atama+開発にあたっての仮想ユーザーを具体的な3Dフィギュアとして立体化させたもので、開発にあたってブレやすい共通認識を生み出すためのノウハウとしている。 公開されたのは高校生のペルソナ「藤井真一」と中学生のペル ソナ「藤井純二」の2名…

shinichi_noline-1024x569

AI 先生「atama+」を開発するatama plusは1月31日、同社の開発ノウハウ公開の一環として、立体化させたペルソナ像を公開した。「3Dペルソナ」は、atama+開発にあたっての仮想ユーザーを具体的な3Dフィギュアとして立体化させたもので、開発にあたってブレやすい共通認識を生み出すためのノウハウとしている。

公開されたのは高校生のペルソナ「藤井真一」と中学生のペル ソナ「藤井純二」の2名。これ以外にも塾の講師や保護者など6名が設定されており、立体化されたイメージはオフィス内でも視界に入る場所に設置されている。また、サービス開発における意思決定の際にも、彼らが中心となって議論に入るようなカルチャーづくりを推進しているという。

atama+は人工知能によって基礎学力を最短で身につけることを可能にしたアダプティプ・ラーニング(個別最適化指導)のプロダクト。「得意」や「苦手」、「集中状態」などのデータをAIの「アタマ先生」が分析し、自分専用レッスンを提供することで学習効率化を実現する。採用している教室は大手含めて500教室以上。

<参考記事>

via PR TIMES

----------[AD]----------

つながりで仕事紹介、副業と転職のキャリアSNS「YOUTRUST」が1.1億円調達

SHARE:

副業と転職のキャリアSNS「YOUTRUST」は1月30日、第三者割当増資の実施を公表した。引受先となったのはW ventures、デライト・ベンチャーズ、STRIVE、TLM、個人投資家として赤坂優氏、古川健介氏、西尾健太郎氏らが参加した。調達した資金は1億1000万円で、投資ラウンドはプレシリーズA。出資比率や払込日などの詳細は非公開。調達した資金は人材採用とプロモーションに投じられる。 同社…

Screenshot 2020-01-30 at 09.15.40

副業と転職のキャリアSNS「YOUTRUST」は1月30日、第三者割当増資の実施を公表した。引受先となったのはW ventures、デライト・ベンチャーズ、STRIVE、TLM、個人投資家として赤坂優氏、古川健介氏、西尾健太郎氏らが参加した。調達した資金は1億1000万円で、投資ラウンドはプレシリーズA。出資比率や払込日などの詳細は非公開。調達した資金は人材採用とプロモーションに投じられる。

同社の創業は2017年12月。ディー・エヌ・エーで採用業務を経験した岩崎由夏氏らが手掛ける。「友人の友人」までのつながりがある人物の副業や転職意欲が可視化されるソーシャルネットワーク「YOUTRUST」を2018年4月に公開。友人からの紹介(リファラル)の仕組みで、友人、もしくは友人の友人から転職や副業のオファーが届く。口コミ中心に利用が拡大し、ユーザー数は8,000人、導入企業は累計で180社を超える。

採用を積極化させたいビジネスサイドには有料のリクルーターアカウントが用意されており、直接スカウトすることもできる。

<参考記事>

via PR TIMES

 

----------[AD]----------

ドローン・オペレーション企業「DroneFutureAviation」がDrone Fundから1億円調達

SHARE:

Drone Future Aviationは1月28日、ドローン特化型ファンドDrone Fundからシードラウンドにて1億円の資金調達を行ったことを発表した。 Drone Future Aviationはドローンのオペレーションに特化した会社。具体的には、独占取り扱い権利を有する海外のドローン「Griff」「YAPE」などの販売、リース、トレーニング、実証実験、研究開発などの業務を行なっている。…

d28572-6-599609-0

Drone Future Aviationは1月28日、ドローン特化型ファンドDrone Fundからシードラウンドにて1億円の資金調達を行ったことを発表した。

Drone Future Aviationはドローンのオペレーションに特化した会社。具体的には、独占取り扱い権利を有する海外のドローン「Griff」「YAPE」などの販売、リース、トレーニング、実証実験、研究開発などの業務を行なっている。

主力商品の一つがノルウェーGRIFF Aviation AS社製の大型産業用ドローン。GRIFFのアジアにおける独占取り扱い権利を有している。また、既に国内大手企業様とGRIFF製のドローンを用いた訓練や実証実験を行なっている。さらに、DroneFutureAviationが現在販売している「GRIFF135」の最適ペイロード(運搬重量)は30kgだが、近年中には50〜100kgを運搬できる大型ドローンの販売を計画しているという。

2020年の前半にはドローンの販売、トレーニングなどのサービスのインフラ体制を整え、後半にはアジア各国への展開準備を予定しているとのことだ。

via PR TIMES

 

----------[AD]----------