BRIDGE Partners 会則

「BRIDGE Partners」(以下「本会」といいます。)は、株式会社THE BRIDGE(以下「当社」といいます。)が掲げる「Give & Give & Given」の理念の下、ニュースメディア「BRIDGE」を通じたスタートアップ・エコシステムにおける情報発信とマッチングを活性化し、新たな経済活動の誕生・循環を支援することを目的としています。

このBRIDGE Partners会則(以下「本会則」といいます。)には、本会への参加と本会の利用(本会で提供されるサービスの利用のことを指します。以下、「本会を利用」といった表現の場合も含め、同様の趣旨とします。)に関する当社とパートナー会員(第2条第1項で定義します。)の皆様および本会への参加を希望される方(以下総称して「パートナー会員等」といいます。)との間の権利義務関係が定められています。本会への参加と本会の利用に際しては、本会則の全文をお読みいただいたうえで、本会則に同意いただく必要があります。

第1条 適用

1.本会則は、本会への参加と本会の利用に関する当社とパートナー会員等との間の権利義務関係を定めることを目的とし、パートナー会員等と当社との間の本会への参加と本会の利用に関わる一切の関係に適用されます。
2.本会則の内容と、本会則以外における本会の説明等とが異なる場合は、本会則が優先して適用されるものとします。

第2条 定義

本会則において使用する以下の用語の定義は、特に断らない限り、各々以下のとおりとします。
1.「パートナー会員」とは、本会に参加登録した法人または個人をいいます。
2.「投稿コンテンツ」とは、パートナー会員が本会を利用して投稿その他送信するコンテンツ(文章、画像、動画その他のデータを含みますがこれらに限りません。)を意味します
3.「知的財産権」とは、著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、またはそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。)を意味します。
4.「本サイト」とは、ニュースメディア「BRIDGE」のウェブサイトを意味します。

第3条 本会則の変更

1.当社は、パートナー会員等の承諾を得ることなく、本会則を変更できるものとします。本会をご利用する際には、最新の本会則の内容をご確認ください。
2.当社は、本会則の変更を行う場合、当該変更内容および変更日を、本サイトに掲載して告知するものとします。
3.本会則の変更後、パートナー会員が本会を利用した場合、パートナー会員は本会則の変更に同意したものとみなします。

第4条 参加登録

1.本会への参加を希望する者は、本会則を遵守することに同意し、かつ当社の定める一定の情報を当社の定める方法で当社に提供することにより、当社に対し、本会への参加登録(以下、単に「登録」といいます。)を申請することができます。
2.当社は、当社で定める審査基準に従って、投資家および事業会社、その出資先企業ならびにそれらに所属する個人を対象として、第1項に基づいて本会への参加を希望し登録申請を行った者の登録可否を判断し、登録を認める場合にはその旨を申請者へ通知することで、登録を承認したものとします。
3.前項に定める登録の承認時に、本会則に基づく本会の利用契約がパートナー会員と当社との間に成立し、パートナー会員は本会を本会則に従い利用することができるようになります。
4.パートナー会員は、本会の目的に対して賛同し、本会の維持・発展に積極的に協力するものとします。
5.当社は、登録申請を行った者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、登録を拒否することがあり、またその理由について一切開示義務を負いません。
(1)当社に提供した登録事項の全部または一部につき虚偽、誤記または記載漏れがあった場合
(2)未成年者、成年被後見人、被保佐人または被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人または補助人の同意等を得ていなかった場合
(3)反社会的勢力(第16条第1項で定義します。以下同様とします。)である、または資金提供その他を通じて反社会的勢力の維持、運営または経営に協力もしくは関与する等、反社会的勢力との何らかの交流もしくは関与を行っていると当社が判断した場合
(4)登録申請を行った者が過去に当社との契約に違反した者またはその関係者であると当社が判断した場合
(5)その他、当社が登録を適当でないと判断した場合

第5条 パートナー会員の登録情報とその取扱い

1. 当社は、パートナー会員が本会を利用するにあたり、個人情報その他パートナー会員に関する一定の情報を取得するものとします。
2. 当社は、パートナー会員から取得する個人情報を、当社が別途定める「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱います。パートナー会員は、当該「プライバシーポリシー」に基づく個人情報等の取扱いに同意するものとします。
URL:https://thebridge.jp/privacy-policy
3. パートナー会員は、登録後に登録事項に変更があった場合、当社の定める方法により当該変更事項を遅滞なく当社に通知するものとします。
4. パートナー会員の登録情報に虚偽、誤りまたは記載漏れがあったことによりパートナー会員に損害が生じたとしても、当社は一切責任を負いません。

第6条 退会

1. パートナー会員は、当社所定の方法によって本会を退会できるものとします。この場合、パートナー会員は、本会を即時利用できなくなります。
2. パートナー会員は、退会後も、本会利用期間中に生じた一切の義務および債務を免れるものではありません。

第7条 本会の内容と参加

1.本会は、本会の目的を達成するため、以下URLに記載する活動を実施します。本会がパートナー会員に対して提供するサービスの概要等については、下記URLをご参照ください。URL:https://thebridge.jp/bridge-partners
2.当社は、パートナー会員が本会の利用に際し、本会則を遵守することを条件として、本会の非独占的な利用資格を付与するものとします。
3.パートナー会員は、ニュースメディア「BRIDGE」における自らの投稿コンテンツとイベント「BRIDGE Tokyo」における自らの告知コンテンツについて、一切の責任を負うものとし、当社に何等の迷惑または損害を与えないものとします。
4.パートナー会員は、本会の利用に関連して、他のパートナー会員または第三者とトラブル、紛争等が生じた場合、自己の責任と費用負担で解決するものとします。
5.パートナー会員は、コンテンツまたは本会の利用に関連して、当社に損害(間接損害、特別損害、付随損害、派⽣損害、逸失利益を含みますがこれらに限られません。)を与えた場合には、その一切の損害を直ちに賠償する責任を負うものとします。

第8条 投稿コンテンツの審査、訂正、取り下げ

1.パートナー会員は、「BRIDGE」へ投稿を予定するコンテンツの内容を当社へ事前に相談して、コンテンツ基準への適合性について審査を依頼できるものとします。
2.本条による審査は、当社としてコンテンツ基準への適合性について事実上暫定的な見解を示すものにとどまり、その適合性について当社として完全な保証を行うものではありません。また、投稿コンテンツについての当該パートナー会員の責任を何ら軽減または免責するものではありません。そのため、本条の審査を経た投稿コンテンツであっても、掲載後、次項に基づく当社による取り下げ等の対象となることがあり、その他、パートナー会員の責任を定める条項を含め当該投稿コンテンツに対して各条項の適用があることに何ら変わりはありませんので、ご注意ください。
3.当社は、本会則、コンテンツ基準に違反する投稿コンテンツを発見した場合、予告なく、当該コンテンツを取り下げ、または内容を訂正する場合があり、かかる当社の対応についてパートナー会員は予め承諾するものとします。なお、取り下げや訂正対象に該当するか否かの判断は、全て当社が行います。また、取り下げや訂正に起因してパートナー会員等に損害が生じたとしても、当社は一切の責任を負いません。
4.当社は、誤字脱字などパートナー会員にとって不利益であると当社が判断した内容をコンテンツ内で発見した場合、予告なく、当該投稿コンテンツの該当箇所を訂正する場合があり、かかる当社の対応についてパートナー会員は予め承諾するものとします。
5.パートナー会員は、自らの操作で、一度掲載したコンテンツを取り下げ、または内容の訂正をすることはできません。一度投稿したコンテンツを取り下げるには、パートナー会員において、当社が指定する方法に従って当社に依頼し、当社の操作により取り下げ、または訂正を行う必要があります。

第9条 投稿コンテンツの知的財産権

1.パートナー会員は、投稿コンテンツに関わる著作権を含む一切の知的財産権を有し、または権利者である第三者から適切に許諾を受けており、他者の知的財産権、肖像権、プライバシー、名誉等を侵害していないと保証するものとします。
2.パートナー会員は、当社に対し、本会のサービスの円滑な提供、当社と本会の広報活動において、投稿コンテンツを無償で非独占的に利用することを許諾するものとします(パートナー会員が投稿コンテンツについて第三者から許諾を受けている場合は、本項の当社に対する許諾についても当該第三者から許諾を得ることを含みます。)。
3.パートナー会員は、「BRIDGE」の提携メディアに対し、報道目的で利用する限り、投稿コンテンツを無償で非独占的に利用(ただし、提携メディア以外において、有償目的で投稿コンテンツを利用する行為(投稿コンテンツの内容の訂正について対価を取得するなど、コンテンツに関連して何らかの対価を取得する行為等を含みますが、これに限られません。)を除きます。)することを許諾し、その利用に関して一切の異議を述べないものとします。なお、提携メディアでの利用は必ずしも投稿コンテンツの全文ではなく、一部が掲載対象から除外される可能性があることを予め許諾するものとします。
4.パートナー会員は、「BRIDGE」の閲覧者に対し、著作権法(昭和45年法律第48号)上の「私的使用のための複製」や「引用」の範囲で、投稿コンテンツの利用を許諾するものとします。
5.パートナー会員が本会のサービスを利用したことによって、第三者が投稿コンテンツの知的財産権を侵害したとしても、当社は一切の責任を負いません。

第10条 イベント参加

1.パートナー会員は、当社が開催するイベント「BRIDGE Tokyo」への参加の権利を得られるものとします。
2.パートナー会員は、「BRIDGE Tokyo」内で自らのコンテンツを告知するため、当社の指示に従って、「BRIDGE」にて告知コンテンツを掲載して参加者を募集することができるものとし、その参加企画や告知コンテンツの詳細な内容については当社と決定するものとします。
3.パートナー会員は、「BRIDGE Tokyo」において、他の参加者にとって有益な学びに繋がるよう、独自の知識・経験を共有する内容を提供し、将来の共に働く個人と出会える熱のある会社の紹介を心掛け、他の参加者と丁寧なコミュニケーションを図るものとします。

第11条 パートナー会員資格の喪失

当社は、パートナー会員が、以下のいずれかの事由に該当すると判断した場合は、事前に通知または催告を必要とすることなく、投稿コンテンツの削除またはイベント参加資格の喪失、もしくはパートナー会員に与えられる資格の全てを抹消することができます。なお、本条に基づき当社が行った行為によりパートナー会員(資格喪失後の場合は旧パートナー会員)に生じた損害について一切の責任を負いません。

(1)本会則のいずれかの条項に違反した場合
(2)退会の申し入れがあり、当社がこれを受理した場合
(3)破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始もしくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合
(4)当社からの問合せその他の回答を求める連絡に対して30日間以上応答が無い場合
(5)死亡した場合
(6)公序良俗に反する行為を行った場合
(7)入会から1年以上活動が認められない場合
(8)その他、当社が本会への参加(登録)、本会の利用、また本会での活動の継続を適当でないと判断した場合

第12条 会費

1.パートナー会員の基本会費は無料とします。
2.特別協賛に申込をしたパートナー会員については、別途定める協賛費用を指定の期日内に支払うものとします。特別協賛により得られる特典等については別途定めるものとします。

第13条 免責

1. 当社は、本会のサービスにおいて掲載したコンテンツ、広告、商品、サービスの内容について一切の責任を負わないものとします。本サービス中に表示される広告の広告主との取引は、利用者と当該広告主の責任において行われるものとします。当社は、当社に故意又は重大な過失がある場合を除き、それらのコンテンツ、広告、商品、サービス等に起因又は関連して生じた一切の損害(間接的損害を含みますがこれに限りません)について賠償する責任を負わないものとします。
2. 本サービスの利用は、利用者自身の判断と責任において行われるものとします。当社は、本サービス上で掲載されているコンテンツの正確性、完全性、最新性、有用性及び安全性等を一切保証せず、本サービス中に掲載されているコンテンツに基づき行われる取引に起因する利用者の損害については一切の責任を負わないものとします。
3. 利用者は、当社に故意又は重過失がある場合を除き、一切の損害について当社が賠償責任を負わないことに同意するものとします。なお、当社に故意又は重大な過失がある場合であったとしても、当社の損害賠償は、利用者に直接かつ現実に生じた通常の損害のみを対象とし、かつ、あらゆる損害に対する当社の損害賠償額の合計は、当該損害発生時点から遡って、当該利用者が6ヵ月以内に当社に支払った利用料金の総額又は1万円のいずれか高い方の金額を上限とします。
4. 当社は、運用上、技術上、あるいは天災地変その他非常事態の理由から、利用者に通知することなく一時的に本サービスの提供を中断又は利用の制限をすることがあります。また、同様の理由から、本サービスの提供に遅滞を生ずることがあります。この場合に利用者が損害を被ったとしても、当社は一切の責任を負わないものとします。

第14条 禁止事項

パートナー会員は、本会への参加および本会の利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為または該当すると当社が判断する行為をしてはなりません。

(1)法令、公序良俗に反する行為、またはそれらの恐れのある行為
(2)本会の運営を妨げる行為、その他運営に支障をきたす恐れのある行為
(3)本会、パートナー会員、第三者もしくは当社に迷惑、不利益もしくは損害を与える行為、またはそれらの恐れのある行為
(4)犯罪行為、犯罪行為に結びつく行為若しくはこれを助長する行為又はその恐れのある行為
(5)本会の信用を損なう行為又はその恐れのある行為
(6)その他、当社または本会が不適当と合理的に判断する行為

第15条 本会の停止等

1.当社は、以下のいずれかに該当する場合には、パートナー会員に事前に通知することなく、本会におけるサービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。
(1)本会および「BRIDGE」に係るコンピューター・システムの点検または保守作業を緊急に行う場合
(2)コンピューター、通信回線等が事故により停止した場合
(3)地震、落雷、火災、風水害、停電、天災地変などの不可抗力により本会の運営ができなくなった場合
(4)その他、当社が停止または中断がやむを得ないと判断した場合

2.当社は、本条に基づき当社が行った措置に基づきパートナー会員に生じた損害について一切の責任を負いません。

第16条 反社会的勢力の排除

1. パートナー会員等は、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下総称して「反社会的勢力」といいます。)に該当しないこと、及び次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約します。
(1)反社会的勢力が経営を支配していると認められる関係を有すること
(2)反社会的勢力が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
(3)自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってする等、不当に反社会的勢力を利用していると認められる関係を有すること
(4)反社会的勢力に対して資金等を提供し、又は便宜を供与する等の関与をしていると認められる関係を有すること
(5)役員又は経営に実質的に関与している者が反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有すること

2. 当社は、パートナー会員が反社会的勢力若しくは第1項各号のいずれかに該当し、若しくは前項各号のいずれかに該当する行為をし、又は第1項の規定にもとづく表明・確約に関して虚偽の申告をしたことが判明した場合には、自己の責に帰すべき事由の有無を問わず、パートナー会員に対して何らの催告をすることなく、当該会員との一切の契約を解除し、かつ、当該会員の会員資格の抹消をすることができます。
3. パートナー会員は、前項により当社が契約の解除および会員資格の抹消をした場合、当該パートナー会員に損害が生じたとしても当社がこれを一切賠償する責任はないことを確認し、これを了承します。

第17条 事例の公開

1. 当社または本会は、パートナー会員から特段の申入れがない限り、本会の会員として、パートナー会員の企業名を公開することができます。
2. パートナー会員は、当社または本会が前項に基づいてパートナー会員の企業名を公開する際に、当該パートナー会員のロゴ、商標等を使用することを予め許諾します。

第18条 準拠法及び専属的合意管轄

本会則は、日本法に準拠し解釈されます。本会則及び本会の活動から生じる紛争について、東京地方裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上