THE BRIDGE

D01_ロボティクス/ドローン/モビリティ

エアバス、自動運転技術と画像認識で航空機の自動離陸に成功

SHARE:

Airbus の航空機は、コンピュータービジョンシステムによる自動運転技術を使って離陸に成功し、自律飛行への新たな一歩を踏み出した。 Airbus は16日、テスト内容を発表したが、実際の飛行は2019年12月18日に行われた。飛行テストの乗組員には2人のパイロットに2人のフライトエンジニア、そして1人のテストフライトエンジニアが含まれていた。4時間の間に8回の離陸テストが行われた。 航空機は通常…

自動運転で離陸するエアバスの航空機
Image credit: Airbus

Airbus の航空機は、コンピュータービジョンシステムによる自動運転技術を使って離陸に成功し、自律飛行への新たな一歩を踏み出した。

Airbus は16日、テスト内容を発表したが、実際の飛行は2019年12月18日に行われた。飛行テストの乗組員には2人のパイロットに2人のフライトエンジニア、そして1人のテストフライトエンジニアが含まれていた。4時間の間に8回の離陸テストが行われた。

航空機は通常、離陸時にパイロットを誘導する目的で滑走路上に送信されている電波を利用した計器着陸装置(ILS)と交信している。フライトを開始するには従来の空港インフラが必要だ。

巨大航空機メーカーの同社が実施した今回のテストでは、画像認識システムを航空機内に搭載することにより、パイロットによる操縦や ILS との交信無しに離陸することを可能にした。

Airbus のテストパイロットである Yann Beaufils 機長は声明で次のように述べている。

歴史的なテスト飛行の間、航空機は期待通りに動いてくれました。滑走路上でアライメントを完了し、管制官の許可を待つ間、自動操縦を行いました。スロットルレバーを離陸設定にして、機体を監視しました。システムに入力した通りの回転速度で滑走路のセンターラインを維持しながら、自動的に動き出し、加速を始めました。予定された離陸のピッチ角をとるために機首が自動的に上がり始め、そして数秒後、私たちは離陸しました。

同社は様々な自律飛行プロジェクトに投資している。2018年、シリコンバレーにある A³ lab が開発中の自律型電動飛行タクシーVahana」をテストした。前年には、モジュール輸送システムの Pop.Up を公開した。ドローンを使用して自動運転車の乗客カプセルを空中に浮かび上がらせ、そのまま目的地まで運ぶという。

Airbus によると今回の自動離陸テストは、Autonomous Taxi, Take-Off & Landing(ATTOL)プロジェクトと呼ばれる、幅広い取り組みの新たなマイルストーンだとしている。同社はテストを通じて、このようなシステムが全ての輸送車両にどのような影響を与えるかを調査している。

今年中には、画像認識による自動運転タキシング(地上移動)と着陸シーケンスのテスト飛行を実施する予定だという。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

中国2番手の配車サービス「Dida Chuxing(嘀嗒出行)」、上場前に3億ドルの調達予定か

SHARE:

中国の配車プラットフォーム「Dida Chuxing(嘀嗒出行)」は1月17日、Tencent(騰訊)を含む投資家らから最大3億ドルの上場前資金を集めていると中国メディアに報じられた。 重視すべき理由:北京に拠点を置くDida Chuxingは、中国で2番目に大きい配車サービスであり、企業収益性が高いと言われる数少ないサービスの1つである。 もし調達目標額を集めることができれば、同社は減速気味の配…

technode.com-nio-backed-ride-hailing-platform-dida-targets-300-million-funding-before-ipo-wechatimg114-scaled
Image credit: Dida Chuxing

中国の配車プラットフォーム「Dida Chuxing(嘀嗒出行)」は1月17日、Tencent(騰訊)を含む投資家らから最大3億ドルの上場前資金を集めていると中国メディアに報じられた。

重視すべき理由:北京に拠点を置くDida Chuxingは、中国で2番目に大きい配車サービスであり、企業収益性が高いと言われる数少ないサービスの1つである。

  • もし調達目標額を集めることができれば、同社は減速気味の配車サービス市場でシェアを拡大し続けることができる。

詳細:Dida Chuxingは米国での新規上場を申請する前、最終ラウンドで3億ドルもの資金を調達しようとしていると中国メディアが報じた

  • 同社はTencentを含む投資家と、米国上場を睨み、10億ドルの企業評価額で協議を行っていると情報筋は付け加えている。
  • ただ、Dida Chuxingの競合企業らは、2020年内にビジネス規模を1日あたり200万件の配車数にまで倍増する予定。現在、プラットフォーム上のトラフィックの約70%が配車サービスである。こうした企業は、2018年に発生した運転手による2人の乗客殺人に続いて、Dida Chuxingが全国のカープーリングサービスを停止したことの恩恵を受けている。レポートによると、Dida Chuxingのカープールサービスは、2019年半ばの時点で前年度比10倍にまで増加していた。
  • Dida Chuxingの広報担当者はTechNode(動点科技)へのコメントを控えた。
  • 2014年にHPの元役員であるSong Zhongjie(宋中杰)氏によって設立された同社は、359の都市でタクシーの相乗りサービスを提供している。12月時点でのユーザーベースの月間アクティブユーザー数は564万人(MAU)であり、当月は中国モバイルインターネット調査会社「Trustdata」が発表したDida Chuxingユーザー数全体における5分の1の規模であった。
  • 同社は9月に初めて利益を上げたと発表。主に広告・自動車整備・自動車保険などの配車サービスおよび付加価値ビジネスに起因した。ある企業幹部は、各配車オーダーからサービス料として1人民元から3人民元(16〜48円に相当)を請求すると述べた。
  • Dida Chuxingはこれまでのところ、最新のものを含む合計4回の資金調達ラウンドを記録しており、2017年3月にNio Capital(蔚来資本)から非公開額を調達している。
  • 2015年のシリーズCでは、中国China Renaissance Capital Investment(崇徳投資)がリードを務めながら1億ドルを調達。Nio(蔚来)の創業者William Li(李斌)氏によって設立されたナスダック上場自動車情報サービスプロバイダー「BitAuto」としても知られるYiche(易車)を含む既存の投資家がラウンドに参加した。
  • Nio Capitalは、電気自動車メーカーNioとSequoia China(紅杉資本)およびHillHouse Capital(高瓴資本)によって設立されたモビリティ重視のベンチャーキャピタル企業。 Li氏は2018年からDida Chuxingの会長を務めている。

背景:中国の配車サービス市場は減速し始めており、2019年の第3四半期に1日の総配車数が前年比6.3%減少し、5四半期連続で減少したとSanford C. Bernsteinのアナリストは報告書に記している。

  • レポートによると、ユーザー割引と利用プラットフォームからの補助金の削減が減少の主な要因だったとのこと。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

電動スクーター「Lime」が人員解雇、12市場から撤退

SHARE:

ピックアップ:E-scooter startup Lime shuts in 12 markets, lays off around 100 ニュースサマリー:電動スクーター・スタートアップ「Lime」が従業員の14%(約100名)を解雇し、展開する120を超えるマーケットのうち、12の都市でのサービス提供を終了すると報じられた。 Limeは2017年に米国サンフランシスコで創業され、累計7億65…

Screenshot 2020-01-12 at 11.28.10 AM
Image Credit: Lime

ピックアップE-scooter startup Lime shuts in 12 markets, lays off around 100

ニュースサマリー:電動スクーター・スタートアップ「Lime」が従業員の14%(約100名)を解雇し、展開する120を超えるマーケットのうち、12の都市でのサービス提供を終了すると報じられた。

Limeは2017年に米国サンフランシスコで創業され、累計7億6500万ドルの資金を調達を行い、世界各地でサービス急拡大を進めてきた。しかし、電動スクーター市場が急拡大し、資本集約型マーケットへと変容するにつれて生じた市場競争が同社の拡大に歯止めをかけている。

展開を終了したマーケットは、米国のアトランタ・フェニックス・サンディエゴ・サンアントニオの4つの地域。そしてラテン・アメリカのボゴダ・ブエノスアイレス・モンテビデオ・リマ・プエルトバヤルタ・リオデジャネイロ・サンパウロも終了する。欧州では唯一オーストリアのリンツがリストされている。

話題のポイント:本ニュースは、世界の電動スクーター市場の縮小を意味している訳ではありません。Limeだけでなく、同市場の覇権争いに参加する巨大プレイヤーらは過去1〜2年で同様にレイオフや市場撤退(BirdScootLyft, Skip)を行なっています。同時に新規市場への参入を実施しているため、着実にマーケット全体では拡大傾向が続いているのでしょう。

今回のレイオフ及び撤退に関してもLimeは焦りを見せてはいないようです。実際、AXIOSの見方では、Limeスクーターの寿命に技術的改善が施され、さらに競争力を高める見込みがあるからだと予想されています。また、競合プレイヤーの買収にも前向きな見方を示しているといいます。

冬は風が冷たく電動スクーターの利用率は下がります。そのため電動スクーター市場は夏に向けて徐々に加熱してゆきます。現在、各企業らは2020年の夏期のマーケット・シェア獲得に向け戦略の構築・技術的改善が続きそうです。

----------[AD]----------

2020年は〝空港無人化〟が進む——無人ロボットカフェ「Cafe X」が空港へ進出

SHARE:

ピックアップ:Cafe X shuts some of its robot coffee shops ニュースサマリー:ロボットがコーヒーを淹れる無人カフェ「Cafe X」が店舗を閉鎖したとAxiosが報じている。サンフランシスコの3店舗が対象で、2017年頃よりロボットアームが特徴的な無人カフェを香港・サンフランシスコダウンタウンにて展開を開始していた。 Cafe Xによれば、ダウンタウンの店舗…

P1133775_4_1080x.jpeg
Image Credit: Cafe X

ピックアップ:Cafe X shuts some of its robot coffee shops

ニュースサマリー:ロボットがコーヒーを淹れる無人カフェ「Cafe X」が店舗を閉鎖したとAxiosが報じている。サンフランシスコの3店舗が対象で、2017年頃よりロボットアームが特徴的な無人カフェを香港・サンフランシスコダウンタウンにて展開を開始していた。

Cafe Xによれば、ダウンタウンの店舗は一時的な実証実験の一環だったとし、昨年12月にサンフランシスコ空港(SFO)とサンノゼ空港(SJC)に新店舗を設立したことを強調。2020年は空港を中心に施設展開していくとした。

Capture.JPG
Image Credit: Cafe X

話題のポイント:2020年以降、空港店舗に「無人化」のトレンドが訪れると感じます。今回、Cafe Xが空港にバリスタロボット進出を果たしたように、24時間運営に需要がある環境「エアポート」に注目が集まりつつあります。

Amazon Goの「OMO戦略」でも触れましたが、Amazonは空港の不動産投資費用対効果に目を付け、無人コンビニの店舗拡大計画の一環として進出を進めているといいます。さらに、Amazon Goが中心商品として扱う「軽食」はダウンタウンの商品としては安価でありませんが、空港価格でいえば妥当なため販売促進が見込まれています。

Cafe XのCEO、Henry Hu氏によれば、過去2〜3年における街中での営業は消費者行動の分析を兼ねていたとAxiosに語っており、決してキャッシュフロー悪化によるシャットダウンでないとしています。つまり、実証実験の結果から同社のスイートスポットは空港であると結論付けたということでしょう。

ちなみに、空港における戦略で新しいものとえば、日本の成田空港・羽田空港に約300台ほど並ぶガチャガチャが想起されます。旅客のため、換金できない硬貨を最後の最後でお土産へと変身させることができることで世界中で話題となりました。旅行者需要を巧みに捉えた空港サービスと捉えられます。

さて、単なる「カフェ」でいえば、空港で求められるのは「コーヒーのクオリティー」より時間を過ごす場としての「環境」であると感じます。同社ウェブサイトを見る限り空港に設置されたロボットアームの”箱”(本記事最上部画像)は、自動販売機のような見た目で、いわゆるサードプレイスとしての環境提供を前提に置いていないことが分かります。

そのためCafe Xは空港をサードプレイスでなく、完全ロボット化を通した「圧倒的時短」による価値提供にこそ需要があると想定しているのかもしれません。この点で、Amazonが「無人店舗」戦略として空港に目を付けた背景とは大きく違ってきています。

いずれのケースにしろ、空港が環境として「無人店舗」と相性がいいことには変わりはなく、Cafe Xが空港における「圧倒的時短」への価値需要に対する仮説を証明できれば、今後より一層、空港のロボット化・自動化が進んでいきそうです。

----------[AD]----------

DIYの自動運転キット「Comma.ai」が再来、次代型のハードウェアを発表

SHARE:

※本記事は提携するVentureBeat「Comma.ai launches Comma Two, a $999 kit that imbues cars with assisted driving features」の抄訳になります。 市場アナリストは2020年までに1,000万台以上の自動運転車が道路に衝突すると予測していた。これは決して強気の予測ではなかった。 ところが、2016年になるとG…

comma_two-e1578431755389.png
Image Credit: Comma.ai

※本記事は提携するVentureBeat「Comma.ai launches Comma Two, a $999 kit that imbues cars with assisted driving features」の抄訳になります。

市場アナリストは2020年までに1,000万台以上の自動運転車が道路に衝突すると予測していた。これは決して強気の予測ではなかった。

ところが、2016年になるとGuardianとBusinessInsiderの2誌は、2020年から完全自動運転車に乗れるようになり、私たちが運転席に座ることはなくなり始めると予測。ただ、2025年には最大800万台の無人運転車が道路に追加されるという保証がある関わらず、未だ市場に自動運転は普及していないのが現状だ。

たとえば、AlphabetのWaymoのような自動運転企業でさえ、指定区域外でのオペレーション拡大を図れていない。大きな理由として、規制と技術の問題が挙げられるが、費用が足かせになる点が挙げられる。控えめな見積もりでも、1台あたり10万〜25万ドルの実装コストを必要とする。

そこで高額な費用ではなく、DIYによって自動運転を実現させたいとした人物がいた。それが5年前に登場したComma.ai創業者のGeorge Hotz氏である。Hotz氏はAppleのiOSを標的としたハッキングシステムを開発し、SonyのPlayStation 3をリバースエンジニアリングすることで有名な米国のハッカー。

2015年9月、Hotz氏は自動車に自動運転機能を吹き込む支援システム「OpenPilot」を開発。しかし、OpenPilotの立ち上げは多くの障害が立ちはだかった。Bloombergの記事で公開された最初のバージョンは、カリフォルニア州自動車局からの認可を受けず、免許なしで自動運転車をテストしたと非難された。

その後、OpenPilotは「Comma One」と呼ばれる出荷可能なデバイスにパッケージ化された。ただ、Comma Oneは米国連邦自動車安全基準に違反したため、再び当局に違反したと指摘される。結局、当局からの圧力を受け、Comma Oneの開発は断念しなければならず、GitHub上でOpenPilotはオープンソース化された経緯を持つ。

こういった経緯で8日に発表されたのが「Comma Two」になる。Comma.aiは以前、フロントガラスに取り付ける型の改良版OnePlusスマートフォンである「Eon Devkit」を販売していた。599ドルからの価格で、OpenPilotがインストールされるとCANネットワークトラフィックを分析することで自動車モデルが自動認識される。

Comma TwoはEon Devkitの機能をほぼ全て踏襲しているアップデート版。Comma Twoに搭載されているOpenPilotは路上カメラ・CAN・GPS・慣性測定ユニット・磁力計・温度センサー・オペレーティングシステムの情報を基に、Comma.aiの​​サーバーに運転データをリアルタイムでアップロードする。値段は1,000ドルから。最初の販売キットは300個ほど展開され、今すぐに購入可能だ。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

MaaSで注目したい13のケーススタディー

SHARE:

2018年、日本政府によって閣議決定された「未来投資戦略2018」。 同戦略では、インターネットの発展によって生じたあらゆるデータやAIを効率的に活用し、生活の最適化を推し進めていく考え「Society5.0」が語られています。具体的には、Society5.0の定義は次のようなものになります。 「サイバー空間とフィジカル(現実)空間を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立…

Capture.JPG
Image Credit: Finnish Ministry of Transport &di Communications, 2016 

2018年、日本政府によって閣議決定された「未来投資戦略2018」。

同戦略では、インターネットの発展によって生じたあらゆるデータやAIを効率的に活用し、生活の最適化を推し進めていく考え「Society5.0」が語られています。具体的には、Society5.0の定義は次のようなものになります。

「サイバー空間とフィジカル(現実)空間を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)」- Society 5.0とは – 内閣府

Society5.0を目指していくうえで重要となるセクターは以下の5つに分解されます。

  1. フィンテック/金融分野
  2. モビリティー
  3. コーポレート・ガバナンス
  4. スマート公共サービス
  5. 次世代インフラ

最もイメージしやすいのはフィンテックの分野でしょう。QRコードによるモバイルペイメント合戦など、日本においても金融文脈から実際に手に触れる機会が年々増えてきています。

一方、“モビリティー”と聞いても、日本では具体的なイメージは湧かないのではないしょうか。

海外に目を向ければ、たとえばUberやLyftによるタクシー市場のP2Pマーケットプレイス化、LimeやJUMPなどによるドッグレス型電動スクーターが街に浸透し始め、目に見えた変化でトレンドを負いやすい環境にあると思います。

また、「自動運転」技術に関してもこれからのモビリティーを大きく先導していくのは間違いないでしょう。最大手ともいえるテスラは今年末にCybertruckを発表したことで話題になりましたが、2020年度からは自動運転の配車サービス「robotaxi」にも着手することが既に発表されています。

自動運転タクシーに関して言えば、Google発のWaymoが今年末にセーフティードライバー無しの実証実験へ着手し始めるなど、2020年がターニングポイントとなることが予想できます。

ただ、Society5.0を前提としたモビリティーサービスはライドシェア、スクーター、自動運転以外にも数多く存在し、大きなインパクトを社会にもたらす可能性を秘めています。

今回は2019年に筆者がピックアップしたスタートアップの中でも、2020年以降盛り上がるだろうと考える「MaaS × 〇〇」のエリアに取り組むスタートアップを振り返っていきたいと思います。

海外

1. Miles

参考記事:排気ガスを出さない「理由」を作るMilesーー環境と「移動に価値を付ける」そのアイデアとは

  • Miles」は環境問題とモビリティーを融合させたリワード型アプリケーションを提供。ユーザーは様々な移動手段の中で徒歩や自転車など、CO2削減に貢献するほどリワードとして「マイル(ポイント)」を還元率高く獲得することが可能。たとえば徒歩移動をした際は実際の距離の10倍、自転車であれば5倍、Uberであれば2倍のポイントを獲得できる。

Milesは移動手段を利用して、環境問題への寄与を上手にわかりやすく価値化できていると思います。同社では積極的に市町村と共同でCO2削減プロジェクトを立ち上げ、街を挙げて「移動」のあり方をユーザーに訴求しています。

移動に対するインセンティブ設計をどう施すかが最大の難点でしたが、環境問題の解決につながるMilesのサービスを市町村にプログラムとして提供し、補助金として資金を得ることでエコシステムを作り出そうとしています。

2. Swiftly

参考記事:街の渋滞をビッグデータで解決、公共交通機関向けMaaS「Swiftly」が1000万ドル調達

スクリーンショット 0001-06-14 9.56.11.png

  • Swiftly」はバスや電車などの公共交通機関向けにMaaSプラットフォームを提供。位置情報ビッグデータを利用し、渋滞改善に対するルート改善策を企業・団体へ提供する。

Swiftlyは個人の「位置情報」に目を付け、街の流れを根本的に改善することを目指しています。特筆すべき点は、ロケーションデータを分析・可視化し、なぜ特定の場所で渋滞が起きているのかを探れる点にあるでしょう。

たとえば同社のプラットフォームを利用し、ある公共交通機関の停車駅と信号の位置が効率よく配列されていないことから渋滞が起きていることを突き止め、実際に解消させることも可能です。

3. Lilium

参考記事:2025年に空飛ぶタクシー実現目指す「Lilium」が描く“街と大自然を20分でつなぐ”生活

Capture.JPG

  • Lilium」は飛行型で電気自動運転車の開発・研究を実施。いわゆる「空飛ぶタクシー」を開発する同社は価格帯を重要視しており、誰でも利用できる料金設定で2025年を目途に商用利用を目指す。

空飛ぶタクシーの最大の魅力は、都市問題・人口集中問題解決へ向けたソリューションを期待できる点にあります。同社CEOの発言にもある様に、低価格な空飛ぶタクシーが当たり前となれば、森に囲まれた家を持ちながら都会で働くことが実現できます。また、新たな交通手段が増えることで都心で深刻化する渋滞問題の解消も期待できるでしょう。

空飛ぶタクシーはUberもUberAirプロジェクトで実証実験段階に入るなど、市場全体では5年を目途に実用段階へ入る雰囲気を見せています。2025年ごろには今の私たちがUberを使うような感覚で(金額的にも)空を移動手段に利用できるのも夢でないかもしれません。

4. Blackbird

参考記事:プライベートジェットを民主化するBlackBird、「空のシェアエコ」はどのような経済圏を生み出すか

Capture

  • BlackBird」はプライベートジェットやパイロットをユーザーとマッチングさせ、航空機のシェアリングプラットフォームを提供。短中距離の移動手段に特化しており、低価格かつ短時間の空移動の体験の実現を目指している。

BlackBirdも空の移動に目を付けたスタートアップです。参考記事のタイトルにもある様に、プライベートジェットの民主化を図るため「空のシェアエコ」の概念を作り出した先駆けと言えます。たとえばアメリカのように、距離としてはそこまで遠くないが、山越えがあり車だと時間がどうしてもかかってしまう際の、最適な移動ソリューションとなる、といった具合です。

5. Aero

参考記事:オンデマンドプライベートジェット「Aero」が1,600万ドル調達ーーBlackJetの失敗を教訓に、空路のシェアエコ再挑戦

  • Aero」はミレニアル世代やジェネレーションZ世代をターゲットとしたオンデマンド型プライベートジェットのマッチングプラットフォームを提供。同社は飛行機を管理せず、プライベートジェット運用企業とパートナシップを組む。利用者は大手エアライン利用者に使われる空港ではなく、プライベート空港から飛行機に搭乗する。

Aeroは一見上述したBlackBirdと類似しています。しかし、BlackBirdでは移動がメインのため航空機もヘリコプター型に近いものが多いですが、Aeroでは私たちがイメージする通りの「プライベートジェット」を提供しています。

Blackbirdが2〜4人ほどの航空機であるのに対し、Aeroでは飛行機型で数十人搭乗できる設計となっています。インテリアもBlackBirdが簡易的であるのに対し、Aeroでは内装を重視し「空の移動+体験」な空間を作り出していると言えます。

価格帯はカリフォルニア州オークランドから、コロラド州テルライドまで2時間のフライトを予約した場合一人当たり約900ドルとなっており、通常フライト価格の3〜4倍となってます。

国内

1. Whill

参考記事:WHILLが仕掛ける「歩道版Uber」、50億円を調達して新たなMaaSビジネスを開始へ

Capture.JPG

  • Whill」は高齢者や障害を持った、移動に問題を抱える層をターゲットとしたモビリティー製品を提供。年齢や障害を理由に「移動」が制限されない世の中を目指す。

Whillでは電動車いすを開発します。加えて、MaaSプラットフォームとして公共交通機関とタッグを組み、利用者がシームレスな移動を経験できる仕組みを作り上げているのが特徴的といえます。同社HPでは、MaaSプラットフォームとのコラボレーション先として病院、空港、ミュージアム、ショッピングモール、歩道(サイドウォーク)、テーマパークを挙げており実用化が期待されています。

2. LUUP

参考記事:人口減少時代を「移動」で救え!C2Cサービスの移動インフラを目指す「LUUP」ーー電動キックボードのシェアリング事業で5自治体が連携

luup_002

  • LUUP」は日本で電動キックボードのシェアリングサービスを展開。2019年末には、沖縄のリゾート施設にて初の実証実験を開始し、国内マイクロモビリティーをリードしている。

電動キックボードの規制が未だ厳しい国内市場です。LUUPは着実に実証実験の回数を重ね、自治体や観光に目を付けて同社プロダクトの浸透を進めています。マイクロモビリティーに関する国内動向を追う上で欠かせないスタートアップであることは間違いないでしょう。

3. Maas Tech Japan

参考記事:Beyond MaaSを見据えた「理想的な移動社会」への挑戦ーービジネス効率化の旗手たち/MasS Tech Japan代表取締役CEO 日高 洋祐氏

  • MaaS Tech Japan」は、MaaSに関わるデータプラットフォームを各公共交通機関や企業に提供する。経済産業省・国土交通省が進めるスマートモビリティチャレンジにおける実証実験に参加するなど数多くのPoCを進めている。

MaaS Tech Japanでは、総合MaaSソリューションを提供するため、数多くの実証実験からビッグデータを収集・解析している段階にあります。日本においては、MaaSのビッグデータを収集解析する企業は耳にすることが少なく、エンタープライズとMaaSスタートアップの貴重な架け橋になることを目指しています。

4. Carstay

参考記事:新進気鋭の起業家が大物キャピタリストとアイデアを磨きあげる合宿イベント「Incubate Camp 12th」が開催

  • Carstay」はバンライフ実現のためのバンシェアプラットフォームを提供。新しい移動の形を宿泊と結びつけている。インバウンド観光客が増える中で大きな問題となっている宿不足の問題を、移動可能な宿としてバンを共有し、車中泊体験の提供で解決しようとするスタートアップ。

モビリティーとトラベルを繋ぎ合わせる比較的珍しいスタートアップです。移動の概念を宿泊の観点を盛り込むことで根本的に変えることを目指しています。同社が参入する領域はラストワンマイルのようにMaaSにとって重要なセクターとなると思います。

番外編

JR東日本

Capture.JPG

JR東日本」はモビリティー変革コンソーシアムを結成するなど、主体的に移動の新たなコンセプト構築に取り組んでいます。身近な取り組みでいえば、朝の通勤時間帯の混雑を緩和する対策として有楽町線での「S-Train」の導入や、SUICAを中心としたモビリティーとその他観光業との融合などが挙げられます。

小田急電鉄

Capture.JPG

小田急電鉄」では中期長期計画に「モビリティ × 安心・快適」とした施策を挙げるなど、JR東日本と同様にMaaSに取り組んでいます。

MaaSの先駆けと言えるフィンランド・ヘルシンキにてWhimを運営するMaaS Globalともデータの連携やサービスのパートナシップを結んだことも今年10月には発表しました。小田急は通勤通学に多用されていますが、箱根のように東京から少し離れた観光地へアクセスす手段も提供します。そのため、外国人観光客とMaaSを組み合わせた事業も今後オリンピックを機に増えていくと考えます。

トヨタ自動車

多様な仕様のe-Palette Concept
TOYOTA

「TOYOTA」は言わずと知れたモビリティー企業ですが、自動運転の発展のためにMaaS文脈は不可欠と捉え研究開発を進めています。昨日のCESでは大きな発表もありました。

<参考記事>

昨年には、e-Palette Conceptを発表し、自動運転×MaaSをトヨタなりに提示しUberとパートナシップを結んでいます。また、2019年にはソフトバンクとの共同出資にて新会社「MONET Technologies」を設立し、人の流れや人口分布、交通渋滞や車両の走行ログなどを統合的に絡めたデータプラットフォームを活用していくことを公開しています。

MOBI (Mobility Open Blockchain Initiative)

Capture.JPG

MOBI」はブロックチェーンをMaaSで活用することを目指し設立した団体です。メンバーには既存モビリティー企業であるHONDAやFord、GMなどが参加し、IBMやアクセンチュアその他ブロックチェーンスタートアップ企業がコラボレーション可能な環境となっています。

なかでもV2X(Vehicle to Everything)文脈とブロックチェーンをうまく掛け合わせ、ビッグデータルートからモビリティー問題解決を目指すMaaSプラットフォームとは一線を画し、MaaSソリューションの最先鋒となると考えています。

----------[AD]----------

中国の自転車レンタル市場で一抜け「Hello Global(哈囉出行)」3億ユーザー突破

SHARE:

Ant Financial(螞蟻金服)が支援する中国の自転車レンタルプラットフォーム「Hello Global(哈囉出行)」は1月6日、発表された2019年の年次報告書にて、3億人以上の登録ユーザーを抱える中国最大の自転車アプリになったと発表した。 重視すべき理由:中国の自転車レンタルブームが冷え込む中、後発企業であるHello Globalは、低所得者層地域への注力、自転車レンタル以外のビジネス…

DSC02665.jpg
A Hellobike rider waits for traffic on the streets of Shanghai on March 22, 2019. (Image credit: TechNode/Eugene Tang)

Ant Financial(螞蟻金服)が支援する中国の自転車レンタルプラットフォーム「Hello Global(哈囉出行)」は1月6日、発表された2019年の年次報告書にて、3億人以上の登録ユーザーを抱える中国最大の自転車アプリになったと発表した。

重視すべき理由:中国の自転車レンタルブームが冷え込む中、後発企業であるHello Globalは、低所得者層地域への注力、自転車レンタル以外のビジネス拡大、Alibaba(阿里巴巴)のフィンテック部門である Ant Financialの支援により、競合企業「Mobike(摩拜単車)」と「Ofo(小黄車)」を追い越している。

  • データインテリジェンスプラットフォーム「Quest Mobile(貴士移動)」のデータによると、Hello Globalは2019年6月にアプリの月間アクティブユーザー(MAU)が2190万、Alipay(支付宝)上のミニプログラムでMAUが4160万で月間アプリランキング1位になった。なお、 Mobikeは同期間に1,318万MAU、Alipayミニプログラム(支付宝小程序)で3,580万MAUを記録した。
  • Hello GlobalやMobikeを含む中国の自転車レンタル企業は、持続可能なビジネスモデルへの移行を目指して、レンタル料金を引き上げている。

詳細:Hello Globalは中国内360の都市で事業運営をしており、電動自転車のレンタルサービスは全国260の都市で利用できる。 2019年1月に開始されたHello Globalのカープールサービスは300以上の都市で運営されている。

  • Hello Globalのユーザー層の約70%は1980年および1990年以降に生まれた、インターネットに精通したセグメントで構成されている。ただ、報告によると他の年齢層のユーザーが増加傾向にあるとのこと。 1960年および1970年以降に生まれたユーザーの割合は20%を超え、2000年以降のユーザーセグメントは10%に近づいている。
  • 2019年時点で合計475件の特許を登録。170件以上が発明特許であり、130件以上が出願特許であると述べた。
  • 設立以来3万を超える運用業務の職業を生み出しており、全従業員の15%は40〜50歳である。
  • 広報担当者によれば、“Hello Bike”および“Hello Transtech”の名前を利用していたが、モビリティ業界全体に拡大する2019年から“Hello Global”の名前を使用し始めたという。

背景:MobikeとOfoが登場したその2年後の2016年に立ち上がったHello Globalは、中国の小規模都市に事業を集中させた最初の自転車シェア事業者として急速に注目を集めた。

  • Hello Globalは、2017年10月に上海市場に上場した競合企業「Youon Bike(永安)」と合併した。
  • Ant FinancialはHello Globalが実施した7つの資金調達ラウンドのうち4つに参加。合計で18億ドルを調達した。
  • 中国の自転車レンタル市場は2018年に108億人民元(約1億5500万ドル)の規模があったという。分析機関のデータによると、低所得者層都市の成長と自転車レンタルサービスの市場理解浸透により、前年比73%の成長を果たしたという。ただ、レポートによると、2019年の市場成長率は前年比33%にまで減少すると予想されている。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

CES 2020: Lora DiCarlo、小型ロボット技術を採用したセックストイの新モデル2種を公開

SHARE:

CES は CEX になりつつあるように思う。去年騒乱を始めたセックストイスタートアップの Lora DiCarlo は、CES 2020 の展示フロアに参加し、2つの新しいマイクロロボットのセックストイを公開する。 Lora DiCarlo は CES 2019 で多くの注目を集めた。CES を組織する Consumer Technology Association(全米民生技術協会)は、Lor…

Osé の「Onda」は、小型ロボット技術を使って G スポットオーガズムをシミュレートする。
Image Credit: Lora DiCarlo

CES は CEX になりつつあるように思う。去年騒乱を始めたセックストイスタートアップの Lora DiCarlo は、CES 2020 の展示フロアに参加し、2つの新しいマイクロロボットのセックストイを公開する。

Lora DiCarlo は CES 2019 で多くの注目を集めた。CES を組織する Consumer Technology Association(全米民生技術協会)は、Lora DiCarlo 初の女性向けセックスグッズ「Osé」の CES 出展を禁じた。5月、CTA は CES をより「歓迎的かつ包括的」にするためにポリシーを緩和・更新した

その結果、Lora DiCarlo、OhMiBod、Lioness などセックストイの大人のおもちゃメーカーは、CES の特定のセクションで来週展示することを計画している。一部の人々はこの変更を包括的として歓迎したが、規則についていまだに辛い思いをしている出展者もいる。CES は、ポルノメーカーが数年前に分裂して独自のイベントを組織、その後、ポルノメーカーは CES に戻ることを許可しないことに反対している。

追放されている間、ほとんどが女性のエンジニアである Lora DiCarlo のチームは忙しかった。同社は290ドルのOsé(12月の発表から数時間以内に100万ドル以上、2019年の最後の5週間で300万ドル以上を売上)のプリセールスを開始し、現在2つの新しい「生体模倣快楽デバイス(bio-mimetic pleasure devices)」を展開している。

同社のCEO兼創業者である Lora Haddock DiCarlo 氏は、この論争が変化の媒介となり、「性の平等に関する重要な一般からの議論を引き起こし、すべての CES 参加者にとってより安全で包括的な環境を作り出した」と声明で述べた。

人々は今、性的健康が全体的な幸福の重要な部分であることを認識している。技術で強化された体験が、睡眠の改善、ストレスの軽減、気分の改善など、いかに健康感を高めるかということについてだ。(Lora Haddock DiCarlo 氏)

2つの製品「Baci」と「Onda」の見栄えはそれぞれ異なり、違った種類のオーガズムに達成することを意図して設計されている。

Baci

Osé シリーズの「Baci:は、人間の舌の感触をシミュレートする。
Lora DiCarlo

Baci は、人間の唇と舌の感触と動きをシミュレートする直感的なマイクロロボット快楽デバイスであり、オーガズムにつながる漸進的なクリトリスの喜びを作り出す。

Onda

Onda は、人間の指の自然な誘惑の動きを再現し、とらえどころのない G スポットオーガズムを実現する小型マイクロロボット快楽デバイスだ。

Baci と Onda は、Osé とともに、人々が自分のセクシュアリティを探求し、性的健康と全体的な健康の関係性発見の支援を目的としてる。

Osé

Osé は Lora DiCarlo が特許申請中の小型のマイクロロボットのセックストイで、ヒトのタッチを模倣するように設計されている。オレゴン州立大学工学部との提携で作成された Osé には約250の部品があり、これはヒト成人の骨の数よりも多い。

Lora DiCarlo は、それが Osé が非常に複雑で、多くのテクノロジーからなることを示している、と述べている。柔軟なボディとカスタムコントロールにより、ソロまたはパートナーのどちらの使用でも、G スポットとクリトリスを同時に刺激してブレンドオーガズムを醸成できる。

製品の売上高は、顧客の約46%が性別選択無または女性のアカウントによるものなので、反対に全体のプリセールスの約54%が男性であることを示している。Oséは主に女性と LGBTQ+ の消費者に焦点を当てているため、この割合は、パートナーが求めるメリットを体験したいと考える男性など、すべての性別の人に Osé をどのようにアピールしているかを示している。

Lora DiCarlo と同社の製品シリーズは、Sands Expo、ホールA〜D、ブース #43943 に出展予定。Baci と Onda は3月に発売される。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

CES 2020: トヨタ、静岡県裾野市にAI・ロボット・持続可能エネルギーの実証都市「Woven City」の建設を発表

SHARE:

トヨタの「Woven City」は、ロボティクス、スマートホーム、自動運転車、IoT、デジタルヘルス、持続可能エネルギーなど、幅広い技術を組み合わせたものとなる予定。 175エーカー(約70.8万平方メートル=東京ドーム約15個分)の土地に建設される。 トヨタはラスベガスで開催されている CES 2020 で、Woven City のビジョンを明らかにした。豊田氏によると、同社は8ヶ月前から計画を…

Image credit: Dean Takahashi / VentureBeat

トヨタの「Woven City」は、ロボティクス、スマートホーム、自動運転車、IoT、デジタルヘルス、持続可能エネルギーなど、幅広い技術を組み合わせたものとなる予定。 175エーカー(約70.8万平方メートル=東京ドーム約15個分)の土地に建設される。

トヨタはラスベガスで開催されている CES 2020 で、Woven City のビジョンを明らかにした。豊田氏によると、同社は8ヶ月前から計画をスタートし、それがようやくビジョンを公表できる段階に至ったと言う。

歩行者、自転車とスクーター、自動運転車の3種のレーンを備えた道路が敷設される予定。

我々がいつ始めるのか、誰もがそう思っていると思う。(豊田氏)

初の画期的な出来事は2021年に起こるだろう。

これは、私の個人的な夢の舞台とも言える。皆さんがそれを築くことで、それらは現実のものとなる。(豊田氏)

このアイデアは、ゼロから都市を作る方法を試験しようとするものだ。トヨタでは、同社の研究者・従業員、彼らの家族、退職者、小売業者、学生などを集めたいと考えている。同社は先にバーチャル上にこの都市を建設する計画で、そこでアイデアをテストしたり、誤りから学んだりすると、豊田氏は語った。

AI に否定的な意味合いが含まれる世界で、AI を 知能増幅(Intelligent Amplified)にしたいと考えている。今、あなたは、この男(豊田氏自身のこと)が自分を失ったと思うかもしれない。彼は、日本版の(「夢のチョコレート工場」で知られる)ウィリー・ウォンカだろうか?(豊田氏)

富士山の見える場所で、新しい種類の都市を共に生み出す機会になると思う、と豊田氏は語った。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

マッスルスーツ事業のイノフィスが35億円調達

SHARE:

作業支援ロボットを開発する「イノフィス」は12月25日、ハイレックスコーポレーション、Fidelity International、ブラザー工業、フューチャーベンチャーキャピタル、ナック、TIS、東和薬品、トーカイ、ビックカメラ等を引受先とする第三者割当増資の実施を公表している。調達した資金は35億3000万円で、出資比率などの詳細は非公開。 同社が販売するマッスルスーツは、空気圧で稼働する人工筋…

Screen Shot 2019-12-26 at 8.19.55 PM.png
Image Credit: イノフィス

作業支援ロボットを開発する「イノフィス」は12月25日、ハイレックスコーポレーション、Fidelity International、ブラザー工業、フューチャーベンチャーキャピタル、ナック、TIS、東和薬品、トーカイ、ビックカメラ等を引受先とする第三者割当増資の実施を公表している。調達した資金は35億3000万円で、出資比率などの詳細は非公開。

同社が販売するマッスルスーツは、空気圧で稼働する人工筋肉のはたらきで動作を補助する装着型の作業支援ロボット(アシストスーツ)。人を抱え上げる、重い物を持ち上げる、中腰姿勢を保つ、といった作業時に腰の負担を低減する効果を発揮し、腰痛の予防、労働環境改善や人手不足対策に貢献。シリーズ累計販売台数は5,000台を突破している。

via PR TIMES

----------[AD]----------