Canvas 8月号:飲食ECのShopify化

BRIDGE Canvasはスタートアップに関するニュースやトレンド、ノウハウなどをお届けするメンバー向けマガジンコンテンツです。※現在テスト配信中です

Why This Matters:トレンドとその背景
Story:取材ストーリーやコラム
Archive:今月のニュース

欧米・アジアのトレンド情報や、国内スタートアップのニュースを毎週更新いたします。また、気になるスタートアップに直接聞けるテーマざつだん「Tokyo Meetup」へのご参加、オリジナル記事等の配信も実施いたします。

8月号は毎週金曜日に更新予定です。

飲食 EC の Shopify 化

今週の話題(8月23日〜27日):フードデリバリ「Chompy」、飲食店が自前モバイルアプリを容易に始められる新サービスをβローンチ

後発ながらも特徴あるフードデリバリサービスを展開していた「Chompy」が、創業2年目にして自らも「第二の創業」のピボットです。簡単に言えば、これまではフードデリバリの Amazon や楽天を目指していたが、これからはフードデリバリの Shopify を目指すということになります。

飲食ブランド向けに、フードデリバリアプリをホワイトラベル展開

飲食店ビジネスを飲食店のもとに

キャッシュを燃やし続ける戦いからの脱却

クリエイターエコノミー新局面

今週の話題(8月16日〜20日):デジタルフリマ「elu」開始2カ月・5,000人が2,500万円売買の好発進、クリエイターエコノミーは新たな局面へ

アルが提供するデジタルコンテンツのマーケットプレイス「elu」が正式公開。本誌でも独自の取材記事を掲載し、その立ち上がりについてお伝えしました。

デジタルフリマ「elu」開始2カ月・5,000人が2,500万円売買の好発進、クリエイターエコノミーは新たな局面へ

流通総額は2カ月で2500万円

クリエイターエコノミーとは

フルタイムで稼ぐクリエイターは世界200万人

 


メタバースで世界戦へ

今週の話題(8月9日〜13日):オールインでも届かなかった世界戦/Thirdverse 國光×本間対談(1/3)

「ソード・オブ・ガルガンチュア」などのVRゲームを手がけるThirdverseが新たな船出を発表しました。シリーズAおよびBラウンドで20億円を調達し、gumi創業者で7月末に同社を退任した國光宏尚氏が代表取締役に就任しています。本誌でも特別対談を掲載いたしました。

写真左から:國光宏尚氏と本間真彦氏

Animoca Brandsが出資

メタバースとはなにか

オールインしても難しかった世界戦

 


潮目が変わるEC市場

今週の話題(8月1日〜5日):10%が見えてきたEC化率、物販系の市場成長率は脅威の22%に

7月末に新しいECに関するレポートが出ていました。2020年の国内の消費者向けEC市場規模は19.3兆円で金額こそ2019年の19.4兆円とほぼ変わらず、マイナス830億円・前年比0.43%減という結果なのですが、内訳が大きく変わっているようです。

令和2年度産業経済研究委託事業(電子商取引に関する市場調査)

大幅に伸びた物販系EC

EC化率は増加率に注目

ついに動いた食品EC

 


注目の数字とトレンド

今月特に注目を集めた数字やキーワードをお伝えします。

Photo by Pixabay from Pexels¥

8%を超えたEC化率

Play to Earn(遊んで稼ぐ)


今月の調達ニュース

今月の国内スタートアップの主要な資金調達ニュースをお届けします。

ブロックチェーンで貿易手続をデジタル化、トレードワルツが2回目となるラウンドで9億円を調達(8月26日)

社会人教育SaaS「Schoo(スクー)」、シリーズDで7億円を調達——BIGらから(8月26日)

インテリア実例写真共有の「RoomClip」、D2C家具ブランド運営のbydesignを買収

インテリア実例写真共有の「RoomClip」、D2C家具ブランド運営のbydesignを買収——シリーズE調達も(8月25日)

建設・土木の生産支援クラウド「Photoruction」、7.6億円を調達——累計利用10万件突破、AI活用の代行サービスも好調(8月25日)

オンラインヨガ講座「SOELU」運営、DG Daiwa Venturesら10社から6.5億円を調達(8月25日)

建築業界向け建材・家具検索プラットフォーム「TECTURE」運営、Coralなどから1.2億円を調達(8月24日)

フリーランス向け報酬先払いサービス提供のyup、シリーズAでデット含め4.5億円を調達——W venturesなどから(8月24日)

「CADDi」

製造業の受発注プラットフォーム「CADDi(キャディ)」運営、シリーズBで国内外VCから80.3億円を調達(8月24日)

女性向けウェルネスプロテイン「KOREDAKE」運営、赤坂優氏らから1.5億円を調達(8月24日)

ダイナミックプライシングの空、社名をハルモニアにリブランド——東芝テックとGO FUNDから資金調達(8月24日)

報道テクノロジーJX通信社「NewsDigest」

報道テクノロジーのJX通信社が20億円調達(8月19日)

ソーシャルコマースプラットフォーム「pippin(ピッピン)」6,500万円を調達(8月18日)

AI活用の創薬支援プラットフォーム提供MOLCURE、シリーズCで8億円を調達——グローバルでの営業展開を強化(8月18日)

Luup 代表取締役の岡井大輝氏 Image credit: Masaru Ikeda

マイクロモビリティ「LUUP」、総額20億円を調達しシリーズBをクローズ——森トラストやONLabのESGファンドらが新たに参加(8月17日)

パーソナライズD2CサブスクのSparty、デット20億円含め41億円を資金調達——JIC-VGI、アカツキ、丸井から(8月13日)

メタバース実現へ「Thirdverse」20億円調達、國光宏尚氏が代表取締役に就任(8月10日)

コラム & インタビュー

逆転の発想「朝ディナー」は何を変えたーーsio・鳥羽周作さん Vol.1

本稿はKDDIが運営するサイト「MUGENLABO Magazine」に掲載された記事からの転載 日本の共創・オープンイノベーションに関わるキーマンの言葉を紡ぐシリーズ、今回はsioのオーナーシェフであり、食のワンストップ・クリエイティブカンパニー「シズる」代表取締役でもある鳥羽周作氏に登場いただきます。 鳥羽氏はサッカー選手、小学校教員を経て32歳の時に料理の世界に飛び込んだ、異色の経歴を持つ料…

業界トッププレーヤーに聞いた、東南アジアのゲームスタートアップ最新トレンド

Golden Gate Ventures の最新レポートによると、今後10年間で、メディアとエンターテインメントは、東南アジアの投資先として最も魅力的な分野の一つになるという。それは、この地域におけるスタートアップのイグジットの数からもすでに明らかだ。Crunchbase によると、これまでに行われた合計80件のイグジットのうち、メディアとエンターテインメントは4番目に多いイグジットを記録している…

コロナ禍で現地観戦・応援ままならぬ今、注目集める「バーチャル高校野球」。学生スポーツ配信の意義とはー運動通信社とKDDIの協業

本稿はKDDIが運営するサイト「MUGENLABO Magazine」に掲載された記事からの転載 課題とチャンスのコーナーでは、毎回、コラボレーションした企業同士のケーススタディをお届けします。 黒飛功二朗さんは、2015年5月にスポーツメディアスタートアップの運動通信社を設立しました。同社が2016年11月から KDDI との協業で運営するインターネットスポーツメディア 「スポーツブル」では、4…

Facebookが放つ「仕事向け」メタバース:Zoom後のリモートワーク(4/4)

Zoom後のリモートワーク (前回からのつづき)Time Magazine誌の技術・ビジネス担当編集者であるPeter Allen Clark氏もまた「プライバシーやハラスメントに関する懸念が残る」と同様の感想を持つひとりだ。彼はアプリをデモする機会を得たのだが、同じくHorizon Workroomsを体験したVentureBeatのDean Takahashiと同様、オーディオ体験を高く評価し…

Facebookが放つ「仕事向け」メタバース:Facebookが抱える問題(3/4)

Facebookが抱える問題 (前回からのつづき)Facebookはバーチャルリアリティに早くから取り組み、2014年にヘッドセットのスタートアップ企業であるOculus VRを20億ドルで買収している。しかし、Facebookといえばメインのソーシャルネットワークにおける数々の問題、特にプライバシーに関する問題がこの企業のあらゆる部分に及んでいることが広く知られている。Lamm氏がああいった反応…

Facebookが放つ「仕事向け」メタバース:本当に必要なの?(2/4)

職場のためのVR (前回からのつづき)バーチャルな世界に身を置くことで「Zoom疲れ」を解消するというコンセプトは別に新しいものでもないし、実践しているのはFacebookだけではない。Microsoftは3月に「Mesh」を発表している。これはARを使った仮想空間で同僚がアバターと対話し、「オブジェクト」を渡すこともできるというものだ。また、ホログラムやアバターなどを使って仮想ミーティング市場の…

Facebookが放つ「仕事向け」メタバース:期待と不安(1/4)

マーク・ザッカーバーグ氏は数週間前「メタバース」に関する展望を公表し、「Snow Crash」や「Ready Player One」に登場するような仮想世界や、Facebookが現実にこういった仮想世界を創造したらどうなるかについての議論を巻き起こした。 そして昨日、私たちはFacebookがそのまさに途上にあることを認識することになった。すなわち、バーチャルな会議室によって、だ。 Oculus …

デジタルフリマ「elu」開始2カ月・5,000人が2,500万円売買の好発進、クリエイターエコノミーは新たな局面へ

ニュースサマリ:デジタルデータを出品・販売できるマーケットプレイス「elu」が好調なスタートを切ったようだ。リリースから約8週間時点で出品数約6,500点、流通総額(GMV)にして約2,500万円の売買が成立した。本誌取材に運営するアル創業者の古川健介(けんすう)氏が明かしてくれた。 けんすう氏によると販売数は3,700件、出品者の数は5,000人を超えた。現在eluは招待制で、本オープンを前にし…

IP「百年」時代に企業はNFTをどう活用するーーdouble jump.tokyo CEO、上野広伸氏

本稿はKDDIが運営するサイト「MUGENLABO Magazine」に掲載された記事からの転載 日本の共創・オープンイノベーションに関わるキーマンの言葉を紡ぐシリーズ、今回はdouble jump.tokyo CEO、上野広伸氏に登場いただきます。 上野氏は新卒で入社した野村総合研究所にて大手金融のシステム周りを経験した後、ゲームプラットフォームのモブキャストにて執行役員、技術フェローを歴任。そ…

コンテンツ制作のプロセスと「SaaS広報マネジメント」3要素(後半)

本稿はベンチャーキャピタル、ALL STAR SAAS FUNDが運営するサイトに掲載された記事からの一部を転載したもの。全文書き起こしはこちらから読める。同社のメルマガ「ALL STAR SAAS NEWSLETTER」と出資先のスタートアップ転職に関するキャリア相談も受付中 (前回からのつづき)スタートアップにおける広報の重要性は高まる一方、人材不足やノウハウの欠如といった課題も顕著になってい…

SaaS広報が知っておくべき広報戦略の立案、事前調査、メディア研究(前半)

本稿はベンチャーキャピタル、ALL STAR SAAS FUNDが運営するサイトに掲載された記事からの一部を転載したもの。全文書き起こしはこちらから読める。同社のメルマガ「ALL STAR SAAS NEWSLETTER」と出資先のスタートアップ転職に関するキャリア相談も受付中 スタートアップにおける広報の重要性は高まる一方、人材不足やノウハウの欠如といった課題も顕著になっています。そこでALL …

NFTはeSportsのゲームチェンジャーとなるーーNFTロールプレイ「Guild of the Guardians」がNRG Esportsと提携(4/4)

NRG partnership (前回からのつづき)NRGとの提携はNFTゲームにとって一つの試金石となりそうだ。 Sacramento Kingsの共同オーナーであるMark Mastrov氏とAndy Miller氏によって2015年11月に設立されたNRGは、Shaquille O’Neal氏やJimmy Rollins氏、Alex Rodriguez氏など、スポーツ界の大物たちから多額の投…

爆発するNFTマーケットーーNFTロールプレイ「Guild of the Guardians」がNRG Esportsと提携(3/4)

Gods Unchained (前回からのつづき)Immutable Xは、「Gods Unchained」などのゲームのプレイヤーが集めたデジタル・アイテムを売買するためのマーケットプレイスだ。Guild of Guardiansでは、カーボンニュートラルなImmutable XのプラットフォームでNFTを鋳造し、ガス代ゼロ、即時決済、環境への影響も少ないと特徴を説明している。 Immutabl…

ゲームへの情熱を資産に変えるーーNFTロールプレイ「Guild of the Guardians」がNRG Esportsと提携(2/4)

NFTゲーム「Guild of the Guardians」とは (前回からのつづき)Guild of the Guardiansは、ウクライナのStepico社で1年前から開発が進められており、Immutable社が制作を統括している。25人のチームがこのタイトルに取り組んでおり、本作は、AndroidとiOSで無料プレイのタイトルとして発売される予定だ。 「このゲームのビジョンは、何百万人もの…

Play to Earn(遊んで稼ぐ)を実現するNFTロールプレイ「Guild of the Guardians」がNRG Esportsと提携(1/4)

Immutableは公開予定のモバイルロールプレイングゲーム「Guild of the Guardian」にNon Fungible Token(NFT)のコレクティブルを作成するため、NRG Esportsと提携したことを明らかにした。 ウクライナ拠点のStepico Gamesは「Gods Unchained」で知られるパブリッシャー、Immutable向けのブロックチェーンゲームを開発してい…

Nvidia「エンジニア向けメタバース」を公開ーー番組制作から山火事のシミュレーションまで(3/3)

拡大するエコシステム (前回からのつづき)各業界がOmniverse導入の鍵としているのはPixarのオープンソースUSDだ。USDはOmniverseのコラボレーションおよびシミュレーションプラットフォームの基盤になっている。PixarのUSDは大規模なチームが共有した3Dシーン上で複数のソフトウェアアプリケーションを使って同時作業を可能にする。エンジニアはシミュレーションされた画像の同じ部分で…

Nvidia「エンジニア向けメタバース」を公開ーー仕事ができる仮想世界(2/3)

Blenderの登場 (前回からのつづき)Blenderはオープンソースの代表的な3Dアニメーションツールだ。今回さらにUniversal Scene Description(USD)に対応したことで、アーティストがOmniverseの制作パイプラインにアクセスできるようになった。Pixarはユーザー自身がデジタルツールを組み合わせて3Dイメージを作成・共有できるようにするために、自社の映画用のU…

Nvidia「エンジニア向けメタバース」を公開ーーOmniverseに数百万人のBlenderユーザーを追加(1/3)

「エンジニア向けメタバース」と銘打たれたNvidiaの「Omniverse」は5万人のユーザ数を超えるまでに成長した。さらにNvidiaはシンプルなツールで3D画像を作成する数百万人のBlenderユーザーを迎え入れることでこの基盤を劇的に拡大したいと考えている。 NvidiaはオンラインイベントSiggraphで「Snow Crash」や「Ready Player One」のように全てが相互につ…

KDDIとファーストアカウンティングがタッグ、経理自動化で見据えるDXの未来

本稿はKDDIが運営するサイト「MUGENLABO Magazine」に掲載された記事からの転載 「働き方改革」が進む中で、ここ数年は、バックオフィス全般において業務省人化・自動化が課題として注目されています。そして、新型コロナウイルスの感染拡大は、このトレンドに追い打ちをかけました。バックオフィスに従事する人々も、他の社員同様に自宅からのリモートワークを余儀なくされましたが、中でも、経理業務は全…

メルカリShopsは何を変えるーー新たな局面に入る国内B2C EC、注目される個人の動き

メルカリがメルペイ以来、約2年ぶりとなる新たな事業を公表しました。メルカリShopsはこれまで個人間売買(C2C)を中心としてきた同社にとって初めての事業者向け(B2C)サービスになります。 メルカリは創業した2013年以降、フリマアプリ「メルカリ」を中心にシンプルな事業構成で成長を続けましたが、2018年8月の上場までに新たな事業創造の仕組みとして2015年にソウゾウを設立しています。ここではク…

News

太陽光パネル保守自動化のヒラソル・エナジー、シリーズAで5億円超を調達——東大IPCなどから

太陽光 IoT プラットフォームを開発するヒラソル・エナジーは31日、シリーズ A ラウンドで5億円超を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、東京大学協創プラットフォーム開発(東大IPC)、関西電力グループの K4 Ventures、東急建設、三井不動産の CVC である 31VENTURES、山梨中央銀行と山梨中銀経営コンサルティングが共同運用する山梨中銀 SDGs ファンド、ANRI…

Coral Capital、140億円規模の3号ファンドを組成——LPは3分の1が海外から、純投資目的が8割に

Coral Capital は31日、オンラインで記者会見を開き、140億円規模となる3号ファンドを組成したと発表した。このファンドの LP は、アメリカ Founders Fund、シンガポールの政府系投資ファンド Pavilion Capital、みずほ銀行、三菱地所、新生銀行、第一生命保険、グリーのほか、名前非開示の国内外機関投資家や財団など。 同社にとっては、2016年に組成した1号ファン…

病院のデータドリブン経営を支援するメダップ、シリーズAで6億円を調達——DNX Venturesらから

病院に特化した経営支援・地域連携強化 SaaS「foro CRM」を提供するメダップは31日、シリーズ A ラウンドで6億円を調達したことを明らかにした。このラウンドは DNX Ventures がリードインベスターを務め、BEENEXT の ALL STAR SAAS FUNDとモバイル・インターネットキャピタル(MIC)が参加した。 MIC は 2019年2月のシードラウンドと2020年6月の…

フェムテックブランド「Rinē」、吸水ショーツに続く第2弾「授乳用吸水ブラレット」の予約受付を開始

フェムテックブランド「Rinē(リネ)」を展開するNeithは31日、生理期間中に使用する吸水ショーツに続く第二弾のプロダクトとして、授乳期間中に使える吸水ブラレットの予約販売を開始した。同社は6月に総額約5,000万円の資金調達を発表している。 従来産後の女性が使用する授乳ブラには吸水性がなく、母乳漏れを防ぐためには母乳パッドが活用されることが多い。しかし「2〜3時間ごとに取替が必要」「擦れると…

ハイブランド品価格比較サイト「Catch Fashion」が約20億円調達など——韓国スタートアップシーン週間振り返り(8月23日~8月27日)

本稿は、韓国のスタートアップメディア「Startup Recipe(스타트업 레시피)」の発表する週刊ニュースを元に、韓国のスタートアップシーンの動向や資金調達のトレンドを振り返ります。 Copyright 2021 © Media Recipe. All Rights Reserved. 8月23日~8月27日に公開された韓国スタートアップの調達のうち、調達金額を開示されたものは16件で総額は1…

キャリアSNS「YOUTRUST」、シリーズBで4.5億円調達——「人材流動化は経済発展に寄与」と南場氏らが後押し

キャリア SNS「YOUTRUST」を運営する YOUTRUST は30日、シリーズ B ラウンドで4.5億円を調達したと発表した。このラウンドのリードインベスターはデライト・ベンチャーズで、STRIVE、W ventures、ANRI が参加した。これは、同社にとって、2020年1月に実施したプレシリーズ A ラウンドに続くものだ(シリーズ A ラウンドは事実上スキップ)。デライト・ベンチャーズ…

台湾のAIスタートアップシーン、2021年上半期のトレンドを振り返る

世界は1年以上前からパンデミックと付き合っている。ワクチン接種はすでに世界中で行われているが、コロナ禍に企業が採用した多くの劇的な変化は後戻りしようがないものだ。スタートアップも企業も、業務を効率化して新常態下で生き残るために、AI、クラウド、デジタルトランスフォーメーションにますます注目し、ビジネスのやり方を永久に変えている。 2021年上半期、台湾の AI エコシステムは、Appier(沛星互…

プロジェクト管理「Trello」に新プランーーPremium会員は自動化コマンドが無制限に(2/2)

自動化の強化 (前回からのつづき)Trelloは本日(訳注:原文掲載日は8月24日)新しいサブスクリプションの提供に加え、Premium会員が無制限の自動化コマンドを使用できるようになったことも公表している。一方、Free会員はボードごとに無制限のPower-Ups(ツールやプラットフォームへのコネクタ)を使用できる。 Jira、Confluence、Slack、Google、Dropboxのコネ…

モバイルゲームに興じる親たちが、広告主にとって魅力的なターゲットである理由とは(2/2)

(前編からの続き) モバイルショッピングする親たち Tapjoyは全体の39%が25歳から39歳で構成されたアメリカにいる親層の消費者5,498人を対象に調査を行った。Tapjoy は、Netflixのサブスクリプションなどの特別な〝オファー〟を達成すると、ゲーム内で報酬を得られるという〝オファー〟に関わる人々をサンプルとしてスタートした。つまりTapjoyのユーザーは、アメリカのモバイルゲームを…

プロジェクト管理「Trello」に新プランーー進むワークフローのノーコード自動化(1/2)

Atlassianが提供するカンバン方式のリスト作成アプリ「Trello(トレロ)」は本日(訳注:原文掲載日は8月24日)、中小規模のチーム向けに特化したTrelloの新バージョン「Standard(スタンダード)」を発表した。Standardと同時にTrelloの従来の制限であった、無料のボードにつき1つのインテグレーションまたはアドオンという制限を解除し、すべてのユーザーに新しいワークフロー機…

モバイルゲームに興じる親たちが、広告主にとって魅力的なターゲットである理由とは(1/2)

現在、コロナ禍で子供を持つゲーム好きの親たちはモバイルゲームに熱中している。そんな親たちのコロナ禍における特徴的な行動の一つが、多くのモバイルショッピングを行い、今後もそれを継続する傾向があると Tapjoy は明かした。 重要な発見のひとつは、アメリカのモバイルゲームをする親たちはやめられない状態になっていることだ。Tapjoy は、〝オファー〟として知られる特別な広告を人々に提供。モバイルゲー…

マネーフォワードが新会社を設立、社員のSaaSアカウントを一元管理する〝情シス as a Service〟事業に参入

マネーフォワード(東証:3994)は27日都内で記者会見を開き、新会社マネーフォワード i を設立し、企業向けの SaaS アカウント管理サービスのβローンチを発表した。マネーフォワードは、複数の金融機関へのログインや情報取得を代行するアカウントアグリゲーションをコアテクノロジーとし、また、各種 SaaS のサービス比較や送客などを主事業とするスマートキャンプを傘下に置いており、これらを通じて得た…

タイの建設テックスタートアップBuilk、シリーズB+で地元建材大手らから資金調達——2022年のIPOを目指す

バンコクに本社を置く建設テックスタートアップ Builk One Group は、SCG(Siam Cement Group)、アユタヤ銀行 CVC のKrungsri Finnovate、タイの通信大手 Benchachinda Group 傘下の BCH Ventures などから、シリーズ B エクステンションラウンドで資金調達した。調達額は非開示。 Builk One Group は5ヶ月…

Xiaomi(小米)、自動運転技術スタートアップDeepmotion(深動科技)を7,737万米ドルで買収

スマートフォン大手の Xiaomi(小米)は20日、自動運転車向けのデジタルマッピング技術を開発する北京のスタートアップ Deepmotion(深動科技)を買収すると発表した。 重要視すべき理由:今回の買収は、Xiaomi が独自のインテリジェント・コネクテッドカーを構築するための最新の動きだ。同社の中国自動車業界への進出は、Xiaomi のモバイルエコシステムを大きく拡大し、同社に新たな収益源を…

フードデリバリ「Chompy」、飲食店が自前モバイルアプリを容易に始められる新サービスをβローンチ

フードデリバリサービス「Chompy(チョンピー)」を運営する Chompy は26日、オンラインで記者会見を開催し、飲食店のモバイルアプリを代行で開発・提供する新サービス飲食店のモバイルアプリを代行で開発・提供する新サービスをβローンチすることを明らかにした。北海道スープカレー Suage、ototo DELI、bricolage bread.co、イテウォンボウルズ、ゴーゴーカレー、GRIT …

ブロックチェーンで貿易手続をデジタル化、トレードワルツが2回目となるラウンドで9億円を調達

ブロックチェーンを使った貿易情報連携プラットフォーム「TradeWaltz」を開発・提供するトレードワルツは26日、同社2回目となる外部調達で9億円を調達したことを明らかにした。今回のラウンドに参加したのは、東京大学協創プラットフォーム開発(東大 IPC)、三井倉庫ホールディングス、日新、TW Link(川⻄倉庫、鈴江コーポレーション、大東港運、富士倉庫による TradeWaltz 共同推進のため…

妊産婦死亡率ゼロを目指すBabyscripts、医療支援プラットフォーム提供のPrivia Healthと提携

ピックアップ:New partnership gives Privia Health access to Babyscripts’ remote monitoring tools and educational content 重要なポイント:妊婦の死亡ゼロを目指すヘルスケアスタートアップ Babyscripts は2021年8月17日、医療支援のためのプラットフォームを展開する Pr…

社会人教育SaaS「Schoo(スクー)」、シリーズDで7億円を調達——BIGらから

オンライン動画による社会人教育 SaaS「Schoo(スクー)」を展開するスクーは25日、シリーズ D ラウンドで約7億円を調達したことを明らかにした。このラウンドは Bonds Investment Group(BIG)がリードインベスターを務め、インキュベイトファンド、SMBC ベンチャーキャピタル、鎌倉投信、フューチャーベンチャーキャピタル(東証:8462)、山口キャピタルが参加した。 これ…

インテリア実例写真共有の「RoomClip」、D2C家具ブランド運営のbydesignを買収——シリーズE調達も

<25日15時更新> シリーズ E ラウンドに関する記述を追記。石川氏の肩書とタイトルを一部修正。 インテリアの実例写真共有サービス「RoomClip(ルームクリップ)」を運営するルームクリップは25日、D2C 家具ブランド「かなでもの」などを運営するスタートアップ bydesign を買収したことを明らかにした。買収額は明らかにされていない。bydesign の取締役社長には、ディノス・セシール…

建設・土木の生産支援クラウド「Photoruction」、7.6億円を調達——累計利用10万件突破、AI活用の代行サービスも好調

建設・土木の生産支援クラウド「Photoruction(フォトラクション)」の開発・運営を行うフォトラクションは25日、慶應イノベーション・イニシアティブ、GMO VenturePartners、DBJ キャピタル、SMBC ベンチャーキャピタルから7.6億円を資金調達したと発表した。DBJ キャピタルは2020年6月のラウンド、SMBC ベンチャーキャピタルは2017年7月、2019年3月、20…