Canvas 11月号:Play-to-Earn(遊んで稼ぐ)は、リアルの仮想通貨マイニング?

BRIDGE Canvasはスタートアップに関するニュースやトレンド、ノウハウなどをお届けするメンバー向けマガジンコンテンツです。※現在テスト配信中です

Why This Matters:トレンドとその背景
Story:取材ストーリーやコラム
Archive:今月のニュース

欧米・アジアのトレンド情報や、国内スタートアップのニュースを毎週更新いたします。また、気になるスタートアップに直接聞けるテーマざつだん「Tokyo Meetup」へのご参加、オリジナル記事等の配信も実施いたします。

11月号は毎週金曜日に更新予定です。

Play-to-Earn(遊んで稼ぐ)は、リアルの仮想通貨マイニング?

今週の話題(11月20日〜11月26日):Niantic、時価総額90億米ドルでCoatueから3億米ドルを調達——現実世界のメタバース構築FoldとNiantic、拡張現実でビットコイン報酬を獲得できるアプリを開発

メタバースという言葉もある種のバズワードなので、この領域の頂上にはいろんなルートからアプローチするプレーヤーがいます。SNS、AR、VR、ライブ、ゲームなどの領域にいたプレーヤーが、続々とメタバースへとシフトを図っています。大きな動きとしては、SNS の大家(たいか)だった Facebook が Horizons World や Oculus をかつぎ、社名の変更までしてメタバースへの舵切りを明らかにし、また、AR ゲームで世界を席巻する Niantic も、AR からのメタバースへのアプローチに鼻息が荒いです。

もう一つ興味深いのは、メタバースの中で生活が完結できるかもしれないという世界観。これまでも、ネットを通じて誰とも会わずに仕事をしたり、金を稼いだりすることはできましたが、YouTuber にせよ、TikToker にせよ、基本的には得られる報酬の原資は広告収入やコマース売上に基づくものでした。Play-to-Earn(遊んで稼ぐ)できるメタバースが出てきたことで、経済市場から疎遠な地域(例えば発展途上地域など)でも、ゲームしながらお金を稼げる仕組みが出てきたことは、興味深い経済スキームです。

Fold AR が開発中の現実世界メタバース
Image credit: Fold

2021年も終盤戦、今週はスタートアップイベントと年内上場組の承認が続々

今週の話題(11月13日〜11月19日):チャットコマースと接客DXのZEALS、東証マザーズに上場へフィンテックのFinatext HD、東証マザーズに上場へAIサービス開発のエクサウィザーズ、 東証マザーズに上場へインフルエンサーマーケティングとファンコミュニティアプリのTHECOO、東証マザーズに上場へ

コロナ禍で今年春から夏にかけて予定されていたスタートアップイベントの多くが延期されました。国内では新規感染者数が落ち着いてきたこともあり、11月や12月には多くのイベントがリスケされました。その結果、今週は、栃木・那須で IVS、沖縄で ResorTech Okinawa と Okinawa Startup Festa、福岡で明星和楽と、3つのイベントのスケジュールが重なりました。コロナ禍でスタートアップの皆さんに in-person でお目にかかる機会が少なかったので、今年のラップアップの意味を込め、3都市に足を運んでみました。日本列島を半分くらい横断したのでタフでしたが、どのイベントにも活気が戻りつつあるのは期待が持てました。

各イベントの報告や洞察は追って BRIDGE に掲載していきますが、もう一つ、今週、スタートアップシーンをにぎわせた話題はスタートアップ4社の上場承認のニュースでした。タイミング的には、年内上場組の最終列車といった感じでしょうか。各社の時価総額を有価証券届出書に記された想定価格から割り出して意みると、ZEALS は233.2億円、Finatext ホールディングスは628.9億円、THECOO は145.1億円、エクサウィザーズが832.7億円。上場初値に1,000億円を超える会社が出れば、今年5社目となります。

今週、東証マザーズへの上場されたスタートアップ。左から:ZEALS 清水正大氏、Finatext ホールディングスのエントランス、THECOO 平良真人氏、エクサウィザーズのロゴ

一周回って対話型が本流になるかもしれないモノの売り方

今週の話題(11月6日〜11月12日):Walmartが「音声ショッピング」拡大に向け、ノーコードのBotmockを買収へ

テクノロジーが進歩する過程では、ユーザ体験が振り子の揺り戻しのように、かつての体験が違った形でデジャブの如く繰り返されるケースはよくあります。

130年前に日本で初めて電話が開通した頃には、電話番号など覚えていなくても受話器をとって「渋谷の田中さんに繋いでください」と交換手に伝えれば電話が通じました。その数十年後に電話は自動交換となり、以来、私たちは電話をかける相手の番号を覚えるかメモしておくことが必要になりました。それが今では、スマホに相手の名前を言うだけで電話やボイスコールを繋いでくれます。体験は130年前に戻ったことになります。

モノを買う体験にも、同じことが言えるという友人がいます。スーパーは欲しいものが揃う近代的な仕組みですが、自分からモノを買いに出向かねばなりません。江戸時代は行商が長屋の軒先まで商品を持ってきてくれました。今ではこの商品が向こうから家に届く体験を、e コマースやフードデリバリが担っています。ショッピングカートはスーパーでの買い物に最適化されていて、ソーシャルコマースの方が元来の体験に似ていると思うこの頃です。

「Botmock」
Image credit: Botmock

高まる気候テックへの関心、ビジネスモデル変容の後押し材料にも

今週の話題(10月30日〜11月5日):CO₂排出量可視化クラウド「zeroboard」運営、DNX VらからプレシリーズA資金を調達——累積調達額は3億円に

先週は、イギリス・グラスゴーで COP26(国連気候変動枠組条約第26回締約国会議)が開催されました。ニュースでは反対デモの様子ばかり映っていましたが、クライメートテック(気候テック)のスタートアップのアクションが、こうした会議周辺で繰り広げられるようになってほしいものです。偶然か必然か、日本からは今週 zeroboard、先週は Sustineri が資金調達を発表しました。

zeroboard は元々、先週のホバーバイク「XTURISMO」の発表で世界的に知られることとなったドローンスタートアップ A.L.I. Technologies の一事業としてスタートしました。A.L.I. の事業内容は非常に面白く、以前、ディープラーニング向け GPU クラウドを運営する Pegara への出資のニュースで触れましたが、コンピューティングパワープール事業なども展開しています。

「zeroboard(ゼロボード)」
Image credit: Zeroboard

注目の数字とトレンド

今月特に注目を集めた数字やキーワードをお伝えします。

Photo by Pixabay from Pexels

インドのスタートアップ界、今年は211もの新ファンドが参入

どんな投資家がデカコーンに投資しているのか?

中国における IPO での資金調達額、7年ぶりに減少へ

メタバース分野への出資総額、100億米ドルを突破

今年の米 IPO した企業の時価総額合計が1兆米ドルを突破、新興EVメーカー Rivian の大型 IPO が貢献

インドの今年のスタートアップシーン、ベンチャー投資額は過去最高でユニコーン17社を輩出

世界のエドテックタートアップ、今年の調達額は138億米ドルを突破——IPOを続出が追い風に

国民一人当たりスタートアップ投資額が最も高いのはシンガポール


今月の調達ニュース

今月の国内スタートアップの主要な資金調達ニュースをお届けします。

シリーズ F で124億円を調達したアストロスケールのスペースデブリ除去衛星「ELSA-d」
Image credit: Astroscale Holdings

和歌山発・電動ハイブリッドバイク開発のglafit、シリーズBで10億円を調達(11月24日)

オーディオストック、サブスク音源で世界展開へ——SIGなどから6億7,000万円を調達【日経報道】(11月24日)

宇宙ゴミを掃除するアストロスケール、シリーズFで124億円を調達——累計調達額は334億円に(11月25日)

地銀や信金経由で使える調達支援SaaS「補助金クラウド」運営、自らも補助金・地域金融機関活用で7,500万円を調達(11月25日)

元Paidyのエンジニアら、手数料・利子不要のBNPL「Smartpay」をローンチ——SMBC VCらから資金調達も(11月22日)

スマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」運営、59億円を調達——累積調達額は108億円に(11月22日)

医師のインフォームドコンセントを支援する「MediOS」運営、プレシリーズAで1.4億円を調達(11月16日)

現場向け動画教育SaaS「tebiki」、GCPから8億円をシリーズA調達——コロナが追い風、問合せは1年半で10倍に(11月16日)

VRイベント&メタバース開発・運営のHIKKY、シリーズA1でドコモから65億円を調達(11月15日)

福岡発、学校弁当モバイル注文の「PECOFREE」が6,100万円をシード調達——RKB毎日、テノ.HD、Sun*らから(11月15日)

感情分析で新製品開発を支援するSandBox、3,000万円をシード調達——日本スタートアップ支援協会、ディープコアらから(11月15日)

ネクステージ元COOが創業、プロ任せの自動車C2C「カババ」運営がシリーズA調達(11月12日)

オーダーメイド介護「イチロウ」運営、プレシリーズAで1億円を調達(11月11日)

子供向け読書習い事「ヨンデミーオンライン」、プレシリーズAで1億円を調達——選書から読書習慣化へ力点シフト(11月9日)

iPaaS「ActRecipe」提供のアスタリスト、EVらから5,800万円を調達——SaaSのデータ連携でDXを支援(11月8日)

自動搬送ロボット開発のLexxPluss、プレシリーズAで資金調達——ロボット量産化、事業拡大へ(11月8日)

医療向け画像処理やXRのHoloEyes、医薬品卸売最大手メディパルHDから資金調達(11月8日)

治験・臨床研究DXのアガサ、3.6億円を資金調達——リモートワーク需要追い風に、ユーザは1万名以上増(11月6日)

不整地作業向けサービスロボット開発のCuboRex、プレシリーズAで7,500万円を調達——累計調達額は1.3億円に(11月5日)

シェア買い「KAUCHE(カウシェ)」、デライトVとSBIから8.1億円を調達——辞めた社員にもSO行使できる制度導入へ(11月4日)

東京でアパートメントホテルを運営するSection L、シードラウンドで100万米ドルを調達(11月1日)

東大発・衛星推進機開発のPale Blue、4ファンドから4.7億円をシリーズA調達——デットを含む累積調達額は10億円に(10月30日)


アジアのニュース

今月のアジアのニュースをお届けします。

Avocado Guild のメタバース(イラスト)
Image credit: Avocado Guild

上海の検察院が仮想通貨詐欺を警告、デジタル人民元で初のマネロン事件など——中国ブロックチェーン界週間振り返り(11月26日)

韓国Startup Alliance、12月2日に日本向けデモデイをオンライン開催へ——新進気鋭の韓国スタートアップ9社が登壇(11月25日)

Play-to-Earn(遊んで稼ぐ)のAvocado Guild、Animoca Brandsらから1,800万米ドル調達——時価総額は2億米ドルに

おとり物件無しのオフィス不動産ポータル「R・SQUARE」が82億円調達など——韓国スタートアップシーン週間振り返り(11月24日)

中国発のコーディングプラットフォーム「Box.Game」、青少年向けメタバース開発で500万米ドルを調達(11月24日)

クラウドファンディング「Wadiz」が97億円調達しロッテグループ入りなど——韓国スタートアップシーン週間振り返り(11月17日)

仮想通貨マイニング禁止の裏に、地方政府幹部の汚職事件が影響か——中国ブロックチェーン界週間振り返り(11月17日)

デジタル国際物流「YESBEE」、韓国ブランドのD2C日本進出支援を開始——シリーズBで9.7億円を調達(11月15日)

韓国発、イラスト描画や映像編集などのビデオ講座サービス「Coloso」が日本進出(11月15日)

タイのGuildFi、ゲーム・NFT・コミュニティをつなぐWeb3インフラ開発で600万米ドルをシード調達(11月12日)

GojekとTokopediaの統合会社、プレIPOラウンドの調達額が13億米ドル超に——Google、Fidelity、Tencentが参加(11月12日)

銀行がデジタル通貨の研究者採用へ、ロシアがデジタルルーブル計画など——中国ブロックチェーン界週間振り返り(11月11日)

自動運転の42dot、韓国のシリーズA史上最大の100億円調達など——韓国スタートアップシーン週間振り返り(11月10日)

MasterCard、アジア太平洋地域で仮想通貨決済カードをローンチ(11月9日)

ベトナム版Amazon「Tiki」、シリーズEで2億5,800万米ドルの調達を確認(11月9日)

「独身の日」のネット爆買、今年は地方都市から初参加の人が増加か【米ベイン&カンパニー報告書】(11月7日)

ストックフォトと画像編集ツール大手Inmagineが始める、NFTを使ったデジタル美術館「Pixlr Genesis」とは【CEOインタビュー】(11月7日)

BTSの所属事務所、仮想通貨取引所「Upbit」運営に出資——NFT共同事業とウェブトゥーン制作を発表(11月6日)

インドのオンライン決済大手Paytm、IPOアンカーラウンドで820億ルピー(約1,250億円)を調達(11月5日)

Binance(幣安)からの資金調達で、メタバース企業SecondLiveの時価総額が3,000万米ドルに(11月4日)

代替肉、介護DX、バーチャルヒューマン制作元などが資金調達——韓国スタートアップシーン週間振り返り(11月4日)

NFTメタバース「The Sandbox」運営、シリーズBで9,300万米ドルを調達——ソフトバンクがリード(11月3日)

中国テック大手各社、NFTの自主規制で政府と合意など——中国ブロックチェーン界週間振り返り(11月3日)

コラム & インタビュー

VCを評価する上で、AUMが適正な指標ではない理由【ゲスト寄稿】

本稿は、フランス・パリを拠点に世界各地のスタートアップへの投資を行っているベンチャー・キャピタリスト Mark Bivens 氏によるものだ。彼は、日本で Shizen Capital(旧 Tachi.ai Ventures)のマネージングディレクターを務める。本稿は Bivens 氏の許諾を得て翻訳転載した。英語によるオリジナル原稿は、BRIDGE 英語版に掲載している。(過去の寄稿) This…

Mediumがサブスク強化、Podcastスタートアップ「Knowable」買収のワケ/GB Tech Trend

本稿は独立系ベンチャーキャピタル、グローバル・ブレインが運営するサイト「GB Universe」に掲載された記事からの転載 GB Tech Trendでは、毎週、世界で話題になったテック・スタートアップへの投資事例を紹介します。 今週の注目テックトレンド Spotifyが大手Podcast企業「Gimlet Medit」とPodcast配信アプリ「Anchor」を買収してから2年ほど経ちました。こ…

国産衛星スタートアップの父が語る、宇宙産業の最前線と未来像【業界解説・東京大学 中須賀教授】(後半)

本稿はKDDIが運営するサイト「MUGENLABO Magazine」に掲載された記事からの転載 全産業デジタル化の流れが不可避と認識される中、大きな構造の変化がいろいろな場所で発生しています。MUGENLABO Magazine編集部では業界のダイナミックな変化をゲームチェンジャーたちの解説と共に紐解くシリーズを開始しています。前半では、世界や日本の宇宙産業の全貌について伺いました。後半では、宇…

新時代の検索「You.com」のアイデアとは/GB Tech Trend

本稿は独立系ベンチャーキャピタル、グローバル・ブレインが運営するサイト「GB Universe」に掲載された記事からの転載 GB Tech Trendでは、毎週、世界で話題になったテック・スタートアップへの投資事例を紹介します。 今週の注目テックトレンド 数年に一度の消費者向け(To C)サービス・トレンドが来ていると言われている昨今、新たな検索サービス誕生の機運が高まっています。ということで、今…

国産衛星スタートアップの父が語る、宇宙産業の最前線と未来像【業界解説・東京大学 中須賀教授】(前半)

本稿はKDDIが運営するサイト「MUGENLABO Magazine」に掲載された記事からの転載 宇宙開発と言えば必ず名前が上がっていた NASA(アメリカ航空宇宙局)ですが、最近は Elon Musk 氏の SpaceX や Jeff Bezos 氏の Blue Origin など、有名起業家が設立した宇宙スタートアップがその役目の一部を担いつつあります。宇宙開発をより柔軟かつ効率よく行うため「…

空いたホテル厨房を有効活用——「ホテル向けUberEats」で成長加速するButler Hospitality/GB Tech Trend

本稿は独立系ベンチャーキャピタル、グローバル・ブレインが運営するサイト「GB Universe」に掲載された記事からの転載 GB Tech Trendでは、毎週、世界で話題になったテック・スタートアップへの投資事例を紹介します。 今週の注目テックトレンド 日本でもUberEatsが一般化した中「ホテル向けUberEats」の市場ポジションで成長を続けるスタートアップがいます。Butler Hosp…

新ユニコーン、ヘルスケア企業向けAPI「Truepill」が目指すAmazon化/GB Tech Trend

本稿は独立系ベンチャーキャピタル、グローバル・ブレインが運営するサイト「GB Universe」に掲載された記事からの転載 GB Tech Trendでは、毎週、世界で話題になったテック・スタートアップへの投資事例を紹介します。 今週の注目テックトレンド 10月27日、オンライン医療プロバイダー向けに医薬品・処方箋ネットワークを提供する「Truepill」が、1.42億ドルのシリーズDラウンド資金…

世界で2,300万人が愛用、グロース責任者が明かすホワイトボードSaaS「Miro」の〝6つの柱〟とは

本稿はベンチャーキャピタル、ALL STAR SAAS FUNDが運営するサイトに掲載された記事からの一部を転載したもの。全文はこちらから読める。同社のメルマガ「ALL STAR SAAS NEWSLETTER」と出資先のスタートアップ転職に関するキャリア相談も受付中 コラボレーションホワイトボードプラットフォーム「Miro」は、「チームのブレストやプランニングが、いつでもどこでも出来る」と大人気…

「カテゴリを創れ!」——バーチャルイベントSaaS「Hopin」のCMOが語る〝カテゴリ×コミュニティ〟戦略

本稿はベンチャーキャピタル、ALL STAR SAAS FUNDが運営するサイトに掲載された記事からの一部を転載したもの。全文はこちらから読める。同社のメルマガ「ALL STAR SAAS NEWSLETTER」と出資先のスタートアップ転職に関するキャリア相談も受付中 お客様が共感できるブランドを作ること、そして競合他社と同じ土俵に乗らないためのポジショニングをとることは、成長を続けるSaaS企業…

理髪店特化SaaS「Squire」CEOが語る、〝トランザクション×Fintech〟の重要性

本稿はベンチャーキャピタル、ALL STAR SAAS FUNDが運営するサイトに掲載された記事からの一部を転載したもの。全文はこちらから読める。同社のメルマガ「ALL STAR SAAS NEWSLETTER」と出資先のスタートアップ転職に関するキャリア相談も受付中 2021年、Tiger Globalから大型の資金調達を行った理髪店特化のバーティカルSaaSが「Squire(スクワイア)」です…

News

和歌山発・電動ハイブリッドバイク開発のglafit、シリーズBで10億円を調達

和歌山発の電動ハイブリッドバイクメーカー glafit(グラフィット)は24日、シリーズ B ラウンドで10億円を調達したことを明らかにした。このラウンドはスパークス・グループがリードインベスターを務め、三菱 UFJ キャピタル、南都キャピタルパートナーズ、みずほキャピタル、りそなキャピタル、池田泉州キャピタル、パナソニック(東証:6752)、ヤマハ発動機(東証:7272)、個人投資家として、細野…

宇宙ゴミを掃除するアストロスケール、シリーズFで124億円を調達——累計調達額は334億円に

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから 宇宙ゴミ(スペースデブリ)の除去サービスを提供するアストロスケールホールディングスは、シリーズ F ラウンドで約124億円を調達したと明らかにした。このラウンドは、昨年10月に実施したシリーズ E ラウンドに続くものだ。今回ラウンドを受けて、アストロスケールの累計調達額は約334億円に達した。 今回ラウンドに参加したの…

WhatsAppとSalesforceを連携、イスラエル発のチャットセールス「Whatslly」が1,100万米ドルをシード調達

イスラエルのテルアビブを拠点とし、顧客との対話に対応したエンタープライズレベルの会話型販売ソリューションを提供するWhatslly は23日、1,100万米ドルを調達したと発表した。 Whatsllyは、企業が顧客とのインタラクションを追跡し、適切なタイミングでインサイトを表面化させることを目的とした、ノーコードのプラグアンドプレイ・ソリューションを提供している。このソリューションは、企業が Wh…

地銀や信金経由で使える調達支援SaaS「補助金クラウド」運営、自らも補助金・地域金融機関活用で7,500万円を調達

政府や地方自治体などが交付する補助金や助成金の調達支援 SaaS「補助金クラウド」を運営する Stayway は25日、補助金と地域金融機関から7,000万円、ベンチャーキャピタルから500万円を調達したことを明らかにした。補助金は、事業再構築補助金採択に基づく地域金融機関(神奈川県)からの融資と、日本政策金融公庫の新型コロナ対策資本性劣後ローンによるもの。なお、具体的な金融機関名やベンチャーキャ…

Niantic、時価総額90億米ドルでCoatueから3億米ドルを調達——現実世界のメタバース構築へ

Facebook/Meta がバーチャルリアリティ(VR)を基盤にメタバースを構築しようとしているのに対し、Niantic は「ポケモン GO」による位置情報ゲームで成功を収めている。そしてそのことが、メタバース版に向けて、ポケモン GO  の拡張機能を作ることを可能にした。TechCrunch がこのニュースを報じた。 つまり、サンフランシスコを拠点とする Niantic は、現実世界に拡張現実…

中国発のコーディングプラットフォーム「Box.Game」、青少年向けメタバース開発で500万米ドルを調達

中国を拠点とする青少年向けコーディングプラットフォーム「Box.Game」は、エンジェルラウンドを500万米ドルの調達でクローズした。同社は、青少年ユーザが創作、プレイ、交流できる 3D 仮想世界の構築に向けて取り組んでいる。 重要視すべき理由:今回の資金調達は、メタバースという概念やそのバズワード的な価値が、世界的にいかに注目されているかを示すものだ。同社は、中国の若者を対象としたメタバースプロ…

オーディオストック、サブスク音源で世界展開へ——SIGなどから6億7,000万円を調達【日経報道】

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 24日の日経報道によると、岡山を拠点として、クリエイターによる音源の配信・販売マーケットプレイス「Audiostock」を運営するオーディオストックが、直近のラウンドで6億7,000万円を調達した。このラウンドに参加したのは、Susquehanna International Group(海納国際集団)、セレス(東証…

元Paidyのエンジニアら、手数料・利子不要のBNPL「Smartpay」をローンチ——SMBC VCらから資金調達も

2021年のスタートアップシーンを特徴づけたビジネスモデルの一つが BNPL(Buy Now, Pay Later)だろう。スウェーデンの Klarna やアメリカの Affirm といった欧米勢は軒並み増収増益、Square はオーストラリアの Afterpay を買収し BNPL サービスに進出した。売上を数倍以上に押し上げる効果があることから、小売業を営むプレーヤーが BNPL スタートアッ…

スマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」運営、59億円を調達——累積調達額は108億円に

モバイルバッテリシェアリングサービス「ChargeSPOT」を展開する INFORICH は18日、直近のラウンドで59億円を調達したことを明らかにした。ラウンドステージは不明だが、同社が開示している範囲で4回目の調達となる。本ラウンドでの調達を受けて、INFORICH の累積調達額は108億円に達した。 本ラウンドに参加したのは、シンガポールの MRA Investments、物流大手の SBS…

世界的NFTマーケットプレイス「OpenSea」、すでにデカコーンか【The Information報道】

The Information は、世界的 NFT マーケットプレイス「OpenSea」が時価総額100億ドル以上(デカコーン)で投資のオファーを受けている可能性があると伝えた。OpenSea は、3月にシリーズ A ラウンドで Andreessen Horowitz(a16z)、Naval Ravikant 氏、Mark Cuban 氏らから2,300万米ドルを調達、7月にシリーズ B ラウンド…

AIサービス開発のエクサウィザーズ、 東証マザーズに上場へ

AI スタートアップのエクサウィザーズは19日、東京証券取引所に提出した上場申請が承認されたと発表した。同社は12月23日、東証マザーズ市場に上場する予定で、SMBC 日興証券と三菱 UFJ モルガン・スタンレー証券が主幹事を務める。証券コードは4259。400万株を公募し、2,560万7,200株を売り出す。なお、オーバーアロットメントは280万株。 想定発行価格は1,050円で、時価総額はおよ…

チャットコマースと接客DXのZEALS、東証マザーズに上場へ

フリークアウト・ホールディングス(東証マザーズ:6094)の持分法適用関連会社で、チャットコマースと接客 DX を展開する Zeals(ジールス)は18日、東京証券取引所に提出した上場申請が承認されたと発表した。同社は12月23日、東証マザーズ市場に上場する予定で、大和証券が主幹事を務める。証券コードは9255。250万株を公募し、491万2,800株を売り出す。なお、オーバーアロットメントは11…

フィンテックのFinatext HD、東証マザーズに上場へ

フィンテックスタートアップの Finatext ホールディングスは16日、東京証券取引所に提出した上場申請が承認されたと発表した。同社は12月22日、東証マザーズ市場に上場する予定で、大和証券が主幹事を務める。証券コードは4419。280万株を公募し、1,267万5,700株を売り出す。なお、オーバーアロットメントは232万1,200株。 想定発行価格は1,290円で、時価総額はおよそ628.9億…

インフルエンサーマーケティングとファンコミュニティアプリのTHECOO、東証マザーズに上場へ

インフルエンサーマーケティングやファンコミュニティアプリ「Fanicon」を運営する THECOO は18日、東京証券取引所に提出した上場申請が承認されたと発表した。同社は12月22日、東証マザーズ市場に上場する予定で、みずほ証券が主幹事を務める。証券コードは4255。20万株を公募し、30万700株を売り出す。なお、オーバーアロットメントは7万5,100株。 想定発行価格は7,180円で、時価総…

医師のインフォームドコンセントを支援する「MediOS」運営、プレシリーズAで1.4億円を調達

動画を活用したインフォームドコンセント支援システム「MediOS(メディオス)」を提供するコントレアは16日、プレシリーズ A ラウンドで1.4億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、Coral Capital、千葉道場ファンド、名前非開示の個人投資家。これは同社にとって、昨年7月に実施したシードラウンド(East Ventures が参加、調達額非開示)に続くものだ。 2021年1…

現場向け動画教育SaaS「tebiki」、GCPから8億円をシリーズA調達——コロナが追い風、問合せは1年半で10倍に

デスクレスワーカーのための動画教育プラットフォーム「tebiki」を運営する tebiki は16日、シリーズ A ラウンドでグロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)から8億円を調達したと発表した。これは、tebiki にとって、昨年9月に実施したシードラウンドに続くものだ。今回ラウンドに調達した GCP は、シードラウンドでも参加していた。調達した資金を使い、tebiki は人材獲得を強化…

VRイベント&メタバース開発・運営のHIKKY、シリーズA1でドコモから65億円を調達

VR イベント「バーチャルマーケット」などを開発する HIKKY は、シリーズ A ラウンドのファーストクローズで NTT ドコモから65億円を調達していたことを発表した。HIKKY の時価総額や NTT ドコモの取得持分は明らかになっていないが、HIKKY は資金調達後も同社の経営の独立性が維持される予定としている。両社は先月、資本・業務提携を締結していた。 同社では、調達した資金を使って、VR…

福岡発、学校弁当モバイル注文の「PECOFREE」が6,100万円をシード調達——RKB毎日、テノ.HD、Sun*らから

福岡を拠点に、スマホで選べるスクールランチの予約注文サービス「PECOFREE(ペコフリー)」を展開する PECOFREE は15日、シードラウンドで約6,100万円を調達したことを明らかにした。このラウンドには、RKB 毎日放送、テノ.ホールディングス(東証:7037)、Sun Asterisk(東証:4053)が参加した。金額には後述の NCB ベンチャーキャピタルからの調達を含む。 PECO…

感情分析で新製品開発を支援するSandBox、3,000万円をシード調達——日本スタートアップ支援協会、ディープコアらから

脳神経科学を応用した感情分析サービスを提供する SandBox は15日、シードラウンドで3,000万円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、日本スタートアップ支援協会、ディープコア、名前非開示の個人投資家複数。同社では、商品パッケージ等のデザインをより手軽に分析したいというニーズの高まりを受け、今回の調達で、視線・感情推定サービスの開発加速を図る。 SandBox は、プロゲーマーの…