通貨に国境がなくなる時

See The Big Picture

グローバル化する今、国内通貨だけでなく多種多様な通貨を所有できる需要は高まりつつある。

特に国境のない銀行のように、貯蓄も送金もすべてシームレスにこなせるサービス投資はトレンド。例えばTransferwise のように、ローカルにインフラを設立していくことで、実際の送金を介さずとも仲介する形で(ローカスバンクから送金)資金の移動を完了させるサービスも登場。レガシーな銀行に頼むと、送金理由を聞かれたり、そもそも時間がかかったりと多くのペインが解消されつつある。

Fintechの流れの中でも、マルチ通貨を所有することが出来るデビットカードの流れは今後さらに増えていくはず。また、その流れと並行してクリプトによる決済も一般化してきており、最近ではTeslaをビットコインで購入できるまでに至っている。暗号通貨による決済が世界共通認識となれば、グローバル通貨が生まれる可能性も徐々にではあるものの高くなるだろう。

See The Insight

SWIFTはディスラプトされるのか?

Big Player

See The Summary

Photo by Gabby K from Pexels

コラム & インタビュー

「Revolut」は5.8億ドルの評価を獲得、チャレンジャーバンクとは何者か

本稿は独立系ベンチャーキャピタル、グローバル・ブレインが運営するサイト「GB Universe」に掲載された記事からの転載。Universe編集部と同社のFounder兼CEOでGeneral Partnerの百合本安彦氏が共同執筆した。 2015年、英国発のフィンテック企業「Revolut」はシリーズDラウンドのエクステンションを公表した。2月に実施した調達と合わせて5億8000万ドルの評価で8…

実は日本よりキャッシュレス後進国、滞在でみえた「お金体験アップデートのチャンス」とは

2019年は欧州発のフィンテック企業、特にチャレンジャーバンクが数多く登場しました。たとえば、約8分で新規口座開設が出来る「N26」のように、モバイルファーストを売りとするスタートアップが躍進した一年となりました。 ただ、N26の拠点でもあるドイツは日本と同じレベルでキャッシュ愛好家が多い国として知られています。 今年4月に経済産業省が2018年に公開した「キャッシュレスビジョン2019」によれば…

News

5ドル未満のナノクレジット「Venio」がフィリピンとメキシコで躍進するワケ

ピックアップ:Nano-Credit App Venio Expands Nationwide in the Philippines 重要なポイント:アメリカのNYに拠点を置き「ナノクレジット」サービスを提供するVenioは、7月にフィリピンのマニラ、セブ、ダバオでサービスをローンチしている。約3カ月で3万を超えるダウンロードを達成したことを背景に、10月からはフィリピン全土でのサービス提供を開始…

新興国の送金をチャンスに「Thunes」が狙う4つの送金ニーズ

ピックアップ:Thunes raises $60 million for cross-border payments in emerging markets ニュースサマリ:シンガポールを拠点とするBtoB向け国際送金・決済サービスを手掛けるThunesは9月、シリーズBにて6000万ドルの資金調達を実施したと発表した。リード投資家にはアフリカ事業向けのファンドを運営する英国のプライベート・エクイ…

チャレンジャーバンクのRevolut、法人顧客が50万件を突破

  ピックアップ:Revolut Business celebrates 3 years – and 500K business customers ニュースサマリー:Revolutは9月3日に50万人のビジネス顧客を獲得したことを発表した。3年以上前に開始したRevolutのビジネスサービスは、世界中であらゆる業界・規模のビジネスを支援している。Revolutのビジネスアカ…

Banking-from-homeが追い風、チャレンジャーバンクN26が倍増の500万ユーザー獲得

ピックアップ:N26 raises more than $100 million in extension of its Series D funding ニュースサマリー:ベルリンを拠点とするチャレンジャーバンク「N26」は5日、シリーズDのエクステンションラウンドにて1億ドルの資金調達を実施したと発表した。昨年から続く同ラウンドで同社は5億7000万ドルの調達を目指しており、評価額は変わらず3…

世界700万口座が利用ーー「SMSくらい簡単に」送金できるRevolut、ついにアジア展開開始

世界中で使える銀行口座を作ることが、Revolutの最大の提供価値となるでしょう。たとえみなさんがペイメントアプリを使われていたとしても、国外では自由に使えないはず。しかしRevolutでは複数通貨の取り扱い、海外送金も可能です。 RevolutのCEOであるNikolay Storonsky氏はe27とのインタビューにおいて、シンガポールで使えるローカルアプリと比較した競合優位性について上記のよ…