BRIDGE

特集:新型MacとBig Sur

特集:新型MacとBig Sur

Appleは今日(11月11日午前3時)、新しいmacOS「Big Sur」を発表し、初のMac専用チップとなる「M1」を正式に公開した。それぞれのマシンにはM1チップが搭載されており、従来のIntelの同等モデルの約3倍のパフォーマンスを発揮し、新しい16コアのNeural EngineによってAIのパフォーマンスは11倍以上に高速化される

MUGENLABO Magazine

特集:新型MacとBig Surの話題

Apple Silicon「M1」チップ、その特徴(1/2)

SHARE:

2010年、AppleがARM技術をベースとした自社製A4プロセッサーを発表した時、ほかに十分な代替製品があるにもかかわらず貴重な自社リソースを無駄にしていると批判されていた。しかし、A4のバッテリー駆動時間はiPadやiPhone製品に最適化されており、その後10年に及ぶ開発で性能は1,000倍にも向上したと言われている。 Appleは今日正式に、自社初のMac専用AシリーズプロセッサーM1を発…

Image Credit : Apple

2010年、AppleがARM技術をベースとした自社製A4プロセッサーを発表した時、ほかに十分な代替製品があるにもかかわらず貴重な自社リソースを無駄にしていると批判されていた。しかし、A4のバッテリー駆動時間はiPadやiPhone製品に最適化されており、その後10年に及ぶ開発で性能は1,000倍にも向上したと言われている。

Appleは今日正式に、自社初のMac専用AシリーズプロセッサーM1を発表し、Intel CPUへの終わりを告げた。チップは1,600万ものトランジスタを搭載、1ワット辺りにおけるパフォーマンスとしては業界最高だと同社は主張している。

Apple Siliconと呼ばれていたM1チップだが、従来のIntelチップとは一線を画す大きな特徴を持っている。性能と消費電力が異なるCPUコアを8つ搭載していることに加えて、独自設計の8コアで構成されるGPU、機械学習に特化した16コアのNeural Engine、またカメラ、ビデオ、オーディオ、ストレージ、セキュリティー機能のための統合プロセッサーが搭載される。GPUはそれだけでも10ワットで2倍のラップトップグラフィック性能を持ち、3分の1の電力消費に抑えらえれている。

Appleは今まで、セキュリティーやオーディオ管理に際して自社開発のT1プロセッサーとT2プロセッサーなどを利用してきた。M1チップでは、これら機能をCPU、GPU、Neural Engineと同じ部分で利用し最適化を図ることで、バッテリースペースの確保などに成功している。チップ自体は冷却ファンを必要としないため、負荷がかかっても静かな状態が確約されている。さらに、Mac製品としては初めて専用AIも搭載している。

iPhone 12やiPad Airに搭載されているA14プロセッサーのように、M1は5ナノメートル製造プロセスを採用している。過去のMacでは、10ナノメートルプロセスで製造されるIntelチップを利用していた。Appleの主要なモデムサプライヤーでもあるQualcomnは、現在7ナノメートルのSnapdragon 8cxシリーズを提供しており、ファンレスなラップトップやタブレットを狙っているとされる。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

macOS「Big Sur」公開:iOSとの融合進む(1/2)

SHARE:

Appleは本日(11月11日)、5カ月にも及ぶ長丁場のベータテスト期間を経て、Mac最新OS「macOS Big Sur」を一般公開した。macOS 11としても知られるBig Surは、IntelまたはApple M1プロセッサを搭載したMacをサポートする初めてのOSとなる。MacのデスクトップインターフェイスであるFinderは刷新され、Appleのモバイルデバイスと共通となったアプリやゲ…

Image Credit : Apple

Appleは本日(11月11日)、5カ月にも及ぶ長丁場のベータテスト期間を経て、Mac最新OS「macOS Big Sur」を一般公開した。macOS 11としても知られるBig Surは、IntelまたはApple M1プロセッサを搭載したMacをサポートする初めてのOSとなる。MacのデスクトップインターフェイスであるFinderは刷新され、Appleのモバイルデバイスと共通となったアプリやゲーム、ウェブブラウザ「Safari」大幅な強化などを特徴としている。

ユーザー目線で考えると、Big Surの最も特徴的な変更点は見た目かもしれない。ユーザーインターフェースがリフレッシュされ、透明なペインと大胆なアイコンに深みのあるシャドウイングが入っている。こういった視覚的な効果は最近のMacOSのリリースにはなかったものだ。

また、通知センターやコントロールセンター、そして従来のアイコンドックなどでiPadとの共通点が増えた。そしてAppleの新たなM1チップ搭載のMacユーザーにはもう一つのボーナスがある。それは、iOSとiPadOSプラットフォームのために開発されたアプリケーションやゲームを実行することもできるようになる、ということだ。

AppleのSafariは、ユーザーがスタートページを自分好みにカスタマイズできるようになっただけでなく、ウェブページを特定の言語に変換する翻訳機能、他のブラウザ用に開発された拡張機能のサポート、ブラウジング速度とエネルギー消費の両方の効率を格段に向上させた。プライバシーレポートと呼ばれる新しいサイン機能は、ウェブサイトが使用しているトラッキングシステムをユーザーにすばやく警告し、それらを即座にブロックする。これは、AppleがiOSのIdentifier for Advertisers(IDFA)のサポート(ユーザーがブラウジングしているとき、密かにユーザーの個人情報を特定する行為)を中止しようとしているのと同様の取り組みとなる。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

新Macお披露目:新型M1チップで刷新されたMacBook Air、MacBook Pro、Mac mini(1/2)

SHARE:

Appleは今日(11月11日午前3時)、新しいmacOS「Big Sur」を発表し、初のMac専用チップとなる「M1」を正式に公開した。それ以外にも新たなソフトとハードウェアを採用する初のMacもお披露目している。M1チップを搭載した13インチMacBook Air、13インチMacBook Pro、Mac miniのモデルがそれだ。それぞれのマシンにはM1チップが搭載されており、従来のInte…

Image Credit : Apple

Appleは今日(11月11日午前3時)、新しいmacOS「Big Sur」を発表し、初のMac専用チップとなる「M1」を正式に公開した。それ以外にも新たなソフトとハードウェアを採用する初のMacもお披露目している。M1チップを搭載した13インチMacBook Air、13インチMacBook Pro、Mac miniのモデルがそれだ。それぞれのマシンにはM1チップが搭載されており、従来のIntelの同等モデルの約3倍のパフォーマンスを発揮し、新しい16コアのNeural EngineによってAIのパフォーマンスは11倍以上に高速化される。

一見するとMacBook AirはかつてのIntelベースのMacと非常によく似ているが、Appleの新チップに対応した新しい機能がいくつか搭載されている。ファンレスになったMacBook Airはバッテリー寿命が長くなり、Intelの統合型グラフィックスチップ「Iris Plus」に比較してグラフィックス性能が劇的に向上した。Mac miniは従来の3倍のCPU性能と6倍のGPU性能、MacBook Proは最大5倍のグラフィックス性能と2.8倍のCPU速度を実現している。新しいマシンはすべて、Thunderbolt 4とUSB 4のほか、Wi-Fi 6とBluetooth 5.0をサポートしている。

興味深いことに、ほとんどのマシンは同じM1チップだけでなく、速度やグラフィックスのアップグレードを選択するオプションなしで出荷されるようだ。新しいモデルには同じ8コアのCPU、8コアのGPU、16コアのNeural Engineを搭載しているのだが、CPUやGPUのカスタマイズは一切しない。一方、MacBook Airではベースモデルには7コアのGPUが搭載されており、より高価なステップアップモデルには8コアのGPUとストレージが搭載されることになる。

「長寿命」は新しいラップトップの大きなセールスポイントとなった。Intel時代の13インチMacBook Airでは、1回の充電で11~12時間のビデオ再生やウェブブラウジングを約束していたが、M1バージョンでは15時間以上の駆動時間、最大18時間のビデオ再生を約束する。MacBook Proはより大きな内蔵バッテリーのおかげで、タスクにもよるが、17~20時間の駆動時間を約束している。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

Apple新「ARM」Mac:「Face ID」搭載はあるか、そしてもうひとつの可能性(3/3)

SHARE:

(前回からのつづき)消費者向けのMacの変化は、最後に挙げた2つのテクノロジーからもたらされるかもしれない。優れた画像処理エンジンを活用した「FaceTimeカメラ」の搭載がそれだ。 ついにこいつがMacにお目見えすること、それはとりもなおさず、Mac用Face IDセキュアロック解除機能の追加を意味することになるだろう。この機能はパンデミック時代の「マスク」という課題に直面しているが、デスクトッ…

新型Macのお披露目は日本時間で11月11日午前3時の予定だ/Image Credit : Apple

(前回からのつづき)消費者向けのMacの変化は、最後に挙げた2つのテクノロジーからもたらされるかもしれない。優れた画像処理エンジンを活用した「FaceTimeカメラ」の搭載がそれだ。

ついにこいつがMacにお目見えすること、それはとりもなおさず、Mac用Face IDセキュアロック解除機能の追加を意味することになるだろう。この機能はパンデミック時代の「マスク」という課題に直面しているが、デスクトップやラップトップマシンでは問題ないはずだ。

そしてもうひとつの潜在的なゲームチェンジャー、それは遅ればせながらの「タッチスクリーン技術」の採用だ。Appleが長い間、Macへの搭載は敬遠していたことで、事実上すべてのWindowsラップトップ(および一部のデスクトップ)はこの点でMacに打ち勝っている。

AppleのSilicon MacはiPhoneやiPadのアプリケーションをネイティブで実行できるようになる。ーーこれはmacOS Big Surにタッチスクリーンからの直接入力をサポートすべき理由であることを示しており、初となるARM Macにはタッチスクリーンハードウェアが搭載されていて、その互換性の可能性をフルに活用できるようになっている可能性が大いにあるのだ。しかしその上で、Appleがまたしてもタッチスクリーン対応のMacを、その点では現代のWindowsマシンに一歩遅れを取ったままにしておくことは十分にあり得ることは付け加えておく。

IntelからARMアーキテクチャへの移行により、Srouji氏が約束したワットあたりのパフォーマンスが向上することは間違いない。一方、Appleは長い間、電力効率の良いチップを謳ってきたが、チップ効率も結果的に薄くて美しいマシンもMacを世界の1位や2位、3位、さらにはAppleの母国でさえもPCの1位、2位、3位に押し上げるには十分ではなかったことは明白なのだ。「Thinnovation(薄さの革命)」という言葉は12年前のMacBook Airのためにはいい戦略だった。しかし昨今のコンピュータを単に小さくしただけで売り上げが上がるのか、それとも足止めを食らったままなのかは定かではない。

Appleの新しいチップは、Macの歴史に新たな扉を開くか、それとも何年も前から提供されてきた基本的な長所と短所を残したままただ前進するだけか、いずれかの機会となるだろう。Apple Siliconがすぐに主要な新機能を可能にするか、それともあまり目立たない内部アップグレードで古いMacのデザインにレトロフィットさせるだけなのか、その辺りも「One More Thing」のイベントの後に分かるだろう。

前者のシナリオでは新しいMacは売れるだろうが、後者のシナリオでは、Apple Silicon MacをIntelのものと差別化するために大量の誇大広告が必要になるかもしれない。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

Apple新「ARM」Mac:ARMへの移行で失われるかもしれないもの(2/3)

SHARE:

(前回からのつづき)良い点から挙げよう。IntelからARMへの移行は「レガシーな」IntelベースのMacアプリにとっては問題ない、ということだ。Appleによると、Rosetta 2エミュレーションの下で適切に動作し、多くの場合でIntelからARMへのXcodeの簡単な移行方法が用意されているという話だった。 開発者はMacのDeveloper Transition Kitsを使って、Int…

Image Credit: Apple

(前回からのつづき)良い点から挙げよう。IntelからARMへの移行は「レガシーな」IntelベースのMacアプリにとっては問題ない、ということだ。Appleによると、Rosetta 2エミュレーションの下で適切に動作し、多くの場合でIntelからARMへのXcodeの簡単な移行方法が用意されているという話だった。

開発者はMacのDeveloper Transition Kitsを使って、Intel MacアプリをARMに移行するにあたり5カ月の猶予があった。15年前にPowerPCからIntelへの切り替えがかなりうまくいったことを考えると、ほとんどの人がApple Siliconへの移行はーー少なくともmacOSユーザーにとってはーー同じようにスムーズになると予測している。

一方であまりよくない話もある。

Apple Siliconへのスイッチにより高い確率で発生する「Windowsとの完全な互換性の損失」をどのように処理するかという点だ。これについては現時点では不明で、同社はMacがWindowsをネイティブに実行できるようにするツールであるBoot Campを捨てようとしているのだ。

IntelマシンとなったMacの仮想化オプションとしては唯一のものだった。つまり、Intelプロセッサ向けに開発されたWindowsアプリは、Mac上でパフォーマンスを低下させる可能性があるということだ。残念ながら、仮想化したWindows環境を提供する可能性の高いApple、ParallelsVMWareの3社からは、このトピックについてほとんど語られていない。

ただやはり、もっと大きな問題は新しいARMベースのMacが「レガシー」なIntelモデルに対してどのような利点を持つかということだ。 AppleのチップリーダーであるJohny Srouji氏は、今年のWWDC20で2つの説明をしている。 まず、Srouji氏は15年前のPowerPC-Intelの動きについて、スティーブ・ジョブズ氏にならって、新しいMacは「はるかに高いレベルのパフォーマンスを実現すると同時に、消費電力を抑えることができる」と約束している。

第二にSrouji氏は、Apple Siliconには以下の5つの機能を含む「多くのカスタム技術」が搭載されるとしている。

  • クラス最高のセキュリティのセキュアエンクレーブ
  • プロ・アプリケーションとゲームの両方に最適化された「まったく新しいレベルのグラフィックスパフォーマンス」を実現する高性能GPU
  • 機械学習のためのニューラルエンジン
  • おそらく画面改善のためのビデオ表示エンジンと
  • カメラの改良のための画像処理エンジン

確かにこれらの技術はどれも目新しいもの、とは言えない。これらはすべて何年も前からiPadやiPhoneに搭載されており、一部のMacにも搭載されているものだ。

ただその一方で、Appleがアクセルを踏めばこれらの技術はすべてMacプラットフォームにとって歓迎すべき進歩になるかもしれない。というのも、現行のiPad ProクラスのGPUでさえ、前世代のIntel製統合グラフィックスチップを搭載した低価格帯のMacでは、次世代のGPUによってグラフィックスのパフォーマンスを向上させる可能性があるからだ。

対照的に、専用のAIハードウェアについてはMacにとって初お披露目のものとなるだろう。QualcommのSnapdragon 8cxや、8c、7cのラップトップ・タブレットチップに見られるAIコアを反映させたものだ。(ちなみにAppleが5Gモデム技術について言及しなかったのは、Apple独自のチップに直接組み込む準備ができていないからかもしれないが、5Gの統合が将来のMacにとって重要になることは間違いない。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

Apple新「ARM」Mac:売上はわずか、それでもAppleの未来に必要な存在(1/3)

SHARE:

15年前、AppleはIBMのPowerPCプロセッサが解決不能な開発の障害となっているとして、デスクトップ・ラップトップ用のチップをIntel CPUへ切り替えることを発表した。今月のスペシャルメディアイベントにおいて、IntelチップをAppleが独自に開発したARMプロセッサへと置き換えた新型Macが正式に発表される。この変化は、Appleコンピュータにとって重要なマイルストーンとなるか、も…

Appleの自社開発チップを搭載した次世代Macが従来のIntel CPU搭載モデルよりもどれほど優れているか語るチップ部門代表のJohny Srouji氏
Image credit: Apple

15年前、AppleはIBMのPowerPCプロセッサが解決不能な開発の障害となっているとして、デスクトップ・ラップトップ用のチップをIntel CPUへ切り替えることを発表した。今月のスペシャルメディアイベントにおいて、IntelチップをAppleが独自に開発したARMプロセッサへと置き換えた新型Macが正式に発表される。この変化は、Appleコンピュータにとって重要なマイルストーンとなるか、もしくはパソコン史上で忘れられない出来事となるだろう。

従来のPC事業を「停滞」と呼ぶのはふさわしくないだろうが、MacがPower PCからIntelプロセッサへと移行して以来、多くの変化があった。2005年当時、MacはApple最大の製品だったが、Mac全体の売り上げは500万台未満とそれほど大きくなく、Appleの10年来のチップパートナーであるIBMは、次世代デスクトップ・ラップトップコンピュータ用の電力効率の高い部品を製造するのに苦しんでいた

当時のAppleのCEO、スティーブ・ジョブズ氏はIntelを温かく受け入れ、かつてのライバルに未来を賭けたのだ。Appleの大きくはないマーケットシェアにもかかわらず、PowerPCからIntelへの移行はテック業界で10年に一度の大きな話題となり、Intelの地位をパソコン用チップにおける揺るぎないリーダー的存在にした。そしてAppleは企業が実際に購入を検討しうる確固たるマシンメーカーとなった。

この賭け金は今日のAppleにとって高くなかったことは間違いない。

Intelチップへの移行により、Macは世界のPC市場で2%のシェアという地の底から10%へと上昇した。だがこの10年間で、Macは2兆ドル規模の同社のビジネスにとってさほど重要なものではなくなった。発表されたばかりの2020年の決算では、Appleの売上のうちMacが占める割合は10%強であり、iPhone、iPad、Apple Watch、Apple TVの約7分の1だ。他のデバイスの強さにもかかわらず、Appleは世界的なPC販売でLenovo、HP、Dellを超えることができておらず、Macの米国での市場シェアは毎年15%にも達していない。理屈の上では、AppleはMacを過去の事業として放棄し、財務上の影響を回避してもよいはずだ。

しかし、AppleはMacを同社の将来にとって重要なものとして扱いつづけ、超ニッチなモデルであるMac Pro製品ラインナップ全体のランボルギーニと位置付けている。Appleは、メインストリームの顧客を獲得しつづけるために引き続きラップトップを合理化しデスクトップのパフォーマンスを向上させ、自社開発のTシリーズチップでセキュリティを高めてきた。

MacをWindowsパソコンのスーパーセットとして効果的にマーケティングし、Boot Campやエミュレーションを使用してPCが実行できるものすべてを実行し(高性能ゲーム以外)、macOSおよびMac専用アプリへの独占的なアクセスを顧客に提供している。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】