【企画】MOVIDA JAPANが第2期Seed Acceleration Programの公募を開始

SHARE:

MVLOGO

MOVIDA JAPANは5月9日、インキュベーションプログラム「Seed Acceleration Program」の第2期公募の開始を発表しました。

同プログラムは主にこれから起業を検討する起業家やチームに対し最大で500万円の出資をはじめ、週一回開催されるスクール形式の勉強会と、提携先事業者および投資家向けのプレゼンテーションによって構成されています。プログラムの実施期間は3カ月。

2月22日に開催された第1期DemoDayには7社のスタートアップが出場し、それぞれ次のステップに向けて動き出しています。これらのプログラムについての方向性や考え方についてはこちらのインタビュー記事をご覧ください。

また、第1期で公開された募集テーマに加え、今回から2つのテーマが新設されました。一つ目は人工知能などのソフト関連も含めたロボット分野 「Life with Smart Robots」。二つ目はソーシャル、モバイルなど環境の発達によって大きく変化する教育関連をテーマにした「Power of Manebi (Co-learning) 」です。既存のテーマを含む応募要項の詳細についてはこちらのページをご覧ください。

■募集内容

MOVIDA が定める対象テーマにおける独創的/人の役に立つ/楽しめるアイデアやプロダク ト・サービス(世の中に変革を起こし、より良い世界を創り出すことを目指すもの)

■応募条件

・独自のアイデアを持ち、その実現を心から望んでいる方(個人・法人は問わず)
・法人の場合、設立 2 年未満かつ外部からの出資を受けていないこと
・プログラムの全セッションに参加できること

■選考およびプログラム日程

募集開始:2012年5月9日
応募〆切:2012年5月31日15時
書類選考結果通知:2012年6月1日18時以降
面接:2012年6月4日、5日
採択結果通知:2012年6月7日
オリエンテーション:2012年6月11日
MOVIDA School:2012年6月〜8月(毎週火曜日)
Prototype Day(リハーサル) :2012年6月〜8月 月1回実施予定
Demo Day(プレゼンイベント):2012年9月上旬予定

■応募方法

こちらのエントリーフォームから受付

(企画・協力/MOVIDA JAPAN