【TokyoMeetup2012】セッション紹介ースタートアップが知っておくべき資金の集め方とは

SHARE:

StartupDatingとPUXが7月7日(土)に共催する七夕ミートアップイベント「TokyoMeetup2012」の開催が迫ってきました。これから数回に分けて当日開催するセッションの内容とパネリスト、そしてショーケースピッチに参加するスタートアップ・サービス9社のご紹介をさせて頂きます。

二つ目のセッションではスタートアップの資金にまつわるお話を取り上げます。ここ数年で一気に認知度が上がった感のある、北米YCombinatorや500Startupsなどによるシード・アクセラレーションモデルは投資という一見複雑な手続きを定型化し、まるで工場のようにシード期の事業に投資、量産していくことに成功しました。

日本やアジア圏でもこの方法はコピーされ、国内でいえばOpenNetworkLabやMOVIDA JAPAN、サムライインキュベートなど数社がシード期の投資、支援事業を積極化させています。初期の資金獲得が、従来の借金や個人投資家による「知ってるから投資」以外に選択肢が広がる一方、どれを選択すればよいのか悩む場面も増えてきました。

このセッションでは、若手投資家としてデビューを果たした佐俣アンリ氏のモデレートで、知見と経験に富んだインキュベーター、ベンチャーキャピタリスト4名に、資金の考え方や集め方など、具体的なノウハウを語っていただく予定です。

※一般参加をご希望する方はこの記事の最下部にあるフォームからお申し込みください。応募者多数のため、締め切らせて頂きました。ありがとうございました。

セッション2:スタートアップがお金を集める方法

何かを始めようという時にお金をどうすべきか。自己資金、外部調達、それも株式、それとも借金?スタートアップするときに誰もが一度は悩む資本政策について、インキュベーションを手がける面々と一緒に考えるセッションです。

伊藤 健吾/モビーダジャパン
1998年に三井物産株式会社に入社後、IT・エレクトロニクス分野の各種プロジェクト・新規事業に従事。2002年、米国の関係会社Mitsui Comtek Corp.に出向。米国内における新規事業の開発、ベンチャー投資などを手がけたあと、三井物産本社に帰任。以降、ディスプレイ・モバイルの新規事業開発・事業投資を担当。その後、動画系スタートアップの株式会社メタキャスト代表取締役CEOを経て、現在はMOVIDA JAPANにてシードアクセラレーション事業の統括を務める。グルメイノベーション株式会社(宅麺)顧問。東京大学大学院卒。itokenv.com

本間 真彦/インキュベイトファンド代表パートナー
慶應義塾大学卒業後、(株)ジャフコの海外投資部門にて、シリコンバレー・イスラエルのネット・IT企業への投資や米国ネットサービスの日本法人立ち上げ。2001年よりアクセンチュア(株)にてベンチャー投資及びアライアンス業務に従事。2003年よりワークス・キャピタル(株)にて、日本・中国・韓国のIT関連ベンチャー企業への投資育成活動を行う。2007年、コアピープルパートナーズ設立、代表パートナー就任。2010年、インキュベイトファンド設立、代表パートナー就任。incubatefund

宮沢 靖雄/伊藤忠テクノロジーベンチャーズ ディレクター
アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)、日本サンマイクロシステムズなどを経て、2000年からNIFベンチャーズの国際部門にて北米、欧州、イスラエル等のIT系ベンチャーにアーリーステージから投資し、Boardに入りながら成長を支援してきた。2007年に伊藤忠テクノロジーベンチャーズに転じ、引き続き国内・海外の技術系ベンチャーに投資や事業育成を行い、現在に至る。伊藤忠テクノロジーベンチャーズ

今野 穣/グロービス・キャピタル・パートナーズ パートナー
アーサーアンダーセンビジネスコンサルティング(現プライスウォーターハウスクーパース)を経て、2006年7月グロービス・キャピタル・パートナーズ入社。現在、IT関連分野の投資領域におけるリーダー。個社の投資・育成に止まらず、新しい産業・新しいリーダーシップ/エコシステムを構築すべく、日々修行・奮闘中。主な投資先に、ライフネット生命保険、V-CUBE、One of Them、美人時計、みんなのウェディング、Quipper、SAVAWAY、Bplatsなどがある。東京大学法学部卒。グロービス・キャピタル・パートナーズ

佐俣アンリ/ANRI GeneralPartner/モデレーター
株式会社リクルート メディアテクノロジーラボにてモバイルコンテンツ・ソーシャルアプリの事業立ち上げを担当。同社退社後クロノスファンド、EastVenturesに参画。クロノスファンドとして株式会社フリークア ウト、株式会社ハイパーインターネッツ(CAMPFIRE)、などの投資と立ち上げを創業から一貫して行う。また、個人としてラクスル株式会社や株式会社スポットライト(スマポ)を 創業からサポートも手がける。 2012年venturecapitalFund ANRIを設立。