【TokyoMeetup2012】セッション紹介ー個人やスタートアップはどうやって場を活かしていくべきか?

SHARE:

StartupDatingとPUXが7月7日(土)に共催する七夕ミートアップイベント「TokyoMeetup2012」の開催が迫ってきました。ミートアップイベント最後のセッションでは、「場の活かし方」をテーマにトークをしていきます。

参加者からのコメントで、仲間を見つけたりつながりをつくることを目的にしている人が多く見られます。仲間を見つけることももちろんですが、それ以外にも様々なことに関係してくる人と人とのつながりは、そこに「場」がうまれます。

多様な人がいればそれだけ活発な場が生まれます。そうした、一般的なオフィスとは違った様々な「場」のあり方についてトークすると同時に、仲間やプロジェクトメンバー以外に様々な分野とのつながりを作るために、こうした「場」とどう関わっていけばいいかと考えてみたいと思います。

セッションでは、「個人やスタートアップにとって大切な場の活かし方」と題し、場づくりを手がけている面々に話をしてもらい、それぞれが考える「場」のあり方、そして個人やスタートアップがどう関わっていくことがよいのかについて議論します。ただそこに空間があるだけでは人と人はつながりません。いかにつながりを作るコミュニケーションをおこなっていくか。場をどう活かしてサービスのマーケティングやPRなどをおこなっていくか。プロジェクト単位でのメンバーを集め、どういう風に関係者と円滑にコミュニケーションを行い、より戦略的より効率的にサービスを進めていくか。スタートアップと日々触れている面々から、スタートアップに必要な場のあり方活かし方について、話してもらいます。ご期待ください。

※一般参加をご希望する方はこの記事の最下部にあるフォームからお申し込みください。応募者多数のため、締め切らせて頂きました。ありがとうございました。

セッション3;個人やスタートアップにとって大切な場の活かし方

何かを始めるとき、固定の場所を借りることがリスクにみえるなら、新しい選択肢を考えることも大切かもしれません。このセッションではコワーキングなどの新しい場所作りを手がける面々に集まって頂き、単なる場所に留まらない「場」の活用方法について考えます。

小笠原 治/NOMAD NEW’S BASE

株式会社nomad代表取締役。awabar及びNOMAD NEW’S BASEオーナー。1999年さくらインターネット株式会社設立時に取締役として参加。様々な事業を経て2006年10月から動画関連事業の株式会社DOMIRU(現 株式会社クラスト)の代表に就任。現在はクラストにてWiFi関連事業を推進しつつ、nomadにて「場」を作る事業に取り組んでいる。NOMAD NEW’S BASE

村上 浩輝/ツクルバ

株式会社ツクルバ代表取締役CEO。1985年東京都生まれ。「場づくり」に関心があり、不動産デベロッパーなどを経て2011年8月に共同創業者の中村真広とツクルバを設立、現職。趣味ブレイクダンス。
ツクルバ
co-ba

青木 亮介/コスタリンク

CostaLink株式会社CEO、CoWorkingスタイルのカフェとシェアオフィスを運営。シンガポールで5年間、香港で4ヶ月程仕事していました。バーテンダー歴10年、料理歴25年、PC歴15年、前々職はPC関係、前職は商社マンできないことはない!
Guild Cafe Costa

江口晋太朗/モデレーター

ヒト、コト、モノをつなぐ編集者。世界のスタートアップ、起業家と共に歩むメディア人。STartup Dating Editor.CNET JAPANでスタートアップ/コワーキング関連の記事執筆。企画、編集ライティングから、コミュニティデザインやマネージメント、ネットやデジタル、アナログ、映像、写真、アート、テキストなど、あらゆるメディアを通じた次世代のアクションをおこす。