TokyoStartupSchool vol.4 ー「スタートアップが気をつけるべきプライバシーとセキュリティ」6月27日開催

SHARE:
Some rights reserved by smartmindnetwork

現在サービスを立ちあげ、運営されている方。これからサービスを立ちあげようとしている方。サービスのセキュリティやプライバシーポリシーなど、一見地味に見えてしまいがちですが、とても重要な部分への意識や対応は十分におこなえているでしょうか。ここを曖昧にしたままサービスをリリースし、大きくしていくと、どこかのタイミングで問題が発生し、炎上や訴訟などのトラブルにまで、発展してしまうことが大いに考えられます。

そこで先月に引き続き、第4回目の開催となるTokyo Startup Schoolは、「スタートアップが気をつけるべきプライバシーとセキュリティ」というテーマで開催いたします。せっかくの良いサービスが問題などの発生によって頓挫してしまわないよう、スタートアップのディフェンス力を高めるために必要なこととは一体何なのか。ゲストの方をお招きして教えていただきます。また、本テーマに関しては、引き続き開催予定です。詳細なテーマなど、これから少しづつ深掘りしていく予定です。

前半のトークセッションでは、プライバシーポリシーとセキュリティに関する基本的なことを、それぞれのプロフェッショナルの方にお話していただきます。後半ではゲスト三者によるパネルディスカッションを行い、スタートアップが気をつけるべきことをリストアップしながら、ゲストを交えてディスカッションや参加者との意見交換などをおこないます。

プライバシーポリシーやセキュリティに関する部分を不安に思っている方は、ぜひこれを機にご参加ください。

イベント概要

日時:6月27日(水) 19時〜22時(開場18時30分)

場所:西麻布 NOMAD NEW’S BASE

参加費:2,000円(軽食+ドリンク※)※ミートアップでの追加ドリンクはキャッシュオンとなります

定員:30名程度

プログラム(敬称略)

トークセッション

先生:雨宮美季

2001年弁護士登録 (54期) 。司法研修中から創業に関わっていたITベンチャーに社内弁護士として参画し、ECサイトの立ち上げなどに関わる。2002年6月にAZX Professionals Groupに入所。ベンチャーをクライアントとする各種契約書、利用規約等のレビュー及び作成、ビジネススキームの適法性の検討などや、ベンチャーキャピタルへのアドバイス、IPO審査などの経験をつみ、2008年9月、パートナー就任。KDDI∞Labo社外アドバイザー。経営調査研究会主催「ウェブサービスにおける利用規約、プライバシーポリシー、セキュリティポリシーの重要ポイント」の講師など、ウェブサービスの利用規約、プライバシーポリシーに関するセミナーを数多く行っている。AZX Professionals Group パートナー弁護士  

先生:高橋伸和

慶応義塾大学経済学部卒業後、株式会社野村総合研究所入社。社内ベンチャーで現NRIセキュアテクノロジーズの立ち上げに参画。その後、サイバートラストジャパンの立ち上げ。日本ベリサイン株式会社入社後、マーケティングを統括し、2004年東証マザーズ上場後取締役に就任。同社取締役退任後、顧問を経て現在フェローとして主に技術的な観点からアドバイスを行う。2010年には中村仁と共同でKizna(現FrogApps)を設立。FrogApps取締役。2012年、株式会社エヴォルツィオを設立、経営、マーケティング、セキュリティコンサルを提供中。



先生:山中 進吾

一般社団法人 OpenIDファウンデーション・ジャパン 事務局長。サン・マイクロシステムズにて認証、ID管理、決済ビジネスの事業開発を担当した後、独立系ベンチャーキャピタルにて、スタートアップ企業に対する事業投資、経営コンサルティングを経験。2008年より現職。デジタル・アイデンティティ技術や、サイバー空間上のセキュリティポリシーの普及・推進に関する分野に10年以上携わっている。また、国民ID制度やマイナンバー制度、資金決済法など国の政策に対する提言やコンサルティングも行なってきている。国立情報学研究所 学認トラストチーム アドバイザー。早稲田大学政治経済学部卒、京都大学経営管理大学院修了。

*申し込みありがとうございました