BRIDGE

Search 李開復

なぜアメリカのインターネット企業は中国で失敗するのか─Kaifu Lee(李開復)氏の考察

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】 編者注:この記事はLinkedInに掲載されたもので、私たちはKaifu Lee(李開復)氏の許可を得てここに転載した。Kaifu氏は中国のインキュベーターInnovation Works(創新工場)の創設者で、またGoogleとMicrosoftで前バイスプレジデントである。 ほぼ例外なく、アメリカのインターネット企業は中国で失敗している。以下のグラフは中国…

【翻訳 by Conyac】【原文】

編者注:この記事はLinkedInに掲載されたもので、私たちはKaifu Lee(李開復)氏の許可を得てここに転載した。Kaifu氏は中国のインキュベーターInnovation Works(創新工場)の創設者で、またGoogleとMicrosoftで前バイスプレジデントである。


ほぼ例外なく、アメリカのインターネット企業は中国で失敗している。以下のグラフは中国におけるアメリカ企業の失敗を示したもので、3大勝者のAlibaba(阿里巴巴)、Baidu(百度)、Tencent(騰訊)が浮上することとなった。(この3社の合計時価総額は約1500億米ドルである。)

アメリカ企業の失敗を、政府の規制やえこひいきの結果だと多くの人が考えている。それも失敗の原因の一部ではあるが、企業自体に関係する他の原因がある。

1. 短期ビジョンにフォーカスしすぎる-中国は非常に忍耐が必要な大きな市場である。アメリカ企業は世界的にしばしば利益性を優先し、景気が悪化する中、全地域に縮小政策をあてはめる。しかし、この動きは一銭を節約して大金を無駄にする、となることが多い。短期ではいくらかの金を節約するものの、競合他社に市場シェアを明け渡すことになる。例えば、中国市場が盛況の間AOLは中国に参入・撤退を2度もし、撤退するたびに同社には財政困難が伴った。

2. 現地チームに権限がない-中国は手ごわいライバルのいる厳しい大市場である。中国でチャンスをものにするには、アメリカ企業は現地チームが責任を持ち、自治権をもち、ローカライズし、戦えるように現地チームに権限を与える必要がある。しかし、いくつかの悲惨な話やステレオタイプの懸念から、アメリカ企業本社は自治権を委譲することを拒むだけではなく、追加の監視を適用する。例えばGoogleでは方や製品、データセンター配分、UI、doodleにまで、そして社員の登用は言うまでもなく本社の承認が必要とされている。

3. スピードが欠けたグローバル化プロセス-中国の市場は特例を受けるのに十分な違いを見せることがありうるが、アメリカ企業は単一グローバルプラットフォームを維持することに非常に気を配っている。その意思決定はグローバルプラットフォームの統合性を維持することにはなるが、現地市場シェアを諦めることにもなる。例えば、eBayは市場リーダーのEachnetを買収したが、その後アメリカでホストしているeBayプラットフォームを支持しそのプラットフォームを廃止し大失敗となった。別の例は、これもeBayだが、売り手の評判に重点を置いたが中国ではそれは十分でなく、Alipayがエスクロー決済を導入し、その争いに勝った。

4. 文化の違い-アメリカ企業は、アイビーリーグでのMBA取得者やスタンフォード大の博士号保有者で、何年もの経験を持ち完璧な英語能力とアメリカスタイルのボディランゲージを持つ人の採用を好む。しかし、この「ウミガメたち」は中国でのインターネット闘争で日々繰り広げられる取っ組み合いには最も効果的な人材ではないかもしれない。例えば、Yahoo中国のゼネラルマネージャーはYahoo内部で不適任者と考えられていたが、Yahooを去った後たった6年で30億米ドル以上の価値を持つ企業を作り上げた。

では、アメリカ企業にはチャンスがあるのだろうか?簡単ではないが、可能性はある。まず、ここまで述べてきた内容は素晴らしい教科書となり、チャンスをものにするために学習する必要がある。次に、中国企業は消費者/モバイルソフトウェア領域で好調であるが、ビッグデータやクラウドコンピューティング、企業向けソフトウェアではアメリカ企業がまだ勝ち目をもっていると私は思う...今のところは。

【via Technode】 @technodechina

台湾の資金調達・スタートアップエコシステムの現状

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】 台湾の資金調達状況はどのように変わっているか?Plurk(噗浪)とTMI(台湾創意工場)のAlvin Woon(雲惟彬)氏が考えを語る。 2年前に台湾の投資環境を見ていたとしたら、台湾に拠点を置いているVC企業、インキュベータ、エンジェル投資家がほとんどいないと思っていただろう。M&Aにしろ、IPOにしろ、国内での売却オプションがないことと、マネタイズ…

【翻訳 by Conyac】【原文】

台湾の資金調達状況はどのように変わっているか?Plurk(噗浪)TMI(台湾創意工場)Alvin Woon(雲惟彬)氏が考えを語る。

2年前に台湾の投資環境を見ていたとしたら、台湾に拠点を置いているVC企業、インキュベータ、エンジェル投資家がほとんどいないと思っていただろう。M&Aにしろ、IPOにしろ、国内での売却オプションがないことと、マネタイズの業績が極端に悪いことが多くの投資家を遠ざけている。

台湾にいた数少ないVCは、彼らの投資をハードウェアからソフトウェアに移行するのに苦戦していた。台湾には伝統的にPC時代からの大手ハードウェア企業がたくさんある。Asus、HTC、Acer、TSMC、Mediatekなどなど、これらの企業は台湾で生まれた。起業家として、それらの伝説的な成功は、同じ方法をインターネットソフトウェアにも使おうとするVC企業と取り組む時にやや大きな障害となることが多々ある。

だが、状況は変化している。

M&Aがグローバルに行われ、FacebookとGoogleがアジアのスタートアップを買収している。決済イノベーションとモバイルの爆発的な普及によって、新しくエキサイティングなマネタイズのオプションが生まれた。世界のインターネット市場とは、台湾で成功したスタートアップは、もし彼らが望めば、香港、上海もしくはシンガポールでIPOができるということだ。

台湾の比較的安い人件費と技術コストを活用し、世界中のユーザへ発信されるサービスを提供するスタートアップに出資するという大きな可能性に投資家らは目を向け始めている。そして、CyberAgent Venturesなどの世界的に著名なVC企業がここ台湾にオフィスを開設している。Lee Kai Fu(李開復)氏WI Harper、そしてITRI(台湾工業技術研究院)が「Taiwan Mobile Innovation (TMI)」という新たな共同基金を設立し、私もパートナーの1人になっている。

Yushan Ventures(玉山創投)はStartup Labsプログラムを提供している。そして、エンジェル投資家も現れ始めた。現在、20以上のインキュベータ、コワーキングスペースがあり、頭に浮かんだだけでも、50人以上のアクティブなエンジェル投資家が現在台湾にいる。DeNA、Google、Rocket Internetの各社は台北でそれぞれのチームを増強している。

地元のVC企業も手を伸ばしている。ファンドは2つのプログラムを導入し、各社のポートフォリオの海外への露出を高めている。CyberAgentは東南アジア全域にオフィスを持っており、スタートアップチームを定期的に中国と日本に紹介している。

TMIは北京とサンフランシスコにコワーキングスペースを持ち、メンターシッププログラムを持っている。今私たちが目の当たりにしているのは、ものすごいスピードで台湾のスタートアップコミュニティ(起業家であれ、投資家であれ)によってもたらされた素晴らしい転換と自己学習プロセスだ。

スタートアップのエコシステムは、デモデー、ハッカソン、ウェブカンファレンス、ミートアップなど、ますます活発に行われるイベントによって、さらに向上している。最近行われたAppworks(之初創投)のデモデーでは15のチームがピッチを行った。

そして、2週間前のYahoo!ハッカソンには60のチームが参加した。Taiwan Facebookハッカソンの優勝者は実際にグローバル大賞を勝ち得た。E27は4月に台北で初めてのイベント「Echelon Satellite」を開催した。nodejs、python、redisのミートアップが毎週行われている。

活気のあるコミュニティ、成熟しつつある投資環境、そして豊富な人材資源(特にハードウェアのエンジニア)が合わさり、ここ数年で台湾はとても魅力的なスタートアップのハブとなった。

しかし実際に資金を得た人がいるだろうか?

少ないが、いる。

数字で見ると、もっとも多くの資金を手にした栄冠はソーシャルゲームプラットフォームのSNS+に与えられると思う。SNS+はWI Harper GroupとMatrix Partnersから1000万米ドル以上を獲得した。日本のベンチャーキャピタル企業CyberAgentも10月に、台湾企業のレシピソーシャルネットワークiCook.twに出資をした。

500 startupsはここ12ヶ月間でCubieとPicCollageに投資をし、TMIは過去9ヶ月間に7つのチームにシード資金を出資している。Yushan Venturesは5つのチームにシード資金を出した。EZtable(易訂)はRose Park Advisorsから100万米ドル以上を獲得した。この他にも資金調達した企業はあると思うが、全体的に見れば、資金の流れはゆっくりではあるが良好だと言える。

歴史的に、台湾は皆の注目を引こうと競い合うほどの市場規模もしくは資源を持っていないが、だからといって競ったり秀でたりするのをやめているわけではない。素晴らしい教育環境、確固としたIP法、そして私が前述したすべての事柄が台湾をとても魅力的なスタートアップのハブにしている。今、欠けているのは、爆発的ヒットプロダクトだけだ。

著者について

Alvin Woon氏はシードベンチャーファンドTMIのパートナーで、Plurk.comのファウンダーである。

【via e27】 @E27sg

Kaifu Lee(李開復)氏のInnovation Works(創造工場)がLeTV(楽視)の子会社に投資、「Super TV(超級電視)」に関心を寄せる

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 記憶力のいい読者なら、この見出しを読んで「待てよ。前にも聞いたことがあるな。」と思ったかもしれない。その通り。 既にご報告した通り、Kaifu Lee(李開復)氏は数ヶ月前、Innovation Works(創造工場)のテレビ事業への関心を示し、LeTVに投資する予定であると発表した。現在、LeTV(楽視)のCEOであるJia Yueting(賈躍亭)氏が取…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

記憶力のいい読者なら、この見出しを読んで「待てよ。前にも聞いたことがあるな。」と思ったかもしれない。その通り。

既にご報告した通り、Kaifu Lee(李開復)氏は数ヶ月前、Innovation Works(創造工場)のテレビ事業への関心を示し、LeTVに投資する予定であると発表した。現在、LeTV(楽視)のCEOであるJia Yueting(賈躍亭)氏が取引成立を公式発表し、その詳細を知ることができた。

Innovation Worksは、LeTVの子会社のひとつに投資している。LeTV Zhixin(楽視致新)というその会社は、LeTVのテレビ運営においてハードとソフトの両面を担っている。(LeTVの「super TV(超級電視)」の構築で、LeTVの動画ストリーミングサイト運営は含まない。)極秘合意であるため、Innovation Worksが会社の何%を所有しているのかは不明だ。しかしLeTV Zhixinの代表者によると、投資ファンドは既に準備済みで取引は完全に終了しているという。

LeTVはテレビのハードウェアとソフトウェア両面に長い間取り組んできたが、同社COOによれば、Appleがスマートフォンでやったことをスマートテレビ市場で実現しようとしているらしい。LeTV Super TVハードウェアはまだお披露目されていないため、デバイスの革命的なポテンシャルについてはまだわからない。しかしKaifu Lee氏の注目度と投資が、LeTV Zhixinが何か面白いものに取り組んでいることを表している。それが登場するまで少し待とう。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

中国版Twitter「Weibo(微博)」のテクノロジーが中国を変える理由

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 編者注:これはもともとLinkedInに掲載されたものだが、李開復氏の許可を得てTechnodeで再掲載した。李氏は、中国のインキュベータInnovation Worksの創設者で、過去にGoogleとMicrosoftのバイスプレジデントを務めた経歴を持つ。 ここ3年ほど「Weibo(微博)」が中国を魅了している。「Weibo」の文字通りの意味は「マイクロ…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

編者注:これはもともとLinkedInに掲載されたものだが、李開復氏の許可を得てTechnodeで再掲載した。李氏は、中国のインキュベータInnovation Worksの創設者で、過去にGoogleとMicrosoftのバイスプレジデントを務めた経歴を持つ。

Why Weibo technology will change China

ここ3年ほど「Weibo(微博)」が中国を魅了している。「Weibo」の文字通りの意味は「マイクロブログ」で、なかにはWeiboを「中国のTwitter」と呼ぶ人もいる。だが、もっと正確に言えば「質の高い伝統的なメディアがほとんどない国で利用され、500文字の投稿ができるTwitterに、Facebookのルック&フィールを備えている」というべきだろう。Weiboは数社の企業が提供していて、Sinaがリーダシップを握っている。

より具体的に言うと、500文字という設定は、中国語140文字で表現できる内容が、英語の500文字にあたることから来ている。Twitterに比べると、Weiboは構造化(例:入り組んだ会話)+メディアリッチ(ページを離れることなく写真・映像・音楽が簡単に楽しめる)というアプローチを取っている。これによって、中国のたくさんの初心者のネットユーザが利用しやすいようになっている。最後に、伝統的なメディアがブランドや表現力を失っている国では、Weiboは特に新しい風として受け入れられている。

Weiboへの投稿は削除される可能性があるが、常に言いたいことを言うことができ、自分の発言を何百万の人々に聞いてもらえる可能性がある。それは、中国の人々がそれまで享受してきた以上の言論の自由だ。

その結果、今では登録ユーザは3億人以上となっている。Weiboは、商品のマーケティングや芸能人のアイドル化、宣伝競争、イデオロギーの討論、リアルタイムのニュース発信などに好まれて利用されるプラットフォームとなった。ほとんどすべての時事ニュース、そして多くの腐敗や不正事件について、私たちが最初に知るのはWeiboでだ。Weiboは、すべての国民にとって公平で透明性のあるプラットフォームを提供しており、中国を大きく、そしてスピーディに変えている。Weiboを通じて入手した、さらに面白い中国のイベントをLinkedInで報告しよう。お楽しみに。

【via Technode】 @technodechina

StartupBase Profile

sina-(新浪)

Company: sina-(新浪)

新浪公司(シナ、SINA Corporation、NASDAQ: SINA)は、中国上海市浦東新区に本社を置く企業。ポータルサイト新浪(SINA.COM、「新浪網」とも)、中国版Twitter、weibo(微博)のSina weibo(新浪微博)を運営す…

About StartupBase

中国のインキュベーター「Innovation Works(創新工場)」が第2ラウンドの資金調達で1.5億米ドルを獲得

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 中国のインキュベーター「Innovation Works(IW=創新工場)」は、最近第2ラウンドの資金調達「Innovation Works Development FundⅡ」で1億5000万米ドルを調達したと発表した。昨年9月、IWは第1回のインターネットにフォーカスした資金調達で、総額1億8000万米ドルを獲得している。IWはまた、上海支店が間もなくオ…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

中国のインキュベーター「Innovation Works(IW=創新工場)」は、最近第2ラウンドの資金調達「Innovation Works Development FundⅡ」で1億5000万米ドルを調達したと発表した。昨年9月、IWは第1回のインターネットにフォーカスした資金調達で、総額1億8000万米ドルを獲得している。IWはまた、上海支店が間もなくオープンすることも明らかにした。

Innovation Worksは、2009年後半に前Google ChinaのトップであるKai-Fu Lee(李開復)氏がアーリーステージのハイテク投資に焦点を当てて設立した。その50の投資ポートフォリオのうち、18はシリーズA投資を獲得し、2つはシリーズB獲得を狙っている。現在、3つのプロジェクトが失敗に終わっているが、それでもIWは95%の成功を導いたことになる。

数日前Kaifu Lee氏は、インキュベータが、投資するスタートアップの株を保持しすぎているという噂を打ち消そうと奔走していた。Lee氏は、50の投資ポートフォリオに関してIWは平均17.6%のシェアを持っていると主張している。

Lee氏は、中国のスタートアップに仕向けられる大きな罠は、多額の出資をするエンジェル投資家だと話す。自分の企業に対する起業家たちのコントロールを奪い、優れたベンチャーキャピタルへの可能性を閉ざす。例えば、彼は最近Tencent Weibo(騰訊微博)にて次のように述べている。

「2つの優良プロジェクトに出会ったが、どちらもエンジェルの資本が投入されていた。私たちにシリーズAラウンドで手を差し伸べることを求めてきた。最初はとても嬉しかったが、後になってエンジェル投資家がこれら2つのプロジェクトの75%を保持し、持ち株の希薄化を拒否していることを知った。これはエンジェルがすることではなく、起業家にとっては悪魔の仕業に思える」。

【via Technode】 @technodechina

中国のInnovation Works(創新工場)が「IW Fund II」に1億4,800万米ドルを調達

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 Li Kaifu(李開復)氏のInnovation Works(IW)(創新工場)による2回目のIW Fund(IW Fund II)への取り組みについて耳にしていたが、北京拠点の同社がIW Fund IIに1億4,800万米ドルを確保したとDow Jonesが報道した。初回の資金調達で、2回目は今年末ごろに行われるようだ。 IW Fund IIは、IW F…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Li Kaifu(李開復)氏のInnovation Works(IW)(創新工場)による2回目のIW Fund(IW Fund II)への取り組みについて耳にしていたが、北京拠点の同社がIW Fund IIに1億4,800万米ドルを確保したとDow Jonesが報道した。初回の資金調達で、2回目は今年末ごろに行われるようだ。

IW Fund IIは、IW Fund Iと同じ手法で行われる。Innovation WorksのパートナーであるChris Evdemon氏は次のように語った。

「IW Fund IIはIW Fund Iとまったく同じ戦略をとっています。例えば、消費者向けインターネット、モバイルインターネット、クラウドコンピューティングなどのスタートアップを支援し、それらのほとんどは中国国内市場向けにプロダクトを構築しています。支援するスタートアップのほとんどに対し、シードステージからそれ以降に至るまでの投資を行い、選ばれたチームにはシリーズBの資金調達を含む上のステージまでフォローすることもしています。シードステージそして中国市場は、IWが付加価値を最大化しようとしている分野ですが、だからと言って海外市場向けのプロダクトやサービスを構築している中国のスタートアップに投資しないというわけではありません」。

Fund Iから継続してFund IIに出資した投資家もいる。残りの資金はアメリカやイギリスから調達される。Evdemon氏の説明によると、そのほとんどが「ファンド・オブ・ファンズ、年金基金、寄付基金、財団、大手ファミリー・オフィス」だという。

(詳細などはこちらの記事へ:How Innobation Works Works

「出資者の名前は、今年中に行われる最終資金調達が完了するまで公表できない」と同氏は付け加えて述べた。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

本気の起業家にとって魅力的な国・中国

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 私が最初に中国に訪れたのは10歳の時で、それ以来かなり頻繁に、家族の出身地である福州、広州、上海、杭州、蘇州、北京などに訪れている。 私は本心からこの国を好きになったことはないということを認めなくてはならない。道のあらゆるところに唾が吐かれ、汚かったことを常に思い浮かべる。兄弟と私は、若かった頃、中国に行くのを避けるためあらゆる口実を探したものだった。しかし…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

私が最初に中国に訪れたのは10歳の時で、それ以来かなり頻繁に、家族の出身地である福州、広州、上海、杭州、蘇州、北京などに訪れている。

私は本心からこの国を好きになったことはないということを認めなくてはならない。道のあらゆるところに唾が吐かれ、汚かったことを常に思い浮かべる。兄弟と私は、若かった頃、中国に行くのを避けるためあらゆる口実を探したものだった。しかし時は過ぎ、中国の状況は急激に改善された。シンガポール人の視点から言えば、まだこの国を嫌う数多くの理由は残されている。特に北京の汚染に対しては。

公平を期すために言うが、中国を愛する理由もまた数多くある。とりわけあなたが起業家である場合は特に北京がよいだろう。北京のエネルギーは驚くべきものである。

今週と先週(本文掲載10月28日)のほとんどを、私はミーティングのためカフェからカフェへ(たいがい無料Wi-Fiを利用しながら)飛び回っていた。これらのカフェで起業家たちがコーヒーに自分自身を映しながら、投資家や開発者たちにピッチをおこなうのは非常によく見られる光景だ。英語、中国語、そして両方の言葉で参加することができるテック関連のイベントはほぼ毎日行われている。その熱気はすごいもので、テック業界にいる起業家たちにとっては、北京に恋に落ちるのはたやすいものである。

都市もまた外国人で溢れ、首都が異文化による多様性に満ちた場所にしている。ここ数年この都市に住んでいるというアメリカ人にも私は数えきれない程会ってきている。彼らに対する質問はいつも同じだ。「どうしてここ中国に来たのか?」リスクのある中国への移住について懸念を話す人もいるが、彼らのほとんどが、この国はエキサイティングで、チャンスに満ちあふれていると話す。

中国に10年以上住んでいるアメリカ人の起業家でありエンジェル投資家である Richard Robinson も同じ考えをもっている。コーヒーセッションで、彼は私に、中国では成功して利益をえた第一世代の起業家たちが、第二世代や第三世代の起業家たちの手助けをしていると話した。この増大するコミュニティの中には、かなりの量の投資会社やメンターシップが存在するという。彼はまた、外国人、特に中国人を見ていない外国人から学ぶものが多いと認める。

私はまた、大学時代に会った友人と 55Tuan(窩窩団) を設立するという思い切った一手を打ったシンガポール人の James Tan とも会った。彼は北京の清華大学のMBAの奨学金制度をたまたま見つけ、すぐさまチャンスをつかみ、生徒として中国をより深く学ぶことが いい方法であると考えた。それは明らかに、彼がこれまでの人生で下した決断の中で最も良いもののうちの1つだった。清華大学のクラスメイトと共にスタートした 55Tuan というサービスは、今や中国において最も大きな共同購入サイトの1つとなり、年末のIPOに向けて準備中だ。

彼は私に、小さな市場に24時間集中することができるのなら、なぜその同じ時間を大きな市場に対して費やさないのか、と言った。

ブロガーとして、私は様々な国のテック業界を探しにアジア中を旅行する機会に恵まれた。インドやインドネシアはエキサイティングだったが、中国のエネルギーに勝るものはなかった。中国は自ら進んで快適な空間を飛び出し探検をする真剣な起業家たちにとって完璧な場所だ。現在中国には数えきれないくらいのたくさんの可能性が秘められており、それはこの次の10年も続くことだろう。そしてそれは特に、英語と中国語で教育を受けているシンガポール系中国人にとって当てはまる。

中国のテック業界は、おそらくまだ未発達なステージである。Baidu(百度)、Alibaba(阿里巴巴)、Tencent(騰訊)のような大企業によって支配されている検索、Eコマース、ソーシャルなど主要な積み木でさえも、埋めなくてはいけないギャップがまだ数多く残っている。だが、スタートアップ企業、特にモバイルインターネット業界はチャンスにあふている 。つい先日、Lee Kai Fu(李開復)がつい先日説明したように。(関連記事)

私は、北京に見聞を広め、探検するため単身で飛び込んだことにわくわくしている。中国で次のスタートアップを設立できる可能性についても考えている。しかしそれを成し遂げる前に、中国文化や物事の動き方について、より多く学び理解するには非常に多くの忍耐が必要だとわかった。中国におけるチャンスは、私にとっては中毒性が高すぎて、まるで20代半ばのパンクのようなものである。この体験は恐らくここにいる今後2、3年間において最もためになる人生経験となるに違いない。

画像引用:Stuckincustoms on Flickr

【via Penn Olson】 @pennolson

中国からスティーブ・ジョブズを生み出すには…

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 先日、Lee Kai Fu(李開復)氏は清華大学で、中国のモバイルや起業家精神について、いくつかの見解を語った(関連記事)。司会者(彼も教授)と聴衆の質問は、いやがおうでも、中国からスティーブ・ジョブズを作り出すことに焦点を当てすぎていた感は否めない。 Lee氏 は社会に出たばかりの人は、Innovation Works(創新工場)のインキュベータープログラ…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

先日、Lee Kai Fu(李開復)氏は清華大学で、中国のモバイルや起業家精神について、いくつかの見解を語った(関連記事)。司会者(彼も教授)と聴衆の質問は、いやがおうでも、中国からスティーブ・ジョブズを作り出すことに焦点を当てすぎていた感は否めない。

Lee氏 は社会に出たばかりの人は、Innovation Works(創新工場)のインキュベータープログラムで成果を達成することはないと断言し、司会者は冗談混じりだろうが、Lee氏 のその意見に対して、清華大学と中国には次世代のスティーブ・ジョブズになりうる、やり手の若者が溢れかえっていると反論した。

しかし後になって、この司会者も適切な素質を備えた学生にまだ出会ったことがないので、次のスティーブ・ジョブズを育成するのは難しいだろうと白状している。そして、もちろん、中国の文化や教育制度に関するよくある非難もあり、それが中国での起業家精神を妨げていると言われている。

もちろん、これは個人的な意見だ。だが、筆者が少し気になったのは、中国の起業家精神に関して討論している間、終始スティーブ・ジョブズだけが議論の的になっていたことだ。それでは、Pony Ma(馬化騰)氏(Tencent 騰訊の創業者)、Jack Ma(馬雲)氏(Alibaba 阿里巴巴創業者)、Roin Li(李彦宏)氏(Baidu 百度創業者)などの有能な起業家らはどうなのだろう? 彼らはどうして「中国のスティーブ・ジョブズ」ではないのか? もしくは少なくとも中国市場によく貢献した、素晴らしいプロダクトを作り出した中国人として評価、言及されないのだろうか?

おそらく、アジア独特のことなのだろうが、興味深いのはアジア人が欧米人に対して尊敬の念を持っている。そして、時に欧米人を尊敬しすぎていると思うこともある。まるで自分達にほとんど自信がないかのように。最高の人を崇拝して、その人から学ぼうとすること自体はいいのだが、中国でスティーブ・ジョブズを新たに育成することをセッションの間ずっと聞くのは気にさわる。中国(その他の国も含め)で新たにスティーブ・ジョブズを育成することなんてできない。なぜなら、スティーブ・ジョブズは全く異なる文化に住み、独自の経験を通じてスティーブ・ジョブズという人間を形成したからだ。

滑稽に聞こえるかもしれないが、司会者があるところで、Lee氏に、Lee氏の子供が教育によって次世代のスティーブ・ジョブズになれるかどうか質問した。Lee氏は笑いながら、自分の子供は起業家的な性格ではないと答えた。

その通りだ。

人は、家系、育ちや訓練などでスティーブ・ジョブズになるのではないと、Lee氏は強調して伝えているのだと、私は理解している。天才的な起業家を創造したり、そうなるように仕込むことはできないのだ。「OK、次のスティーブ・ジョブズを養成するため、起業家にお金をかけ、アメリカ風の教育をして起業精神を植え付けるのだ」と言える勇気を持った人物はいないのだ。

起業家を奮い立たせるのは情熱であり、そしてその情熱は自然に育まれるものである。だからこそ全てが本質的でなくてはならない。スティーブ・ジョブズは2005年のスタンフォード大学の卒業式で述べたことに全てが集約されている。

「時間は限られている。他人のために生きて時間を無駄にするな。」

”Your time is limited, so don’t waste it living someone else’s life.”

だからみなさん、自分の生きた証を残しましょう。

【via Penn Olson】 @pennolson

Innovation Works(創新工場)李開復氏が考える中国の起業家精神とは?

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 Innovation Works(創新工場)のCEOで創設者であるLee Kai Fu(李開復)氏は、この土曜日(原文掲載日:10月24日)に清華大学で講演をおこなった。モバイルインターネットのトレンドについての、彼の考えを共有するのに加え、Innovation Worksをどのように動かしているかについて話した。Lee 氏や彼のチームによる内部情報や魔法の…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Innovation Works(創新工場)のCEOで創設者であるLee Kai Fu(李開復)氏は、この土曜日(原文掲載日:10月24日)に清華大学で講演をおこなった。モバイルインターネットのトレンドについての、彼の考えを共有するのに加え、Innovation Worksをどのように動かしているかについて話した。Lee 氏や彼のチームによる内部情報や魔法の公式のリークを期待してはいけない。彼は、彼のファンドがどのように機能しているか、起業家がゼロから何かを生み出し、ビジネスをスケールしていく上で役に立てることを紹介した。

Lee氏は、投資環境が以前と変化していることを説明した。その流れは、開発やプロモーションに必要な費用や時間を、十分に確保できる柔軟なクラウドコンピューティング、ソーシャルメディア・マーケティング、そしてオープンソース・コンセプトによるものだと述べた。同氏は、150万人民元(約23万5千米ドル)あれば、創業者はチームを編成してプロダクトのコンセプトを約9か月試すことができ、典型的なチームとして、CEO 1人、CTO 1人、ユーザーエクスペリエンス担当のデザイナー1人と開発者7人で構成される、と説明している。

同氏の意見では、起業家にとって今一番よい分野はモバイル・インターネットで、投資家にとってはアーリーステージに投資するのが最適なのだそうだ。

Lee氏は、起業家はほとんどの時間をプロダクトの構築に費やすべきだと述べている。どこにも所属しない起業家は通常、会計、法務、人材採用や許可登録などの管理業務をこなさなくてはならず、それらの業務はプロダクトの構築に集中できなくしてしまう。

しかし、Innovation Works では、起業家はそれらの管理業務を気にしなくてもよい。Innovation Works が面倒を見てくれるからだ。彼らには、社内デザイナー、事務所、負担を軽減してくれる法務のコンサルタントもいる。

プロダクトの開発に関しては、Innovation Works は「リーンスタートアップモデル」を採用している。Innovation Worksに支援されている起業家は、ユーザデータを集めるために必要最小限の機能を備えたプロダクト(MVP)を市場に出すよう求められる。Lee 氏は、 MVPの開発には3か月が必要で、起業家が認識している問題が解決されるならば、そのMVPに欠陥があってもそれは問題ではないと強調した。

ここで大事なのはユーザのデータを集め、徐々にプロダクトの改良を繰り返していくことだ。例えば、単純なABテストがある。もし起業家が、何色のフォントを使えば良いのかを決めかねている場合、半分のユーザにA色を、残り半分のユーザにB色を使うのだ。データの結果から、もしA色がよければ(閲覧時間の長さや直帰率)、A色を採用するべきである。開発学習測定のプロセスを続けることで、製品の完成度を高めていくのだ。私が理解では、Innovation Works は投資をする際に、2つの基準を細かく見る。

  1. 産業分野における爆発的成長が見られるかどうか
  2. ビジョンを左右するであろう有能な起業家かどうか

(その他の 基準などもクリアして)上記2つの基準に達すれば、Innovation Works は喜んで出資をし、起業家はプロダクトを開発し、低価格で販売して、データを集めてプロダクトを改良することができる。プロダクトが認められれ ば、Innovation Worksが再びそのスタートアップに投資をすることもある。

Lee氏は、経験の少ない若い中国人が、よい起業家になれるか、ということには懐疑的だ。当然このコメントには、司会者や観客からかなり大きなリアクションがあった。司会者は、スティーブ・ジョブズやマーク・ザッカーバーグなど、学校中退/新卒から起業家になった人の名前を数多く挙げた。

中国にもそのような有能な人がいるかもしれないが、可能性はかなり低いと述べる一方で、今のところ、実績のある創業者もしくは職務経験のある創業者に投資する方が賢明であると、Lee 氏は感じている。同氏は、野心のある若い起業家に対し、自身の事業を始める前にまず経験を積むよう促した。経験の少ない人が、Lei Jun(雷軍)氏のような経験豊かな起業家に立ち向かうのは、至難の業だとLee 氏は述べている。

さらに同氏は、中国の起業家は、Tencent(騰訊)、Baidu(百度)、Alibaba(阿里巴巴)などの大手企業にも注意を払う必要があり、それらの企業は同じように機会を見つけて、どっと押し寄せて来るかもしれないと語っている。

【via Penn Olson 】 @pennolson

レポート:中国の半数のiOSデバイスは脱獄済

SHARE:

【原文】 Innovation Works(訳注:創新工場、李開復氏のインキュベータ)の出資会社で、アプリ開発会社向けにアプリの利用統計を提供する UMeng(友盟)が最新の報告書を発表した。それによれば、今年7月末時点で、iOS 4.3 は7ヶ月前の前回調査時の0.5% から今回の 69.3% を遂げており、iPhone 4 は全ての iOSデバイスの84%を占め圧倒的なシェアを誇っている。 ハ…

【原文】

Innovation Works(訳注:創新工場、李開復氏のインキュベータ)の出資会社で、アプリ開発会社向けにアプリの利用統計を提供する UMeng(友盟)が最新の報告書を発表した。それによれば、今年7月末時点で、iOS 4.3 は7ヶ月前の前回調査時の0.5% から今回の 69.3% を遂げており、iPhone 4 は全ての iOSデバイスの84%を占め圧倒的なシェアを誇っている。

ハイライト:

  • iPad 2 は、著しい成長を遂げており、iPad 全体の 59.8% を占めている。
  • iOS 4.3 は、0.5% から 69.3% へと成長し、主流バージョンとなった。新たに 主流 iOS バージョンとなった iOS は、0.5% から 69.3% へ7ヶ月で成長。新たな iOS のアップデートは、リリースから1ヶ月で旧バージョンをはるかにしのぐ成長を遂げた。
  • Android の勢力伸長パターンと類似しており、広東、北京、上海、浙江、江蘇 が、iOSデバイスがよく使われるエリアとなっている。こららの地域全て合わせると iOS デバイス市場の 50.5%を占める。
  • 北京に住むおよそ8~9名に1名が iPhone を使用している。
  • アプリ使用に関しては、iPhone ユーザーは、Android ユーザーとさほど変わらない。平日は、ビジネス、旅行、情報、そしてニュースアプリが頻繁に利用されるアプリのカテゴリとなっている。そして週末は、ゲー ム、写真、音楽、ソーシャル、そしてライフスタイルアプリが同リストを占める。
  • 人々は、ビジネス、旅行、ニュースアプリを、午前8~9時の間に 使用し、ゲームやエンターテイメントコンテンツに費やす時間は、午後5~9時の間となっている。iPhone は、主に日中に使用されることが多く(午前7時~午後5時)、iPad は、夜に使用が集中している(午後6から11時)。
  • 脱獄されたされたデバイスの普及率は、第2四半期には、34.6% から 51.0% になっており、これは中国で販売された iPhone 4 が原因と言える。
  • ユーザの 25% は、削除前にアプリを一度しか使用していないことが判明。

グラフ画像出典:友盟

【via Technode】(@technodechina