サプライチェーンリスクを学ぶ:STRIVEと話そうの会/Resilire津田代表

SHARE:

本稿は9月14日に開催するBRIDGE Tokyo Meetup、公開収録のご紹介です。【参加はこちらから】

BRIDGEではスタートアップが好きになる「ともにはたらく・つくりだす」ミートアップイベントTokyo Meetupを開催しております。スタートアップとつながり、副業や協業を通じて一緒に新しいビジネスを成長させるきっかけづくりとなるのが狙いです。

前回のALL STAR SAAS FUNDさんの回では、出資先のHiCustomer代表、鈴木大貴さんを特別ゲストに、カスタマーサクセス白書2021のハイライトをお話いただきました。これに続く今回は、STRIVEのインベストメントマネージャー四方智之さんにお越しいただきます。特別ゲストは今月、増資を発表したResilire(レジリア)代表の津田裕太さんです。

津田さんは、災害などでサプライチェーンが途絶することで製品供給停止の損害を被っている企業を目の当たりにしてきた経験から、企業がBCM(事業継続マネジメント)とSCRM(サプライチェーンリスクマネジメント)への対応を効率化できるSaaSを提供しています。

近年、企業では商品やサービスの高度化に伴いサプライチェーンが複雑化しており、それに比例するように購買担当にかかるストレスが高まっています。SCRMへの正しい理解と効率化・デジタル化を推進することは今後の競争環境において必須です。

当日はZoomで参加者を繋ぎ、四方さんにトレンドワードになりつつあるSCRMの背景や実例などを解説してもらいつつ、津田さんを交えてケースをご紹介いただきます。後半ではチャットで直接質問できるざつだんタイムの提供もあります。ResilireさんやSCRMへの質問はもちろん、STRIVEさんに相談したい起業家の方のご参加もお待ちしております。