3400教室採用の「記憶革命」ーー激動する学習市場の今/モノグサ細川氏・WiL久保田氏【9月27日13時@オンライン】

SHARE:

本稿は9月27日に開催するBRIDGE Tokyo Meetup INTROのご紹介になります。9月27日13時からライブ公開収録 & 9月29日まで見逃し配信を実施します。イベントチケットはこちらから

Tokyo Meetup「INTRO」では毎回ベンチャーキャピタリストのみなさんに旬のスタートアップやテックトレンドをご紹介いただきます。今回のざつだんにはWiLパートナーの久保田雅也さんと、特別ゲストとして学習プラットフォーム「Monoxer」を提供するモノグサ、細川慧介取締役CFOにもご参加いただきます。

Monoxerは学習塾などの教育事業者向けに提供される学習プラットフォームで、事業者は問題作成から配信、生徒さんの学習状況や記憶度の確認までを一貫してサポートすることが可能になります。また習熟度に応じて個人に最適化した問題を自動的に作成して出してくれるので、記憶定着が確かになる特徴があるそうです。

生徒の状況を可視化してコーチングにも役立つということで評判が広まり、現在、3400教室が導入を進める注目株となっています。公開収録当日は、WiL久保田さんに投資サイドからみたモノグサの魅力を語っていただくと同時に、現在、オンライン化が進む教育学習市場の状況を細川さんにお伺いする予定です。