カーブアウトスタートアップの成長と中国進出のリアル/Onedot鳥巣氏・東大IPC水本氏【9月30日12時半@オンライン】

SHARE:

本稿は9月27日に開催するBRIDGE Tokyo Meetup INTROのご紹介になります。9月30日12時30分からライブ公開収録 & 10月2日まで見逃し配信を実施します。イベントチケットはこちらから

Tokyo Meetup「INTRO」では毎回ベンチャーキャピタリストのみなさんに旬のスタートアップやテックトレンドをご紹介いただきます。今回のざつだんには、東大IPCパートナーの水本尚宏さんと、特別ゲストとして中国の育児メディア「Babily(貝貝粒)」を展開する Onedot(万粒)CEO の鳥巣知得(とす・ちとく)さんにご参加いただきます。

Onedot は、ユニ・チャームと、ボストンコンサルティンググループ傘下 BCG Digital Ventures の共同プロジェクトからカーブアウトした異色のスタートアップです。一人の子供に両親と双方の祖父母の合わせて6個の財布から金が注がれる「シックスポケット」という言葉に象徴される中国の子ども教育市場について、将来の可能性と課題について伺います。

中国に進出した起業家はまだ多くありません。Onedot は自らの事業を現地展開しつつ、シナジーを見出せる企業の中国進出も支援しています。中国の都市部では経済発展と社会成熟が進み、多くの人々がマス向け商品で満足しておらず、日本のプロダクトやサービスには大きな可能性があります。東大IPCさんには、日本スタートアップの海外進出支援という観点でもお話をお聞きします。