第20回文化庁メディア芸術祭でスマートフットウェアOrpheが審査委員会推薦作品に選出

SHARE:

no new folk studioが開発し発売中のスマートフットウェアOrpheが、第20回文化庁メディア芸術祭においてエンターテイメント部門の審査委員会推薦作品として入選しました

株式会社no new folk studioが開発し2016年9月より一般発売され、水曜日のカンパネラやAKB48など著名アーティストにも使用された他、金沢21世紀美術館での展示も行われたスマートフットウェアOrpheが、第20回文化庁メディア芸術祭にて審査委員会推薦作品として選出されました。
株式会社no new folk studio(以下nnf)の開発・販売するスマートフットウェアOrphe(以下Orphe)が、第20回文化庁メディア芸術祭でエンターテインメント部門の審査委員会推薦作品に選出されました。

■スマートフットウェアOrpheについて
Orpheは「日常を表現にする」をコンセプトに誕生した、表現のためのまったく新しい「スマートフットウェア」です。リアルタイムに足の動きを解析し、光や音へと変換します。LED、モーションセンサー、無線通信機能を備え、楽器やヘルスケア、スポーツ、AR・VRなど、その用途は無限大です。

PR TIMESで本文を見る