フレセッツ株式会社、UTECとセレスから総額約3.5億円を調達

by フレセッツ株式会社 on 2018.6.18

 ブロックチェーン技術の最先端研究開発を行うフレセッツ株式会社は、本日、UTEC[ユーテック]4号投資事業有限責任組合(東京都文京区:代表 郷治友孝)及び株式会社セレス(東京都世田谷区:代表取締役社長 都木聡)を引受先とする、総額3億4,900万円の第三者割当増資を実施しました。今回の資金調達によって、近日公開予定のBitshield(R)(事業者向けウォレット管理システム:Enterprise Wallet Manager (EWM) for Crypto Assets、以下「EWM」)の完成・充実、エンジニアの採用による開発チームの強化、グローバルなマーケティング活動の強化等に投資する予定です。

PR TIMESで本文を見る