クラウド型目標・評価管理サービス「HRBrain」有料利用社数が300社を突破

by 株式会社HRBrain on 2018.8.15

企業の目標・評価の管理を効率化し、「生産性の向上」をサポートします

株式会社HRBrain(本社:東京都港区/代表取締役社長:堀 浩輝 以下、HRBrain)は、提供するクラウド型目標・評価管理サービス「HRBrain」の有料利用社数が、サービスローンチから1年8ヶ月で300社を突破したことをお知らせします。
「HRBrain」は、従業員の目標設定から評価までのオペレーションの全てを、クラウド型のソフトウエアで効率化することによって生産性を高めることができるサービスです。

昨今、働き方改革が進むなかで、「生産性の向上」が注目されており、日本のHR(Human Resource) Techの市場は近年広がりを見せています。「HRBrain」は、2017年1月のローンチ以降、大手企業から新進気鋭のIT企業をはじめ、飲食、アパレル、人材など、業種・業態問わず様々な企業に導入いただいています。目標・評価の運用に掛かる単純作業を最大73%*ほど削減することに成功し、導入と同時に目標評価制度を開始した企業様も多数おります。システム自体わかりやすく運用しやすいため、導入企業様には、操作が簡単で導入しやすい、納得感のある目標・評価管理で従業員の力を引き出せる、従業員間で目標が共有され何に時間を使うべきかを明確化できたなどの点で好評をいただいております。
*HRBrain独自調べ

HRBrainは、今後もシステムの提供を通して、企業の目標・評価の管理におけるベストソリューションを提供していきます。

PR TIMESで本文を見る