アーティサン 教職員の働き方改革支援クラウドサービス「NoverTi」の打刻アプリオプションを公開

SHARE:

~スマホからのワンタップ打刻で、さらに時短を~

今回公開する「打刻アプリオプション」は、PowerApps / Microsoft Flowで作成されるiPhone、Androidスマートフォン向けアプリで、Office 365 Educationをご利用の学校は、追加費用なしで利用できます。
これにより、出退勤した時点で勤務時間をすぐ記録できます。打刻忘れが減るだけでなく、入力時間が短縮されることで、教職員は本来の業務により集中できるようになります。

 アーティサン株式会社(本社:東京都調布市、代表取締役:小山才喜、以下、アーティサン)は、教職員の働き方改革支援クラウドサービス「NoverTi」(ノベルティ)に、お手持ちのスマートフォンからワンタップで打刻できる「打刻アプリオプション」を公開いたします。

文部科学省 学校における働き方改革特別部会から「校長及び教育委員会は学校において「勤務時間」を意識した働き方を進めること」が緊急提言され、改革が急務とされています。

この改革をIT利活用により支援するため、アーティサンでは日本マイクロソフト株式会社とのパートナーシップの元、教職員の勤務時間を可視化するクラウドサービス「NoverTi」(https://noverti.com)を提供し、「NoverTi」セールスパートナーのシネックスインフォテック株式会社が、販売を行っております。

 打刻アプリ上のボタンをタップすると、OneDrive for Businessに保存したMicrosoft Excelの業務実績表に自動で勤務時間が記録されます。その後、業務実績表をアップロードするだけで、クラウドサービスが自動で集計・分析・可視化を行います。さらに、打刻アプリから位置情報などの追加情報を記録することも可能です。通信はすべて暗号化されデータはクラウドに保存され、また、教職員のアカウントでログインするので、第三者への漏えいリスクを最小限にしています。
運用フロー

PR TIMESで本文を見る