【同志社×VR】図書館で本を探すために適切なサインとはどのようなサインか?VRを用いてシミュレーション!

SHARE:

図書館の書架サイン案の違いによる行動パターンの検証

同志社大学 免許資格課程センター 佐藤翔准教授と、ハイクオリティCG/xRコンテンツ開発の株式会社ハコヤ(本社:東京都品川区、代表取締役 山下浩司)は、図書館内での導線・視線を検証するためのVRシミュレータを開発しました。
尚、本システムは、図書館総合展2018 (2018年10月30日~11月1日 パシフィコ横浜)の同志社大学ブースに出展します。
■開発の背景
佐藤准教授は、元々、図書館内で視線カメラを用いて、複数のサインパターンによる行動パターンの違いを研究していました。
しかしながら、実際の図書館で様々な検証を行う場合、図書館への利用許可申請、サインの入れ替えの困難性、図書館利用者への配慮等、様々な課題もありました。
そこで、昨年、図書館VRシミュレータを作成していたハコヤのVR仮想図書館の仮想空間を利用することで、検証容易性、サイン案の切り替え検証等を行うことを念頭に、ハコヤと共に「図書館VR視線シミュレータ」の開発を行いました。

■VR体験によるシミュレーションとは?
スタンフォード大学のジェレミー ベイレンソン教授によると、VRの体験は実際の体験と誤認する、との研究結果が出ているように、実際の図書館を利用しなくても、人間はVRの仮想図書館で行われる体験を実体験と誤認するレベルにまで、VRは進化しています。
そのため、図書館でのリアルな体験ではなくても、VR体験でシミュレーションした結果は、研究に利用できます。

【図書館VR視線シミュレータについて】
VR空間の仮想図書館内で、複数のサイン案を切り替え表示できるように開発しました。
また、当該行動記録を収集し、その後、多数の行動記録を分析することで、様々なサイン案の是非について研究することが可能になりました。

PR TIMESで本文を見る