京都発の木製スマートディバイス 「mui 」がスマートホームカテゴリーにてCES 2019 イノベーション賞を受賞。現在キックスターターで目標に向け躍進中。   

by mui Lab株式会社 on 2018.11.9

こちらの内容は PR TIMES から配信されるプレスリリースとなります

テクノロジーに束縛されない、人間らしい生活を可能にする新型IoTデバイスmuiが、キックスターターで3週間以内に8万ドル調達し、目標額に向けて躍進中

mui Lab株式会社 (本社・京都市、代表取締役・大木和典、以下 mui Lab)が開発したスマートホーム・ディバイス 「mui 」がCES2019イノベーション賞に選ばれました。世界最大のテクノロジーショーケースであるCESは毎年米国ラスベガスで開催されており、ここで紹介されるさまざまな製品の中からデザインや機能性が極めて優れていると評価された製品・サービスにCESイノベーション大賞が与えられます。
mui Lab株式会社 (本社・京都市、代表取締役・大木和典、以下 mui Lab)が開発したスマートホーム・デバイス 「mui 」がCES2019イノベーション賞に選ばれました。世界最大のテクノロジーショーケースであるCESは毎年米国ラスベガスで開催されており、ここで紹介されるさまざまな製品の中からデザインや機能性が極めて優れていると評価された製品・サービスにCESイノベーション大賞が与えられます。

■muiとは
「mui」は、木製のインターフェースです。一見、単なる木材にしか見えませんが、手で触れるとLEDディスプレーが表面に輝いて現れ、家電の操作から天気予報・ニュースの受信、テキスト/音声メッセージのやり取りまでこなせる万能デバイスに変身します。操作後はディスプレーが消えて木の状態に戻り、インテリアに溶け込んだ目立たない存在となるため、ユーザはテクノロジーを意識せずに暮らすことができます。スマホのように絶え間なくユーザの注意を喚起する従来のインターフェースとは異なり、「mui」は必要な情報のみを天然素材を通してそっと届ける優しいディバイスとして設計されています。

■Kickstarterキャンペーン
mui Lab は、10月19日にキックスターター(Kickstarter)にて「mui 」の販売にむけたクラウドファンディングを開始しました。木という天然素材を通じて家電や情報を操作できる「 mui 」は、CNETやThe Vergeをはじめとする数々の米国の大手テック系専門誌に「ゆとりある生活空間を生み出すデバイス」として取り上げられ、ローンチ1週間にして目標額50%にあたる5万ドル、3週間目には8万ドルを調達しました。ファンディング・キャンペーンは12月8日まで続行されます。 

キャンペーンサイト:
https://www.kickstarter.com/projects/1391686171/mui-interactive-wood-panel-for-peaceful-digital-li

mui Kickstarterキャンペーン

期間:2018年10月19日~12月8日
目標額:100,000ドル(USD)
mui ホームページ:https://mui.jp

■muiの目的
mui(「無為」)は、テクノロジーに左右される作為的な生活様式から脱却し、自然で人間らしく、かつ新しいデジタルライフを可能にするツールとして生まれました。就寝前にスマホを使うと見たくない仕事関係のメールまで見えてしまいますが、muiを使えば明日の天気だけ確認し、ディバイスの存在も忘れてゆっくり休むことができます。また、家電の遠隔操作などのフィーチャーには、電子製品や家の壁にとらわれない自由な動きを意識した工夫がされています。木という古来から人間に馴染みのある素材を使うことにより、テクノロジーを使いながらも自然との繋がりを感じられるのではないか、またディバイスに対する愛着がわくのではないかと考えました。mui は、家族との時間を大切にし、読書やアートに集中できるような、便利さに加えて、心にゆとりのある生活空間を作ることを目指したインターフェースです。

muiのある空間
muiのある家庭

■muiのフィーチャー(機能)

天気予報表示(位置情報セット)
時計表示(位置情報セット)
Googleカレンダー連携による家族または個人のスケジュール管理
Philips HueやIKEA照明On/Off、調光
家族間コミュニケーション/メッセージング(muiにTextを送信、muiからはVoiceメール送信)
一括でのデジタルオフ機能(Do Not Disturb機能)
QR表示機能(muiのコンソールから設定したQRを表示:現在はBeta)
通知機能(IFTTT連携):LINEやMessengerにmuiにタッチした通知を飛ばす。
情報ディスプレー(ニュース、SNS等):Twitterの#や@ユーザーのフォロー。
ニュース・フィードをテキストでmuiに流し込む。
各種スマート家電との連携:SONOS、Ring、Nature、Nest、Honeywellなど連携が可能です。

■muiの接続(IFTTT、専用アプリによりカスタマイズ可能)

Wifi とBluetooth を通じてクラウドに繋がります。
アンドロイドをOSで採用しています。
ラズベリーPi3(開発者向けSDK経由のみ)を使って操作できます。
アシスタントSDKを使用してグーグル・アシスタントを搭載できます。
スピーカー、タッチセンサー、近接センサー、CO2センサーなど各種センサーを搭載しています。

■mui Lab株式会社(ムイラボ)について
mui Lab株式会社 (ムイラボ)は、デザインに焦点をあてたテクノロジー・スタートアップ企業です。「無為自然」(作為的でなく自然なありさまを示す)の理念のもと、「テクノロジー」と「人の生活」および「自然」の調和を図る新しい情報ライフスタイルを、デザインと最先端のエンジニアリングを駆使して実現します。伝統と技術の融合で知られる京都をベースに、人に寄り添うテクノロジーを世界にむけて発信しています。2018ミラノサローネおよびCES2018にスマートホーム・ディバイス「mui」を出展しました。

所在地:〒604-8551 京都府京都市中京区壬生花井町3
代表者:大木和典 代表取締役/CEO |共同創業者
mui Labロゴ:

■mui の展示
キックスターター期間中に、下記のイベント、場所にて mui β版をいち早く展示致します。
mui を実際に手に取って体験いただけます。

Startup × Kickstarter:「muiのGlobalでの挑戦」                       【日時】11月21日(木)18:30-20:30                             【会場】Iceberg (wework原宿神宮前) 【アクセス】東京メトロ 千代田線・副都心線 明治神宮前<原宿>駅より徒歩4分 【住所】〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目12−18 【内容】mui Labクリエーターによるmuiβ版実機デモ、プレゼンテーション、スペシャルゲストとのパネルディスカッションなどを予定。
SLUSH HELSINKI【期間】12月4日(火)~12月5日(水)【会場】Helsinki Convention Center【内容】J-Startupブース出展、ピッチ参加
常設展示 (東京) 二子玉川 蔦屋家電(1F・2F家電売場) 【期間】11月9日(金)~12月8日(土)、9:30~21:00 定休日なし 【アクセス】東急電鉄 大井町線・田園都市線「二子玉川駅」より徒歩4分 【住所】東京都世田谷区玉川1丁目14番1号 二子玉川ライズ S.C. テラスマーケット 【電話】03-5491-8550
常設展示(東京) マテリアルコネクション東京                                  【期間】平日のみ10:00-18:00 (定休日:土、日)                       【アクセス】東京メトロ日比谷線、都営大江戸線 六本木駅 徒歩7分                【住所】東京都港区六本木5-17-1 AXISビルB1F                          【電話】03-6721-1780
常設展示(大阪)                                        The DECK〔ザ・デッキ〕                                   【期間】平日(月~金)9:00~22:00[最終受付 21:30]                         休日(土日祝)9:00~19:00[最終受付 18:30]                         ※イベント日程により営業時間が変更になる可能性があります。               【会場】The DECK [ザ・デッキ]                              【アクセス】Osaka Metro 堺筋線・中央線「堺筋本町」駅 14番出口直結、                    Osaka Metro 御堂筋線・中央線「本町」駅より徒歩約6分               【住所】大阪市中央区南本町2-1-1 1F                              【電話】06-6125-5627