国際物流スタートアップの”Shippio”が「第二種貨物利用運送事業者」の許可を取得、プレシリーズAで1.9億円の資金調達を実施

by 株式会社Shippio on 2018.12.3

「第一種貨物利用運送事業者」の登録完了、「第二種貨物利用運送事業者」の許可取得、JIFFA(国際フレイトフォーワーダーズ協会)の正式会員登録を完了しDigital Forwarding事業を開始

株式会社Shippio(代表取締役:佐藤 孝徳)は、この度国土交通大臣より「第二種貨物利用運送事業者」の許可を取得しました。また許可取得にあわせ、国際物流プラットフォーム”Shippio”の正式版をリリースすると共に、1.9億円のプレシリーズAの資金調達を完了したことをお知らせ致します。

【貨物利用運送事業者の許可取得と正式版サービスのリリース】
株式会社Shippioはこれまで「輸出入の取引をもっと身近に」をミッションに掲げ、国際物流手配の自動化、クラウド化に取り組んで参りました。今般、第一種貨物利用運送事業者の登録及び第二種貨物利用運送事業者の許可を取得、また国際フレイトフォワーダーズ協会(JIFFA)の正式会員としても登録完了致しました。これにより、弊社は従来のWEB上での見積もり取得、輸送管理にとどまらず実際に輸出入貨物のフォワーディングを行えるようになり、ユーザーは貨物輸送依頼を株式会社Shippioに対し発注が出来るようになります。また当社が提供するWebサービスShippioを使用することにより、これまでエクセルやメールのやりとりで行なっていた煩雑な手続きや管理を、初期費用・月額費用無料で一元化・クラウド化することが出来ます。

β版期間中にEC商品、雑貨・家具・加工食品・日本酒・ワイン等幅広い商品を、中国・東南アジア・欧州に於いて海上・航空貨物ともに輸出入取引を完了しております。今後は、Door to Doorの一貫したサービスプラットフォームの構築に尽力し、煩雑な発注プロセスや物流業界の人出不足といった課題を解決していきます。

PR TIMESで本文を見る