TANRENが「Morning Pitch アクセラレーションプログラム」にてソニーネットワークコミュニケーションズより採択、新たなユーザー体験(UX)の創出実証実験実施へ

by TANREN株式会社 on 2019.1.11

行動解析AI技術で、接客/営業動画へ自動スコアリング!究極の鍛錬方法”教えない学習”プログラムの開発を目指します。

このたび、ナレッジシェアアプリTANRENはデロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社が主催する「Morning Pitch アクセラレーションプログラム」にてソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社より採択、新たなユーザー体験(UX)の創出実証実験を実施することが決定しました。
本件は、労働集約的になりやすく悩むのことの多い、評価者の評価負担を軽減することを目指し、投稿者の動画に対して自動スコアリングを実施し、投稿者自身が改善ポイントを的確に把握、また研修事業者がその改善ポイントの修正をアシストするものです。
■Morning Pitch アクセラレーションプログラムとは
デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社は運営する「Morning Pitch」の冠で初となる、アクセラレーションプログラムを開催しています。
上記は日本最大級のオープンイノベーションプラットフォームである「Morning Pitch」の特性を生かすため、大企業5社が結集し、大企業1社とベンチャー企業との事業共創だけではなく、複数の大企業とベンチャー企業による大規模オープンイノベーションも可能なプログラムです。
2018年7月より募集を開始し、2019年2月に最終報告会を予定しています。

PR TIMESで本文を見る