パートナーシップこそがイノベーションへの鍵となる

by Sollers Consulting株式会社 on 2019.1.15

Sollers Consulting株式会社(本社:ワルシャワ)主催による「Innovation in Insurance」をテーマとしたカンファレンスが、2019年1月14日、ワルシャワのコペルニクス科学センターにて開催されました。14カ国から300を超える保険業界のエキスパートが集い、保険業界におけるデジタリゼ-ション促進に伴う今後の課題や挑戦について意見を交わしました。
世界各国の保険会社は、テクノロジーの発展により根本的な変化の時代に直面しています。また、政情不安や厳しい市場環境などの社会環境の変化に伴い、新たな顧客のニーズへの適応が求められています。本カンファレンスでは、ヨーロッパを中心に様々な国の保険業界の代表者が、これらの課題にどう対応していくべきか、ビジョンを共有しました。

「業界リーダーの大多数は、パートナーシップが保険会社のビジネス戦略に非常に重要な意味を持つようになると確信しています。」と語るのは、Sollers Consulting取締役、Michał Trochimczuk(ミハウ トロヒムチュク)。「保険会社はデジタルエコシステムの一部であるべきです。」「今後は、銀行、不動産、通信事業、航空会社、自動車メーカーや小売業者など他の業界関係者との連携を可能にする、業界横断的なバリューチェーンの一部として自社製品やサービスを提供する必要があります。」と見解を述べました。

また、保険会社のビジネス成長の2つのモデルとして、「既存の企業のデジタル化」と「デジタルエコシステムの利点をすぐに享受するための新しいベンチャーの創造」を提示しました。加えて、「保険会社の98%が、主に保険以外の取引の一部として販売される保険が増加すると予想しているにも関わらず、その多くはエコシステムに適応する準備ができていません。」と業界の現状についても言及しました。

PR TIMESで本文を見る